禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    母・義母 >  貧血を起こした母を介抱しているうちに、我慢できなくなって…

貧血を起こした母を介抱しているうちに、我慢できなくなって…

わたしの家族は父が亡くなってから、母と年の離れた兄弟が二人でした。
母は一人でわたしたち3人兄弟を育ててくれました。母は昼も夜も働いていました。
そのため、わたしが中一の妹と小六の弟の面倒をみました。
私が高校3年の夏休みに母が風呂場でめまいを起こして倒れました。貧血でしょうか?
実は私は悪い子で、そのころ母に女としての興味を持っていました。

動画紹介☆体験談に近い動画もきっとあるはず!


脱衣場で母の脱いだ下着などを物色していたところ風呂で大きな音がしたので、
見つかったのかと思って、あわてて逃げようとしたところ、
どうも様子が変なのでのぞいてみると母がタイルの上で倒れていました。

私は「母さん!どうしたの?」
「大丈夫、母さん!!」
わたしは風呂場に入って母を抱き起こしました。
すると母は気がついて「ああ…亨?、大丈夫よ…」
「ちょっと、めまいがしただけ…のぼせたの」
「本当に大丈夫?救急車呼ぼうか?」
「ううん…大丈夫よ、ありがとう」

私は高校生になって、兄弟の面倒を見ながら食事の支度なども
自分でしていたので母とは親子以上の支えあう関係になっていました。
「母さん、無理しちゃだめだよ」
わたしは母の体を支えながら風呂を出ました。
そうして体を拭いたり世話を焼こうとしたところ、

しかし母は…
「亨…わたしは大丈夫よ…裸だからあっちへ行って。ありがとう」
「あっ…うん…わかった」
わたしは母の白い裸体を名残惜しく見ながら風呂場を出ました。
そうして食堂で自分の硬くなったものをこっそりしごきました。
「ああ…やりたい」
すると後ろで母の声がしたのです。
「何してるの?」
「あっ…なんでもないよ。…大丈夫?」
「……」

母は椅子に座って、わたしの顔を見ながら、
「亨、あんた、母さんのパンツ見たでしょ」
「ええ?…」
「知ってるのよ、母さん。…年頃だから女のものに興味を持つのは仕方がないけど」
「…・」
「母さんのよ…・へんでしょ」
「だって、女じゃないか。母さんだって」
「いけないわ、そんな風に思っちゃ…」
「いけないのかなぁ?…母さんもう俺、大人なんだよ」

わたしはズボンを下ろして、勃起したペニスを出して母の眼の前で…。
「ほらっ!こんななんだよ!」
「バカ!やめなさい。いやらしいわねぇ!…体だけ大人になってもしょうがないわ」
「母さんっ!!」
我慢できず、わたしは母にむしゃぶりつきました。
「だめっ、何するのおっ!痛いからっ!!はなしてっ!!」
「母さんっ!!」
わたしは母を抱きしめて、床に押し倒しました。

「こらあっ…やめてよおっ…」
母の寝巻の裾をまくって股に手を入れます。
「バカっ!この変態っ!…・ううんっ…だめっ」
友達が言っていた「女なんかアソコ触ればいちころだよ!」を鵜呑みにして、
母の閉じた股に手をこじ入れて、下着の脇から指を入れて
既に濡れているかのような女の部分をいじりました。

「ああ…ばか…母さんに何するのよおっ!」
しかし、次第に母の閉じた股間がゆるんでいきました。
わたしはしっかりと母を抱きしめたままゆっくりと母の股間を愛撫しました。

「ああっ…ああ…いやっ!…あんたって子は」
母の先端のとがった部分に触れると母の声が急に高くなりました。
「あっ、だめっ!…ああ、いっ!」
わたしは母の首筋を吸って母の顔を見ると、
母は涙ぐみながらも優しく私をみつめていました。

わたしが母の下着に指をかけて下ろそうとしたところ、
母はわたしが脱がせやすいように膝を曲げてくれました。
その間もじっと私の目を見ていたのですが、
そのときの優しい母の眼は今も忘れられません。
わたしは下半身裸になって、始めてする男女の行為の準備を始めました。

「亨…いけないことよ。母さんにこんなこと…」
わたしは黙って母のやわらかい部分に自分の勃起を押しあてた。
「ちがうわっ…もっと上よ…」
「…・」
「ああそこよっ…ああいいっ!…亨っ!」
「かあさんっ!」
わたしは一気に母の最も深いところまで突き入れた。

「あああっ…いいわっ…いいっ!」
母は私にしがみついて、わたしの胸に顔を埋めてむせび泣いています。
「あんっ、…んっ」
わたしはゆっくりと、母の濡れた膣の感触を味わいながら母の唇を求めました。
「いやよおっ…ああっ…だめっ!」

