禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >  人妻・浮気・不倫 >  いつもミニスカートと黒いエプロンの兄嫁(3)

いつもミニスカートと黒いエプロンの兄嫁(3)

ますます硬く大きくなったものを、無防備に身体を開いている義姉に向かって突き続けた。
酔ってはいるものの、起きているんだから当然身体が反応する。
初めのうちこそ無反応を装っていたが、そこはスケベな人妻。
どうしようもなく感じてきてしまっている。
大きなおっぱいにあるかわいい乳首なんか、さっきからピンピンに立っている。



あそこがどんどん、ぬるぬるになってる。

たまに膣奥を強く突くと、あんっ!と声が出てしまっていた。

「旦那の弟に生で犯されてるっていうのに感じちゃってるの?」

「そんな事ないっ、ああ…、感じてなんか、はうっ!…いないわ…」

「うそばっかり…、何?この締め付け… 寝ていた時と全然違うよ!」

「はうっ!だって、だってぇ~!」

「一緒に気持ちよくなろっ!大好きだよ、美香さん」

優しい言葉を口に出しておきながら、下半身は猛烈にピストンした。

久しぶりの義姉の身体、とことん味わいつくしたかった。

それに中出しも…

「美香さん、気持ちよくなってきちゃった… 

今日も中出ししてもいい?」

「今日は安全日じゃないの、中に出すのはやめて…」

「そんな事言って…、騙されないよ」

「今度はうそじゃないの。お願い、外に出して…」

「ダメだよ!中に出すっ!美香さんの一番奥にいっぱい出すからねっ!」

「ダメ~っ!」

本当に危険日なんだろう、急に手足をバタバタさせて暴れだした。

でも身体の真ん中に太い釘を打たれているので力が入らない。

中途半端な抵抗はボクの興奮を高める材料にしかならなかった。

暴れる義姉を抑えながら、中心部にズンズン叩き込んでいく。

姉を犯している興奮に頂点が近づいてきた。

「美香さん、出すからねっ!中にいっぱい出すからねっ!」

「だめ~!本当に妊娠しちゃう~!やめて~!」

「もう遅いよ!あぁ… くうっ!」

上から義姉を押さえてしがみつき、腰を股間に密着させた。

どぴゅっ!どぴゅ~!と溜まっていた濃くて勢いのある精子を姉の子宮にぶちまけた。

ごめん、兄貴… 美香さん、ボクの子供産んじゃうかも…

「あぁ~、出てる~ 中で出ちゃってる!妊娠しちゃうよ~!」

そう叫びながらも膣内が激しく収縮してる。

旦那の弟に犯され中出しされてイッテしまったのか?

ビクンビクン射精しているボクのあそこをギュッと締め付けながら痙攣が始まった。

あんなに嫌がってたのに中出しされていってしまうなんて…やっぱり美香さんはスケベな人妻なんだな…

失神したのかそのまま寝てしまったのか分からないけど、その後起きることはなかった。

全然物足りないボクは、今度は本当に無反応な義姉の体内に後2回中出しした。

さっきよりも締りの悪い膣内だったので長く楽しめた。

朝方までゆっくりと、存分に義姉の体内を味わって、3回目の射精のあと抜くと、あそこから入りきらなかった精液がどろ~っと噴き出してきた。

そして、酔って寝ていた兄貴の嫁さんを犯して中出ししてから一週間が経つ頃。

次の日家族に泣きつかれたらどうしようと心配したが、それはなかった。

もともと始めは義姉が誘ったのがキッカケなんだし、それを言われたらマズイと思ったんだろう。

取り合えず表面上は何事も起こらないまま時間が過ぎた。

正直やりすぎたと思ってる。

嫌がる兄貴の嫁さんに中出しを敢行するなんて最低だ。いくら忘れられないからって…

もうこれ以上は関係をやめようと思っていたときだ。義姉がボクの部屋にやってきた。

「信一君、話があるの…」

冷たい視線でボクを見ている。そりゃあ怒っていて当然だ。

今だって、もしかしたら妊娠しているのかもしれない。

何を言われるのかびくびくしながら義姉と向き合った。

「話って何ですか?」

「分かってるでしょ?この前のこと…」

「ああ…」

「危険日だって言ってるのに何で中出しするの?本当に妊娠しちゃうでしょ!」

「ごめん… 途中でどうしてもやめられなかったんです」

「…。」

「でも美香さんを忘れられないっていうのは本当なんです」

「信一君の気持ちは嬉しいけど妊娠はマズイの…分かるでしょ?」

「…。はい…」

「でも始めに誘ったのは私のほうだし… 信一君の気持ちに応えてあげたいっていうのもあるの…」

あれ?予想と違う方向に話しが進んでる…

あえて自分からは言い出さないで聞くことにした。

「その… つまり…」

「…?何ですか?」

「お尻の穴なら中出ししても妊娠しないでしょ?」

「えっ?」

「分からないの? アナルセックスなら中出ししてもいいよって言ってるのよ!」

マジ? 義姉のアナルに中出ししてもいいのか?

