禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >  人妻・浮気・不倫 >  いつもミニスカートと黒いエプロンの兄嫁(4)

いつもミニスカートと黒いエプロンの兄嫁(4)

義姉のアナルに挿入する気満々のボクの怒張にローションを塗りつける。
そして少し開いてしまっている義姉のお尻の穴に先端をあてがった。
ビクッとする義姉。でも嫌がらない。
本当にこんな小さな穴に入るんだろうか?
そのまま力を入れて義姉のアナルに侵入した。
思ったよりもすんなりと入っていく。

DMM動画紹介☆体験談に近い動画もきっとあるはず!

カリの部分が肛門の輪っかを通り過ぎると後はドンドン奥までねじ込める感じ。

お尻の穴への挿入に身体を緊張させて耐える義姉。

「このまま根元まで全部入れるよ。美香さんだって…我慢できないはずだよ」

「怖いの… だって私の身体…どうしようもなく疼いてるのが自分でも分かるから…」

身体全体に緊張が走って力が入っているのにお尻の穴だけは緩めている義姉。

グーにした手が小刻みに震えている。

「ハッキリ言いなよ。お尻の穴犯して下さいって。怖がることなんて何もないんだよ」

そう言いながらガッチリと腰骨を固定して、ゆっくりと力強く奥のほうまで挿入していった。

「ああああっ!裂けるぅ~!犯してっ!私のアナル、犯して下さいっ!」

アナルの奥に到達するのと同時に義姉は絶叫した。

入った… これが女の人のお尻の穴…

アナルセックス…

もう義姉は息も絶え絶えで、挿入の激感に耐えていた。

義姉のお尻の穴が信じられないくらいに広がってボクのあそこを咥えている。

入り口がものすごく締まってて痛いぐらい。

なのに中のほうは肉がねっとりとしていて…

ギュウギュウ密着してきて……。

すごく気持ちがいい!

「はっ、入ってる… お尻の穴の奥まで… 奥まで入っちゃってる」

「動くよ、美香さん。ゆっくり動くからね…」

しばらく義姉のアナルの中の感触を味わった後、ゆっくり抜き差しを開始。

ローションがしっかり効いていてスムーズに出し入れが出来る。

膣とは違う感触だがこれはこれで気持ちがいい。

何といってもアナルセックスの方が女性を征服している感じがする。

絶対に見せてはならない所を男の自由にされてしまっている。

肉体的な快感よりも精神的な快感のほうが大きいのかも…

ゆっくり出し入れしながらも、自分が届く一番奥を何度もこすってあげた。

「擦れてる!すごいところが…こすれちゃってるっ!」

おなかを押さえながら義姉が言う。

普通のセックスでは刺激されることのない所にきてしまっているのか?

