禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    母・義母 >  息子の彼女に嫉妬した母親の私は、女の武器をつかって奪い返しました

息子の彼女に嫉妬した母親の私は、女の武器をつかって奪い返しました

私は久美子、39歳の主婦です。
夫は43歳の銀行員ですが地方の支店に単身赴任をしており、今現在は私と17歳の息子・晃との二人きりの生活です。
夫がいない淋しさからというわけではないのですが、私は女性として、母親として絶対に許されることのない大きな罪を犯してしまいました。
その罪とは一人息子の晃と男女の関係になってしまったこと、それも私が晃をそそのかすようにして関係を結んでしまったのです。

夫とは社内結婚で、私が勤務していた支店に夫が異動して来てすぐに交際が始まりそのままゴールインしました。
お互い一目惚れでした。

私はお嬢様学と言われている短大を出て2年目、夫は私学の雄と言われている有名大学を出て4年目の若者同士でした。
二人とも若すぎるのでは?と心配されましたが、実は「できちゃった婚」で、その後も夫婦と晃の3人で仲良く暮らしていました。

私は母親として一人息子の晃を溺愛しました。
銀行員と言うのはは転勤が多く、私たちも結婚してから今までほぼ2~3年おきに人事異動があり、その度に知らない土地に引っ越しての社宅住まいです。

引っ込み思案の私は新しい土地でお友達を作る事がなかなかできず、夫とまだ小さかった晃だけが私の支えでした。
特に晃とはほぼ一日中一緒だったので、何時の間にか私と晃は一心同体、絶対に手放せない存在になっていました。

転勤が多いと言うことは晃にとっても大きな負担でした。
学校にもなれて仲の良い友達ができたかと思えば他の学校へ転校、勉強も地域によって格差が大きいので、子どもながらかなり苦労したと思います。

ちょうど東京にある支店に勤務してきいたときに晃が厨学生になりました。
どうせならばこのまま東京の高校に進学するのが将来のために一番良いだろうと言うことで、これを機に夫は今のマンションを購入しました。

これで住まいは安定しましたが、晃が中学を卒業した3月末に夫は昇進し地方の支店長代理として単身赴任しました。
晃は厨学生までは真面目で成績も良く、私や夫の言うことを素直に聞くとても良い子で、高校も名門と言われる進学校に進学しました。

親の私が言うのもなんですが、背も高く若い頃の夫にそっくりのイケメンなので中学の頃から女子の人気の的でバレンタインデーやお誕生日にはプレゼントをたくさんもらってきました。

それでも中学の頃は、相手の女の子も近所に住む同じ中学の子でしたから、私の目も届く範囲なのでさほど気になりませんでした。
でも高校に入ると電車に乗って通学するようになり、晃の行動自体が私の目の届く範囲を超えてしまいました。

少しでも帰宅が遅くなったり休日に行き先も告げずに外出するようになると、何処で何をしてきたのか、誰と何処に出かけて何をしているのか、とても気になるようになりました。

あるとき、これはやってはいけない事なのですが、晃が私の知らないところで何をしているのか知りたくて、晃が学校に行っている時に部屋を調べました。

すると晃の机の中から違う学校の女の子からもらった手紙や、見たことも無い制服を着た女の子と二人で撮ったプリクラなどが出てきました。
誰がどう見ても恋人同士といった感じで寄り添う女の子の肩に手を回してにっこり笑っている晃。

私にとってはそれだけでもショックなのに、引き出しの奥の方からコンドームやラブホテルの名前の入ったカードまで出てきました。
私は目眩がするほどショックでしたが、それ以上に激しい嫉妬を覚え全身が震えました。

プリクラの女の子は晃にふさわしいとても可愛い子でしたが、私にしてみれば逆に可愛いからこそ尚更その子が許せません。
「誰よ、この女!晃の何なの!?」一人しかいない家の中で思わず叫んでしまったほど、はらわたが煮えくり返る思いでした。

