禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >  妻・恋人・彼女 >  妻がチャットで性の遍歴、私もまきこまれた(1)

妻がチャットで性の遍歴、私もまきこまれた(1)

私の妻36歳で、二児の子持ちのどこにでもいるような普通の主婦です。
私は38歳妻と結婚してひょんなことから妻の昔の男の体験談を聞いてから異様に嫉妬と興奮を覚え、いつか妻にも他人棒をと考えていた夫でした。
そんな我が家に年賀状を作るために便利なパソコンを購入することとなりました。
私がパソコンを使うのと言えば妻にこっそり隠れてエッチサイトを見る程度ですが…



妻は何かと凝り性なもんで、いろんな事をしてました。
そんなある日二人で旅行の行き先でのおすすめな場所を探すのにネットサーフィンって奴をワイワイとやっとりました。

その中のサイトの広告に2ショットチャットって奴が。。。
私の頭の中に変な妄想が浮かびまくります。 2ショットチャットってもしかすればエッチなこと?

チャットって言葉は知っていたものの現にしたことも見たことも無くどうすればいいのかわからないもので、妻に2ショットチャットって知ってる?と尋ねると
知ってるよぉ~と ん?? 知っているのかよぉ~と一瞬思ったんですがね これがよくよく考えると何で知ってるの???って(笑

知っているなら膳は急げ!妻に一度やってみてよとお願いすると、いいわよとそれも広告サイトをクリックするのでなくお気に入りの中から何やらクリックして2ショットチャットのサイトへと飛ぶではありませんか?

それも手馴れたようにいろんな待機メッセージの中から一つの部屋を選び入室~~

こんばんはの挨拶から始まり、世間話へとそれもすらすらと慣れた手つきでログを打つ妻。。。
こりゃかなりチャットをやっているようです。

何気にチャットしたことあるのと妻に聞くと、妻からの返事は少しだけしたことあるよと返ってきます。

相手はほとんど男性?の私の問いかけに妻はそうだよと。。。。おいおい俺の知らないうちにいつのまに??って感じです。

別に他人とセックスしたわけでもないのに私の知らないところで、それも知らない男とログで会話をする妻。勝手な妄想が広がります。

当時まだまだ何も経験していない私にはそれだけでも興奮と嫉妬で、もぉ心臓バクバクでした。

勇気を出して妻に聞いてみました。 エッチなチャットにはならないの?と
妻は、そんなのならないよ。普通のチャット部屋だもん。と。。。。普通のチャット???
普通じゃないチャットってあるの?と聞くとですねぇ~ 妻はあるよと。。。

あるんかい!それなら早く言ってくれぇ~って心の中で叫びながらも口では何も言えずに妻に一度してみてよとお願いしてみます。
妻からの返事、簡単にいいよぉ~の一言。それもすぐにこれまたお気に入りからそのサイトに飛んで行きます。

その飛んで行ったサイトに書かれているメッセージときたら、これがかなりのマニアックなメッセージばからりで、こんなところで妻もチャットをしたことがあるのかと一人思っていると妻は一つのメッセージを見つけ部屋にはいります。

そのメッセージときたら、一緒に感じませんか?なんてところに。。。。

部屋に入りお決まりの挨拶から始まり、すぐに男性からの質問攻め。それに妻も全部素直に答えます。

そんなときにビデオを借りてた返却日が今日までだと気づき慌てて車で私がチャットをしている妻を残して行くことに。

慌てて一目散にビデオを返して家に戻ってくると先程まで明るかったパソコンのある部屋が薄暗くなってるんです。

パソコンのある部屋が暗くなっている。。。もしかして。。。私の頭の中はパニック寸前です。
ゆっくりとパソコンのある部屋に向かいます。

そこにはパソコンのモニターだけが明るく光を放っていて慌てたような妻がおりました。
「おかえり 早かったね」と妻が慌てたように私に言うんですが、どう見ても普通じゃないです。
「お前何かしてたやろ?」と妻に聞くと「え??何かって?」と「何でわざわざ部屋の明かり消してチャットしてるんや?」妻は「だってエッチなチャットだから少し雰囲気を出そうかと思って」と。

「雰囲気出す?結構大胆なことするんやなぁ~ ビックリやで」と妻に言うとですねぇ~妻から返って来た返事が「さっきからさぁ~電話で話そうってずっと誘われてるの どうしよかぁ~?」

