禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    寝取・寝取られ >  妻のフェロモンで成り立つペンション経営(8)

妻のフェロモンで成り立つペンション経営(8)

綾乃にそう言って私は尋常ではない胸の鼓動を感じながら外に出た。
探す場所…行き先は決まっていた。
山菜取りの時に休憩する場所だ。
昨夜妻と正治さんがひょっとしたら行く場所だったかもしれない所…
2人が再び過ちを犯す場所になるかもしれない所だ。
妻達は間違いなくそこに居ると思った私は一目散に走り続けた。

動画紹介☆体験談に近い動画もきっとあるはず!


その場所を目指しつつも
「優樹菜1人だけで居てくれ!」
「本当に山菜取りをしていてくれ!」

と呟き『昨夜の様に私の取り越し苦労であってくれ!』と願った。
その場所に近付くと私は敢えて険しい道に身を隠すように進んだ。
さすがに険しい道の為、進む速さが極端に落ちた。
…山中に有る開けた休憩場所、そこには腰掛けるには調度良い大きな岩が3つある…その場所を目の前にして私はゴクッと固唾を飲
みそっと覗いた。

『…!!』

静かに風が吹き、草木がゆらゆらと優しく揺れている中…そこに妻が、私の愛妻が居た!
妻1人が3つある岩の真ん中にちょこんと座り、気持ち良さそうに風にあたっていた。
風にあたりながらセミロングの髪先を何気なく触っている妻の仕種がその場所にはとてもマッチしていた。
その瞬間、不安だらけだった私の心に一筋の光が…安堵感一杯の光が差し込んだ。
私の胸はスーッとし、ホッと息を吐いた。
妻の足元には山菜を入れたコンビニ袋があり、本当に山菜を取っていた事を証明していた。
私は妻を疑った事を恥じた。妻に申し訳ない気持ちで一杯だった。
私は妻の側に行こうと決め

「優樹菜!」

と言いながら前に進もうとした正にその瞬間だった!

『優樹菜ちゃ~ん!』

それはハッキリと聞き覚えの有る男の声だった。
いち早く妻の側に行ったのは夫である私では無く…それは正治さんだった。
愕然とした…私。
呆然となった…私。

「何故ここに正治さんが?」

一気に崖から下に落とされた私がいた。
虚しくもその場で身を隠す…いや、腰の力が抜け隠れる様になった私だった。

「…見て!こんなに取れたよ!」

正治さんが持っていたコンビニ袋を開くと中には沢山の山菜があった。

「わぁ‥凄~い…」
「先生のお陰です!」
「まぁ、正治さんったら…」
「先生の教え方が上手だからだね?」
「正治さんのセンスがいいんだよ~!
「進む道、間違えたかなぁ…」
「アハハ!…だね!」
「それ、キツイなぁ…」
「アッハハハハ……」

どうやら妻が山菜取りに行く途中、正治さんと出会い?遭遇し?いやもしかしたら妻を尾行して?…一緒に山菜取りを始めた様子だった。

「…て、さぁ‥本当はたまたまそこに沢山有ったんでしょ?…山菜取りは運だよ!いくら教えても取りたい時には取れない事だって稀にあるしねw」
「…じゃあ、運使い果たしちゃった‥俺?」
「…そうだね!」
「アッハハハハハ……」

私にはこの2人の仲睦まじい光景が恋人同士に…夫婦のように見えた。
妻のここ最近私の前では見せた事の無い笑顔と綾乃の前では見せないであろう正治さんの笑顔に…私は足元に落ちていた葉や土を強く握りしめ、嫉妬した…そして怒りを感じた。

「…そろそろ帰らなきゃ…綾乃が待ってるよ!」

妻はそう言いながら足元に置いていた山菜入りのコンビニ袋を手に取るとペンションへ戻ろうとした。

「…A、優樹菜ちゃん!」
「…ンッ!?」

すると正治さんは妻の手…いや、腕を掴み自分の方へ向かせるといきなりキスをしたのだ!!

