妻がチャットで性の遍歴、私もまきこまれた(3)

-
takesi
寝室に行き一人ベットに横たわり煙草の煙を大きく吸い込みながら私は、先程の妻とタケ君のチャットを思い浮かべていました。
確かに妻は私に覗かれていることは解っていたには違いありません。しかし一度も私の方を妻は見ることはありませんでした。妻の言う通り私に対する愛情とタケ君を好きって思う感情には違いがあるのはわかのですが・・・

動画紹介☆体験談に近い動画もきっとあるはず!

どうしても自分は逝ってしまった後には、こうした嫌悪感が私の中に湧いてくるのです。

今こうして一人ベットに横たわっていても妻は一向にここへ来ることはありません。きっと今ごろまだタケ君と先程の余韻で甘い会話でもしているのでしょう。
今は興奮よりも嫉妬の気持ちの方が上回っているんです。困ったことに妻にさへ腹立たしくなってきてしまうのです。

自分の自信の無さからくる情けない嫉妬心ですね。これでは妻に他人棒を経験さすことなんてできないでしょう。それどころかタケ君とのチャットすら、さすこともできなくなってしまいます。

そんなことを色々と考えていました。私が妻のいる部屋を出て寝室に来てから1時間ちかい時間が経っていました。妻はまだこへは来ていません。
射精した時間から少しずつ時間が経つにつれ、私の気持ちも嫉妬から来る妻への腹立たしさが和らいできます。

妻が一向に戻ってこないので、パソコンの前でそのまま疲れて寝てしまったのかとも思い妻を見に行くことにしました。

私が寝室を出た瞬間私の耳に届いてきた妻の声は、先程にも増すような激しい叫ぶような妻の感じている声でした・・・・

「あかぁ~~~~ん!!いくわぁ~~ こんなん始めてやわぁ~~ タケ君凄ぉ~~い」
「気持ちええよぉ~~ そのタケ君のいい~~ もっともっと頂戴~~ ここにぃ~~」

私は、え???? またしてるんか??? ホンマかいなぁ~と半分呆れたような気持ち半分これは覗かないといけない!って思うエッチな気持ち・・・・

さっきまでの妻に対する腹立たしさは何処に行ったねん!って思うほど今は私が予想もしなかった状況にしぼんでいた私のモノも、一気に元気満々状態になり妻を覗きに行きました。
今度は妻に見つからないように、床に這い蹲るようにそろりそろりと床を這い、ソファーの横から妻にわからないように妻を覗きました。

妻はパソコンが置いてある机の上に両足を上げ、タケ君にあそこがアップで丸見えになるようにカメラを正面に置いて、自分のあそこに私とのエッチのときにもあまり使わない極太バイブを激しく突っ込んで動かしていました。

「あかんわぁ~~ また来るぅ~~ 堪忍してぇ~~ もぉあかぁ~~~ん」
「ゆき!!僕はまだまだ行かないよ!ホラもっともっと突いてやるよ!」

そのタケ君の声に反応するように妻は極太バイブを激しく出し入れします。

「タケくぅ~~~ん もぉ~~~あかぁ~~~ん いっちゃうぅ~~~」
「逝っていいよ! ホラ思いっきり逝って僕にいやらしいゆきのあそこ見せて!!」
「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~ でるぅ~~~~あかん~~~我慢できひんよぉ~~~」

妻の激しい声と共に大きく開かれた脚の中心部分から、噴水のように一気に光りながら潮が飛び散ります。

「凄い!!!ゆきーーーー すごいよ!!」
「あぁぁ~~~ またぁ~~ またいくぅ~~~~~」

潮を吹きながらも黒い極太バイブの動きを止めない妻は、また激しく潮を飛び散らせながら登りつめました。床とパソコンの机には夥しい妻の嫌らしい部分から吐き出された体液が飛び散ってします。
椅子からも妻のお尻を伝って流れているであろう体液がポタポタと床に落ちています。

それでも一向に黒い極太バイブの動きを辞めずに動かし続けます。

「タケ君~~~ おねがぁ~~い タケ君の白いのだしてぇ~~ いっぱいだしてぇ~~~」
「あぁぁぁぁ~~ ゆきぃ~~ 気持ちいいよぉ~~ ハーハー ゆきぃ~ 何処に欲しいんだ!」

