禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
 
 
エッチな告白集目次
携帯で見る
QR
熟女倶楽部
熟女といえばここ
カリビアンコム
Aランク以上の豪華な女優陣
相互リンク様
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
ランキング
RSSリンクの表示
アダルトコミック
アダルト同人
月額・熟女動画

三つ折りソックスに欲情する私 

皆さん三つ折りソックスって知ってますか? 今でも売ってないわけではないし、履いている女性も全くいないわけじゃありませんが、おそらく今の若い人は知らないでしょう。
でも俺と同じ年代(40代)なら知らない人はいないはずです。
リブ付きの白いソックスで、伸ばして履けば普通の白いソックスですが、それをくるぶしあたりで三つに折って履くソックスです。ソックスの名称と言うより履き方と言った方がいいかもしれません。
【続きを読む】

スキー旅行の混浴で 

あれは去年の冬のことでしたね。
野郎の連れと2人でスキー旅行に行ったときのことでした。
俺の泊まってた温泉旅館は内湯は男女別、露天は混浴の造りでした。あまり大きくない露天だったので男女別にできなかったのでしょう。
もちろん宿の手配をしたのは俺。ネットで片っ端に調べ上げ、混浴露天のある宿を見つけたのさ。
【続きを読む】

先生のおっぱい 

中学の夏休み先生の家に行ったときの思い出を書きます。

私と久実と由貴の3人は部活動(美術部)の顧問だった
奈保子先生に家に遊びに行った。

昼間は絵を描いたり、おしゃべりしたり
夜ご飯は、先生がカレーを作ってくれた。

ご飯の後、先生の車で近くの温泉に行った。
先生と一緒に行くのは楽しみだった。

先生はまだ新任で23か24歳だったと思う。
久実と由貴とは春の野外キャンプで一緒にお風呂に入ってたので
お互いの裸も見せ合ってたけど
先生の裸を見るのは初めて。

と言うか、私は一人っ子なので
大人の裸(実物)はお母さん以外はあんまり見たことなかった。
先生は私より背は高い(160くらい)
私たちは脱衣場で、先生が服を脱ぐのを見てた。

脱衣場はあんまり広くなく、他にお客さんはいなかった。
3人に見られてる先生は
「ちょっと恥ずかしいよ、何で見てるの」
「そんなに見られてたら、脱げないよ」
と言いながら、恥ずかしそうにしてた。

「恥ずかしいからみんなで、一緒に脱ごっ」
と先生に言われて私たちもTシャツを脱いで、ズボンやスカートを脱いだ。

先生もブラとパンツだけになった。
シンプルな薄いピンクに下着だった。
先生らしいなって思った。

私たち3人も下着姿だけど
みんな恥ずかしがってたので先生が
「なんだみんな恥ずかしいんだ」
「じゃあ、また一緒に外そっか」
「せーのー」
みんなつけてたブラを一緒に外した。

みんな先生の方を見た。
「もう、また注目されてる。」
「先生、胸小さいから恥ずかしいよ。」
ほんとうに恥ずかしそうにしてた。

そんな先生がなんかかわいかった。(10個も年上だけど)
確かに先生のおっぱいは思ったより小さくてかわいかった。

でも、つんって上向きで、すごく色ぽかった。
乳首もきれいなピンク色で
久実が
「先生のおっぱいかわいい!」
って思わずさけんだ。

先生は恥ずかしがってすぐにパンツを下ろし
お風呂のほうへ行った。
下のヘアが思ったより多くて黒々してたのが目に焼きついている。

私たちもお風呂のほうへ行って
体と髪を洗って、湯船につかったり
腰をかけたりしながら、みんなでおしゃべりをした。

だんだん恥ずかしさも消えていき
お互いの体を見せ合った。

先生は胸は小さいけど
しっかりウエストはくびれててかっこいい。

それに比べて私たちは胸は大きいけどくびれがなくかっこ悪い。

先生は「みんな胸大きいよね、うらやましいなー」
「先生何カップなんですか?」
「悲しきAカップ。あっ内緒だぞ」
「えー、そんなに小さいんですか?見えない。Bくらいありそう」
「こら。失礼だぞっ!先生に向かってそんなに小さいなんて」
「だって、事実ですよ」(笑)
「先生の胸かっこいいから大きく見えますよ」

