禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    学生時代 >  音が筒抜けとも知らず、彼氏とテレホンエッチばかりしていた隣の女子大生

音が筒抜けとも知らず、彼氏とテレホンエッチばかりしていた隣の女子大生

大学3年の秋頃、隣に同じ学校の女が引っ越してきた。
帰ってきたらゴトゴトと物音がして、空き部屋だと思ってたからびっくりした。
泥棒なんじゃないかソワソワしていると、数分後に突然インターフォンが鳴った。
恐る恐る対応してみると、隣に引っ越してきた水野ですっていう女の声。(名前は雅子ね)
ドアを開けてみると同じ学校の娘で、互いに「あっ…どうも」みたいな。
洗濯洗剤を受け取りながら「今日引っ越してきたの?」と聞いてみた。
すると引っ越すハメになった理由を矢継ぎ早に喋ってきた。
雅子は近くのアパートに住んでいたらしいが、なんとネズミが出たという。
こんな都内の住宅街に?と不思議そうな顔をしていると、ネズミについて軽く教えられた。

黙って聞いていると、喋りたかったのか悲惨なネズミ騒動も喋りまくってきた。
まず雅子の留守中にネズミが侵入し、大家や不動産屋が駆除しようとすると、他の3つの部屋に次々に侵入したんだって。

ベッドは糞だらけになるし、電化製品のコード類も噛み切られちゃって。
侵入口を塞ぐ工事をすると言われたが、そんな汚い部屋にまた住むのかと喧嘩になり、大家と不動産屋が保証してくれて隣に越して来たという。

女の子が1人で住むにはちょっと・・・というアパートだったから、空き部屋が無くて急遽決まったんだろうなって思った。

部屋自体は内装を綺麗にしてるから問題ないが、防音は皆無に等しいし周囲には夜になると泥酔者とかフラフラしてるし、上には外人が住んでてうるさいしね。

困った事があったら言ってよ、と言っておいたが、ぶっちゃけ雅子の事はよく知らない。
身長が150cmぐらいで細くて小柄なので、高校生みたいな幼い見た目。
顔は・・・どちらかと言えば可愛くない系。
大人しくて真面目な印象で、エロさの欠片も全く無い印象だった。

基本的に俺は、部屋に戻ってきても静かに過ごしていた。
背後でTVを小さい音でつけ、もっぱらPCをカチャカチャやってるだけ。
週3~4でバイトしてたから、23時過ぎとかに帰ってきてたしさ。

雅子が引っ越してきて数日後、いつものようにバイトから帰宅すると隣から声が聞こえる。
雅子がキャハハと笑っているようで、電話してるようだった。
聞こえちゃうよって教えて無かったから仕方が無いけど、あまりにも聞こえ過ぎる。
多分こっち壁にベッドを置いて、そこにいるんだろうと推測される。

前住人は音を気にしてたからあまり聞こえなかったが・・・無防備だったんだろうな。
そうそう、前住人が言うには「奥の大家宅への配慮」でクローゼットが奥にあるんだって。
3階建ての家が建ってるから、そっちに音とか聞こえなくするためとか何とか言ってた。

そんな間取りなので、俺の部屋のクローゼット側にベッドを置いている模様。
クローゼットがあるから・・・と思うかもしれないが、俺は無頓着なので開けっぱなし。
扉閉めてたら少しは聞こえなくなるけど、開けてるからダイレクトに聞こえてた。

女の子の会話には少し興味もあったが、悪い気がして風呂に入った。
シャワー後に戻ってきてもまだ喋っていて、軽くイラッとしながら酒を飲んで就寝。
それから連日のように雅子の長電話を聞くのが日課になっていった。

駄目だと分かっていたけど我慢できず、俺はクローゼットの中を整理した。
楽に座れるスペースを作り、壁に耳をつけて聞き始めちゃったんです。
そんな行動をしてしまった大きな理由は、彼氏との電話でした。
初めて聞こえてきた次の日だったかな、いきなり「あっ!彼氏だ!うん!また後で!」という雅子の大きな声が聞こえたんです。
あの見た目で彼氏がいるのか・・・と正直興味がわきました。