「…ンンッ…」

突然の出来事に妻は全くの無抵抗だったが…ふと我に帰ると離れようと抵抗した。
しかし、正治さんの力に勝てる訳もなく、そのキスは…2人の唇は離れる事は無かった。
正治さんのキスが次第にディープな方向へ変わっていくと妻の抵抗は弱まり、手に持っていた山菜入りのコンビニ袋が悲しくも妻の足元へ落ちた。
私にはその山菜入りのコンビニ袋が落ちる様子がまるでスローモーションの様に見えた。
…と、同時に今からこの場所で2人の情事が始まるスタートの合図の様にも見えた。
少ししてコンビニ袋を力無く落とした妻の手は…再び力を呼び覚まし正治さんの背中を優しく包み込んだ。
2人はそれぞれの心情を思い出したかの様に…思い留まっていた心情をふっ切らせたかの様に…顔を左右に揺らし、そして舌を激しく絡ませていた。
私にはとても素面(しらふ)では見れない…思わず目を背けたくなる様な哀しくて虚しいKISSだった………。

2人が激しいキスを繰り広げている中、正治さんの手が妻の胸元をまさぐり始めた。
その手はやがて妻の着ている服の中に入っていくと姿を消した。
妻の胸元がこれでもかという程荒々しく揺れていた。
私には服を着ていても妻の乳房が激しく揉まれているのが手に取るように分かった。
時折、妻の眉間が皺を作っているがその皺は苦痛からくる皺ではなく…それは皺せ?(幸せ)‥妻の幸福感が作っているのだと私は思った。

一体、どれくらい時間が過ぎただろうか?
………私にとっては哀しく虚しい2人のキス…そのキスがようやく終わった。
2人の唇と唇の間に一筋の糸が見えた。
その糸はいかに長い時間キスをしていたか…そして激しいキスを繰り広げていたのかを物語っていた。
2人はしばらく無言のまま見つめ合っていたが…正治さんがまず行動を起こした。
正治さん自らベルトに手を付けるとズボンとパンツを脱ぎ始めたのである。
そして、その正治さんの行動を見た妻が信じられない…まさかの行動を私の前で晒したのだ。
なんと妻までもが着ていた服を脱ぎ始めたのである!

正直、私は驚いた。
目を丸くしている自分が自分でわかるほど驚いていた。
妻は着ていた服を脱ぐと慌ただしく投げ捨て…そしてブラに手を延ばした。
ブラのフックを外し終えるや否やブラを服同様に投げ捨て、恥ずかしさなど消し飛んでいるのか?自慢の乳房を隠す事なく晒け出していた。

ひんやりと冷たい地面に落ちているまだ生温かい妻のブラが…悲しくも無造作に落ちている妻のブラが…そのブラが私には今の自分自身の姿に見えた。
正治さんも脱ぎ終えると仁王立ちし、そこには既に勢いよく天を向き…そしていきり立つ肉棒があった。
そのいきり立つ肉棒に妻は惹かれるように…まるで吸い込まれるように近付いていき、正治さんの前でしゃがみ込むと妻の右手が何の戸惑いも躊躇もなくその正治さんのいきり立つ肉棒を握りしめた。

キスからこの間‥2人は何も語らず、一言も発する事なく行動していた。
まるで2人が分かっているかの様に…いや、2人の本能のままだろうか?私はとても悔しく思った。
妻が握った正治さんのいきり立つ肉棒は男の私から見ても凛々しく思う程だった。
妻はその肉棒を妖しく見つめるとゆっくりと扱き始める。
正治さんは

「あぁっ‥」

と声を漏らした。
妻は手慣れた手つきで肉棒を扱き続けていた。
すると何の前触れもなく妻が一旦肉棒から手を離すと突然その場に立ち上がり、正治さんの服の裾を掴み取ると捲り上げた。
突然の妻の行動に正治さんは妻のなすがままで‥正治さんの鎖骨部分まで服と肌着はめくられてしまっていた。