「それってフォローしてるつもり」(笑)
「女の子はおっぱい大きいほうが魅力的だよ。みんな何カップなの」
久実「私はCカップ」
由貴「私はB」
私「私もDくらい」

先生「えー、私が一番ちいさいのー」
「やだなぁー、中学生に負けるなんて」笑
久実「でもABCDじゃん」
「順番に並んでみようよ」笑
「あっ、先生を傷つける気だな」

そのあとみんなで
おっぱいのさわりっこをした。
初めて他の女の子のおっぱいを触って不思議な感じがしたし
自分のものも触られて、くすぐったかった。

夏休みが来るとあの先生との夏を思い出します。


先生と王様ゲーム 

数年前中学の時の同窓会があった。
とりあえず二十歳になったので、酒も飲めるし集まろうと言うことになった。

まあ、酒はもう18くらいから飲んでるんだけど、けっこう集まって
20人以上で1次会はけっこう盛り上がった。

卒業して5年、女の子はみんな化粧もして、すごい色っぽく見えた。
密かに思いを寄せてた、A子もきてて、すごいかわいくなってたけど
普通の会話をしてそれ以上の発展はなかった。

あと、もう一人密かにあこがれてた、聡美先生も来ていた。

聡美先生は新任でうちのクラスの副担だったが、さっぱりした性格で
のりが良く、また歳も近いので姉貴みたいな存在だった。

国語の先生だったが、ずっとバスケットをしてたみたいで
背はあんまり高くないが、スタイルも良く少し小野真弓似た感じだ。

2次会も終わったが明日は日曜日と言うことで
仲の良かった5人くらいで(男3、女2)
とことん飲もうと言うことになった。

それで 一人でマンションに住んでいる、高雄の部屋に行くことになった。
すると、グループの絵美が聡美先生を誘うと、けっこう、できあがってた先生は
OKと言うことで来ることになった。

高雄の部屋でも昔話に花が咲いて盛り上がっていった。
俺たちのグループはけっこうやんちゃで、聡美先生には迷惑をかけてたんだけど
先生はなんか俺たちのことを、嫌わずかわいがってくれてた。

そんな話をしてたんだけど、みんなけっこう、ウイスキーなんかをあけてて
夜も遅くなり、すごいテンションになってきた。

すると、加奈子が「王様ゲームやろう」と言いだした。
みんなハイテンションだったので、拒むものはなかった。

先生もかなり酔ってて「一度やってみたかったんだよ」って
言い出す始末。

ただ俺はもう、どきどきだった。

ゲームは最初から、飛ばしまくりだった。
二十歳のパワーはもうエロモード全開だった。
先生もまだ29歳(当時独身)けっこう飲むと、乱れるタイプだった。

・1番と3番はキス(俺と高雄だった・・・)
・2番は上を脱ぐこと(いえ〜い加奈子だ)