「電話でって?わざわざ電話で話す必要あるんかいな?」と私が言うと妻は「ずっと誘われているからどうしようかと思っただけよ」と。

「お前今までにチャットして電話で話しをしたことあるんか?」「ううんないよ」「電話で話しすればエッチな会話するんと違うんか?」「そんなことはないって普通に話しするだけでしょ」とそんな会話をしました。

電話で話をすれば、こりゃひょっとしてTELエッチになるんではと。。。。少し私の期待度が上がります。私にとってそれを見てみたい願望が頭を駆け巡ります。

妻に「お前が話していいって思うんやったら話してみれば?」と私が言うと妻は「けどさぁ~電話番号教えるのも怖いし、かと言って私が非通知でかければ電話代かかるしどうしよ?」

オイオイ そんなこと考えるなよこんなときに。電話代くらい良い授業料やわって思ったもんで妻に「電話代なんかええやん。一度電話で話してみなよ」と私が言うとまだ妻は電話代がもったいないなんて言ってます。

「とにかく電話番号聞いてみれば?」と妻に聞くと「もう聞いたよ」と返事が。。。
なんやねん!もぉ知ってるんかいな。。。こりゃ こいつも結構電話で話したいんやなと、それもさっき私がいない間に電話で話していたのかもしれない。

結局妻が非通知でチャット相手の男性に電話を。

「もしもし~うんそうだよ 始めましてぇ~」明るい声で妻が話します。
私の前で知らない男性と楽しそうに会話をする妻がいます。

「えぇ~ さっきログで言ったでしょ そんなこと言えないって」
「やだぁ~絶対に言えない」

こいつら二人で何いってるねん!わけわからんぞ???そんな感じでした。

しばらくして妻が電話を切りました。結局お互いの自己紹介なんかなどと先程の少し気になる会話のみで終わったようです。

時間も遅くなっていたのでそろそろ寝ようかということになったのですが、妻は片付けモノがあるのでそれを片付けてから寝るとの事でした。

私が先に寝室に行き寝ようかと思うのですが、先程のことで少し興奮気味でなかなか寝付けません。しばらくして妻が寝室にやってきてベットに入りました。
私は先程の興奮から妻のベットに行くと妻は眠いから明日にしよってニコニコと私に我慢しなさいみたいに微笑みかけ私に背中を向けました。

私も妻がそういう態度に出るといつものようにする気無しだと思い寝ることにして自分のベットに戻りました。
けど興奮しきった私のモノは収まりません。我慢我慢と言い聞かせながら寝ようとするのですが、なかなか寝付けないものです。

妻の方もごそごそと寝返りを繰り返し寝付けないようです。ひょっとしてやはり妻も興奮して眠れないのか?それとも単に寝付けないだけなのか?そんなことを思っていると私の頭にもう一つの事が浮かびました。

ひょっとしてさっきの男と約束か何かして俺が寝付いてからまた電話するんじゃないのかと。。。
私はそう確信してそれを見届けるために寝たふりをしました。

かなりの時間がたって予想通りに妻が動く気配がしました。私の方へ近寄って私が寝たかどうかを探っているようです。私がいびきをかくふりをすると私が寝ているのを確認したのか、そぉ~っと寝室を妻は出て行きました。

やはりあの男と電話で話すんだと。。。物凄い怒りと嫉妬が私を襲います。それと同じくらいに何かに期待する興奮も。

寝室のドアを少し開けると予想通りに妻がリビングで話す声が聞こえて来ました。
裏切られたような気持ちと何か期待をする気持ちとでとても複雑でした。

妻の楽しそうな笑い声と楽しそうな会話が私の耳に届いてきます。

そんなとき妻の声が聞こえてこなくなりました。電話を切って戻って来るのかと思い慌ててベットに入ります。しかし待てども妻は戻って来ません。

もう一度ベットから出てドアから廊下に顔を出して見ると妻の悩ましく切なそうな声がかすかに聞こえて来ました。

こそこそっと小さな声が聞こえてくるなかに、時々ハァ~と悩ましい声が混じっています。
う~~ん良く聞こえへん!! ってかぁ~見てみたい!そんな衝動が・・・
心臓はバクバク飛び出しそうな音を発ててます。