最近まで童貞だったボクに予想外の幸運が舞い込んだ。

「それは嬉しいんだけど痛いんでしょ?その… アナルセックス…」

「…。内緒よ… お兄さんには言ったことないんだけど、独身の頃はお尻でいっぱいしてたの…」

「…!」

「元彼に開発されちゃって… お尻でされるのって… とっても感じるの…」

「そんな…」

「でも結婚相手にそんな事言えないでしょ? だからずっと我慢してたの… お尻の快感…」

「…。美香さんって本当にスケベな人だったんだ…」

「いや… そんな言い方しないで…」

「つまり旦那の弟にアナルで中出ししてって言ってるんだよね?」

「そ…、そうよ… その代わり膣内に中出しはダメ」

無理しちゃって…

本当は仕方ない振りしてお尻の快感を味わおうとしてるんだろう?

そうは思ったがアナルセックスなんて当然したことがないので2つ返事でOKしてしまった。

今日はちょうど平日の昼間、ゼミもないしヒマしてる。

義姉と時間差で家を出て、昼下がりのラブホに一緒に入った。

わざわざすぐに2人で出かけられる時を見計らって話をしてきたんだ

きっと義姉もこの時間を狙ってたんだろう。

ホテルに入ってすぐに2人でシャワーを浴びた。

改めて義姉の裸を見たが本当にスタイルがいい。

義姉もやる気満々で身体にソープを塗りたくってソープ嬢のように身体で洗ってくれた。

「ふふっ、久しぶりで興奮しちゃう…」

「ボクもです。まさか美香さんとアナルセックスできるなんて…」

「もうこんなにカチカチ…。優しくしてね」

ぬるぬるのおっぱいでのパイズリ。

肉が詰まってる両胸に挟まれる感触が気持ちいい。

兄貴の嫁さんとの昼下がりの密会。

そして、兄貴もまだしたことのない義姉のアナルへの挿入。

これから起こる事への期待でどうしてもギンギンになってしまう。

「じゃあ、ベットに行きましょう…」

身体を拭くのもそこそこに昼間だというのに薄暗いベットに行った。

今日は普通のセックスをするんじゃない。義姉のお尻の穴を楽しませてもらえるんだ。

たっぷり時間をかけてほぐしてあげないとな…

義姉の後ろを歩きながら揺れるお尻の谷間に目線が行った。

「美香さん、この穴… 目茶目茶にしてあげる…」

義姉をうつ伏せにして寝かせると尻タブを左右に割った。

とろとろに溶けているあそこの上にお尻の穴が小さく潜んでいた。

窄まったお尻の穴をしばらく舐めた後、先を尖らせた舌で進入開始。

「美香さん、お尻の力を抜いて… もっとよく舐めさせて…」

「ひゃあ… ううっ…」

お尻の穴の締りが緩み、入る限り奥まで入れた。

女の人のお尻の穴に舌を入れることがこんなに興奮するなんて…

義姉は枕に顔を埋めて、変態行為による快感をこらえてる。

「こんなにあそこを濡らして… 本当に美香さん、お尻の穴の快感知ってるんだね…」

「そうよ… 変態さんがすること… 私もしてたの…」

「美香さんのお尻の穴… おまんこみたいに使ってもいいんだね?」

返事を待たずにローションをつけた2本指を挿入。

入り口がそれを拒むように強く締め付けてくる。

「だめ… いっちゃう… 指だけでいっちゃう…」

なんて感じやすいんだ…

それを聞いて指の抜き差しを早めた。

出来るだけ奥まで入れた後、抜けるぐらいに引き抜く作業をずっと続ける。

義姉は肛門と尻タブをギュ~と締めてるのに、あそこから愛液が止まらなかった。

その行為を繰り返していると、すぐに全身がビクッ、ビクッと痙攣した。

枕に向かって、う~!と叫びながらいってしまった。

美香さん、お尻の穴をちょっといたずらしただけなのに…すぐにいっちゃった…

うつ伏せになってビクビクしている義姉の身体を見ていて我慢できなくなっていた。

今すぐ欲しい… このお尻の谷間にねじ込みたい!

両手で義姉のお尻を高く持ち上げて両足を広げさせた。

既にボクのあそこは鋼鉄のように硬くなっている。

この硬く、大きくなったものを目の前の小さな窄まりに入れてみたくて仕方が無い。

「美香さん、入れるよ… ボクもう、たまらなくなっちゃいました」

「ちょっと待って。まだいってる最中なの… 少し落ち着かせて…」

そんな言葉なんて聞いていられない。


[ 2016/09/04] 人妻・浮気・不倫