そしてあろう事か、妻は正治さんの胸元に顔を近付かせると舌を出し正治さんの胸元を舐め始めたのである。
妻は左手で正治さんの服と肌着が落ちない様に押さえ、そして右手は‥正治さんのいきり立つ肉棒を掴むと扱き始めた。
妻の舌が正治さんの乳首をチロチロと舐め…そして口に含みチュパチュパと責める妻。
肉棒を扱くピッチも徐々に速くなる。

「…あぁ‥優樹菜ちゃ‥ん…」

正治さんがうごめくと、妻は笑みを零し、親指で鈴口を刺激しながら扱き始めた。
すると正治さんのいきり立つ肉棒から…妻の肉棒を扱く右手から我慢汁が出てきた様子でニチャニチャ‥ピチャピチャ‥と音が聞こえてきた。

「ぁあぁっ……」
妻の乳首責めと肉棒扱きの2点責めが次第に速まっていくと正治さんは堪らず天を仰いだ。

「ウフッ…」

一瞬、妻は悪戯に微笑んだ…それは私にはまるで小悪魔の様に見えた。
その小悪魔(妻)の唇は正治さんの乳首から…口へと移動すると吸い付く様にして唇を奪い取った。

妻がキスをしながら正治さんのいきり立つ肉棒を扱く光景に私はドキッとした。
私が見た光景はまるで妻が痴女になり、そして正治さんがM男で…痴女がM男を虐める‥いや、犯している風景に見えたのだ。
妻が私にした事も見た事も無い…妻の隠された本性に私は嫉妬など忘れ、ただただ興奮し
『今の妻は私の嫁ではなく、ましてや子供の母親でもない‥1人の魔性(おんな)』
を見たのだった。

「…舐、舐め‥て…」

正治さんが嘆願するかの様に弱々しい声で言う。
すると妻は小悪魔の笑みを見せ、正治さんの足元へ再びしゃがみ込み、正治さんのいきり立つ肉棒に顔を近付けていった。
妻の口が半開きになり、舌が出てくるとその舌はとてもいやらしく妻自身の唇を舐め、そしていきり立つ正治さんの肉棒に触れた。
妻の舌がチロチロといきり立つ肉棒の鈴口を責め‥そしてその舌が亀頭を包み込むように責め‥そして再びチロチロと鈴口を責める
…それを妻は繰り返し行った。

「‥うぅっ……」

正治さんは堪らず声を漏らした。
すると妻は血管が浮き出る裏筋まで舌を這わして‥そこを丹念にかつ丁寧に舐めまわした。

「‥あぁっ…いぃ……」

正治さんの顔がたまらなく幸せそうな表情を見せた。
そんな正治さんの表情を見た妻は更なる責めを‥テクニックを見せた。
握っているいきり立つ肉棒を一杯まで持ち上げると顔を股間に埋め、肉棒を優しく扱きながらペロペロと玉袋を舐め始めたのだ。
舌を大きく出して玉袋全体をペロペロと…これもまた丹念に舐めまわしていた。
真面目に山菜取りをしていたさっきまでとはまるで違う妻の豹変ぶりに私はただただア然となっていた。
そして更には肉棒を早めに扱きながらパクリと半玉袋を交互に口の中へ頬張る責めを見せた。

「‥す、凄いっ…」

正治さんの感じながらも妻のテクに驚いた顔色が印象的だった。
おそらく正治さんには初めての事なんだと思った。
妻の扱く右手は正治さんの我慢汁が大量に溢れ出ている様でベトベトになり、一部の我慢汁は妻の右手を伝って肘からポタポタと落ちるほどだ。

気付けば最初こそ仁王立ちしていた正治さんの体勢は…立ち上がった状態のまま少し中腰になり股を開いたぎこちない体勢になっていた。
正治さんの玉袋を味わった妻は顔を肉棒の目の前に戻すと正治さんをチラッと見ると‥口を目一杯大きく開けた。
そして次の瞬間、私以外のいきり立つ肉棒を…我慢汁でベトベトになっている肉棒を美味しそうに咥え込んだ。