それでも母とわたしは唇を求めあって、舌を絡めます。
AV男優のディープキスの仕方をまねてみました。

母の中でわたしのものは暴れています。
わたしは優しく母を見つめながらも心の中では
”とうとうものにしたぞっ!これから毎日やりくるってやる!”
”こいつのおまんこも尻も胸も俺のものだっ!”
と思い、興奮が絶頂に達しました。
「ああっ母さんいきそおっ!」
「ああっ…いって!…いっていいわっ!」
「中に出すよっ、いいねっ!」
「いいわっ!」
「ああ、かあさんっ!!…でるっ!」
「ああいいっ!!…亨っ!」
「ああっ!あああぁぁぁぁっ…・」
「ああ……」

わたしはおそらく今までの自慰では経験のないくらいの多量の精液を、
母の体に注いだと思います。
そうして、とうとう母と関係を持てたことへの満足感と
これからの明るい性生活に胸が躍りました。

わたしは、わたしの胸で甘えて泣いた母がいとおしく、
もう一度、放心している母に唇を求めました。
すると母は…
「だめよ。…もう離れてっ!…」
「こんなこともうしないでねっ!今日は大丈夫だけど母さんまだ子供できるのよっ!」
「……」
わたしは意外な母の反応に戸惑い、むりやり母の胸をはだけて
乳首をしゃぶって、入れたままの勃起をそのままに腰を使いました。

「好きだよ、母さんっ!」
「いやよおっ!いやっ!…」
母は抵抗した。
わたしは構わずに母を犯し、二度目の射精を遂げました。
「ひどい子ねっ!」
母が泣いています。
わたしはようやく母から離れて
「母さんごめんね。でも、もうしないなんて言わないでよ。
かあさんと僕、二人きりじゃないか、僕これからも母さんのこと、助けるし、
弟たちの面倒も見る、だから母さんを愛していいだろう。お願い、母さん!」
「……」

母は返事をせず
「ティッシュ取って…」
そういって濡れた膣口から流れ出るわたしの精液を拭きながら
「もう寝なさい…」
と優しくいいました。
”大丈夫だ”と内心思いました。
それから自分の部屋にはいって。興奮して眠れず、
これから母とどんなセックスしようかとか考えると興奮が止まらず、
何度も自慰に耽りました。

母と初めてのセックスをしてから、私は次の機会をうかがっていました。
しかし、母は忙しくしていて私と二人でいても毅然としていて隙を見せませんでした。
わたしはあの時を思い出してただただ、自慰するばかりでした。

そんなある日。
母が夜遅く珍しく酒に酔って帰ってきました。
「あああーっ!疲れた、疲れた…」
冷蔵庫から缶ビールをだし、食堂の椅子に座るとビールを飲み始めました。
そうして私を見つめて
「先に寝てていいのよおっ…」
「…」
「やりたくて、まってたのっ?…ふふふっ!」
「そんなあっ…」
「母さんはあんたの妻でも恋人でもありませんよ~」
「わかってるよ…何か食べるかと思って待っていたんじゃないか」
「あっ、そお…ありがと」
「お風呂入っているからね」
「うん、はいろうかな?…覗くなよっ!」
「んっ、もおっ!」
「それから、脱ぎたてパンティ持ってかないでね。ふふ」
と言っていたずらっぽく笑っています。

「母さんひどいよっ…なんでそんなにいじめるのおっ!」
と言って私は母を後ろから抱きしめました。
「こらあっ…いってるそばから、これだもん」
わたしは母の耳元で
「いっしょにお風呂入っていいでしょう」
「まったくうっ…溜まってるのね」
わたしは母のお尻に勃起したものを押し当てて気持ちを伝えました。

すると母は真顔で
「陸と奈緒は寝たの?…」
「寝たよ」
「そお」
といって風呂場に行きました。
私もすぐ後を追って母と一緒に裸になって風呂に入りました。

浴槽に入ろうとすると
「バカねぇ、二人入ったらお湯があふれるわ」
私は構わずに浴槽に入って母を後ろから抱きました。
母の豊かな胸を揉んで、乳首をつまむと母は
「んんっ…」
と鼻で甘い息を吐いています。

わたしは母の首筋にキスしながら手を股にもっていきました。
「ああ…」
母はのけぞっています。
私が母の最も敏感な部分に触れていくと、すると母は
「あっ、だめだめっ…洗うから出るよっ!」
「洗ってやろうかぁ…?」
「ばかねぇ…あんたが洗いたいのは一ヶ所だけでしょ!」
「そこだけ洗ってあげるよ」
「ば~か!」

