禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    マニアック >  家族で温泉を楽しむ人妻に、指を挿入するどこかのエロガキ

家族で温泉を楽しむ人妻に、指を挿入するどこかのエロガキ

少し前の話になります。近所の友人から頂いたのは、車で30分程走った所にある温泉の割引券でした。休日、夕食を兼ねて温泉施設に向かった私達は、久々の温泉にウキウキしながら県道を山の奥に進むと、ひっそりたたずむ施設とその奥に上がる湯気が見えました。
車を止め、施設内へ入って行くと案外空いている感じで、休憩室にもゆとりがあります。
 「空いてて良かったね」
 「そうだな?休日だから混んでいると思ったよ」

動画紹介☆体験談に近い動画もきっとあるはず!


大広間の隅に荷物を置き、場所を確保した私達は貸し出していた浴衣に着替え、
温泉に向かいました。夫は6歳の息子と男湯に向かい、私は1人女湯に入って行くと
人気は少なく、しかもマッサージ機やイオンドラーヤーなど、使い放題です。

化粧水まで用意されていて、至れり尽くせり・・・。
浴衣を脱ぎ、タオルを持つと風呂の方へ進んで行きました。
大浴場と小さな薬膳湯や流し湯があり、外には露天風呂までありテンションが上がっていました。

軽く体を洗い、早速大きなお風呂に入ると湯加減も抜群です。
ホッと一息つきながら辺りを見渡すと、年配の女性が数名と同年代の女性、若い女性と
10数人は居たでしょうか?そんな中、1人見慣れない姿が・・・小学の高学年でしょうか?
体格の良い男の子が、お母さんらしき人と一緒に風呂に入っていたんです。

”あんなに大きいのに・・・恥ずかしいだろうなぁ!”何て息子に置き換えて考えてしまうと可愛そうな気持が湧き上がっていました。
一度気になるとついつい彼に目が向かってしまいます。
そんな時、私は彼の厭らしい男の視線を目の当りにしました。

彼は若い女性や母親と同年代の女性の裸を目で追っている様で、ニヤニヤしていたんです。
”ヤダ!子供なのに・・・女性を意識して見てるんだわ”
彼は湯船から出たり入ったりしながら、すれ違う女性のお尻や体に触れている様でした。
”何て大胆なの・・・お母さんは・・・” 
母親はサウナに入っている様で、息子を気にしていない様です。
そんな時でした。彼を目で追っていた私は彼と目が合ってしまったんです。
彼は私が見ている事を知ると、一瞬ギラっと睨む様にしていましたが、やがて柱の陰の風呂に姿を消したんです。

私も何となく気まずくなり彼から逃げる様に、露天風呂に移動を始めたんです。
外はすっかり暗くなり明かりで灯されていましたが、湯気で辺りは全然見えません。
そんな中、私はタオルを岩に置き、火照った体を冷ます様に半身浴をしていると、一瞬湯気が目の前から消え辺りが見えると同時に、誰かに見られている様に感じました。

良く見るとさっきの子が露天風呂に来ていて、私を離れた場所からジッと見ていたんです。生乳を出していた私は思わず胸を手で覆ってしまいましたが”子供に見られて隠すなんて…返って変かなぁ?” 相手は子供だしと思い、胸の手をそっと避けたんです。
それをいい事に彼は徐々に近づいて来て私の胸をジロジロ見ていました。

私は子供を産んでから胸はGカップと大きくなり、まぁ自分で言うのも何ですが、まだ張もあり男性的には魅力的かも知れませんが、こんな子が、大きな胸に興味があるのでしょうか?
辺りを見回しても他に誰も居ません。
彼の視線から逃げる様に、少し奥に進んだ所にある浅瀬の寝る湯に移動し、胸を隠す様にうつ伏せになると目を瞑り無視する事にしました。

その時です。お尻に触れる感触!ハッと後ろを振り向くと隣に寝転がっている男の子。
しかも彼の手が私のお尻に伸びているんです。
 「ちょっと僕?どうしたの?」
 「何が・・・」
悪びれた様子も無く、私のお尻に触れてくる男の子は、何と肉を持ち上げる様な仕草までして来たんです。