加奈子はもう酔ってて脱ぐことをためらわない。ブルーのブラジャーが目にまぶしい
だんだんエスカレートして、もう命令は名指し。

俺と勝俊は絵美の命令でパンツを脱がされた。

女はキャーと言いながらも、しっかり観察している。
勝俊は包茎だった。

絵美は先生に命令を出した。
「勝俊の皮をむくこと」
先生はきゃーきゃー言いながらも、両手で勝俊の皮をむいていた。
俺も皮被せとけば良かったと、後悔した。

次は誰が一番大きいか比べることになり、加奈子が定規ではかり出す。

結果、酔ってるから勃たなかったが、高雄が一番でかかった。

俺は2位。

今度は仕返しに、女で誰が巨乳かということになった。
もう、ちょーハイテンションで、私が一番とかいって、積極的に脱ぎ出す。

この夢のような展開に、俺の息子はMAXになった。

あこがれてた聡美先生までもノリノリでシャツを脱いでる。
先生は茶色の寄せ上げタイプのプラジャーで、けっこう大きく見えた。

ただ見た目では、絵美の乳が一番でかいように見えた。
男からはブラジャー外せの大コール。

何と先生が一番にブラジャーを外した。
大きくはないが、形のいい乳房がポロンという感じで、あらわれた。

乳首はピンクじゃないけど、黒くもなかった。
「どう、絵美、加奈子、これが大人の女の胸よ!」

絵美と加奈子も負けずにブラジャーを外す。

やっぱり絵美の乳が一番でかい。加奈子もなかなかだった。
「いえ〜い、私の方が巨乳や!」
勝俊がいつの間に3人の脱いだブラジャーを集めてサイズを確認してる。細かいやつだ。

絵美は75E、でかいはずだ。
加奈子は65C
先生は70B

絵美がチャンピオン〜
なんや先生が一番小さいンか。
「私中学の時から先生より大きかったで」

でも俺は先生の乳に一番興奮していた。
巨乳好きなのに絵美より先生ばっかり見てた。

女たちは俺のMAXをみて、「和夫、けっこうすごいやン」 「エロ〜、」

ゲームは続いたが、期待したその後の展開はなかった。

これ以上の体験はその後経験していない。
今でも、先生のかわいい胸は頭に焼き付いてる。

先生はその後、結婚したと聞いた。


ストッキングを破いて挿入 

俺は性に芽生えた頃から女性の脚に惹かれるところがありました、いわゆる脚フェチと言うやつです。
しかも生脚よりハイソックスを穿いた脚がとても好きで、高校時代なんかは彼女の高校が白いハイソックス指定で、学校帰りに彼女とエッチする時なんかは、制服は脱がせてもハイソックスを穿かせたままってことはよくありました。
ただしその頃はソックスの蒸れた匂いとかはどちらかと言えば苦手でした。
【続きを読む】

処女膜フェチの俺 

俺には二つ年下の和恵という妹がいる。俺と妹はお互いが初体験の相手だ。
俺が中2、妹が小6の頃からお互いの体の違いに興味を持ち始めた。
俺は妹が好きだったし、妹も俺のことが好きだったので、俺が中3、妹が中1の頃には親に隠れてキスしたり、お互いの股間を触りあってた。
キスしながら、俺は妹に手コキされ、妹は俺に手マンされてた。
8年前、俺が高1の夏休み、両親が法事で出かけて中2の妹と二人で一晩過ごすことになった。
妹は、SEXする絶好のチャンスだと俺を誘った。
俺はデジカメを持ち出し妹の写真を撮った。制服姿や下だけ丸出しなどエッチな写真だ。
【続きを読む】

見られると濡れる人妻 

ナツミと言います。
私は今、30歳の専業主婦です。
身長は155cmですが、スタイルには自信があり、バストはEカップです。
私は恥ずかしい姿を見られる事で快感を感じる、いわゆる露出狂なんです。
自分自身その事に気付いたのは中学の時です。
学校で友達と話している時に、ふと視線を感じて周囲を見ると、数人の男子が私のスカートの中を見ていたんです。
その時は机の座っていたのですが、知らず知らずのうちに足が開いていたようで、パンツが丸見えになっていました。
恥ずかしくて慌てて隠したのですが、見られた恥ずかしさと男子に注目された高揚感で、とてもエッチな気持ちになりました。
【続きを読む】