わたしは浴槽の中で母を待つことにしました。
洗い終わると母はまた浴槽に入ってきました。
わたしは母を横に抱いて、唇をもとめます。

母は…
「今日はあぶないから生はだめよ」
と念を押してきます。
「うん、わかった」
母の許しが出たので内心喜びつつ、
生がだめならフィニッシュは尻の穴にしようかな? と考えていました。
そうして母と唇を重ね、舌を絡めあいました。

母が風呂から出ようとするので、わたしもいっしょに出ることにしました。
もうあわてることはなくなりましたが、早く布団に行って母と交わりたかったのです。
「洗わないのっ?」
「もうさっき、洗ったもの」
「まったく…さかりの付いた犬のようねっ」
わたしは母が体を拭いている間も母の体を触り続けました。
「邪魔よぉ…拭けないじゃない」
「だって…好きなんだもん母さん!」
「やりたい…でしょ」

わたしは体を拭いて母の寝室に先に行った。
母を待ったが来ないので見に行くと、母はビールを飲みながらテレビを見ていました。
「ねえ…寝ようよ」
「うん…」
わたしは母さんを抱きながら寝室に連れていきました。
母はなにか観念したように布団に入ってきました。

わたしはもう全裸になって布団に入って母を抱きしめます。
母はわたしの胸に顔をうずめながら
「いいのかなぁ?こんなことして…」
「いいじゃないか、好きなんだから」
「母さん怖いのよ」
「なにがっ?…妊娠?」
「自分の気持ちが、怖いのよ…」

それからわたしと母は激しく愛し合いました。
わたしは母の全身くまなく舌を這わせ、膣を入念に舐め、肛門に舌を入れます。
「ああ…そんなとこ、だめよっ!」
しかし母はこころなしかわたしに尻を押しつけるような感じです。

そうしていよいよ挿入という時に母は
「ねぇ、ゴムつけてよ」
「いいだろう生で」
「だめよぉ、あぶないのよっ」
「いいでしょ…母さん、俺の子産んでよっ!」
「ばかっ!」
「俺っ、母さんに俺の子産ませたい!」
「馬鹿ねぇ、もうこの年で産めるわけないでしょ」
「そうかなぁ?」
「何も知らないのね…母さん体こわれちゃうわっ!」
「じゃぁ、お尻に出すよ、お尻に入れていい?」
「無理よォ…外に出して、いいわね」
「わかった」
「中はだめよ」

喜んで、わたしは生で挿入しましたが、すぐに出そうになりました。
「ああっ…気持ちいいよ母さん」
「ああ…亨っ!」
わたしはゆっくりと母を責めます。

後から突くと、母は髪を振り乱して腰を振ってきます。
わたしは×××でもするようなちょっといけない気持ちになって、
後ろから母を攻め立てました。

心の中で
”ほれっ!この豚女!おまえは俺のおもちゃだぞっ!”
”俺の子供を産めよっ、絶対中に出してやるっ!”
そう思いながら、「ほれっ!ほれっ!どおだっ!」と責め立てます。
「ああだめっ!いくっ!いくわっ!」
何度もそう言って、母の膣がきゅっときつくなります。
わたしはまた正常位になって、
母と唇を重ねながら、仕上げの責めに入りました。

わたしのものが極限の大きさになって母の中で暴れています。
「ああ、いいっ、いいわっ!亨っ!…好きよっ!」
俺はたまらなくなりました。
「ああ、母さん、俺のものだよっ!」
「いいわっ!亨のものよっ!」
「母さん、いくっ!…いくよっ!」
「ああ…いいわっ!」
「ああいくっ!…あああぁぁぁっ!」
「ああ…」

わたしは母の体の奥深くに夥しい量の精液をそそぎこみました。
”気持ちよかったぁ、たまんねぇよぉ、女っていいもんだなぁ”
母の胸の上で荒い息遣いの中で余韻を味いながら。
そんな風に思っていました。

さらに、わたしは思った。
”もうなにもいらない、母だけいればいい、進学も結婚もいらない。”
”この女は絶対に離さない”
母はしばらく放心したようにぐったりしていましたが、ため息をついて…
「出しちゃったのね…」
「ごめんね、我慢できなかった」
「…わたしたち地獄に落ちるわね」
「いいよっ、母さんと一緒なら」
「一緒に落ちてみる?」
母はわたしを優しく抱きしめて
「亨…母さんのこと捨てたらひどいよ」
このとき、わたしは17で母は42でした。


動画紹介★体験談に近い動画もきっとあるはず!


[ 2016/12/05 ]   母・義母 CM(-)
携帯で見る
QR
RSSリンクの表示
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
アクセスランキング