 「止めてくれる?そんな事しちゃダメでしょ」
 「ん~気持ちいいのかと思って・・・」
 「だったらお母さんにしてあげれば・・・」
 「オバちゃんおっぱいでっけぇ~から気持ち良くしてあげようと思ったのに・・・」
 「何て子なの!・・・君何年生?」
 「5年・・・」
 「お母さんの所に戻った方がいいわ」
そう言うと頭を下げ目を瞑ったんです。でもそのとき…

バチャって音が聞え ”行くのかな?やっぱり子供ね” 何て思った瞬間、いきなりお尻の割れ目を開かれおまんこに指を入れられたんです。
”ハッ・・・何するの?” 
驚いた私は体を起こし振り返る様に彼を見ると、彼は逃げる様に室内の方へ走って行きました。

一瞬でしたが、彼のチンチンが大きく反り起っているのが見えたんですが、子供とは思えない程大きかったんです。
やがて私も室内へ戻り、髪と体を洗うとサウナへ向かいました。
サウナには誰も居なかったので、私は特等席にM字に座りタオルも掛けずに汗を掻いていると、あの男の子が中に入って来て、私の向かいに堂々と座りジロジロと私の体を見ていました。

子供とは言え見られている事に恥ずかしく感じましたが、隠す事で彼の視線を意識していると思われるのも嫌だったので、暫くは我慢していましたが、やがて男の子が身を前に乗り出して来たんです。

 「オバちゃんのおまんこからエッチな汁出てる」
男の子の言葉にハッとして足を閉じたんです。
 「何言ってるの?」
 「知ってるよ!女の人は感じるとおまんこからエッチな汁出るんでしょ」
 「あっ汗よ!何言ってるの!」
私は見知らぬ子供に見られ、いつの間にかアソコを濡らしてしまっていたんです。

思えば夫とも最近はご無沙汰で欲求不満だった事もありますが、厭らしい視線に興奮していたのかも知れません。
私は逃げる様にサウナを出て浴槽に向かうと男の子も近づいて来て、隣に寄り添う様に近づいて来たんです。

他にも客が居て荒げた声を出す事も出来ずにいると、男の子はニヤニヤしながら私の陰部へ手を伸ばして来て指先を穴の中へと這わせてきたんです。
声も出せないまま、男の子の手を掴み必死に引き離す事しか出来ませんでした。
辺りを見渡しても母親の姿は無く、既に上がったのか?見えません。
その後も何度か陰部を触られ、私は彼から逃げる様に風呂を出ました。

大広間で待つ夫達と合流した私は家族で夕食を食べながら寛いでいると、遠くの席から母親に隠れて私へ視線を送る彼の姿がありました。
マセタ子供にイタズラされ、アソコを濡らしてしまったなんて夫には言える筈もありません。

その時は、もう二度と彼に会う事は無いと思っていたんですが…。
偶然ってあるんですね?
同じ温泉施設で再会する事になったんです。

 「なぁ、久々に温泉でゆっくり寛いで来ないか?」
 「温泉?」
 「前に行った温泉…覚えてるか?」
 「ん~チケット貰って行った所でしょ」
 「あそこ中々良かったし、半日位ゆっくりして来ようよ」
夫の誘いもあり、家族で久々に温泉へ出掛ける事になったんです。

夕食を兼ねて温泉に出掛ける事にしたので、現地に着いたのは午後3時頃でした。
 「土曜だと言うのに今日は車も少ないなぁ」
 「前に友人から聞いたんだけど、近くに新しい温泉施設が出来たらしいから、その影響かなぁ」
 「そうなんだ!まぁゆっくり出来そうだし、場所も空いて居そうだな」
 「そうね」
夫と息子と別れ、私は女湯へ向かうと脱衣場で服を脱ぎ、温泉へ向かいました。

中に入ると大浴場に数人と身体を洗う人達を含めても10人程でしょうか?
大きな風呂に入りながら普段の疲れを癒していると、外の露天風呂から戻って来る人影。
一瞬でしたが、明らかに股間辺りにぶら下がる異物!男だと思いました。

