禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    人妻・浮気・不倫

主人がいるのに元彼に3回もイカされました

私(みか)は27歳の新妻です。ちょっとぽっちゃりかな。結婚して3年。
子供も2歳になり、主人ともうまくいっていて特に不満もありませんでした。
夫婦の営みはと言うと最近仕事で遅くなっていてあんまりしてなかったけど、欲求不満というわけではありませんでした。
そんな私が・・・・あの日元カレに偶然遭遇し一回限りの過ちを犯してしまいました。
今は元カレも転勤してしまい会っていませんし連絡も取っていません。

人妻インテリ女史に一年かけて中出し

職場ではないですが、仕事先で知り合った人妻インテリ女史とお付き合いするようになり、1年半かけた先日、とうとうSEXしました。気持ちよかったです。
仕事上でメルアドの交換をして、徐々に世間話みたいなやりとりをするようになり、お互いに酒好きと判明。
向こうの職場の人数名(顔見知り)と飲み会をやった。

仲間と海水浴に行ったら、子持ちの人妻とSEXできた

僕と友達の裕弥と信也の3人で海にキャンプに行った時の出来事だった。
僕たちはキャンプ場の近くの海水浴場で、可愛いギャルを双眼鏡で観察しよと思って、人ごみを避けて、少し離れた、岩場でゴツゴツした海岸を歩いていた。
その時、一組の夫婦が小さな女の子連れて、たたずんでいる事に気が付いた。
夫らしい男性は仰向けになって顔に帽子を乗せて、ぐっすり寝込んでいて、その横に、小柄な、可愛い感じの女性が子供と遊ぶ様にして座っていた。

アパートの巨乳の人妻がパンチラで誘ってきたので・・

二交代勤務で働いています。
アパート住まいは交代勤務に便利だから、木造2階建てボロアパートに引っ越しました。
3ヶ月くらい経った頃、番に出かける前に洗濯をベランダに干していたら、こんにちは!と隣の奥さんがベランダ越しに挨拶されました。
一度しか会っていなく顔すら忘れていましたが・・・いつも朝早かったり夜遅かったりでたいへんですね、と、2歳位の娘さんをだっこしながら声を掛けてくた。

不倫相手の人妻との、営業中のSEXは快感がハンパないです

彩さんとの不倫性活がはじまったが、子供が2人いてパートしている彩さんと、ブラック気味の会社に勤めていた俺とでは、なかなか時間をつくれなかった。
月に一度くらい、俺は釣り、彩さんは友達と飲み会ってのを言い訳にして、ホテルでまったり過ごすくらいが精いっぱい。お互い(もっと会いたい)って欲求は募るばかり、そこでエロい頭で考えたのが平日の営業しながらデート。

人妻ですが、山奥のプレハブ事務所でで専務とハメまくりました

土木関係の仕事で部長をしてる私は、下請け会社の経営不振のせいで発注したモノが届かなくなり、大きなミスをしました。
それは山奥で行われる大きな仕事で、私は現地に責任を取りに行くことになりました。
主人にも話すと無理しないでと言われ家を出ました。作業は遅れ急いで別な会社に発注をしてましたが、一人では厳しく3日が過ぎたころ専務(社長の息子27歳)が手伝いできてくれました。

人妻なのに、取引先のオヤジにイカされっぱなしの私(1)

自分で言うのもなんですが、結婚するまではかなりのヤリマンで男性とSEXでしまくり、遊びまくりでダブルブッキングで一日に何人もの男性とエッチなんて当たり前。
昼間と夜で違う男性とHしたりと男性からみれば尻軽女と思われていたでしょう気が合えば全然OK。それはいまでも変わらない。
旦那はすごく気が短くて嫉妬深い人。
だけどセックスの相性が抜群で、それで結婚したようなもの・・・。

人妻なのに、取引先のオヤジにイカされっぱなしの私(2)

慣れてはいるが、ときどき心底いやになってしまう。
だからいつも気張って負けまいと振舞うくせが自然についてしまった。
「でもいつも気丈なのもいいなぁ。たくさんいじめたくなる」
抱かれているときはいいが、終わってしまうと急に虚しくなって、自分が惨めになる・・・
「目的は達したんでしょ。だからもう帰ってください」オジさんの腕をどけてベッドから出ようとするが、がっちり押さえ込まれて身動きがとれない。

バブル時代の母親達

今年の春休み、Aが主宰する塾の打ち上げがあって、
名門私立中に無事合格した教え子と保護者が呼ばれたんだ。
塾つっても学生がやってる小さい所で、打ち上げもAのマンション自室。
もっとも塾経営で羽振りが良いのか(一応、学生なんだけどな)、
郊外だけど結構高級な物件ではある。
俺もよく行くんだが、リビングはちょっとしたパーティーができそうな広さで、
いっちょ前にソファーセットも何組かあった。

少年野球チームのお母さんをバックで突きまくり

少年野球のコーチを3年しています。
最初は土日が練習になったり試合になったりするので断りましたが、頼まれてやり始めました。まぁまぁチームは強いし、やり甲斐はありましたが、やはりちょっとしんどい。
けど、楽しみを見つけてからはなかなか楽しみになりました。
父母の親睦会があり、1次会から隣だった美奈子。
髪は長く、細身の小柄な女盛りの37歳のママさん。

嫁に内緒で、泥酔した隣の奧さんの口にドッピュンした

結婚してて、マンションと言うにはちとボロい、かと言ってアパートと言うにはちょっと高級といった感じの家に住んでた5年前の冬の事。
その経緯は忘れたが、なぜか隣の部屋の夫婦と仲良くなった。
良く一緒に海に行ったり、ペンションに泊まりに行ったり、お互いの部屋で宅飲みをしていたな。あ、もちろん夫婦同士4人でな。

人妻と始めようとしたらダンナから電話が…立ちバックで一気に突きまくった

数ヶ月前にこの町に引っ越して以来、仕事のない日曜日は近所の公園で本を読みながら過ごす事が多くなった。
そんな公園でよく見かける20代後半くらいの水商売風の子供連れの女が、同じ時間帯に公園にいる事に気が付いていたが、最初はこれといって接触する事もなかった。
しかし女児が俺に懐いてしまい、自分で作った泥団子や持ってきた玩具を、「これ見て見て」と声を掛けてくるうちに、自然と俺とその水商売風のママと会話を重ねるようになっていったのだった。