「…あぁぁ……」

私の妻が他人の肉棒を美味しそうに口に咥えているこの状況で…私の持病?あの病気的な発作が始まった。
嫉妬と興奮で私の肉棒は嘘の様に固くなっていたのだ。
私は止める事すら出来ず、何も出来ずにただ2人の光景を覗き続けていた………固くなった自身のモノを取り出し、右手に掴み取り‥そして扱いていた。

妻が正治さんの肉棒を扱きながらフェラチオしていると正治さんの我慢汁と妻の生唾がそうさせているのか、早くもジュプジュプ…ジュルジュル…と卑猥な音を辺りに響かせていた。
正治さんは片方の手を妻の頭に優しく添えると正治さんの後ろにある岩の方へゆっくりと後ずさりした。
正治さんが後ずさりしている中‥妻は肉棒を口から離すことなく、いきり立つ肉棒を口に咥えたままで正治さんに着いて行った。

『どこまで飢えているんだ!…幾ら肉棒好きな妻にしても…』

この妻の行動には堪らず私の心がそう叫んでいた。
正治さんはおそらく妻の数々な責めで、立ってはいられなくなったのだろうと私が思っていると正治さんは私の思った通り…ゆっくりと岩に座った。
そして妻は自然と正治さんの股の間に正座する形で体を入れた。
妻が正治さんの股間に顔を埋め始めると直ぐにチュパチュパ…ジュプジュプ…ジュルジュル…という音が聞こえた。
正治さんは

「あぁぁ…」
「うぅぅ…」

等と目を閉じて妻のフェラチオを味わっていた。
それは憎らしいほど気持ち良さそうな表情で‥私は代われるものなら代わりたいほどだった。
妻がフェラチオをしている中、正治さんの手が妻の無防備な乳房に延びた。
正治さんはかなり興奮している様子でいきなり無防備な妻の乳房を鷲掴みして荒々しく揉んだ。
柔らかい妻の乳房が面白いように変形していた。
これにはさすがの妻もフェラチオするピッチを乱された様子で…マイペースでフェラチオをしていた妻が時折、口の動きを止めては

「ハァッ…」
「アハンッ…」

とうごめいていた。
正治さんが妻の乳首を摘み、引っ張り、そして捻る。
妻は口の中に肉棒を咥えたまま

「ンンッ…ン~ンッ…」

と声をくぐもらせながらもフェラチオをし続ける様は…目を見張るものだった。

「…ングッングッングッ…ングッングッンッンッンッンッンッ……」

妻はこういう風にされると逆に燃えるタイプである。おそらく妻の逆襲が始まるのではないか?と私が思った矢先、妻の反撃が始まった。
肉棒を口だけで咥え込み、より早く!より深く!フェラチオをする『ディープフェラ』が始まったのだ。

「…うあぁぁっ…」

正治さんは叫ぶ様に声を上げ、後ろへのけ反った。
妻の逆襲を受け続ける正治さんの腰は自然と浮き気味になると妻のディープフェラがしやすい形となり、妻は更に正治さんを攻め立てた。

「…A、優樹菜ち‥ゃん……凄‥すぎ……」

すると不意に妻が肉棒を一度口から離し

「…正治さんの‥美味しぃ…」

と微笑み、そして再び肉棒を咥えディープフェラを開始した。
フェラチオされている男にとっては堪らない言葉であり、シチュエーションでもある。
そんな言葉を夫である私ではなく、他人の正治さんに言った事に腹立たしくも思ったが‥それよりも私は…今の私には興奮が更に増してしまい、股間をもっと熱くしていた。

正治さんのギンギンにそそり立つ肉棒の亀頭から根元までを妻の口は何度も何度も高速で往復している…その為、妻のブラウン色に染めた艶やかなロングの髪が妻のフェラチオをする妨げに‥邪魔をする様に乱れていた。
しかし妻は肉棒を口から離す事なく…フェラチオを止める事なく…片方の手でその乱れる髪を耳に掛けたり、後ろにかき上げたりした。