”女風呂に男の子?変な事思い出させるわ” そう思った瞬間!目の前に男の子が仁王立ちで私をチラチラ見ていて、顔を上に向けるとぞっとしました。
見覚えのある体格の良い男の子は、以前私にイタズラして来たマセタ子供だったんです。
男の子はニヤニヤしながら辺りを気にする事も無く、一気に飛び込んで来て水しぶきが私に掛りました。
 「ちょっと何するの!…」
 「おっぱいデカイおばちゃんだ、また来たんだ」
男の子は図々しくも私の隣に来て、体に触れて来ました。

辺りを見ると他の客は露天風呂に行った方が多く、サウナや一部奥の小さなジャグジーに数人居るだけで大きな風呂には私と彼だけでした。
その事を良い事に男の子は私のお尻に手を当てて来たり、胸に触れて来て”また濡れてるんでしょ”と厭らしい言葉を発してきたんです。

 「そんな訳無いでしょ…お母さんは何処? 叱って貰うわ」
 「ここには居ないよ!もう先に出たし」
 「あなた男の子でしょ!ここは女湯よ!恥ずかしくないの」
 「別に!女性の裸堂々と見れるし…」
 「信じられないわ!」
そんな事言っている最中も男の子は私の陰部へ手を伸ばして来て、何度もおまんこに触れて来ていたんです。

 「もう止めて…本当に怒るわよ」
 「ここで大声出せばおばちゃんが僕を虐めているって思われると思うよ。僕泣けるし」
 「あなたね!」
 「そう言いながらも、おばちゃんヌルヌルしたの出てるよ。感じてるんでしょ」
 「違うわ…」

恥ずかしい話、私は彼に何度も触られている内に、感じてしまいエッチな汁を溢れさせていたんです。
彼から逃げる様に露天風呂へ向かったんですが、虚しくも露天風呂に使っていた数人が私と入れ替わる様に中へ戻って行ってしまい、結局露天風呂には彼と2人きりになってしまいました。

 「何で付いて来るのよ」
 「おばちゃんのおっぱい見たいし、僕に触られて気持ちいいんでしょ」
 「気持ち良くないわ…あっちへ行って」
 「嘘だ!ほらこんなにヌルヌルしているじゃないか!」
 「ちょっと触らないで…本当に怒るわよ」
 「そう言っているけど、怒らないでしょ…ほら」

彼に全て見過ごされている感じがして、怒る事も出来ませんでした。
こんな所で子供相手に本気で怒れば、辺りからは私が悪いとしか見えないでしょうし、小この子私の陰部を弄って来るなんて言ったって誰も信じないでしょう。

 「もういいわ、好きにしたらいいわ」
 「ん~じゃ好きにするからね!おばちゃんが良いって言ったんだからね」
男の子は図々しくも私の胸を鷲掴みして”おっきいし柔らかい…”とブツブツ言いながら満足げな表情を浮かべていました。

やがて私は寝ながら休める湯船へ移動すると、その子も付いて来て私の横に寝ていました。
この風呂は露天風呂からも中の浴場からも死角となっておりある意味無法地帯だったんです。うつ伏せで寝ていた私のお尻に手が伸びて来て、やがて太腿の間へ挿し込まれて行きました。

”ハッ”とした瞬間には、男の子は指を私のおまんこへ入れて来て、クネクネと動かされました。

 「ちょっと何するの?そんな事しちゃダメでしょ」
 「良いって言ったじゃん…こんなにヌルヌルさせてエッチだなぁ」
 「もう止めて…お願いそれ以上動かさないで…」
 「気持ちいいんでしょ!ほらクチュクチュと音がする」
 「あぁ~本当にダメ!そんなに弄らないで…」

夫とも暫く性行為が無く欲求不満だった私は、彼に刺激され体の火照りとアソコの疼きに襲われ、そして逝かされそうになっていました。
こんな場所で子供に弄られて逝く姿を見せる訳にはいかない…そう思っていたんですが、その子は弄る事を止めてくれず、我慢の限界でした。
 「ん~ダメぇ~逝っちゃう…」
 「おばちゃんヒクヒクしてどうしたの?」
 「見ないで…お願いだから見ちゃ嫌…」

まさかこんな場所で、子供に逝かされるなんて思いもしませんでした。
まだ体がヒクつく中、その子は指を動かして止めようとはしません。それ処か私の足を大きく開かせ指の本数を増やし、更にはヌルヌルしたお尻の穴へも指を差し込んで来たんです。