「晃が恋しい」
「こんな小娘に晃を盗られてたまるものか」
「晃は私だけのもの!」
「晃に近寄ってくる女は誰であろうがすべて私の敵!」
「絶対に別れさせてやる!」

私はもう晃の事を息子としてではなく、完全に一人の男性として強く意識していました。
それはもはや母親ではなく一人の女としての嫉妬、今考えれば私は完全に常軌を逸していました。

夫が単身赴任してしまい2ヶ月に1度くらいしか会えない辛さから、知らず知らずのうちに逞しくなった晃に若い頃の夫の姿をダブらせていたのかもしれません。
若い日に夫に対して燃やした胸の炎よりも、もっと熱い炎を私は晃に対して燃やしてしまったのです。

しかし嫉妬はわが身を滅ぼします。
私はどうすれば晃が私に振り向いてくれるか、そればかりを考えるようになってしまいました。

思い出せばバカみたいな事ですが、ご飯のおかずを晃の好きなものばかりにしたり、お小遣いをあげてみたり、晃に何かをしてもらって大袈裟に喜んで見せたり・・本当にバカみたいな事をしました。

でも、晃は私に対して一向に関心を示しません。
何をやっても振り向いてくれない、何がいけないのか、どんな手が残っているのか、そんなことばかり考えて悩んでいる時でした。

お風呂上りにメイク落しを探して裸にバスタオルを巻きつけただけの姿で部屋をうろうろしているときに背後から何か感じるものがあったので振り向いてみると、それは晃の熱い視線でした。

晃は散らかした雑誌の片付けをしていましたが、その手を止めて腰を浮かすようにしながら私の姿をじっと見ていました。
「ん?…どうかしたの?」私が晃に声をかけると慌てたように顔を背けて「えっ!?いや、何でも無いよ…」と片付けを始めましたが、明らかに裸に近い姿の私を見つめていました。

その目は間違いなく女を見る時の男の目、私はそう感じました。
私はその目を見たときに閃きました。
「私の女の部分を使えば・・晃だって男だからきっと・・」あのときの晃の視線を思い出し、私に残された手段はもうこれしかないと思いました。

私にもはや母親としての自覚も倫理観も理性もなく、あるのは嫉妬に狂う女の業だけです。
でもどうやって…どうすればそんなことができるのだろう・・拒絶されたらどうしよう・・でも早く捕まえないと晃はどんどん遠くへ行ってしまう・・私は晃を取り戻すべく行動に移りました。

「あの時の目、晃は私の体に関心があるに違いない」私は晃の目を引くために、家の中にいるときには露出度の高い服を着ることにしました。
ちょうど夏に差し掛かる頃だったので露出度を上げても違和感がないということもありましたが、できるだけ挑発的な服装を心がけました。

さすがに若い子のよう肌の張りはありませんが、それでもバストは88cmありますのでブラジャーで寄せて上げれば谷間ができます。
胸のところが大きく開いたカットソーを着たり、ブラウスを着るときにはボタンを一つよけいに外してみたり、逆に体に密着するようなフィットネス用のものを着てみたりしてバストを強調しました。

そして晃の前で襟元から奥まで見えるような姿勢をとったり、そばを通るときにわざと晃の体に胸を当てたりしました。
すると、時々ではありましたが晃があの時と同じような目をして私のことを見るようになりました。

私は更に気を引くためにセクシー系のメイクでイメージを変えようと雑誌を見たりデパートの化粧品売り場に行ってメイクしてもらったりしました。
さらにメイクだけでは物足りず、ヘアスタイルも思い切って変えました。

それまでは集合社宅住まいが長かったので周りの奥様達をできるだけ刺激しないようにメイクもヘアスタイルもおとなしい、どちらかといえば野暮ったい感じにしていたのですが、今はその心配も無いので思い切って自分を変えてみました。

ところが、学校から帰宅した晃に「どう?お母さんきれいになったでしょう?」と自慢げに聞いたところ「はぁ?なにそれ?いい歳をして気でも狂ったの?」とひとこと言ったきり、いかにも不機嫌そうな態度でソファーにどっかり座ってテレビを見始めたまま私のことなど見向きもしません。

