禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    マニアック >  オフ会の帰りに夜這いされたけど、チョー固くて気持よかったです

オフ会の帰りに夜這いされたけど、チョー固くて気持よかったです

チャットのオフ会での出来事です。
たくさんいるチャットの仲間同士の中でも、特別話が合う男性(以後紀夫君)が居たんです。顔はオフの時まで知らなかったのですが、結構ハンサムで何か色っぽい。
ちょっと嬉しくなってしまいました。まあ、みんなとそこそこに会話もはずみつつ紀夫君と私はたまたま同じビジネスホテルに泊まることが、会話中に発覚。

動画紹介☆体験談に近い動画もきっとあるはず!


部屋番号聞かれて、なんでそんなこと聞くんだよと思ったが、答えないのもなんか自意識過剰だし・・・と思って答えました。

長文になるし、影響ないのでいきさつは割愛しますが、私は一足早くオフから帰りました。
で、シャワー浴びて、のんびりテレビ見てたら、部屋をノックする音。
オフのメンバーがたずねてきたのかな?と思ってドアをあけると紀夫君が・・・なんか微笑んでるんです。

だから、わけもわからず微笑み返すと、がばっと抱きついてきてめちゃくちゃ器用に後ろ手でドアをロックして、ベッドにばさっと倒された。
ホテルの部屋が、足の踏み場もないようなせっまい部屋だったから、ほんとにあっという間の出来事でした。
気がついたらひっくり返ってましたみたいな。

まさかそんな大胆な行動を取る男とは。
とてもびっくりしました。
えぇぇ?何するの!ってもがいた。
私の二の腕のところに紀夫君が腕を押し付けて置いてて、紀夫君の胸を押してどけようとしたけど、思うところに手がいかなかった。
ひじから下だけ虚しくバタついてる感じで。
紀夫君は私の二の腕を腕(ひじから下)で押さえつけたまま、私の顔を掌で固定して、チュッとキスしてきました。

なんか目からエロエロ光線出しながら「いやだったら声出して人呼んでいいよ」って言うんです。
どう表現したらいいのかわからないんだけど、目がうるうるしてるって言えばわかってもらえるでしょうか。
素で話してる時からなんか色気があるとは感じたけれど、実際そういう場面になって、エロっぽい目で見つめられて、やばい言葉を囁かれたら・・・。
相手が紀夫君だったからこそ、だと思うんですけど。

こちらが返事する間もなく、ついばむようなキス攻撃してくるんです。
やりかたがスマートで、不覚にもとろ~んとなってしまいました。

「体の力抜いて・・・」って言われた。

気分はとろ~んとしていても、体のほうはまだ緊張してて、固まってたようです。
言われて気づきましたw
紀夫君は私の髪を撫でながら、キスを続け、そのうち舌を入れてきました。
男の舌とは思えないつるんとした舌でした。
って女の舌を知りませんけど、なんかそう思った。
上あごの裏とか舌の裏とか、舐め方がとても優しくて。
声が出てしまいました。
その途端、じわっと下半身が熱くなるのがわかった。
すると、紀夫君は髪を撫でていた手を頬や首筋をゆっくり伝わせて、私のパジャマの下から手を入れてきました。
それで、優しく揉んだり、乳首を指ではじいたり。
声も体もぴっくぅん!と反応してしまいました。

私の耳たぶを甘噛みしながら、「フフ、感度いいじゃん」とか「かぁわいぃ」とか誉めまくるんです。
頭のどこかで冷静に“こいつ、手馴れすぎ”って思いながらも、だんだん壊れてきて、気づいたら紀夫君の体に手を回していました。

そのとき、私は生理前で、胸が張って、乳首も痛い時期だったんですが、紀夫君のやり方だと全然痛くないのです。
紀夫君にキスや胸を愛撫されてる時点で、内心、安全日でラッキー♪と思った。

私が段々ハイになってきたのが紀夫君にわかったのか、紀夫君はキスしながら唇を段々下に移動させてきました。
首筋から鎖骨のところをチロチロ舐めながら吸ったり。
キスするときのチュッという音を出すのがとてもうまくその音さえも萌えてしまいました。
もう下半身がウズウズしてたまりません。
紀夫君のものを触ろうと手を伸ばしたら、私のその手を押さえて「まだだめ」って言うんです。
で、私の手を押さえたまま、乳首を舌で弾いたり、円状に激しく舐めたりして焦らすのです。