 「そっちは駄目…お尻はイヤ…」
 「凄い締め付けて来るね!お尻の穴も気持ちいいんでしょ」
 「そんな事誰に聞いたの?」
 「友達がエッチな本で見たって…おばちゃんの事話したら、良いなぁって言ってたよ」
 「教えないで…!これは2人だけの秘密にしよう!ね…お願い」
 「ん~何で…良いじゃん」
 「ダメよ!」
 「ん~じゃ、お尻も弄って良いんだよね」
 「分かったわ、好きにしていいから絶対に内緒にして」
 「うん!」

もう何の抵抗も出来ませんでした。何度も何度もお尻とおまんこへ指が出し入れされ、こんな子供の目の前で私は何度も逝く姿を曝しただけでなく、潮まで吹いてしまったんです。
 「おばちゃん…こんな所でもらしたらダメでしょ!」
 「言っちゃおうかなぁ!みんなに」
 「お願いだから言わないで…好きなだけ弄らせたんだから…約束でしょ」
 「じゃ、今度はサウナへ行くよ」
もう彼に逆らう事は出来ません。
言われる通り、一緒にサウナへ向かうと誰も入っていない状態で、そこでも彼におまんことアナルを弄られ胸を揉まれ続けたんです。

息を荒らしグッタリする私を横目に”母ちゃん心配するとイケないから…またね”と言って男の子は満足な表情を浮かべながらサウナを出て行ったんです。
私もガクガクする膝を何とか動かし、脱衣場まで来ると長椅子に座り火照った体を冷ましていました。

 「ママ?」
息子が心配して脱衣場へ迎えに来てくれたので、急いで着替えを済ませ夫の待つ大広間へと向かいました。
 「随分長いから、倒れているのかと思ったよ」
 「ごめんなさい!久しぶりだったから、色々な湯にゆっくり浸かってたの」
 「そうか!まぁいいけど…お腹空いたみたいだから、ちょっと早いけど夕食食べようよ」
 「そうね!ごめんなさいね」
ふと大広間の奥を見ると母親と一緒に、さっきの男の子がこっちをチラチラ見ていて、隣に居る同い年位の男の事と何かを話している様でした。

少し前まで、あの子に散々弄られ何度も逝かされ続けたなんて…しかも逝く姿や潮まで噴き上げる姿を見られていたんだわ。あの子、その事を隣の子にしゃべってる…そう思うと顔から火が出そうでしたし不安を感じました。

息子を連れ食事を選ぶと、家族3人でちょっと早めの夕食です。
美味しそうに食べる息子を見て、ホットする一方で遠くから感じる視線に恐怖を感じていたのも確かです。
夕食を食べ終えると、夫と息子は別館のゲームコーナへ向かって行き、私は1人休憩室のマッサ―ジ機に座って寛いでいました。

 「おばちゃん…」
 「誰?」
 「おばちゃんエッチなんでしょ!」
 「何言ってるの?あなた誰?」
 「友達がおばちゃんがおっぱい揉ませてくれるって言ってたけど、本当?」
 「そんな訳無いでしょ」
 「何だ!お前なぁ嘘じゃないか?」
 「嘘じゃ無いよ」
そう言うといきなり胸を鷲掴みして来たんです。隣にはあの男の子もいました。

 「ほら!嘘じゃないだろう」
 「良いのかよ。そんな事して」
 「ちょっと…」
 「言っちゃおうかなぁ!おばちゃんが俺に…」
 「約束でしょ…」
 「好きにしていいって言ってたよね…それも約束でしょ」
 「それは…」
 「もう一回風呂に行こうよ!そしたら全部忘れて上げる」
 「もう一回って……分かったわ」

私は携帯で夫に連絡をしてもう一度風呂に行く事を連絡しました。
脱衣場へ向かうと、夕食時だった事もあり人気が無く、男の子が2人ニヤニヤしながら待っていました。
居服を脱ぐのを急かされ、全裸になると手を引かれ外の寝る湯船へと連れて行かれたんです。