その妻の仕種は私はとても好きな仕種であり…それを私が覗き見ている状態で妻が他人にしている光景は堪らなく興奮し、私の我慢汁も正治さんに負けないほど溢れ出ていた。

「…ングッングッンッンッンッ……」
「…あぁっ‥あぁ‥優樹菜ちゃん…イクッ!」

突然正治さんは情けない声で言った。

「…イイよ‥ングッングッングッ‥イッて!…ングッングッングッ……」

妻は一度肉棒を口から離すと一言だけ言って、再びフェラチオをし、そしてまた口から肉棒を離すと一言言ってフェラチオをし続けた。

「…あぁぁ…イク~ッ!‥ウッ!!」

その瞬間、正治さんはおもいっきり腰を突き上げるとそのままの状態で何度もお尻をヒクヒクさせて妻の口内に射精し続けた。
妻は眉間に皺を寄せながらも口の中で精子を受け止め、右手をゆっくりと上下させていた。
よく見ると妻の眉間の皺は更に増え‥正治さんが夥しい量の精子を妻の口内に射精している事が想像できた口のまわりを生唾などで酷く汚している妻は残った精子を最後まで搾り取るかのように扱き続けていた。

「チュプッ!」

という音が聞こえた…正治さんの肉棒を開放した妻。
射精したばかりの正治さんの肉棒は今だ萎える事なく、羨ましい限りにそびえ立っていた。
妻が両サイドのロングの髪を耳に掛けながら顔を地面に向けると口から溢れんばかりの精子を吐き出した。
地面に口一杯の他人の精子を吐き出す妻…ドロ~と粘り気を多く含んだ正治さんの精子が妻の口から垂れ落ちていた。

「すごい‥量…」

妻の唇がいやらしくも光輝いていた。

「…優樹菜ちゃんだからだよ!」
「…ん?どういう意味?」
「俺の優樹菜ちゃんを思う感情、愛情だと受け止めてくれれば‥かな!」

正治さんのクサイ台詞にイラッとした私。

「…じゃ‥して!………私をめちゃくちゃにして!」

そんなクサイ台詞を妻はどう思ったのかは定かでは無いが…妻はいつの間にか正治さんの肉棒を掴んでいた。
そして妻は肉棒を扱きながら正治さんを見つめ、真顔で信じられない言葉を…思わず

「えっ!」

と聞き間違いだと思いたくなる言葉を言ったのである。

「…あぁ勿論…優樹菜ちゃんをめちゃくちゃにしてやる!」

正治さんはそう言うと妻の腕を取りその場に立たせた。
妻は履いていたジーンズとパンティーを素早く脱ぎ始め、妻の足元に悲しくも落ちた。

「…ここに手を着いて尻を突き出して!」

妻は正治さんの言う通りに行動する…妻は岩に手を置くと少し股を広げ、お尻を正治さんへ向けた。
正治さんが突き出された妻のお尻を撫でる様に触り、やがて尻肉を揉み始めた。
妻の真っ白で柔らかなお尻を鷲掴みする正治さん‥妻はまだかまだかと不満げな表情を見せる。

「…アンッ!」

妻はお尻をピクッとして声を出した。
よく見ると正治さんの手が妻の密壷に触れていた。

「優樹菜ちゃん…凄く濡れてる…」

正治さんがそう言うと妻の密壷に指を入れた。

「…アゥッ…ンッンッンンッ……」

妻は我慢出来ないのか?正治さんの指を肉棒代わりとばかりにお尻を前後に振った。

「…いやらしぃ‥奥さんだ……」

…グチュグチュグチュ…

「…アンッアンッアンッ…イヤ~ンッ……」

正治さんが指を激しく動かし…妻の密壷からはとても卑猥な音が聞こえ…そして妻は声を大きく上げてよがり始めた。

…グチュグチュグチュ…ピチャピチャピチャ……

「…アァ~ン…ダメ~…アァァァ……」

妻の密壷から溢れんばかりの淫汁が飛び出す。
正治さんの手に容赦なくふりかかり、そして飛び散る様は……私は釘付けにされた。


動画紹介★体験談に近い動画もきっとあるはず!


[ 2016/08/31 ]   寝取・寝取られ CM(-)
携帯で見る
QR
RSSリンクの表示
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
アクセスランキング