快感なのか苦痛なのか、背中から脂汗が出ていた。

「あううう‥ ああうううう…!」

「おまんこすごいね… ぐちゃぐちゃになってるよ」

アナルに出し入れしながらあそこも触ってあげた。

クリがぴんぴんに硬くなっていて愛液が半端じゃなかった。

「敏感になってるのかな?ちょっと触っただけでぬるぬるだ…」

「敏感になるの… お尻に入ってるとそっちも敏感になっちゃうの」

「じゃあ、もっといじってあげる」

アナルに挿入したまま義姉を上に乗せた。おし・こスタイルだ。

両足を思い切り広げさせてボクの上に座らせる。これならおっぱいもあそこも自由に触る事が出来る。

「脚を閉じたらダメですよ… あそこを突き出して、穴もクリもいっぱい触らせて…」

「ええ… 好きなようにして」

義姉はアナルに迎え入れたままあそこを突き出し催促してきた。

親指でクリを押しながら、だらだらと愛液が流れ出している元の穴に指を入れた。

けして激しくしない。焦らすようにゆっくりと膣内を抜き差しし、滑って逃げるクリをゆっくりこねた。

アナルに入っているものは一番奥まで入れたまま小刻みに突くだけ…

もっと激しくして欲しいというかのように膣内が収縮する。

「いく… もういく…」

「もっと背筋伸ばしてっ!」

「む、無理よ… 脚を閉じたい… 脚を閉じさせて…」

両脚で義姉が脚を閉じようとするのを邪魔した。

大股をひらき、全てをさらけ出したまま全身をガクガクさせて義姉はいってしまった。

強く引き絞られた根元が痛い。その痛さの分だけ高い絶頂に義姉はいる。

「やっぱりお尻に入ってると全然違うね。こんなに簡単にいっちゃうんだ…」

「裏側からね… 子宮に当たるの… 女の子の急所に直接…」

全身をヒクヒク震わせている義姉に後ろからキスをした。

全てを僕に捧げてくれて、兄貴の嫁さんなのにとても愛しい…

いつまでも快感の中にいて欲しくてずっと愛撫をやめなかった。

「嫌らしい女だと思ってるんでしょう?こんな場所でいってしまうなんて…」

「うん、スケベな美香さん… 大好きだよ」

「信一君、全然満足してないんでしょ?いいのよ… 私のお尻、好きにしちゃって」

「いいよ… ボク、美香さんと2人で気持ちよくなりたいんだ」

「優しくしないで… あなたはそんな優しい人じゃないでしょ…」

ボクの股間に座っていた義姉は、前に倒れて四つん這いになりお尻の穴をさしだした。

この前、自分の欲望のままに何度も中出しレ××をした相手に…

「突いてちょうだい!優しくする必要なんてないわ…」

「わかったよ。僕のやりたい様にします」

四つん這いになった義姉の腰をぐっと引き寄せる。

両手を取って自分に引き寄せ、上体の支えを奪った。

両足で踏ん張るしかなくなって無防備になったお尻を後ろから突きまくり始める。

さっきまでの優しいピストンじゃない。膣内を犯しているかのような大きいストロークでズボズボした。

「きゃああああっ!苦しいっ!」

「美香さんっ!この穴、最高だよ!」

「うううっ…、ひいっ!」

お尻の穴も濡れるんだ…

猛烈にピストンすると奥のほうから変な汁がにじみ出る。

おかげですべりが良くなって、さらにピストンの速さが増す。

パシパシパシパシ…

容赦のない抜き差しに義姉は獣のような悲鳴をあげながら鳴いた。

「奥にちょうだいっ!お尻の一番奥にっ!」

「こうっ?こうですか?」

上体を両手で抱きしめて真下からズンッと一番奥に向かって突き上げた。

ウンチをするような格好でボクの怒張を腸内の一番奥で受け止める義姉。

ゴツゴツ何かに当たる音がするように感じた。

容赦のない突き上げで背を反らしながら快感と苦痛に耐えている。

「きゃ~っ!う~っ、う~っ!」

「いいの?何かに当たってるけど… 気持ちいいの?」

「お尻の穴がグチャグチャにされちゃってわかんないっ!」

「美香さんのお尻の穴、喜んじゃって食い締めてくる!」

「もう耐えられないっ!

さっきから何度もいっちゃってるのっ!いってちょうだい!」

「じゃあ、いくよ… 美香さんのお尻の中で出しちゃうから…」

両手で義姉の両脚を抱き上げおし・こをさせるような形にする。

もう自分の射精の為に全力で突き上げた。

義姉の脂汗の甘い匂い…

恍惚の中、食い締めてくる肛門が与えてくれる快楽…

義姉の長い髪に顔を埋め、甘い匂いを嗅ぎながら射精をした。

「いっぱい出すよ!おなかの中いっぱいになるまで…全部飲んで!」

「ああああ… すごいっ!いっぱい入ってきてるぅ…」

義姉の肛門に締め付けられながら大量の精液を送り込んだ。

ビクッ、ビクッと間歇的に精液を送ると開き切っていた肛門がギュウ~っと締め付けてきた。

全身の力は抜けきってしまっているのにお尻の穴だけは痙攣している義姉。ボクの欲望を腸内で全部受け止めてくれている。

「たくさん来てるぅ… 射精がいっぱい来てるぅ!」

「美香さんのアナル、最高!」

「ああっ!出ちゃう!止められない!」

尻穴への射精を受けて義姉は失禁した。

勢いよくおし・こが放物線を描く。

連結部分がおし・こで温かくなるのを感じた。

獣同士が交わっていたかのようなアナルセックスの余韻が覚めやらないまま連結を解く。

まだ硬く大きいままのボクのあそこを義姉の肛門から引き抜く。

蹂躙されつくして真っ赤に腫れ上がった肛門から、こんなに大きかったか?と自分でも驚くぐらい長いペニスがズルズル引き出されていく。

ポンッと抜き出された義姉のお尻の穴は

だらしなく広がったままで元に戻りそうもない。その嫌らしい穴を見ていると今出したばかりの精液が逆流してきた。

自分が蹂躙しまくった女性の肛門…

どんな感じになっているのか指を入れて確かめた。

「信一君、最低ね… 開き切ったアナルを楽しんでるのね?」

「うん… 美香さんのガバガバになったお尻の穴… いやらしいね」

美香さんの秘密の性感帯を知った。

お尻の穴でこんなに感じてしまう変態女…

それが兄貴の嫁さんの本当の姿なんだ。

まだ全身に力が入らず無抵抗な義姉のアナルをほじくって楽しんだ。

「すごかった… 信一君容赦ないんだもの…」

「美香さん、ありがとう。

こんなに興奮したの… 生まれてはじめてかも」

「私もよ… もう離れられなくなっちゃうかも…」

「美香さん、これからもこのお尻の穴… 使うからね…」

「ええ… いっぱい中に出して… あなた専用にしておくわ…」

肛門から抜き出したばかりでまだ汚れているボクのペニスを義姉はほおばった。

きっと臭いだろうに…

一生懸命お掃除フェラをされながら愛しくて髪をなでた。

「これからも私のお尻、可愛がってね…」

「はい…、美香さんがお尻の穴で

妊娠しちゃうかもってぐらい射精します」

「もう… バカねぇ。これどうする?まだ大きいままよ?」

「そりゃあ… まだ時間はたくさんありますよ」

「私のあそこ使う?でも中出しはお尻の穴よ…」

「おねがいします」

義姉はボクに跨ると、今度はとろけきっている膣内にボクのものを迎え入れた。

兄貴、ごめん…

兄貴の知らない嫁さんはボクがいただくよ…

美香さんの潤んだ目が突き上げてといってきてる。

この美しいくせにスケベな兄貴の嫁さんを満足させようと突き上げを開始した。


関連記事

DMM・FANZA 電子書籍・月額読み放題。月額1480円! ただいま4週間無料キャンペーン実施中。

単品の電子書籍も充実しています!
[ 2016/09/04] 人妻・浮気・不倫