寝室から出て妻のいるリビングを覗こうと思うんですが、なかなか我が家でもこっそり覗くのって難しいもんなんですわ^^;

見つかって元々と勇気を振り絞り寝室を出ました。足音をたてないようにと歩くんですが、これが廊下がきしむんですよね。ミシミシって(汗

何とか抜き足差し足忍び足でリビングの近くまでたどり着くとガラス戸のくもりガラスから妻の影が見えてます。
話し声は先程よりは聞こえやすくはなりましたが、古い我が家でもさすがにガラス戸がしまっていると聞こえにくいもんなんですね。

妻はソファーに腰掛けて電話を持って脚を開いてはいませんが、伸ばしているようです。

「うん・・・感じてるかもしれん・・・ハァ~ そんなこと言わんといて・・・・フゥ~」

少し妻の声が大きくなる箇所だけ私の耳に聞こえてきます。

お~~~い!相手の男は妻に何を言っているねん??? くそぉ~あいつもあいつで電話でこんな会話しやがって!!そんな思いがドンドン強くなっていきます。
思いはそうであっても大事な部分はカチカチ状態でスウェットのパンツがテント張り状態なんですよねぇ~これが(笑

「うん・・・ 触ってるで・・・知らん・・・わかるやろ?」曇りガラス越しから見える妻は左手で電話を持ち右手は股間部分で少し動いているようです。
「ハァ~・・・気持ちいい ウ~ン だめぁ~・・・・・そんな恥ずかしいこと言えん・・・」

私自信の息もハーハーして来るし、静かな我が家で耳をすませて妻の声を聞こうとするんですが、自分の心臓の鼓動音がうるさくって・・・・^^;

情けないかな妻の声とガラス越しに見える妻のシルエットでオナニーしたくなる欲求を抑えられません。しかしここは廊下なもんでティッシュもなくパンツの中に射精するのも気持ち悪いし・・・

このまま我慢して妻を見ているか?それとも欲求のまま自分でするか?またまたそれとも妻のいるリビングに行くか?迷いましたねぇ~
結局私のした行動ときたら、わざと物音をたてて妻に私が起きてきたことを気付かせたんですわ。

トイレのドアを妻に聞こえるように開けてトイレに入ったんです。

トイレから出てくると妻の声はせずに、ソファーに座ったままでした。ガラス戸を開けてリビングに寝ぼけた顔をしながら入りました。
妻が「トイレに起きたん?珍しいなぁ~」と私が「お前こそ起きてたんか?」妻は「なんか眠れんかってここでボーっとしてた(笑」なんて照れ笑いを浮かべてます。

何が寝付けなくってだぁ~!!知らない男と電話でいいことしやがって!!

妻を見ると服装は乱れてはいませんでした。

私は何も言わずに妻に襲いかかります。それもいきなりジャージも薄い水色のパンティーも一緒に引きずり下ろしました。

「あんた!どうしたのよ!辞めてってばぁ~ お願い!」
妻の言葉なんて無視して妻の脚を開いてあそこを丸見えにします。微かな光に妻のあそこが光って見えました。脱がせた薄い水色のパンティーのあそこがあたる部分も濡れています。

「お前!こんなに濡らしてここで何をしてたんや! ホラ簡単に俺の指3本も入るくらいに濡らしやがって!」
「いやぁ~~~ん あかん~~許してぇ~~あんた お願いやぁ~~」
「何してたんか言ってみろ!! オラオラこんなにグチョグチョにしやがって!」