オチンチンが好きな私 

私っておかしいのでしょうか?
今は24歳で保育士をしています
私が4歳の時に父は他界してしまいました
実家に戻り母は必死に働いて私を育ててくれました
母が仕事のため一人っ子の私は幼稚園から保育所へ
寂しかったのもあり、いつの日か兄弟に憧れていました
とくに男の兄弟が欲しかったです
年長さんの頃でしょうか、男の子に私には無いものが付いている
そう!オチンチンです
近くに男の人が居なかったせいでとても興味深かったです
普通ならお父さんや男兄弟なんかが居て見ることがあったでしょうけど、そんな存在がなかった私は興味津々でした
【続きを読む】

女性職員の脱ぎたての靴下 

大学を中退してアルバイトをしていた時に出会った和美さんとの話です。
配属された先の大半は女性職員で、その中に和美さんがいました。
和美さんは26歳になったばかりでした。
バイト先は週の半分以上は他の部署との共同作業のため、バイトの私と居残り当番の職員の二人だけで丸一日を過ごすこともありました。
中でも和美さんが居残り当番の日が一番の楽しみで、他の職員がいると出来ないような、Hな会話で盛り上がったりして、当時、童貞の私にとって和美さんとの会話は夜のオカズに十分になるほどでした。
例えると、ある日、作業服の足元から素足が覗いていて、私はそれとなく指摘しました。
「会社に来て靴下、持って来るのを忘れたことに気付いたの!」
「素足で来たんスか?」
「ううん、ストッキング脱いだ後に気付てね」
「また穿けばいいのに」
「伝線が嫌なの。脱ぐのは簡単だけどね!」
「どんな感じで脱ぐんスか?」
私は和美さんが嫌がると思いましたが、思い切って聞いてみました。
【続きを読む】

覗きの代償でM男にされた話 

いつも皆さんの性体験を拝見させていただいております。
お礼というわけではありませんが、私の性癖を決定付けた体験を告白します。
僕が中学2年生のときの話です。
そのころ、僕らの間では覗きが流行ってました。
主に銭湯を友達と覗きに行きました。
そのことを思い出して家でオナニーする毎日でした。
僕はオナニーが大好きで(今でもw)毎日数回は必ずしてました。
さらに、欲情すれば駅やデパートのトイレでもしょっちゅうしてました。
ある日、家から適度に離れた銭湯に一人で覗きに行きました。
ボイラー室に忍び込み友人が開けた穴から女子風呂を覗いていました。
これまで何度も一人で覗きに来て、覗きながらオナニーをしていました。
その日も、いつもと同じように女性の裸に興奮しながらオナニーに没頭していました。
そして、いよいよイキそうになったときに背後で物音がしました。
ガラッとボイラー室の戸が開く音。そして「なにやってるの!」という女性の声がしました。
驚いたと同時に射精していました。
【続きを読む】

気弱な露出魔 

気弱な露出趣味ってのも困りものだ。いや、俺のことなんだが。
本当は公園や女子校前で披露したいくせに、とてもそんな度胸はない。
一度、公園でティンコ出したら通報されて、警察に事情を聴かれたんだよな。
その時は必死で「立小便しようとして…」と釈明して、説教だけで済んだけど、
完全にビビっちまった。情けねえ。
それ以来、もっぱら混浴温泉で発散してるんだが、
最近は水着可の施設が増えたよな。
俺にすりゃ女が水着だろうが湯浴み着だろうが、見られれば構わんのだけど、
下手に風呂場で露出するとフロントに通報されそうな雰囲気になるのは困る。
そこで数少ない成功例…というべきか、俺的には微妙なんだが。
学生時代、某田舎町の温泉宿に泊まった時の話だ。
宿には内風呂の男女別湯と露天の混浴があって、昼間から何度も露天に入ったけど、
シーズンオフの平日だし、来るのは爺婆や親父の団体、夫婦連ればかり。
こりゃ外れだと思った。
【続きを読む】