タケ君の声も荒げてきています。

「何処でもええわぁ~~ タケ君の好きなとこにだしてぇ~~ あかぁ~~~ん またいくわぁ~~」
「ゆきが何処に欲しいか言わないと あげないよ!!!」
「あぁぁぁぁ~~~ん お願いぃ~~もう死にそうやわぁ~~ はよちょうだい!! 何処でもええからぁ~」
「言うんだよ!ゆき! 何処に欲しいのか! あぁ~~ いきそうだよ!ホラホラおもいっきり突くよ!!!」
「はぁ~~~ん あぁぁぁぁ~~ん 中に! 中にぃ~~~ 中でピクピクしていっぱい出して!!!」
「中で出すんだね? いくよぉーーーーー!!!! ゆきーーーー!!!」
「あーーーーーー!!! きてぇーーーーーー!! あたしのなかにぃーーー!!」
「いくぞーーーー!! おおおおおおおおおおおお!!!!」
「ああああああああああーーーーーん すごーーーーいぃ~~~~ん」

妻は思いっきり両足を突っ張りながら先程以上に噴出す音が聞こえてきそうなくらいに潮を撒き散らせながらピクピクと痙攣を起こして椅子から転げ落ちるように床に倒れ込みました。

その勢いでカメラもマイクも床に転がり落ち。。。。。

激しすぎやん・・・・こんなに妻が乱れるなんて・・・・なんでや??興奮するよりも、ただただ驚きの方が大きかったです。

床に寝そべる妻のピーンと上に向く少し大きめの乳首と胸はハーハーと激しい呼吸と一緒に上下に動いています。

「ゆき?・・・ ゆき? 大丈夫?」
「・・・・・・・・・・・・・・・」
「大丈夫?? ゆき?」

タケ君が妻を呼びます。 妻は、ゆっくりと身体を起こしながらカメラとマイクを拾いながら椅子に座りました。

「ごめん・・・ ごめん・・・息がとまりそうやったわ」
「ゆき?大丈夫?」
「うん・・・ なんとか・・・」
「ゆきが素敵だから続けて2回もいっちゃったよ」
「・・・うふ・・・ 私も凄く感じた・・・こんなになったん始めてやわ・・・」
「感じてくれたんだね? 嬉しいよ 今すぐにでもゆきの所へ飛んで行きたいよ」
「・・・・・ありがとう・・・・」
「ゆき? 今度一度逢ってくれないかな?」
「え?? 逢うのはダメだよ・・・・」
「何故? 一度でいいから逢って欲しい・・ 逢ってこの手でユキを抱きしめてみたい・・・」
「タケ君? 逢うときっとずるずる行ってしまうわ・・・だから・・・だから・・・お願い・・・」
「お願いだよ!一度でいいから!」
「・・・・・考えさせて・・・」
「わかった。抱かなくってもいいよ。一緒に食事するだけでも、お茶するだけでもいいから一度考えておいてね」
「・・・・うん・・・そろそろ眠くなってきたから寝るわ・・・」
「うん わかった ありがとうね・・・ゆき おやすみ」
「・・・おやすみ・・・・」

妻は心の中で私の妻である自分がタケ君に引かれる女としての自分を抑えているようでした。

裸のまま自分の撒き散らせたモノをゆっくりとゆっくりとふき取っている妻を私は後ろから抱きしめました。
妻はびっくりしたように私に背中を向けたまま言いました。

「あんた・・・ずっと見てたん?」
「ううん。途中からやで」
「そうなんや・・・・ごめんなぁ・・・」
「なんで誤るねん? なんか俺に悪いことしたんか?」
「ううん・・・してない・・・けど・・・けど・・・」

そう言って私の方に向き直って私の胸にしがみつきシクシクと泣き出しました。

「なんで泣くんや? なんもお前は悪いことしてないやんけ。そやろ?確かに俺もお前見てて腹立つてたけどなぁ~ けど俺はお前を信用してるで」
「・・・・・・・・」

妻は何も言いませんでした。ただ私の胸でシクシクと泣くだけでした。

裸のままの妻を抱き上げて寝室へと連れて行きベットに寝かせて、私は妻から出た体液を雑巾で綺麗にふき取り、妻の中に何度も出し入れされた極太バイブも綺麗に洗って片付けました。

