禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    寝取・寝取られ >  寝取ってしまった友人の彼女(1)

寝取ってしまった友人の彼女(1)

高校の時
中学からのツレん家へ、遊びに行った
そいつはワンルームで一人暮らし
二つ下のツレの彼女が部屋に遊びに来てた
三人でダベってたら、ツレがバイトに行くと言い出した
ツレ・「もう、バイト行かなアカンわ」
ワシ・「マジ?、んなら帰ろか」
ツレ・「せやなあ、悪いけど」
彼女・「私は?」
ツレ・「おってエエよ」
彼女・「一人やったら寂しいから一緒に留守番しててもエエ?」
ワシ・「イヤイヤ、帰るて」
彼女・「それやったら私も帰る」
ツレ・「そうやなあ、、、おってくれへん?」
彼女・「なあ、エエやろ?」
ワシ・「何時に帰ってくるん?」
ツレ・「大体9時ぐらい」

動画紹介☆体験談に近い動画もきっとあるはず!


ワシ・「んげ!まだ5時間あるやん」

彼女・「エエやん、、、な?」

ワシ・「んなら、、、待っとくけど」

ツレ・「おし、頼むわ、、行ってくる」

ワシ・「寄り道せんと帰ってこいよ」

彼女・「行ってらっしゃーい」

ってことで、二人きりに・・・

ワンルームで部屋にあるものと言えばベッドとコタツぐらい

後は簡単な炊事場とユニットバスやった

ツレが出かけてしばらくすると、彼女がトイレに行った

トイレは風呂と一体になってるヤツで、扉のすぐ向こうが便器になってた

部屋とユニットバスとの区切りは曇りガラスのドアだけ

ワシは部屋のなかでコタツに入ってマンガ読んでた

彼女がトイレに入って中の電気をつけたら、その姿が写ってた

彼女がこちら側に向かって立ってる

あっ、便器の蓋を上げた

ジーパンのベルトをカチャカチャはずしてる

このへんから、ちょっとドキドキしてきた

ジーパンの一番上のボタンがはずれた

チャックが「ジイーッ」って音と共におろされていく

ジーパンがスルっと下ろされた

スレンダーな腰回りのシルエットがドアごしに映ってる

きれいやなあ・・・

下着は薄いブルーやった

さらに、パンツに指がかかって・・・

スルっとひざあたりまで下ろされた

あかん、、

見たらあかん、、

って思いから、ここで下を向いてしまった

ああ、見たい

でも、ツレの彼女やし

頭からさっきのシルエットが離れない

すでにチンポはギンギンやし

と・・・

チョロチョロ・・・

と、おしっこの音が聞こえてきた

おもわず顔を上げてドアをみた

チョロチョロ・・

音はまだ続いてる

中の彼女は下を向いていたみたいやけど、不意に顔をあげた

まさか、中から見えてはいないやろうけど、

中の彼女がニッコリしたように思えた

音が止まり、

トイレットペーパーの巻きとる音

右手にトイレットペーパーを持ち、何回も丹念に股間を拭いている

ジャーーー

トイレの水を流す音が聞こえ

彼女が立ちあがろうとしている

このあたりは下を向くどころか、ドアの向こうの姿を凝視していた

彼女は勿体をつけるようになかなか立ちあがらない

立ちあがれば、あの綺麗なシルエットを、下着なしのシルエットを見れる

そういう思いで頭の中はいっぱいやった

彼女がすっと立ちあがる

さっき、薄いブルーだった場所が、肌色になっていて、、

その中心に、微かに黒い場所があった

すぐに下着が引き上げられ、薄いにブルーに戻ってしまったが、確かに黒い影がみえた

ジーパンが引き上げられベルトが元通りしめられると、電気が消え、彼女が出てきた

こっちは下を向いたまま顔を上げられない

彼女の視線を横顔に感じたが、マンガに夢中になってるふりして下を見てた

彼女がコタツの横にくると

「なんか、寒いなあ」

って言って、コタツの温度を上げたようだ

こっちは頭の中はさっきの姿が離れないし、チンポはギンギンやし

寒いどころか暑いぐらい

それでも、そんなことは悟られないように

「そうやなあ・・・」

と答えた

二人の間に無言の状態がつづき・・・

彼女がいきなり「見てたやろ?」って言った

とにかくドキドキして、ビックリしたけど

平静を装って「いいや、なんのこと?」ってとぼけた

「まあ、エエけど」彼女はクスっと笑いながら言った

「ああ、なんか今度は暑くなってきたわ」

彼女は笑いながらトレーナーをぬぎだした

「おいおい、いままで寒いって言うてたやん」

「でも、暑くなったんやもん」

「まあ、エエけど、、好きにしい」

ほんとはコタツを消すことが出来てよかった

ヒザの裏とか、汗でじっとりしてたから

彼女はトレーナーを脱ぐとTシャツ姿になった

体つきはスレンダーで身長も高いほうじゃないから、Tシャツは少し大きいみたいやった

コタツに入って、ベッドに寄りかかって、同じようにマンガを見ていたけど

姿勢をかえて前かがみになった瞬間に見えた

大きくはないが、きれいな曲線を描いている乳房が・・・

彼女はノーブラだった

Tシャツの脇のしたの隙間から、乳房の形がみえた

手のひらにすっぽり収まりそうなほど、可愛い大きさ

まだ、少し硬そうな・・・・

今度はドアごしじゃなく、直接

それも、30cmほどの近距離で

少し落ち着いていたチンポはまたウズウズ頭を上げてくる

その気で見れば、Tシャツに乳首の形もうっすら映ってる

さりげなく、頭の位置をかえ、クビの間からも見ようとしたが乳首は見えない

わきの下からも、乳房のふくらみは見えるけど、その先端を見ることができない・・・・

中途半端に乳房のふくらみだけ見せられて、イライラした

このあたりになると、頭の中から「ツレの彼女やから悪い」って思いが消えてくる

なんとかして、乳首を見たい・・・

乳房の先を見たい・・・

そのとき、コタツの上にタバコがあった

しかも、彼女の向こう側に

「悪い、タバコ取ってくれる?」

彼女は「自分で取ればエエのに・・・」って不思議そうな顔をしながら

左手をのばしてとってくれた

見えなかった・・・・

・・・・・

甘かった

体を伸ばしたから、わきの下との隙間が却って狭くなってしまって、全然ダメだった

「ありがと」

たばこに火をつけてくわえ、何気なく彼女の方に目をやると、

見えた

乳房の先端に薄いピンク色で、まだ小さな乳首が

完全な乳首の形になっていない、半分陥没乳首みたいな感じやった

タバコを取るために体をのばしたから、Tシャツがのびて、脇の下の隙間が大きくなったみたい

彼女はマンガに夢中になってる

こんどは、じっくり乳首を見た

30cmほどの近距離で

他のマンガを取るふりして、少し下から見ると右側の乳房もわきの下から見えた

隙間から手をいれて、触りたい思いを必死で押さえた

彼女とはもう目をあわせられない

ひたすらマンガを読んでるふりをしてた

あんまり、無言やし、態度もおかしかったんやとおもう


動画紹介★体験談に近い動画もきっとあるはず!


[ 2015/02/27 ]   寝取・寝取られ CM(-)
携帯で見る
QR
RSSリンクの表示
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
アクセスランキング