露出の楽しみ 

俺は小学生のころから少し露出(だれも居ない更衣室とかでフリチンになる程度)の気があったんだが、まじめな雰囲気を持っていたせいでなかなか本性を現せないで居た。
ところが、女性・女子にある種の合法的に見せる事ができた。しかも、思いがけないおまけつきで新しい性癖も生まれたんだ。
思春期真っ只中の中学の3年生の夏のことだ。
我が中学校の体育は2クラス合同で男子、女子に分かれて行われる。
その日は朝一から体育で、男子はサッカー、女子は水泳だった。
普通にサッカーの試合をしている。
が、途中、俺は交錯で転倒、思いっきり体で地面を擦った。
右腕と右腰から太ももまでに擦り傷が大小できてしまい、体操服(短パン)も一部破れてしまった。
痛いものの十分歩ける程度だったため、手当てしに保健室へ行った。ああ、その前に一旦教室へ制服だけ取りに行ったか。
【続きを読む】

男湯で絶頂に 

私は、小学生のころからエッチな目で見られることが好きでした。
スカートをされれば、嫌がる素振りを見せながらも喜んでいました。
そんな私が一番好きだった場所は、温泉や銭湯の男湯です。
よく家族旅行など外出をしたときに温泉などへいったのですが、昔から父親になついていた私は、ずっと父親と一緒に男湯にはいっていました。
さすがに小学4年生くらいになると女湯へ入るように言われましたが、絶対に男湯でした。
小4の私がそばにいると父親も恥ずかしいのか、男湯の中では一緒に行動してくず、すぐに私の苦手なサウナのほうへ行くことがほとんどでした。
私はそれを知っていたので、男湯に入ってからは思う存分見られることを楽しんでいました。
わざと湯船の淵に座り両足を広げて見せたり、淵に肘を着いてお知りを突き出すような格好でいたり。
大胆なときには、そういうポーズを水風呂などの小さな浴槽に入っている人の目の前でやったりもしました。
【続きを読む】

男湯で見られる楽しみ 

私に夢は、さりげなく銭湯で男湯に入ることです。
混浴の温泉ではなく、銭湯の男湯に。
そう簡単に実現できる夢ではありませんが、実現できるように努力はしています。
まず銭湯選びから。
私が銭湯を選ぶ基準は、深夜営業であること、番台があること、街中の普通の銭湯であることの三つです。
深夜営業であるわけは、教育上よくないことをするでしょうから、小さな子供に会わないようにという配慮(?)からです。
番台があることというのは、番台のおじさんと仲良くなっておかないと進展がないからです。
街中の普通の銭湯というのは、常連さんが多くなんとなく安心できるからです。
そんなわけで繁華街から少し離れた銭湯を選びました。
【続きを読む】

あそこの感触ってどうよ 

あそこの感触ってどうよ
男の人、色々きかせて。
具体的にどんななのか気になる。
ニュルニュルした暖かいものに包まれてる感じ
最近早漏気味だし、おまんこにチンコ全体が包まれているだけで幸せ
でピストン開始するとおまんこに擦ってる万足感と局部の抜き差しのエロさと女の表情に
堪え切れず射精してしまう
昔は射精コントロールして膣の感触楽しめたのに最近は抑えきれない‥
中が数の子な子とした事があるが、腰振る度にザラついた感触があって、頭の芯が痺れるような気持ち良さだったな
やっぱり根元までスッポリ暖かい感触に包まれながら、相手の息遣いとかリアルに「女」な体のラインが目に入ってくると、ナニがいっそう固くなるよな
初めて入れた時はさぁ~ 
なんかニュルンとあっ!? 入ったって感じで。
例えていうと、コンニャクゼリーがカップから飛び出たって感じかな。
【続きを読む】

