禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    マニアック >  友達と二人で外国人のぶっといペニスを堪能しました

友達と二人で外国人のぶっといペニスを堪能しました

一昨日、六本木ヒルズで友達の美香と二人でショッピング中、観光で来た黒人と白人(共にアメリカ)の二人連れに声を掛けられました。
浅草、東京タワー、台場等を案内し、夜は居酒屋へ行きたいと言うので居酒屋で盛り上がりました。彼らは赤坂の某ホテルに泊っていて、「メイクラブ?」と誘ってきました。
私たちは外人は経験がありませんでしたので、相談の結果、経験してみようと友達と二人で一緒に行き、私は白人、友達は黒人とそれぞれ別の部屋でしました。
彼のアレは、私の掌で回りきれない太さです。
スキンもLサイズが半分ちょっと程度しか被さりません。
イクまでの時間も長く、超の付く気持ち良さに翻弄され続け、途中からは生で中出ししてもらっていました。
隣の友達のあげる大きな声が時々聞こえ、それがまたHな気持ちにさせられました。

友達とは別々に帰りましたが、『彼らが帰る前にもう一度会って相手を変えてみない?』と提案されました。
連休最後にまた会う予定です。

7日に帰国するジョニー(白人)とビル(黒人)に会うために、成田の某ホテルまで美香と行って来ました。

その日は次の日がお仕事なので泊れず、昼間だけで夜には帰りましたが、彼らはツインに泊っていました。
ホテルのラウンジでビールを飲んだあと、彼らの部屋に行ったのですが、すぐにメイクラブになってしまいました。

最初は前回と同じく私とジョニー、美香とビルでイチャついていたのですが、シャワーを浴びて戻った時から、お互いの相手を替える位置のソファーに座りました。
美香も私もバスローブ1枚で下着は着けていません。

初め、彼らは戸惑っていましたが、気配でなんとなく察したのでしょう。
ビルが私の胸に手を当ててきて、私はビルに引き寄せられました。
チラッと横を見ると、美香の胸元にはすでにジョニーの手が入っていて唇を合わせていました。
それを見た私は自分からビルに唇を求めてしまいました。

ビルに荒々しく一気にバスローブを引き剥がされ、ベッドに押し倒され、ビルの手があそこに当てられた時には、期待で恥ずかしいくらい濡れに濡れていました。
ビルの指が一番感じるところを的確に捉え、動かすたびに声にならない声を漏らしてしまいました。
私と同じように喘いでいる美香の方を見ると、仰向けになった美香の開いた両脚の間には、ジョニーの頭が挟まれ上下していました。

ビルの唇がだんだん下へと下がり、ジョニーと同じことをしてきました。
私はいつの間にかビルのコックをパンツの上から握っていました。

(ワーッ、おっきい)

一瞬本当にあそこに入るのか不安がよぎりましたが、先日美香が大丈夫だったんだからと自分を納得させました。

ビルがパンツを脱ぎ捨てた時、パンツからビーンと飛び出しました。
黒人は大きいと話では聞いていましたが、実物はやっぱり大きかったです。
そして硬そうでした。

先日のジョニーは大きいことは大きかったですが、ビルには硬さがありジョニーとは比べものになりません。
ビルにクリを舐めあげられ、いつの間にか大きな声で喘いでいました。

気がつくとビルのお尻が顔の上にありました。
思わず目の前のモノを口に頬張りましたが、すべて頬張ることが出来ません。
ビルは、「オー」とか言って腰を使いだし、喉の奥に当たるたびに私はオエーとなりましたが、ビルのクンニの快感には勝てませんでした。
隣の美香のことはすでに頭にはなく、美香の喘ぎ声も気にならなくなり、ビルとの行為に没頭していた私です。

ビルが足元へ回り、コックを宛てがってきました。
私は本当に入るのか確かめたい気持ちで、自分のあそこが見えるように頭を上げ、一部始終を見ていました。
ビルの先が濡れた私のあそこに一部入ってきました。

(きつい・・・)
これが第一印象です。

「ダイジョウブ?ダイジョウブ?」

ビルが気を遣いながら少しずつ、少しずつ押し込んできます。
黒いモノが8割ほど入ったでしょうか、これ以上入れられると無理と思い、思わず両手でビルを制止してしまいました。

ビルが黒々としたモノを出し入れし始めました。
黒いモノが私のあそこに出入りするたびに、ヌチャ、ヌチャと音を出して、恥ずかしいのと、黒いモノが出し入れされる卑猥さに、しばらく覗き見していましたが、ビルのモノが時々深く入る時があり、この時はとても気持ちが良く、思わず大きな声で素直にビルに訴え続けました。
これが、先日の美香の声の元だったんだと思いました。

私が騎乗位の時は自分でお尻を振り、挿入の深さが自由に出来るのでもっと良かったです。
前向き騎乗位の時はビルの指が私のクリを擦ってくれて、一層快感を味わせてくれました。

バックの時は、奥まで入りすぎると口から内臓がせり出す感覚でしたが、痛いとかはなく、自分でお尻を振っていました。

外人は持続時間が長く、この一回の行為に2時間近くかかり、私は何度絶頂感を迎えたか覚えていないです。

最後は正常位で、ビルが黒いモノを奥深くに差し込んで子宮の奥に出してくれました。
隣の美香も同じようにしてもらってました。

美香と私は今回初めて白人と黒人を経験しましたが、しばらく美香とはこの話題が話の種になりそうです。



  
[ 2017/05/13 ]   マニアック | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
携帯で見る
QR
RSSリンクの表示
にゅーえろ・新着記事
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
アクセスランキング
人気記事ランキング 一週間
ブログパーツ