私は晃の言葉が悔しくて情けなくて、ひどく惨めな気分になって涙が出てきました。
まるで片思いの男性にやっとの思いで告白したのにそれを鼻で笑われたような、身の置き場のない、居た堪れない気持ちになり寝室にこもって泣きました。

もう何も手に付かない、私は夕食の準備も何もしないでベッドにうつ伏せになったままさめざめと泣きました。
普段なら夕食の時間だというのに私が部屋にこもったきり出てこないことに、さすがに晃も心配になったようでわたしの様子を見に来ました。

そして私が泣き腫らした目をしてしゃくりあげている姿を見てびっくりしながらそばに来ました。

「お母さん、いったい何があったの?」私に対して恐る恐る聞く晃に「だって…お母さんがせっかくきれいになろうと思って頑張ったのに晃がひどいことを言ったでしょう・・それが悲しくて悔しくて・・」私はつい恨みがましいことを晃に言ってしまいました。

「それは…ごめんなさい俺、今日学校で嫌な事があったから…」晃はとてもすまなそうな表情で私のすぐ横に座って謝ってくれました。
「でも、なんで急に?」晃は不思議そうに私が変わった理由を聞きました。
ひどい母親です、心配してくれている晃の気持ちを利用して何とか私の方に引き寄せようと考えました。

そこで私は晃を言葉で追い詰める作戦にでました。
「なんでって?それは晃のためよ…汚いお母さんじゃ晃だって嫌でしょう?」
「嫌とかそんなこと…」
「だって、厨学生の頃はとっても優しくしてくれたのに高校生になってからお母さんとはまともに口も聞いてくれないじゃない…だから、お母さんは晃に嫌われているのかと思ったの…」

「そんなことないよ…お母さんが嫌いなはずないじゃないか」
「嘘…晃はハンサムだからきっと可愛い彼女でもできて、それでお母さんのことが邪魔なんでしょう…」
「そんなことないって…それに、俺に彼女なんかいないよ…」晃は私が知らないと思って嘘をつきました。

「いいえ、きっとそうよ。だからお母さんを邪険にしてるんだわ」晃は根が優しい子で優柔不断なところがあります、私は晃の嘘を知りながらそういうところに付け入ってまで何とか自分の元に取り戻そうとしました。

「お母さんはね、ただでさえお父さんがいなくて淋しいの。なのに晃は休みの日だってお母さんを一人ぼっちにして嬉しそうに出かけるじゃない…きっと好きな女の子がいるに決まってるわ」
私は晃を追い詰めようと、話の途中で拗ねたりすすり泣いたりしました。

「それは…ごめんなさい。これからはそんなことしないから。」
「ほんとうに?」
「うん、もうしない」
「じゃぁ、お母さんだけの晃になってくれるって約束して?」
「えっ?いや、それは…」

「ほら!やっぱり晃は優しいことを言ってお母さんをごまかそうとしてしてるんでしょう」
「ごまかそうなんて、そんなことないって」
「だったら約束して!約束してくれないならお母さん淋しくて死んじゃうもん」
「わかったよ…約束するから死んじゃうなんて言わないでよ」
「本当に?お母さん嬉しい!」

私は凄く嬉しそうに言いながら、バストを押し付けるように晃に抱きつきました。
私は晃に抱きつきながら「あの小娘に勝てる、絶対に勝つ。そのためならどんなことだってする」と、胸の中で嫉妬の炎に自分で油を注ぎ、そして最後の武器を使う決心をしました。

最後の武器、それは私の体です。
晃だって私とそういう関係になってしまえばその罪からは逃れられなくなり、私と言う女から一生離れることができなくなるはずです。
それに私だってこの歳です、愛する夫に満足してもらうために夜の事だっていろんなことを覚え、してきました。

その私が小娘なんかに負けるはずがありません。
「晃…お母さん嬉しい…」私は晃を押し倒すようにして仰向けにしました。

「えっ!?なに?なにするの?…」突然の事に怖がるような目をする晃の上に身を乗り出しながら「お母さんとっても嬉しいから、晃に良いことしてあげる…」
私は晃の唇にキスをすると、そのまま舌を入れて思う存分むさぼりました。