妻は言葉とは裏腹に感じまくっています。私の強引でまるで犯されるような無理やりな行動に一気に登りつめました。それも指だけで・・・・

「あかん~~~いく~~~~」そう言いながら私の手のひらにビュビュっと潮まで吹きました。

荒くなった呼吸のまま妻が私に「あんた見てたん?私がしてたんを?」
「あぁ~見てたって言うより聞いてたって方があってるけどな」
「ごめん・・・前にあんたのいないときに1度だけエッチなチャットして電話でしたん・・・凄く興奮して感じたし。またしたくなったからしてしもたん・・・ごめんなさい」
「そうやろなぁ~チャットも結構してるんやろ?」
「うん・・・けどなぁ~エッチなチャットは1回だけやで普通のチャットで知り合った人に誘われてしただけや」
「まぁ~ええわぁ~1回でも2回でも。したんならおんなじやしな。それよりなぁ~頼みがある」
「何なん?頼みって?」
「俺なぁ~前からお前が俺以外の男で感じてるところ見たかったねん。変態って思われてもしゃぁないけど」
「そうなんや・・・嫌ちゃうの?私がそんなんしてても?」
「嫌やと思う気持ちもあるけど、見たい気持ちの方が上かもしれんわ」
「ふぅ~ん変やなぁ~ 私があんた以外とするんやで?私は反対なら嫌やわ」
「まぁ~普通は嫌やろ。そやけど見たら興奮するねんし、しゃぁないやろ。さっきも無茶苦茶興奮した」
「興奮したんや・・・私が電話してるの聞いて・・・・」
「あぁしたわ。そやし俺が見てる前でさっきの男に電話してここでしてくれ」
「マジで言ってるんか?ホンマにええんか?」
「あぁええでぇ~ 1回してくれ嫌になったり腹立ったりしたら言うから」
「けど、そんなん恥ずかしいわ」
「頼む!見せてくれ」

妻はしばらく何も言わずに私の顔をじっと見てましたわ。そして言いました。

「ほな、途中から来てくれる?あんたがいる前でいきなりそんなんするん恥ずかしいから、そこの戸を開けとくから時間たってから私にわからんように覗いて。それなら出来るかもしれんから」
「わかったわ。それでええわ」

私はそう言ってリビングを出ました。

リビングを出て寝室に戻りました。しばらく自分のベットに腰掛けて窓の外に近所のカーテン越しから見える灯りを見ながら私は思いました。

こんなことしてる旦那なんて俺だけなんやろなぁ~と・・・自分の愛する妻が自分じゃない相手とエッチなことして興奮する旦那なんて・・・

近所の家の灯りが私を攻めているようにも思えました。

10分ほどたったのでさっきほどでもないですが、そぉ~っと寝室を出ました。
妻の悩ましい声が聞こえるかと期待していたんですが、普通に楽しそうに話す声がしているんですよねぇ~。困ったことに。。。。

ゆっくりとリビングに近づいてドアの手前で廊下に座り込み妻と男の会話をきくことにしました。

「えぇ~そうなん?電話切ってから一人で思い出してたん? うそぉ~」
「結構変態かも(笑 いいえ!私は違うって(笑 」

そんな会話ええから早く、あんあんって会話してくれよぉ~~頼むわぁ~。そんな思いでしたよ。

「うん・・触ってるよ ううん。指」

おおおおおおおお!!!来ました来ました期待していた会話が(笑

「穿いてないって ホンマ うん 感じるとこ・・・・」
「あぁ~~ん そんなん言わんといて・・・エッチになってくるって・・・はぁ~~」

いきなりさっきまで普通の会話してたかと思うと、こんな会話に突然なるんですね。女は怖い怖い(笑

そろそろ始まったようなんで少し開いたドアの間からリビングを覗いてみました。
妻は両足こそ開いてはいませんが、さっき私が脱がせたままの下半身何もつけない状態で左手で電話を持ち、右手でクリトリスをゆっくり触っています。

「やだ・・・いえないって・・・あなたは?・・・うんうん そんなになってるん?・・・」
「私も感じる・・・凄い息が荒いね・・・いやらしい・・・あぁ~~ いやぁ~ん」
「うん・・・凄い・・・凄い音してた・・・・ そんなにしてるん? あぁ~~いやらしい~~」
「やだぁ~~ そんなんできないって・・・ いや・・・ダメ・・・うん 音してるかも・・・」

妻は少しずつ脚を開いて行きます。私の方からは横向きなもんで大事な部分は見えません。
結婚して始めて見る自分の妻のオナニーしている姿・・・それも私以外の男の言葉で興奮させられて、相手の男の姿を想像しているんでしょうね。

私の脳天は突かれたような衝撃が襲いました。

「うん・・・舐めて・・・あぁ~~~そんなに音たてて・・・いやらしい・・・」
「あぁ~~ん 感じる・・・凄い・・・凄い・・・そんないやらしい音たてて舐めんといて・・・」
「うん 私も舐めてあげる・・・うん・・凄く硬くなってる・・・ハーーン 大きいわぁ~」