ニューハーフに寸止め 

ニューハーフと言っても仕事でやってる子じゃなくて、普通の女として埋没しているGIDの子だ。
ニューハーフと言ったら失礼なんだけど、分かりやすいのでそう書いておく。
 ルックスも反応も並の女よりよほどいいし、焦らし寸止めして遊ぶにはもってこいの相手だからだ。
 目鼻立ちがはっきりしていて美人顔だし、そういうツンとした女が快楽に打ち負かされて屈服する姿を見るのは最高だ。しかもなんというか、恥じらいみたいのがある。
 何回か会うと段々打ち解けて、俺もみゆの体を把握できてきた。もう自由に寸止めできる感じだ。
 だがこうなってくると、もっとギリギリに責めてやりたくなってくる。
 みゆも焦らし責めにすっかり虜になってしまったらしく、段々素直になってきたのはいいが、こういうのは恥じらうのをギリギリまで責めて、理性崩壊させるのが楽しいんだ。
 何度かエッチしてみゆが時々オナニーすることは聞き出した。
 ただ、男のようにたまっちゃって我慢できない、ということはないらしい。何週間も全然していないこともあるという。
 逆に、というか、一回スイッチが入ると止まらなくなる。そして言葉で誘導してやると、すぐにスイッチが入ってしまう。
 だからみゆには、オナニーを禁止してみた。
【続きを読む】

濃厚な熟女臭を嗅ぎながら(1) 

僕は20代の後半からマッサージの道に入り現在、マッサージ師や整体師として1人で開業しています。
初めの2~3ヶ月間は余り患者さんもなく、知り合いの男性や40~50才代のオバサンばかりでした。

次第に口コミで、評判を聞きつけ患者さんも増加し何とか僕、独り食べていける様になった頃でした。ある常連のオバサンから紹介されたと聞いて電話があり予約をして来た50才の女性が来院して来ました。
彼女(美佐子さん)と言いますが、とても50才には見えない位の綺麗な女性でした。

仕事は化粧品の販売員をしていると言うことで彼女は早番と遅番の2交替で仕事の終わったPM7時に来院して来たのです。 正直、綺麗な女性で緊張していました。
昔から腰が悪いらしく数日前から腰と脚が張ると言うことで黒いスーツの上着とスカート、ブラウスを脱いで貰うと用意してある白いガウンに着替えて貰いベッドに俯せになって貰いました。
薄手の黒いストッキングは、そのまま、履いたままでした。
彼女は中肉中背で、この年齢にしては、スタイルも良い方だと思いました。
正直、彼女(美佐子さん)を見た時は、少し興奮してしまいました。

俯せになって肩から背中を優しく揉みながら腰から太腿裏、そして脚を中心にと揉み始めました。
痛い所や張っている所を聞き腰から尻周りを揉んでいると、次第に呻き声から怪しげな喘ぎ声を上げ始めたのです。
【続きを読む】

濃厚な熟女臭を嗅ぎながら(2) 

「ああっ~、」
落胆かのか喘ぎなのか「ほう~、凄く、厭らしい眺めですね~、ねぇ~?美佐子さん、ストッキング、片足、脱いでもらえませんか?」
「ど、どうするの?ああっ~、脱がして!ねぇ~?どうするの?」
「いいから後で解りますよ!」

僕は片足からストッキングを脱がすと、握り締めて美佐子さんの尻を抱え込むみ、亀頭を泥濘に擦り付けてクチュクチュしてやりました。
「いやぁ~ん、もう~、ああっ~、だ、だめぇ!先生~、」
ヌルッと先端部分を挿れてやりました。
美佐子さんはシーツを鷲掴みにして、
「うっ、あっ、ああっ~ん、凄い!」
「ほ~ら、挿っちゃいましたね?ああっ~、美佐子さんのオマンコ、絡み付いて来ますよ~、堪らないですよ!」
「いやぁ~ん、厭らしいんだから!先生たら~、ああっ~、凄くいいわ!あっ~ん、わ、私、後ろからされると…、」
「何ですか?後ろからされるとって?」
「いやぁ~ん、だ、だめぇ!あっ~ん、よ、弱いの!」
「えっ?好きなの?後ろからされるの好き何ですか?」
「いやっ、いやぁ~ん、もう~、」
【続きを読む】

