禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    妻・恋人・彼女

絶倫の教え子に講師の私がイカされまくってます

塾で英語の講師をしている25歳です。
春期講習のころ、教え子の中2の男の子と仲良しになって、車で一緒に出掛けました。
夕方、静かな所に車をとめて話していたら、だんだんエッチな話題になっちゃって、
その子に「きみって童貞でょ?」って聞いてみたの。
もちろん「うん」て言うかと思ったら、答えにびっくり! その子去年の夏に、童貞卒業していて、しかも相手は、学校の友達のお母さんで36歳だって・・・。

フェラが上手すぎる後輩の女の子に、惚れてしまった

大学の飲み会の帰りのこと
俺は後輩の女の子とアパートが一緒だったので、毎回その子と一緒に帰ってた
その後輩を仮に真琴と名付けておく
時をかける少女の真琴に雰囲気が似てて、胸はないんだけどスレンダーで華奢なところとかが似ていた。でも独特の人懐っこさがあって、正直ちょっと異性として惹かれてはいた

別れの前の旅行は、彼女とハマりっぱなしだった

今から一年半ほど前の3月。転勤で離ればなれになることが決まったある日、彼女と函館にでかけることにした。離ればなれになっても、ずっと関係を続けたいなってことで。行きは、青森からフェリーで渡りました。船内は、観光シーズンでないだけに、ガラガラ。二人で2階にある展望室に陣取った。展望室には誰もおらず、彼女と二人っきり。

初体験の彼女が締まりよすぎて、後で困った話

小学の時の同級生・美枝子、顔は並よりは上くらいだけど、割と背が高く、ポチャでもガリでもなくスタイルはかなり良く、そして何より運動神経は抜群に良かった。
私は走るのは平均よりチョイ上だったけど、とにかく余裕で私より早かったし、水泳、腕相撲、とにかく基礎体力と運動能力では、何やっても勝てなかった。
でも、男勝りな性格ってわけではなく、どちらかと言うと物静かな聞き上手なタイプだった。 その時は、美枝子とは仲の良いクラスメイトの一人だった。

結婚する前、枕営業で生保の契約を取っていた妻

私の妻は現在39歳。今までに5回職を変えました。
体は小さいのですが男を引きつける何かがあるのでしょう。職に関係無く色々男との付き合いがあったようです。色っぽくなっていく妻を私は嬉しく思っていました。いつしか妻も友達の話として色々話してくれるようになり、それを聞いて喜ぶ私の姿に妻も喜んでいるようでした。そんな話のなかで、生保レディー時代の話を一つ書きます。

旦那は鉄道好き、私はバイク好きですが、うまくいっています

今の旦那と出会ったときのこと・・・。
今から2年前、23歳のとき、今の旦那と出会いました。
旦那は鉄道会社に勤務し、運転課というところでダイヤグラムを決める「スジ屋」という仕事をしてます。だから、鉄道が小さいころから好きで入社したようなものです。
ところが、私自身は同じ乗り物でもバイクが大好きで、それもそのはず、物心ついたときには一家そろってモトクロスをしていたのでした。

元同級生のガチガチに緊張しながらの手コキが気持よかった

二十歳の夏に、東京に出てきてる中学の同級生だけで、プチ同窓会をやった。
男女合わせて15人くらいだし、学年が同じってゆうだけで、
しゃべったこともない奴もいたから、盛り上がりには欠けてた。
店を出た後、2次会をどうするかみんなで話していたが、
どうせ2次会も盛り上がらないと思った俺は、密かにみんなから離れて駅に向かった。

社員旅行で男の先輩に添い寝したら

入社1年目の6月。新社員の歓迎会をかねた部内での社内旅行は、会社から車で1時間ほどの温泉街でした。現地集合という、愛想の無い会社でしたが、新入社員は出し物をしなくちゃいけないとのことで、買出しに行ったり、係り内で相談したりと、やっぱりそれはそれで楽しい感じでした。18時くらいから、宴会がスタート。素面(シラフ)では出し物なんて出来ないので、新人は、出だしからけっこう飲んでたと思います。

結婚してからも元彼に抱かれていた妻

妻は私と付き合う前まで、私の友人と付き合っていました。
二人が別れて半年後に私達の交際がはじまったのです。
普段お付き合いのある共通の友人達の間では、「あいつよく友達の元彼女と付き合えるよなあ!」と噂になっていました。しかし、時間が経つにつれそんな噂もなくなり私達は二年後には結婚しました。妻の元彼も祝福してくれて、結婚式2次会の司会までやってくれたほどです。

後輩の美人OLが、可愛い顔してフェラがとっても上手だった

女友達というか、会社の後輩にしてもらった話。
16歳年下で俺既婚......。
俺三十代既婚、彼女二十代独身。
彼女、目パッチリ鼻筋通って唇ぽってりの、まあいわゆる超美人。
髪の色が結構明るいので、夜見ると銀座の高級クラブのお姉さんに見えなくもない。

フェラだけという幼なじみに、うまいこと中出しした

若かりし日の話(23歳)だが、自分には小学から同級生だった幸子という女が居た。
なぜか妙に仲良くて、付き合うとかはないが離れない関係だった。
幸子が大学を出た後からメールが来るようになり、幸子から彼氏の相談とかをされたりした。そして、夜にちょくちょく近所で会ったりしてた。車の中で話を聞いたりしてたが、ムッチリした太ももや、意外にありそうな胸を見てたら男なら…ね。

落ち込んだOLを励ますために、頑張って一発決めた

先月、九州で開催された弊社研修会での出来事。
九州各支社の支社長や担当者を某県の温泉場に集めて、大々的に開催されました。
本社から私と子会社の業務課長が出席し、新規事業の説明を行う事になっていました。
過去に北海道や東北などでも実施していたので、この課長とは役割分担等について事前の打合せができており、気楽な出張になるはずでした。
携帯で見る
QR
RSSリンクの表示
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
アクセスランキング