禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >  寝取・寝取られ >  絶倫ハゲオヤジに従順にかしずく妻に嫉妬して興奮する俺(2)

絶倫ハゲオヤジに従順にかしずく妻に嫉妬して興奮する俺(2)

妻の両肩を掴んで上半身を反り返らせ、スパン!スパン!とリズミカルな音。
その音と合わせるかのように、妻は卑猥な喘ぎ声を上げていました。
失神しそうな自分を奮い立たせ、その一部始終を見続けました。
それはもう地獄のような時間でした。
立ちバックで突いたりクネクネ腰を揺すったりする吉井。
妻は俺が見た事も無いほど喘ぎまくり、我を忘れている様に見えます。

DMM動画紹介☆体験談に近い動画もきっとあるはず!

しばし腰を振っていた吉井は、突如チンコを引き抜きました。

50代とは思えないほどそそり立つチンコを見て絶句です。

黒々隆々としていて、明らかに太さも長さも俺のとは桁違い。

あんなのが入ってたのか?!と背筋がゾッとしました。

引き抜かれたチンコの前にヒザをついてしゃがんでいた妻は、頭を掴まれて振り向いたかと思ったら、そのチンコにしゃぶりついたんです。

根元を握って小刻みに動かしているのか、舌をベロンベロンと出して亀頭から竿までを丁寧に舐め上げているんです。

ベローンと舐めながら上目遣いで吉井を見、しっかりと見つめ合っている様な映像。

咥えようとしても半分も口に入らないらしく、妻は呻きながらフェラチオしてました。

唖然と見ていたのですが、気が付けばなぜか泣いていました。

涙が流れてきて気が付いたぐらい、何も考えずに無心で見ていたようです。

妻がお風呂から出てくる音が聞こえたので一旦打ち切り、その日からまた新たにメモリーを増やして撮影を続行して行きました。

次の日、仕事の合間を見て満喫へ行き、ヘッドフォンをしながら全ての映像を見ました。

妻はフェラチオの後、自ら進んでテーブルに手を付き、ケツを出して「入れて」と懇願。

口を手で押さえつつも喘ぎ声は漏れていて、初めて見る妻の絶叫しながらの昇天。

床にへたりこむ妻を置いて、吉井はソファーへ悠々と移動。

座ると妻が這いながらやってきて、またもやフェラチオが再開された。

玉袋まで顔を突っ込んで舐めているようで、吉井はその間に煙草まで吸い出してた。

俺にはあんなに文句を言う妻が、何も言わず必死にフェラチオをしていたんです。

煙草が吸い終ると吉井の「おいで」という声がして、妻が対面座位の形でチンコに跨って自ら握って挿入していたんです。

結合部まで鮮明には見えませんでしたが、妻の仰け反る姿で入っていくのが分かりました。

妻は初めこそ大人しく、次第に激しさを増していき、最後にはグラインドさせてました。

吉井とキスをしている様な動きをしながら、首に抱き付き腰を激しくグラインド。

最後の方で吉井に腰を掴まれて激しさを増していくと、妻は抱き付いたまま叫ぶように昇天していきました。

でも動きを止めようとしない吉井に、勘弁してくれ、もう許して、お願いもうダメ、と何度も何度も懇願していました。

でもその後激しく体を震わせたような動きの後、妻は脱力してグッタリしてしまいました。

映像を見ていて気が付いたのですが、妻は知らぬ間にパイパンでした。

数週間見てない俺もどうかとは思いますが、妻は恐らく吉井の為にパイパンだったんです。

しかもですよ、しかもどう見ても吉井はゴムなんてつけてません。

妻がしゃぶる映像を見てみても、ゴムなんてしてないのがハッキリと分かりました。

ハゲオヤジのデカマラを、生で挿れられてイキまくっている妻の姿。

前日は違って妙な興奮を覚えてしまい、勃起している自分の気が付きました。

自分に腹が立ち、コーヒーを飲んで煙草を吸ってから再度確認しました。

でもグッタリした嫁を吉井がお姫様抱っこして、リビングから出て行ってしまいました。

その日はリビングのメモリーカードしか持って来ていなかったんです。

泣く泣く俺は満喫を後にしました。

家に帰ってさっそく寝室にあるカメラのカードを確認しました。

当然と言えば当然ですが、吉井と妻はベッドでセックスをしていました。

吉井は入れてはしゃぶらせるを何度も繰り返し、何度も妻は昇天しています。

ベッドを横から撮影していたので、妻がキスを自ら求める姿さえも映っていました。

俺は見た事が無い顔をした妻が、ハゲオヤジの舌にしゃぶりつく姿。

最後の方なんて自らヒザの後ろに手を回して大股開きになり、最悪な言葉を連呼してた。

「中に出して!」

「中に頂戴!」と。

あぁぁ・・そういえばピル飲んでたっけ・・・