でもそれ以上に興味がわいたのは、彼氏の電話が始まった時にガラリと変わった声質。
思いっ切り甘えモード全開の声になり、デレデレしまくりなんです。
「あぁ~ん、早く会いたいよぉ~」
「早くウチに遊びに来てぇ」
「もっと電話したいぃ~~」と見た目から想像できないほど甘えモードです。

抑えきれなくなりクローゼットの中から聞くようになると、雅子の会話が丸聞こえでした。
壁に寄り掛かって喋っているようで、ほぼ全ての会話が聞こえちゃレベルです。
盗み聞きするようになってすぐに、雅子のテレフォンセックスを聞いてしまいました。

「いまぁ?う~ん、触ってるよぉ~」
そんな声が聞こえた瞬間、心臓がバクバクしました。
「えぇぇ~濡れてるぅ~もうピチャピチャしてるよぉ」
「だって声聞いてるとしたくなるんだもん」
「うん、クリちゃんイジってる」
「あぁぁ~指入っちゃったぁ」
「動かしてイイ?中で指動かしてイイ?」
「おまんこ気持ちイイの、おまんこ・・・アヤコのおまんこ・・・」
ホントこんな会話が30分は続くんです。

壁に耳を付けてチンコをシゴきまくりました。
雅子はちゃんと「イッてもイイ?」と教えてくれるので、俺もイク時が分かりやすい。
女って見た目じゃ分からないんだな~と実感しました。

毎晩しているのか分かりませんが、週に3回は聞く事ができました。
ただ俺もバイトがあるのでタイミングが合わないと全く聞けなかったりする。
盗み聞きするようになって1ヶ月ぐらいした頃だったと思います。

急いで帰るとまさにテレフォンセックスの真っ最中でした。
音をたてないようにクローゼットへ入り、耳を付けて聞いてみると衝撃的な音がする。
完全に電子音のブゥゥゥーっというバイブ音です。
低く鳴り響くバイブ音と共に、雅子が喘ぎまくっていました。

「太いの入ってるの!もっとしてぇ?もっとぉぉ」
「おまんこに入ってる・・奥まで入ってるよぉ~」
マジでヤバいほどリアルに聞こえてきてて、その日は帰宅早々シゴきまくった。

雅子はバイブを使うと10分もしないうちにイクらしく、聞けるタイミングが難しい。
週に1回聞ければイイって感じで、俺はその日をいつも楽しみにしてた。
でももっと凄い日がやってきたのは言うまでも無い。
彼氏は社会人で、かなり忙しいみたいです。

しかも遠距離恋愛中らしく、頻繁に会う事も出来ないみたい。
そんな彼氏が連休中にやってきたんです。
電話で来るのを知っていたので、俺はバイトを休んで機会を狙ってました。

東京駅に昼頃待ち合わせ、デートした後戻ってくるっぽい。
食材を買って夕方から待機していると、帰ってきたのは22時過ぎ。
待たせ過ぎだぜぇ~とワクワクしているのも束の間、すぐに喘ぎ声が聞こえてきました。
「サトル君待ってよぉ~待ってってばぁ~あぁんっ、待ってってばぁ~」甘ったるい声がして、2人はベッドへ来たらしい。

そこからはもう雅子の喘ぎ声が耳を付けなくても聞こえるようになった。
これがまた凄くて、どうやら彼氏はドS君みたい。
「アヤコ、欲しかったんだろ?」
「うん、欲しかったのぉ、サトル君のオチンチン欲しかったのぉ」
「早くしゃぶれよ、ほら」
「あぁぁん、もうおっきくなってるよぉ~」
「いきなりしゃぶるなよ、舌使えって」
「ゴメンなさい、こう?あはぁん美味しい・・オチンチン美味しい」
こんな感じでしたよ、マジで。

彼氏は風呂にも入っていないチンコをすぐにしゃぶらせ、舐め方に注文をつけてた。
そんなフェラチオがなんと30分以上も。
雅子~~そこまでチンコ好きなのかよぉ~~とニヤけてしまいましたね。

前戯も全く無いようで、フェラの後に即挿れてました。
挿れてからの喘ぎ声も素晴らしく、普段以上の声のデカさで喘ぎまくってた。
それがもう「おまんこ、おまんこ」連発し過ぎ。