「ね、ねぇ…お母さん変だよ…俺怖いよ。もう止めて…」唇を離すと晃は言いましたが「大好きな晃に怖いことなんかしないわ。いいからじっとしていなさい」
そう言って晃の顔や首にキスの雨を降らしました。

そして観念したような顔をしている晃の唇にもう一度激しいキスをしました。
最初よりも長くしつこいほどのキス、唇を舐め回したり舌を絡めたりするうちに晃もおとなしくなりました。

私は晃の着ていたTシャツを脱がすと夫を喜ばせるときと同じことを晃の体にしていきました。
首筋から乳首にかけてジワジワと舐め回したり強く吸ったりしながら時々舌を絡め合うようなキスをするんです。

親子だからと言う訳ではないのでしょうが、晃も夫と同じことをされると感じるようで体をビクビクさせながらうめくような声を漏らし始め、そして唇を合わせると晃も舌を絡めてくるようになりました。

急なことでお風呂にも入っていない晃の体は汗の味がちょっとだけしょっぱかったんですが、逆にそれが妙な興奮を誘いました。
首から脇腹まで唇と舌を使ってじっくりと愛撫したあとジーンズのベルトを外してジッパーを下ろしましたが、もう晃は抵抗しませんでした。

そのままジーンズとトランクスを脱がすと、私の目の前に痛いほど反り返った晃のペニスが現れました。
それは若い頃の夫のものと大きさも形もそっくり、既に先の方からおつゆが出ていて強烈な男の匂いがしています。

私はそれを根元から先端にかけて舐め上げていきました。
舌を這わすとそれに応えて脈を打つようにビクンビクンと跳ね上がってきます。
晃はよほど感じているのか、口と鼻両方から荒い息を吐きながら時々呻き声を上げていました。

そして私がペニスをお口に含んで愛撫し始めると晃も我慢できなくなったのでしょう、それほど間を置かずに呻き声を上げながら私のお口の中に射精して果てました。
若い晃は夫とは比べ物にならないほど凄い量の精液を放ちましたが、私はそれを全部お口で受け止めて一滴残らず飲み干しました。

「お母さん…こんなことしていいの?…」晃は息絶え絶えと言った感じで呟くように言いましたが、射精したあとも私がフェラチオを止めずにいるとすぐに元気を取り戻しました。
ペニスの下にある玉に吸い付いたり舐め回したりしていると晃のペニスは完全に硬さを取り戻しました。

私は着ていたものを脱ぎ捨てて全裸になると晃の腰をまたぎました。
「あぁぁっ!」私はとうとう晃のペニスを自分の中に迎え入れてしまいました。
私が腰を動かし始めると、晃も下から突き上げるように腰を使い始めました。

「凄いっ!…」今回も晃はあっと言う間に射精してしまいました。
「晃…凄い…」私は事が終わったあと、晃に抱きついて甘えるようにしながら言いました。
この後二人で食事をしお風呂に入ったあと、結局深夜遅くまでお互いの体を求め合いました。

私は勝ちました。
勝ってあの子から晃を取り戻しました。
私は母親でありながら晃を私との禁断のセックスの虜にしてしまったのです。

晃は学校の授業が終わると寄り道もせずに帰宅するようになりましたし、休日も出かけなくなりました。
そして晃が帰宅すると、私たちは発情期の獣に成り下がったようにセックスに溺れる毎日。
若いうちは何をやっても上達が早い、晃はすぐに私を狂わせるだけのテクニックを身に付けました。

晃はディープキスとクンニが好きで、帰宅するなり私をソファーに押し倒すと何度もディープキスをしたあと、今度はスカートの中に頭を突っ込んで30分でも1時間でも私のアソコを舐めています。

私も晃に長い時間クンニされて両手の指の数ではでも足りないくらいの回数を逝ってしまいます。
何があっても晃だけは離しません。



  
[ 2017/05/10 ]   母・義母 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
携帯で見る
QR
RSSリンクの表示
にゅーえろ・新着記事
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
アクセスランキング
人気記事ランキング 一週間
ブログパーツ