そう言って妻は自分の指をピチャピチャ言わしながら吸ったり舐めたりしています。

「恥ずかしい・・・そんなに聞きたいの?」
「じゃぁ~聞かせてあげる・・・・ちょっとまってね・・・」

妻はそう言うと左手で持っていた携帯電話を自分のあそこに持っていき、右手の中指と人差し指を淫らな蜜を溢れさせている部分に出し入れしながら時には全体を激しく擦りながらクチュクチュクチュと淫らな音を相手の男に聞かせているのです。

さすがに私もその行為を見て、いても発ってもいられなくなり、そぉ~っとリビングに入りました。

妻はうす暗い中で私に気がつき、一瞬戸惑った顔をしてすぐに携帯電話を自分のあそこから耳元に戻しました。

「聞こえた?あぁ~~あなたのもいやらしかったわ・・・だめ・・・いっちゃいそう」
「お願い入れて・・・・我慢できない・・・」

そう言うと私の方を見て手招きします。

私が妻の方へ行くと男としゃべりながら私の硬く大きくなったモノを右手で愛撫しだします。

「舐めてあげるから・・・我慢できなくなったら入れて・・・もうだめ・・・」

妻はソファーから降りて私の前に座り込み大きく硬くなった私の肉棒を咥えだしました。
チュパ・・・ジュル・・・ジュポジュポジュポ。。。

本当にフェラしているのですから生々しい音が相手の男に聞こえているはずです。

「んぐんぐ・・・モゴノゴ・・・いれて・・・」

妻はそう言ってソファーに戻り大きく脚を開いて私に挿入を促します。

妻の大きく開かれた部分は私が想像した以上に濡れて薄明かりに光って見えていました。
私以外で・・・それもTELエッチだけでこんなに妻は感じるのか・・・
今まで私しか意識しなかった妻が私以外の男を意識し出して、私だけの妻から独身時代の女としての思いを取り戻し出したのか・・・
そんな思いと興奮の中で私は妻に促されるまま私の肉棒を挿入しました。

「あぁ~~~~ん!凄い~~~あなたの大きい~~気持ちいい~~」

妻は私のモノが入ったとたん電話に向かって大きな声でそう言いました

「うん・・感じる・・・あなたは?気持ちいい? 感じてる私のを・・・」
「あぁ~~ ズンズン来るの・・・だめぇ~」

私は目を閉じて私に挿入されながら相手の男に抱かれているのを頭の中で描いている妻に嫉妬と興奮で襲われました。

相手の男に負けてたまるか!もっともっと突いて付き捲ってやる!そんな思いで妻を突きまくりました。

「だめぇ~~そんなにしたら・・・いくぅ~~~!!」

妻は身体を大きくのけぞりながらそう言って登りつめました。

「あぁーー気持ちいい~~ もっともっと頂戴!」
「うん 一緒に来て!私がもう1度逝くまで我慢して・・・」
「あぁーーーー来るわぁ~~~ お願い来て!一緒に・・・一緒に・・・お願い私の中にいっぱい頂戴!」

妻は私を1回も目を開けてみようとはしません。

妻のその言葉と姿を見て私の硬くなったものは限界が訪れ妻の中でドクドクと男の証を放出します。

「いって~~~お願い~~~私逝っちゃう~~~私の中でぇ~~いっぱい来てぇ~~」

私の放出に遅れて妻は相手の逝く声を聞きながらそう言って逝ったようです。
妻の上に乗ったままで妻の荒くなった呼吸と心臓の鼓動を感じたまま妻の会話を聞きました。

「はぁ~~ はぁ~~ うん・・・よかった・・・いっぱい出た?」
「うん 2回も逝っちゃった・・・こんなの始めてかも・・・」
「うん・・・うん・・・まだ硬いの?・・・凄いね・・・」
「うん・・・私はもうダメ・・・終わると眠くなっちゃうから・・・」
「うん ありがと・・・よかったよ・・うん・・・うん・・また機会があればね・・・」
「ん? もぉ~うまいんだからぁ~ けど嬉しいよ」
「じゃぁ~ ありがとう おやすみ またね」

そう言って妻は電話を切りました。


[ 2016/08/22] 妻・恋人・彼女