その時一番興奮した会話は「だってぇ動いちゃうんだもん!気持ち良くて腰が動いちゃうんだもん」と雅子が喘ぎながら言ってた会話。
騎乗位で腰振っているようで、激しく振っているんだろうなと思いました。
でも残念だったのは彼氏の早漏。
挿れてから10分少々で「出すぞ!」とか言い出しちゃって。

「お口に出してっ!飲みたいの!サトル君の飲ませて!」
相変わらず雅子はドスケベ丸出しだったのは嬉しかった。
彼氏の「イクぞ!イクぞ!」の後は、彼氏が何度も呻いていてキモかった。

「おいおい、もう出ないよ」
「だってぇ・・だってぇ」
出し終わったチンコをずっとしゃぶっていたのか・・・。
聞く事に専念したせいで、俺は射精する事が出来ないで終了です。
でもまた始まるかもしれないと期待していたが、何もなくその日は終わりました。

次の日は朝からデートのようで、帰ってきたのは20時頃。
酒でも飲みながらイチャイチャしているのか、エロいというかウルサイ2人です。
昨晩から悶々としてた俺は、ちょっとイライラしてました。
しらばくすると動く物音がして、シャワーが何とか言い出してた。
キタァァー!と思って俺も風呂場へ。

このアパートは、幾つかの部屋同士が換気扇繋がってるっぽい。
俺の部屋は雅子の部屋と繋がっているようで、雅子が風呂で歌ってる声とか聞こえてたし。
換気扇を止めて静かにしていると、遠くからキャッキャキャッキャとはしゃぐ声。
しばらくすると雅子の「あんっ!あんっ!」という声も聞こえたが、やはり壁越しに聞こえるレベルには到底及ばない。
諦めて部屋に戻っていると、20分ぐらいしてやっとセックスを始めてくれた。

風呂でヤッてたから前置きも無く、いきなり声が聞こえたかと思ったら「あん!あん!」という喘ぎ声と、パンパン肉のぶつかり合う音がする。
パン!と鳴ると、あんっ!と叫ぶ雅子。
やはり早漏らしく、何度か激しく動くと静かになる。
でもそうなると雅子が卑猥な言葉を連呼するので堪らない。

誰に仕込まれたのか、雅子はとんでもない淫乱女でした。
その日の夜は1回戦で終わったが、また精子を飲んだらしい。
そのタイミングで俺も射精したからスッキリ寝る事が出来た。
朝になると隣からはしゃぐ声が聞こえてきて、10時頃からまたセックス開始。
昼間だから声を堪えているようで、そこまで卑猥な事を言って無かった。
でも面白い会話を聞けた。

「またしばらく会えないね」
「あぁ~そうだなぁ~また電話でオナれよ」
「えぇ~イイけどさぁ~会いたいなぁ~」
「会いたいじゃなくてヤリたいんだろ?」
「それもあるけどぉ~~」
「我慢できなくなるたらお隣さんにヤッてもらえよ」
「何言ってんの~イヤに決まってんじゃ~ん」
おいおい、俺の事かぁ?と壁に耳を付けた。

「だって無理やり襲われたら興奮するって言ってたじゃん、お前」
「それは妄想の話でしょ!実際にされたら怖いよぉ」
「同じ学校だしイイんじゃねーか?我慢できない時は」
「ちょっとヤメてよぉ~マジでぇ~」
「今度バイブ入れたまま行ってみれば?」
「なんでよぉ!何しに行くのよ」
「醤油貸して下さいとか言ってさ、マンコにバイブ入れたまま」
「やだぁ~~~もぉ~~~」
こいつら・・・って思いながらなぜか俺もニヤニヤしながら聞いてた。

それから何事も無い日常に戻り、彼氏は月に1回ペースで遊びに来てた。
その度に俺は盗み聞きをしてオナニーをしていた。
すぐに引っ越すかと思いきや、雅子はそのまま隣に住んでた。

4年になって就活が忙しくなると、盗み聞きもままならない日々。
そんな日々で忘れる事の出来ない日がやってきました。
7月の11日。
相変わらず雅子は連日のように彼氏と電話をしながらオナニー三昧。
それに付き合って俺も毎晩のようにオナニー三昧。
でも就活で忙しいからなのか、6月は彼氏と会って無かったみたい。