パソコンのある部屋の電気を消して妻のいる寝室に戻ると妻は。まだ泣きじゃくっていました。

私が妻に「ゆっくり寝れば明日はすっきり何もなかったような気持ちになわる。おやすみ」そう言って自分のベットに入ると妻が私のベットにもぐりこんで来ました。

「あんた・・・抱いて・・・」

妻の蚊の泣くような小さな声をふたするように妻の唇にキスをして、妻の首筋から胸へと妻の体中を愛撫しました。
妻は先程のように乱れることはありませんでした。しかしあそこはさっきの余韻を残してかわかりませんが、今まで触ったことのないほどヌルヌルと太ももまでが濡れるほどでした。

妻に挿入すると妻が私に「やっぱり・・・あんたがええ・・・」
そう言って抱き付いて来ました。

「お前のあんな激しい姿見たことないで 感じたんやろ?」
「・・・うん・・・・ごめん・・・・」
「謝らんでもええやんけ。俺はお前のさっきの姿思い出しただけでも興奮して逝きそうやわ」
「見てて感じたん?・・・・あんな私見ても感じる?」
「あぁ 感じたで」
「私のあそこタケ君に見せたで・・・おまけにいっぱい出たのも見せたで・・・それでも?」
「おおおお そんなん言うなや 逝きそうやんけ」
「タケ君私をカメラで見てるだけで2回も逝ったで・・・私見て・・・」
「あぁ~ 知ってるわ・・・興奮しとったな・・」
「興奮してたで・・・ビンビンになってた・・・」
「あかんわ いくわ・・・」
「あかん!まだいかんといて! 一緒にいって・・・」
「もぉ限界や! お前があんなんしてた思うだけで嫉妬してたまらんわ」
「あぁぁぁ あんた 逝きそうやわ・・・来てぇ~~ いっぱい出して」
「おおおお いくでぇ~~~~」
「あぁぁ~~~~ん いくぅ~~~ あんた!飲ませて!!あんたの!」

私は妻の中から抜き出し妻の身体を跨いで妻の口に自分のモノを押し込み放出しました。
妻はモゴモゴいいながら嬉しそうな顔をしてゴクンゴクンと喉をならしながら私のモノから出る白いものを飲んでくれました。

そのまま一緒のベットにはいったまま二人で知らない間に眠りにつきました。

「あんた!起きてや!そろそろ」

妻のいつもの声で私は目が覚めました。寝ぼけた顔で起きて行くと妻が私に言います。
「あんた今日特に用事ないやんな?」
「あぁ ないで。暇やしパチンコでも行こうかって思ってただけや なんでや?」
「今日は私の買い物に付き合ってえな?」
「あぁ ええけど どうしたんや?珍しいな」
「ええから さっさとごはん食べて用意してなぁ~」

妻に急がさされなが、食事を済ませて顔を洗っていると、妻が何気なく私の後ろを通りすぎるのを見ると、ここ数年見たことのない妻の少し短めのスカート姿でした。

このごろは本当にいつもジーンズ姿ばかりだったもんで、いつもと違う妻に見とれてしまいました。

「何ジロジロ見てるんやな? 恥ずかしいやんかぁ~」
「いやぁ~何年ぶりにお前のスカート姿見たかって思とった(笑)」
「もぉ~!たまには、ええやんかぁ~。そんなこと言ってんと早く行くで」

妻にそう言われて二人で車に乗り少し離れた郊外にできた大きなショッピングセンターに向かいました。

超ミニではありませんが、膝上の少し短めのタイトっぽいスカートに真っ白のブラウス姿の妻の後ろ姿を見ているとなかなかええ尻してました。

ふと横を見ると隣に歩いてるおっさんも、うちの妻のプリプリ尻をさせながら歩く妻の尻を見ていました。
このおっさん見とるがなぁ~~と少しニタニタしてましたわ。けど妻を見られたらドキっとするほど興奮してきました。

妻が向かったのは何やら派手な服がいっぱい置いてる店でした。

妻と同年代の女性もいるし少し若い女性もいるような店で妻が選んだのはミニのスカートと体のラインがよく見えるピチッとしたTシャツっぽいもの。
それと透けて見えそうな上着。私はファッションにはうとい方でなんて呼ぶのかわからんのですが、とにかく今までに妻が着ていた服装ではなく、少し派手でいろっぽく見えるようなモノばかりでした。