っていうか、この時点で、いつの間にか、私のパジャマの下と下着はもう脱げていて、左足にひっかかってるだけの状態になっていました。
いつ脱がしたの???
まあそれはおいといて。
紀夫君は私の両手を掴んだまま、どんどん下へと移動してきて、クンニの体勢にはいってきました。
初めての相手だし、恥ずかしくて、脚を必死で閉じていたら「なんで脚閉じんの?だめだめ」って。
それでも恥ずかしいので閉じていましたが、クンニがまた、うまいんです。
自然に力が抜けていきました。
こんなうまい人はじめてで、すぐにイッてしまいました。

イッたあとも、「こんなぐらいじゃ許さない~」なんて言って、今度はあそこに指を入れてきました。

「わ、洪水・・・すごいねぇ」なんて言いながら、指を動かすと、クチュクチュって音がしました。

イッたあとなので、中も敏感になっていて、クリクリと弄られるとわけがわからなくなってしまいました。
クリいきしたときは、しばらく再起できないのですが、例外でした。
中をクリクリされているうちに、またクリもピンピンになってきて、今度はクリを舐められ、中をかき回される状態で逝きました。
顔や体が赤く火照って汗だくになりました。
呼吸が整うまで、紀夫君は髪を撫でたり、頬にキスしてくれてました。

「はあぁ・・・なんてうまいんだこの人は・・・」とボーッとする頭で考えていました。

呼吸も整って汗も引いた頃、紀夫君は私の手を取り、彼のものに触らせました。
一瞬、「へ?」と思ってしまうほど、大きくありません。
私はそれまで比較的大きい人ばかり経験してたので、勝手に大きいと想像してたのがいけないんですが。
小さいわけじゃなくて、自信ありげなプレイからは想像がつかないっていうか。
極めて標準サイズです。
でも硬い!!
硬さとカリの高さが並ではありませんでした。

「うわ、なにこれー♪」

さんざいい気持ちにさせてもらったので、今度はこちらが奉仕しようとすると、それを制してまた瞬時にひっくり返されました。

そして、正常位で、彼がぬるんと入ってきました。
気持ち良過ぎて死にそうになりました。
硬いし、カリがちょうどいいところに当たるんです。
ピストンのペースとか深さとか、不思議なくらいに自分に合い、すぐにいきそうになってきました。
私がいきそうになってることが紀夫君にも伝わったようで、中で一際硬くなった気がしました。
でも、いく瞬間に中じゃなくて外に出してしまうと予測がつくし、それじゃあこの気持ち良さが減る!とケチ心が出てしまい、紀夫君を下にして私が上になりました。
上になると、さらに気持ちがよくて、激しく動いてしまいました。

「あっ・・・もう・・・」と紀夫君が言って、案の定抜こうとしたので、私は黙って紀夫君の手を押さえてそのまま動き続けました。

中で紀夫君のものがぶわっと大きくなって反りました。
それが私のいいところに当たって、私もいきそうになりましたが、紀夫君が先にイッてしまいました。
もう少しでいくのでゴメンネと思いながら「あっ、あっ、だめだめ」と言う紀夫君にかまわず動いて私もいきました。

終わってから、安全日だから大丈夫と言って安心してもらいました。
紀夫君は話している間もずっと、私の髪や顔、胸などをずっと撫でていました。
性欲が回復してくると、またやって、結局寝ずに朝までぶっとおしでやってしまいました。
紀夫君はあまり奉仕されるのが好きではないそうで、「感じることに集中しなさい」とか言って私はマグロでいればよかったのです。
こんなではどんな女もヘロヘロになるだろうなあと思いました。

翌日私は、出先を散策する予定でしたが、結局散策はそこそこに、一旦部屋を掃除する人のためにあけて食事に出て、帰ってきてまたずっとしてました。
なんかキチガイになったみたいでした。
ラブホじゃなかったので、声を殺すのが一苦労でしたが、狭いしゃれっ気のない部屋の雰囲気とバカみたいにやりまくってるという退廃的な気分で萌えまくりでした。

その後、紀夫君はまた会いたいと言ってきました。
紀夫君と私はかなり距離があるのですが、紀夫君は会いに出かけてきてくれました。
その時は普通にデートして、獣みたいなやり方はしませんでしたw
でも優しい人だった。
その後もメールをくれて、付き合いたいとも言ってくれたのですが、最初のあの強引にやる感じや、いつ脱がされたのかわからないほどの手錬れっぷり、色んな人に同じことやってんだろうなあ、あれに参らない女ってそういないと思う。
そう考えると、最終的に自分が泣くはめになりそうだと思い、付き合いは断りました。
メールもやめました。
今頃どうしてるかなあ。
あの頃のことは、今でも時々オナニーのネタにしています。

あー・・時間かけて恥ずかしいこと書いちゃった・・・w
面白くなかったらすみません。


動画紹介★体験談に近い動画もきっとあるはず!



  
[ 2016/11/24 ]   マニアック CM(-)