次に会えるのは8月とかそんな話をしてたし。
で11日の夜、PCをカタカタしながら静かに過ごしていると、そこに雅子が来たんです。
もうビックリして、作り笑顔も出来ないほどでした。
「なに?どうしたの?」
「醤油貸して欲しいんだけど…ある?」
えっ?マジ?マジで醤油借りに来たの?あの時の会話が瞬間的に脳裏を過りました。

「あ~あるけど・・・ちょっと入って」
「うん、おじゃましまぁ~す」
雅子は玄関にサンダルで立ったまま。
醤油をキッチンの扉から取り出し、めまぐるしい勢いで考えまくった。
もしかしたらバイブ入れてきたのかな・・でも挿れてなかったら俺の勘違いになるし。
行動に移す事なんて無理だったので、時間を稼ぐ事にした。

「そういえばもう決まった?」
「まだぁ~っていうか全然ダメ、決まった?」
「俺はもう決まったよ、つか資料とか見る?」
「えっ?あっ!・・うん、でも・・」
「イイよ、もういらないから後輩にあげようかと思ってたし」
「でも、なんか・・悪いし・・」
「ちょっとそこに座ってて?今持ってくるから」
「うん・・」

俺は椅子を雅子に差し出して座るよう促した。
笑えましたよ、雅子の座り方が。
明らかに変だよ?って言いたくなるぐらい浅く座ってるんです。
尾?骨付近で腰掛けてる感じで。

しかも、しかもですよ?座る時に顔の表情が何ともエロかった。
例えると小さい子がウンコを踏ん張ってるような表情。
1~2秒でしたがそんな表情をして腰掛けて、すぐに元の表情に戻りましたけどね。
資料を取ってきて少し説明してやると、雅子は頷きながら真剣に見てた。
もう顔と顔の距離がすっごい近い。
このまま襲いそうになりましたが、ぐっと堪えて耐え抜きました。

雅子は隣に戻って1時間ぐらいしてからまた来て、煮物を分けてくれました。
これが美味くてちょっと驚きました。
でその日の彼氏との電話ですよ。
「もっしもぉーし!」と元気良く出る時は彼氏なので、急いで壁に張り付きました。
そしたら開口一番「隣に行ってきたよ!」です。

「うん、入れたまま、うぅん、スイッチは入って無いよぉ」
「就活の資料くれて、うん、決まったって、うん、椅子に座るの大変でね・・」
「椅子に染みちゃうかもとか~~うん、そうそう、興奮した・・」
やっぱりバイブ挿れてきやがったのか!と俺まで興奮しちゃいました。
そしてその日も激しくバイブでテレフォンセックス。
今度来たら・・・今度来たら・・・って願ってましたよ。

でも来ませんでした。
やっぱりリアルな世界だと、そう簡単には思い通りにはいきませんね。
今度来たらヤッてやろうと腹を括っていたのになぁ。
盛り上がりに欠けてしまって申し訳ないが、そのまま卒業していきました。

あっ、そうそう、2月下旬頃だったかな、雅子も就職決まって引っ越すとか聞いたんです。
だからやってやるぜ!と思って、高校時代の友人を初めて招きました。
クローゼットもわざと開けて、どのくらい声が聞こえるか教えてやったった!。

凄く騒ぐわけじゃなくて、普通の大きさでの会話。
隣に雅子がいたから、自分の声がどれだけ聞こえてたか自覚したんだと思う。
次の日から喘ぎ声がピタッとしなくなったし。

本当は会って「今までありがとう」って言ってやろうと思ってたんだが、タイミングも合わないし勇気も無かったので断念した。

1年ちょっとの間、卑猥過ぎる自分を俺に聞かれてたと知った雅子と会いたかったなぁ。
というわけでこのへんで終わりますね。
想像通りのシケタ内容で終わる事については・・・勘弁して下さい。



  
[ 2017/04/02 ]   学生時代 | TB(-) | CM(-)
携帯で見る
QR
RSSリンクの表示
にゅーえろ・新着記事
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
アクセスランキング
人気記事ランキング 一週間
ブログパーツ