その店を出ると今度は、なんと!下着の店へ。。。。それも若い女の子もいっぱいいるような店です。

さすがに一緒に店には入れませんわ・・・入りったくっても。なんや!この変なおっさんといわんばかりの女子高生の視線に負けて・・・・(笑)

私は店の前で妻を待つことにしました。

しばらくすると 「あんた!! なぁ~あんた!」と私を呼ぶ妻の声が・・・

妻を見ると手に何種類かのブラジャーとパンティーを持って私に「どれがええ?」と・・・
顔から火出そうでしたわ・・・恥ずかしくって恥ずかしくって・・・(汗)

口パクで「なんでもええやん」と妻に向かって言うと妻は「ええからこっち来てぇなぁ~」と・・・・

おいおい簡便してくれよぉ~と思いましたが、勇気を振り絞り妻のいるところに行きましたよ。

妻が持っている下着は今までに妻が身につけていたものとは、まったく違う濃い色のレースがいっぱいついていて派手なモノでした。真っ赤や真っ黒に紫。なんかワインレッドのようなものなどなど。形もTバックのものや横が紐1本みたいなものまで。(照)

「どう?あかんか?こんなん私にあわんかなぁ~?」
「どうしたんやな?急に?」
「これからは、必要になるときがあるかもしれんやろ?」
「はぁ~~~?なんやそれ?」

妻は私の耳元に小さな声で「チャットで見せるときもこんなんの方がええやろ?あんた以外に見せるときもあるかもしれんしさぁ~。それとあんたも好きそうやろ?」と(笑)

確かに私も好きです!間違いではありませんが、あんたも好きやろ?が後ですやん・・・・チャットで見せるときの方が先ですやん・・・これって・・・・(汗)

まぁ嬉しいような寂しいようなそんな気持ちでしたが、妻は昨夜で何かが変わったようです。
今までの妻じゃない、違う妻が目覚めたのかもしれません。

そんな妻のショッピングに付き合い家に戻ると早速妻がファッションショーです。

いきなり着ているものを脱ぎ捨て素っ裸になり買ってきた濃い紫色大人の下着~って感じの上下を身につけて私に「どうや?」と照れ笑いを浮かべて聞いてきます。

「ええやんか えらい別人みたいやで」

そう言うと妻は網目のパンストを履き豹柄のシャツを身につけ黒のミニスカートを履きました。

今までの妻とは見違えるようなほどいろっぽく自分の妻ではありますが、少しドキっとするくらいでした。

鏡の前で楽しそうに回りながら鏡に映る自分の姿を妻は見ていました。

「なぁ~ そのまま少し出かけへんか?」と妻に言うと
「なんで? 今帰ってきたとこやんか?」
「いや さっきなぁ普通のスカート履いてるお前をおっさんがいやらしい目つきで見っとったんや。俺かなり興奮したねん。そやしその格好で少しジロジロ見られてくれや」
「なんやそれ(笑)そんなおっちゃんいたんや?私なんか見られるんか?」
「あぁ 見るってきっと」
「そうかなぁ~? ほないっぺん行って見るかな(笑)」
「よっしゃ!決定や きっとジロジロ見られるで(笑) お前見られて興奮したらどうする?」
「あほぉ~~~(笑)」

こうして私と妻は二人で駅近郊の繁華街へと出かけて行きました。

妻と車に乗り駅近くのデパートの駐車場に車を止めて駐車場のエレベーターに乗り込んだ瞬間にすでに乗っていた40代半ばのおじさんが早くも妻を足先から頭の天辺まで食い入るようにみています。
エレベーター降りて妻にすぐに報告です。

「今エレベーターに乗っていたおっちゃん凝視してたで」
「え?うそぉ~ ほんま?」
「あぁ 見てた見てた(笑う)」
「そうなんやぁ~ あまりわからんかったわ」

妻はそう言ってデパートをウロウロし出しました。
ウロウロしていてもジロッと妻を見る人や露骨に通り過ぎる瞬間までジロジロ見る人とさまざまな人がいました。

けどこう人が多いと私と妻もなかなか思い切ったこともできずにウロウロするだけでした。
普段あまり履かない高いヒールを履いていた妻が少し脚が疲れたのでデパートから出て近くの広場みたいなところのベンチで少し休む事にしました。