まだ子供は欲しくないという妻の意向をくんで、2年ほど前からピルを飲んでました。

妻が目の前でハゲオヤジに中出しされてる。

中に出した後も吉井はまた動いたりし、最後には白く泡立った物体の付着したチンコを妻の顔に近づけ、妻は躊躇する事無く舌で綺麗
にし始めました。

玉袋の裏側まで丁寧に舐め、最後にはチュポッン!と音を立てて尿道を吸ってました。

「あぁぁ~ん、中から出てきちゃうぅ~」

妻は楽しそうに甘えるようにそう言い、アソコにティッシュを当てていました。

その横で吉井が寝ながら「指ですくって舐めろよ」とか笑いながら喋っている。

指ですくって味見をする様な感じで舐めている妻。

もう現実の物ではなく、赤の他人の映像を見ているようでした。

吉井はしばし休憩した後、すぐに帰ったようです。

妻は吉井がいなくなると寝室へ入ってきて、シーツなどを新しい物に取り変えていました。

コロコロで最後まで綺麗にする姿を見て、本当に複雑な思いでした。

吉井とセックスをしていたベッドで寝るのは屈辱的でした。

でもなぜかもっと妻の醜態を見たいと思い、隠し撮りを続行していきました。

自分でも信じられない奇妙な感覚でした。

別にそれを見てシコるわけでもないのに、もっともっと見たいと思っていたんです。

吉井は決まって水曜か木曜日にやってきていました。

毎回玄関へ迎えに出る妻は、戻ってくる時には挿入された状態でした。

いつも立ちバックで入ってきてテーブルを使ったりし、妻は1回は昇天している。

微かに聞こえる妻の声には、驚愕する言葉がありました。

「吉井さんのオチンチン好きなの」

「旦那のより気持ち良いわぁ」

「オチンチン好き、あなたのオチンチンが好きなの」

「もっとしてぇもっと、もっと」

「あなたのオチンチンでイキたいの、イカせてぇー」

卑猥過ぎる言葉の数々。

もちろんそんな事を口走っている妻を俺は知りません。

ソファーでいつも腰を振り、最後は失神している様な妻。

その後抱き抱えられて寝室へ向かい、やはり最後は懇願して中出し。

終わってからも仲の良さそうな2人を見て、本当に現実味がありませんでした。

ただ、今でも心に突き刺さっている光景があります。

「旦那とはセックスするなよ」と吉井に言われ、少し困っていた妻。

困惑している妻に「約束を守れないんだったら、もう挿れてやらねーぞ」と言う。

すると吉井に抱き付き「しない!旦那とはしないから」と言っていた妻。

勝ち誇ったような表情の吉井は、舌を妻にしゃぶらせてご満悦そうでした。

ちなみに俺と妻は本当にセックスをしていません。

いつもそんな雰囲気になると、手を出せない様な雰囲気を作られて何もせぬまま。

それが吉井からの命令だとは・・・言葉になりません。

それからもう1つ。

2人の行動パターンが読め始めてきたある日、狙って電話した事がありました。

妻は信じられない事に、挿入されている真っ只中で俺の電話を出ていました。

吉井に出ろと言われ、俺と喋りながら腰を振っていました。

時々口を抑えて頭を振り乱しながらも、必死に俺と喋ろうとしていました。

喋っていた俺は気が付かず、後に映像を見てそれを知りました。

ホント屈辱的です。

長くなったので最後のオチを手短に書きます。

妻とは離婚しました。

弁護士をたててその映像を元に、吉井から慰謝料の請求もしました。

詳細は省きますが、途中で吉井の父親まで出てきて、現ナマを積まれました。

父親は土地持ちらしく、本当に申し訳ありません!と土下座までされました。

土地を売却したのか驚くほどの現ナマを渡され、隠密にお願いしますという話です。

マイホームも売却し、残ったローンも慰謝料で返し、今はマンションを購入しています。

吉井の奥さんは何も知らないので変化は無しですが、妻は実家に帰りました。

弁護士から聞いた話、実は離婚する前の数カ月間、妻はピルを飲んでいなかったとか。

「あなたの子供が欲しいの」と映像で言っていたのは知っていますが、本当にそれを望んでいたとは弁護士ですら絶句していました。
俺の子供として育てようとしていたのでしょうかね。

驚いた事に、吉井との不倫はなんと2年ちょっとあったようです。

越してきたのが結婚直後だったので、越してきてから割とすぐに不倫が始まったようです。

随分と立ち直るまでに時間が掛りましたが、慰謝料のお陰で最近はイイ生活を送っています。

でもしばらくは結婚とかはしたくないですw

最後の方は急ぎ足になりましたが、これで終わりとなります。


関連記事


[ 2016/08/26] 寝取・寝取られ