巨乳おっぱいをマッサージ 

大学生のとき、自分の彼女と親友と親友の彼女と温泉に一泊旅行にいった。
親友の彼女とは初めて会ったのだが、これがめちゃめちゃ可愛くて、しかもかなりの巨乳。 おっぱいフェチの自分としては、かなりのストライクゾーンで、行きの電車の
中でもちょっと前かがみになったときに覗く胸元に目が釘付けになった。

夜、温泉宿で、お酒を飲みながら、4人でトランプをしていた時の話。
全員浴衣を着ていたのだが、親友の彼女は下に白のTシャツを着ており、
正直、自分は浴衣がはだけて、胸元が見れるのではないかと期待していた
だけに少々残念な思いで遊んでいた。
そのうち、だいぶ酔いも廻ってきて、ただトランプをやるだけではつまらないので、
罰ゲームをすることとなった。1位が4位に命令することに。
あまり期待するようなエッチな命令はなかったのだが、親友の彼女(1位)が親友
(4位)に肩もみの命令をしたとき、事件は起こった。

親友は肩を揉みやすいように親友の彼女の浴衣を肩が出るくらいまで広げた。
親友の彼女もTシャツを着ているのでそれほど気にしていない。
親友は結構酔っており、全然手に力が入らないようで、親友の彼女に駄目だし
されていた。親友はタッチと言って、自分に親友の彼女の肩を揉ませようと
する。
【続きを読む】

人前でのオナニーが病みつきに 

初めてのオナニーは小学校のたしか4年生の時に、兄の部屋にあったエッチ本。
私の部屋に持ってきて、じっくり見ていると、なにか変な気持ちになり、
アソコも熱くゾクゾクしていくのを感じました。
私はなんとなくアソコがどうなっているかパンツの上から
無意識にさわっていた、というのがオナニーの始まりだったと思います。
また布団を股に挟み、クリトリスにこするようにしていると、気持ちよくなり、
すっとやっていたのですが、当時はただそれだけでした。
小学校6年になるまではその程度でした。
小学校卒業前あたりからエッチな本を読み、アソコをさわりながら、
ビラビラを指で確認しながらなぞり、胸をもんで声がでないようにがまんする、
オナニーをマネて、夜中になると毎日やっていました。
【続きを読む】

全裸より下着姿に興奮します 

私は下着フェチです。ものすごく下着に執着があるんです。
だからオナニーするときも全裸で絡んでいる場面よりも
フィニッシュを迎えるシーンは下着姿のシーンなんです。
だから今まで何人も付き合ってきましたが、最初はばれないように
するのですが、気がつかないうちにエスカレートするんですね。
それで結局最後には、変態扱いされてふられてしまうんです。

特別変な性癖ではないと思うんですが、やっぱり下着ばかり
プレゼントするし、スケベなランジェリーが売っている、
男性専用のショップに彼女を一緒に連れて行ったりすると、
最初こそ面白がるんですが、最後には嫌がられ、別れてしまいます。
【続きを読む】

隣の奥様とレズ体験 

私は30過ぎの女ですが、離婚して1人暮らしをしています。
隣の奥さんとは女性どうしのためか、挨拶に行ったら、すぐに
仲良くなり、お茶をするほどにまでなりました。
その奥さんはいつもおしゃれなお洋服を着て、とてもすてきな
女性です。年齢も私より少し上です。

ある日「お茶しない」とお部屋に誘われました。
お話をしていると奥さんの違う一面が見えて、またすてきな人だと
思っていましたが、今日は少し違う方向に話が飛んでしまい、
オナニーはこんなふうに、とか、だんなさんとのセックスでの
不満とかいろいろな、でもほとんどエッチな話で盛り上がりました。
その時私は少し恥ずかしくて体中がほてっていたのを覚えています。