妻はベンチに座り左手でスカートを抑えて下着が見えないように座ります。
それじゃ面白くないもんでその右手をどかさせました。

妻の前を通り過ぎる男性は妻のまん前を通るときに妻のスカートの中をチラッと覗いていく男性もいました。
そんなとき妻の座っているベンチの通路を挟んだまん前のベンチにあきらかにおじいさんって感じの男性が座りました。

私はおじいさんなんで何も気に止めなかったんですが、妻が言いました。
「前のおじいさん見てる・・・・」私の耳元で小さな声でそう言うと少し照れたような表情でした。

「そうなんや(笑)どれどれ」と前のおじいさんを見るとあきらかに妻のスカートの奥を覗いているようです。

「ホンマに見てるなぁ~ どうや?見られる気分は?」と妻に聞くと
「あかんわ・・・おじいさんではドキドキせんわ(笑)」そう言って妻は笑っています。

そこへ私達と同年代か少し上の男性が子供を連れておじいさんの座っているとなりに座りました。
最初は子供の世話をしていて妻に気づかなかったんですが、その小さな子供が走りまわり出すのを見て妻に気づきました。

一瞬 は!っとしたような表情で妻を見ていました。何気なく子供の走る姿を追いかけて見ていた瞬間に妻のミニスカートの奥から下着が見えているのに気がついたのでしょう。

それからはチラチラと妻の方を見ます。

「おい。あの前のお父さん間違いなくお前のスカートの奥覗いてるな?」と妻に言うと妻は、
「ホンマやなぁ~っと 見てるわ・・・・いやらしい目つきやわ・・・」
「ははぁ~んあんなタイプに見られるとドキドキするんやな?」
「別にそうでもないけど・・・あんまりこっち見るから見られてるって思う・・」
「ホラ今見てるわ(笑)となりのおじいさんと一緒に」
「いややなぁ~なんかビックリやわ・・・男の人ってそんなに見たいんや」
「そらそやろ。あのタケ君でさへお前見たくなったんやからなぁ」
「・・・うん・・・」

妻はやはりタケ君の話題を投げかけると少し同様した表情になっています。
かなりタケ君を意識しているんでしょう。私にメラメラと嫉妬の炎が燃えてきます。

「ゆっくりすこしづつ脚開いてみ?」
「ホンマに??そんなことするん?」
「あぁ してみてみきっと見られてるって思えば思うほど感じてくるで」

妻は私のその言葉に返事はしまえんでしたが、妻の脚がゆっくりゆっくりと開いて行きます。

前から覗くと下着から透けて見えるアンダーヘアーも見えているかもしれません。

「もっと相手を見ながら脚を開いてみてみ?」
「あかんって・・・そんなんできひんわ」
「それをすることに新たな興奮が起こるかもしれんで。ホラ開いてみなよ?」

妻はかなり脚を開けました。二人の男性はチラチラですが妻の顔を見ながらもじっくりと開かれたその部分を見ています。
私も妻を見られていると思うと少しずつ興奮が襲ってきました。

そこに残念なことに子供連れの男性の奥さんらしき人がやってきて。その男性は残りおしそうにどこかへ行きました。

おじいさんだけでは妻も興奮しないと思ったもんで、そのベンチから立ち上がり私と妻は、また繁華街をウロウロしました。

歩いているとエッチな映画館ではありませんが、最近の真新しい映画館ではなく、昔からある普通の映画館があったもんで休息がてらに妻と二人で入りました。

その映画館ではなにやら、名前は忘れましたが地球の最後みたいな映画が上映されていました。
特にその映画が見たいわけでもなく、入った私達は映画館の一番後ろの席に座りました。

映画館はそれほど混んでいるわけでもなく若いカップルが殆どでした。

その中に私達の座っている所から4席ほどの横に私達同年代か少し下の男性が座っていました。
その男性を私は意識して妻の太ももゆっくりとなでました。

映画のスクリーンをじっと見つめる妻の顔も少しドキッとした感じでした。

私に手はさらにエスカレートしていきます。


関連記事
takesi
Posted bytakesi