 「良いぞ!好きなだけ触って…」
 「良いのかよ本当に」
 「うん!おばちゃん触られるの好きだからね」
男の子達は私の胸を揉み始め、乳首を転がす様に弄り始めました。
 「誰か来たら大変だから、少しだけね」
 「少しじゃ満足出来ないでしょ!ほらこっちはもうヌルヌルじゃないか!」
 「そこはもう終わりにして…お願いおっぱいは好きにしていいから」
 「ん~おばちゃんここ弄って欲しい癖に、我慢して」
 「違うわ…お願いそこは弄らないで…」
 「もうこんなにヌルヌルさせているのに、ほら」
 「ダメ!もう指入れないで…」
 「もう3本も入ったよ!僕の手全部入っちゃうかなぁ?」
 「そんなに入れないで…」

私は胸を揉まれ、吸われた挙句におまんこへの侵入(指)を許してしまいました。
先程は1人だったのに、今は2人の男の子に弄られエッチな汁まで溢れさせている自分に情けなさを感じていました。

 「あぁ~もうそんなに激しく動かさないで…また来ちゃう…」
 「あ~おばちゃんまたお・・こしちゃう気だなぁ」
 「お・・こしたの?風呂だよ」
 「おばちゃん、さっきねここでお・・こ勢いよく出したんだよ」
 「変態だなぁ!お仕置きしないと」
 「ここも気持ちいんでしょ!ウ・・が出てくる穴なのに…」
 「ダメ!そっちはもう弄っちゃダメ」
 「ダメって言ってるけど、もう指入っちゃったよ。凄く締めつけて来る」
 「あぁぁぁ~ダメぇ~逝っちゃう逝っちゃう…ん~見ないで…」
 「またヒクヒクして気持ち良かったんだ」

先程の出来事で体が敏感になってしまったのか?指を入れられて数分で逝ってしまいました。
一度敏感になると留まる事を知らないと言うのか?私は弄られる度に逝き続け、遂には2度目の潮を噴き上げてしまいました。

 「見ないで…お願い…見られると恥ずかしいの!」
 「凄いよ、指動かすとお・・こがピュッピュ出て来る!ヌルヌルも凄いよ」
 「女の人ってチンチン好きなんでしょ!友達が女の人はおチンチン舐めるって」
 「分かったわ!何でも言う事を聞くわ…舐めるから…おチンチン頂戴」
逝かされ続け気が変になっていたんだと思います。
自ら男の子のチンチンを口に含み、舌で転がしたんです。2人のチンチンを代わる代わる。
皮の被った中を舌先で綺麗にしながらチンカスを拭いながら彼らに従ったんです。
 「何だろう!くすぐったいけど気持ちイイ気がする!」
 「僕…お・・こ出そう!」
まさかとは思いましたが、1人の男の子が私の口内へ本当のお・・こを噴き出させたんです。
 「ごめんなさい!僕…」
驚きました。生れて始めて私は口内へお・・こを出され少し呑み込んでしまったんです。
男の子も急な出来事に驚いたんでしょうね!
逃げる様に私の元から離れて行ったんです。
その時、”約束は守るから…誰にも言わないから…お・・こ漏らした事も言うなよ”と言い捨てて行ったんです。

口内や体を洗い風呂から出ると、大広間に彼らの姿はありませんでした。
休憩室で体の火照りとアソコの疼きを冷ましながら、もう彼らには会う事は無い筈…そう思っていました。
その後、夫達と合流し帰宅したんですが、数週間後、私は彼らとまたも再会する事になるんです。

あれから数週間が過ぎた日の事です。
その日は息子の授業参観日で、近くの小学校へ向かいました。
授業が終わり下駄箱に向かう途中、上学年が団体で歩いて来てすれ違う中、私を見つめる視線に気付いたんです。
厭らしい視線を送っていたのは、温泉で散々私を弄んだ彼でした。

”まさか!彼も息子と同じ学校だったの” 恐怖心が湧き上がり震えが止まりません。
流石に彼も学校で私に触れて来る事もなく、すれ違って行きました。
良く考えれば、温泉施設は車で30分程度の距離で、彼が近くに住んでいてもおかしくありません。
子供の彼に犯される何て事は無いと思いますが、何かと顔を合わせる機会が増える事は事実で、そんな彼に逝かされ、潮まで吹く姿を見られた事を考えると恥ずかしくて堪りまりません…そして自宅に戻った私は、何故かアソコを濡らしていました。


動画紹介★体験談に近い動画もきっとあるはず!



  
[ 2016/10/01 ]   マニアック CM(-)