そして奥さんが私の横に座ってきて、
「レズの経験はある?」
て聞いてきたので、当然私はありませんので、ない、と答えると
「じゃ、してみない?」
突然のことでなんと返事していいのかわからず、下を向いていると
スカートの中に手を入れてきて、私のアソコを触り始めたのです。

私も離婚してからはエッチをしてなかったのですが、
「あっ、ちょ、ちょっと、そ、そんな」
ととまどいつつ抵抗していると、
「力を抜いて、私に任せるのよ」
と言ってキスをしてきました。そして私をソファに押し倒し、
「あら、けっこう濡れてるわよ。もしかしてごぶさた?」
と言いながら、私のブラをずらし、乳首に吸い付いてきました。
「あっ、あっ、いやらしい~」
そしてもう片方の手はアソコにいじり出し、クリトリスを
いじり始めました。

「ああっ・・、あ~ん」
私はすでに抵抗する力が入らず、奥さんの舌の動き、クリをいじる
指の動きが気持ちよくて、すべてをまかせました。
「気持ちいいでしょ、でもまだイっちゃだめよ、我慢しなさい」
と言っているので、私もイクのを我慢して、でもこらえきれず
体が反り返り、イってしまいました。

まだ余韻が残っていて、ぐったりしてしていると、奥様はお洋服を
脱ぐと、とてもきれいな体でしたが、下半身に妙なものをつけていました。
そうです。ペニスバンドです。今日は会った時から少し下半身が盛り上がって
いたので、何か怪我でもしたのかな、と思っていましたが、最初からこれが
目的で、エッチな話をしていたのです。

奥さんは私のお洋服を全部脱がせ、キスをして乳首を愛撫し、
またアソコに指を入れて、十分に濡れているのを確認して、
ペニスを私のアソコに入れてきました。
ペニスバンドは裏側にもペニスみたいなものがついており、
それは奥さんのアソコへ入れてありました。

そして奥さんがゆっくりと腰を振り、しだいに激しく動かし、
「あ~ん、気持ちいいの~、あ~っ、あ~っ、最高~」
「私もいい~、そう、もっと突いて~っ、そうよ、あ~っ」
お互い腰を動かし、そのままイってしまいました。

翌日も奥さんに呼ばれ、仕事が終わりおじゃましたのですが、
だんなさんも出張でいないらしく、一緒にお風呂に入り、寝室へ。
キスをして、例のごとくペニスバンドを付け、私のアソコへ。

「ああっ、ああ~んっ、いい、いいわ、イキそう、もっと突いて~」
私は今まで恥ずかしくて、あまりセックスでもマグロ状態で、
こんな声を出したことはありません。でも、すごく気持ちよくて、
奥さんもバンドの裏側のペニスをアソコに入れて、
「ああ~ん、すてきよ、わたしも感じるわよ、いい~っ」
お互いイってしまいました。

その後抱き合いキスをしたりアソコを舐めあったりして、また、
数種類のバイブを入れあい、数時間の間、イキっぱなしでした。

数日たって他の奥さんに聞いてのですが、その奥さんの家庭は
セックスレスでだんなさんとも仲が良くないらしいのです。
でも奥さんはだんなさんのことを愛していて、たぶんだんなさんとの
ことを思いながら、私をレズっていたのだと思います。
でも2日に一度は奥さんとレズエッチをしています。

最近、男とエッチするより女とエッチするほうがいい、と思います。
どうしても女性に抱かれたいと思うようになったからです。
不思議とその奥さんとのレズエッチの時は、妙に大胆になれるのです。
もしかすると奥さんのことが好きなのかも・・・・。


18才未満閲覧禁止
このサイトはネット上に散らばっているエッチな告白を収集しているサイトです。もちろん著作権のあるものは掲載していません。今後も収集を続けていきますのでお楽しみください。管理人・タケシ
新着記事
人気ページランキング 3日
ブログパーツ
検索フォーム
ブログランキング
母親と熟女と人妻・無料動画&告白集