禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >  人妻・浮気・不倫 >  温泉で出会った母娘に7回もイカされた嘘のような本当の話

温泉で出会った母娘に7回もイカされた嘘のような本当の話

先月の夜の出来事です。その日はちょうど明日からお盆休みで残業もなく定時に上がれたので、たまには仕事帰りにゆっくり温泉にでも入りに行こうと思いました。
その温泉旅館は小さい所で泊まり客が10人程。宿泊せずに温泉だけでも利用できる旅館です。温泉場は露天風呂が有り、露天風呂は男性と女性が時間帯によって交互に入れ替わるシステムで、ちょうど私が来た時間はまだ男性の時間帯でした。

DMM動画紹介☆体験談に近い動画もきっとあるはず!

あと30分位で次の女性の時間帯になります。
私はさっそく露天風呂に行きました。
温泉場にはまだ男性2人が入ってましたが、しばらくしたら2人の男性は上がり 私だけになりました。

一人になりのんびりと湯に浸かっていると、女性との交代の時間にはまだ20分近くあるのに女性の声がしました。
声を聴くと母と娘の様で、私は時間いっぱいまで入っているつもりでしたので、そのまま湯に浸かっていました。

母親らしき女性が露天風呂を覗き込んで来ました。
母親は歳は40代前半のようでしたが、浴衣の裾から伸びた足はすっらと長くスタイルのいい女性でした。

どうやら私に気付いたようで、その母親やしき女性が時間前だが入っても良いがと聞いて来ました。
私はもちろん
「良いですよ」
と答えると、母親は娘を呼んでいました。

その母親と娘が露天風呂の側の脱衣場で浴衣を脱ぎ始めて、タオルを片手に持ち胸や股間を隠さず 浴場に入って来たのにはさすがの私も驚きました。

母親の胸はDカップ位有り、お尻もまだぷりっとしてました 。
下の毛は綺麗にお手入れして有り、割れ目と少し伸びたビラビラがはっきりとわかりました。

娘は20歳前後で手足が長くすらっとしたスリムな体型で、胸はCカップ位でしょうか?!
びっくりしたことに下の毛は無くツルツルではっきりと割れ目がわかりました。

そして母親はゆっくり露天風呂に入ってくると、私の方に近づいてきたと思ったら、私の右側に座り、それに続いて娘は母親の右側に座りました。
私は目のやり場に困っていると、お湯の中で母親は私の膝に手を置いたと思ったら、なんと股間を触り始めたのです。

私は腰を引きましたが、逆に興奮してしまいすぐにビンビンになってしまいました。
私も何だかその気になって、横に娘さんがいることも忘れ、母親の胸を優しく揉んでしましました。

すると母親は私の耳元で、
「ここで、入れちゃってもいいですか?」
「え?ここで?えっ、はい」
私は何も考えずに即答してしまいました。

母親は私の前に来たと思ったら、抱きついてきて向かい合った状態で、ゆっくりと腰を下ろしてきました。

私は湯船の中で挿入したのは始めてだったのですが、しっかり奥まで入り、母親は娘が横にいるのにもかかわらず、私の首に腕を回してゆっくり上下に腰を動かし始めました。
不思議なことに、娘は黙って私達を見ているんです。

母親のあまりにもリズミカルな腰のくねりとともに、あまりのアソコの締りのよさに母親の中に放出してしまいました。
私は母親に
「ごめん」
と平謝りしました。

しかし母親は中に出してしまったことを意に介さず、ゆっくりと抜いてしばらく娘さんと何やら小声で話していましたが、母親の股の間から私の精子がお湯の中を揺ら揺ら浮かんでくるのがわかりました。

母親と娘はいったん露天風呂から上がり、母親は股の間から流れ出る精子をお湯で流して、私の方に振り向くと、
「私達の部屋でいらっしゃいませんか?」
と言ったので、私はびっくりしつつも、
「え?あっ、はい」
と言って、私も露天風呂から上がり、そのまま脱衣所で浴衣を着て母と娘の後について部屋へと向かいました。

部屋に向かう途中で、もし部屋に怖いお兄さんが出て来るのではないかと心配しましたが、先ほどイッたばかりの下半身が早くもムズムズして結局はそのまま部屋に案内され行ってしましました。

そして部屋に入るなり、娘の方が私に近づいてきて浴衣の裾をずらしたかと思ったらいきなりチンポに吸い付いてきました。
娘の吸い付きはすごくてまたまた私のチンポが元気に反り返ってしまいました。

その様子を母親は籐の椅子に腰を下ろしてじっと眺めていました。
しばらくすると、母親も椅子から立ち上がりこちらに近寄ってきました。

そして、自分から浴衣を脱いで全裸になると、チンポをしゃぶられている私の顔の前に乳房を近づけてきたので、そのまま乳首を吸ったり、下で転がしたり、揉んだりしました。

娘が私のチンポからようやく口を離すと、布団を敷き出して、私はそこに寝かされました。
するとまた母親が私の上に跨って腰を沈めて、チンポを根元まで受け入れてきました。

先ほどの露天風呂のときよりも、お湯の抵抗がないぶん激しく自由に上下、左右に腰を振り出しました。
気付くと母親の腰使いを娘が近くで見ていました。

母親も娘に見えるように脚をM字に開脚したり、ゆっくりチンポを出し入れしながら、アソコを締め付けて激しく腰を振るので、
「あぁ、やばいですよ!またイッちゃいます…」
私はしばらくするとまたまた我慢が出来ずに、そのまま母親の中に放出してしましまいした。

母親はしばらく入れたまま、私の上に乗っていましたが、呼吸が整うと、ゆっくりチンポを抜いたかと思うとイッたばかりのチンポを咥え出しました。

娘のフェラとは違って母親のフェラはねっとりした舌使いと、亀頭を集中的に唇で挟みながら刺激してくるので、いつのまにかまた徐々にではありますが勃起してきてたのです。

そして、自分でも信じられないくらいの回復力でまた勃起させられ、それを確認するかのようにチンポの根元をギュっと握りながら母親は娘に目配せをしました。

すると母親が私から離れると、今度は娘が私の上にゆっくりと跨ってきました。
娘の腰振りは母親に比べるとまだぎこちないのですが、とにかくアソコに締りは入口も奥も全体的にきつく、
「このままだとすぐイッちゃうよ」
と言っても娘は目をつぶって、私の上で激しく腰を動かしました。

「あぁ、ほんとイッちゃうよ。中に出しちゃっていいの?」
と確認するように聞きましたが、娘は私の問いに答えもせず、逆に目を閉じて内腿に力を入れたかと思ったら、さらに奥までチンポが入るようにして締め付けてきました。
「おぉ、それ…あっ、中に出すよ…イクッ…」
私はそのまま娘の中にも出してしましました。

その後も娘は上に乗り続け、イッたばかりの私のチンポを抜こうともせずに、中の締め付けでまた勃起させようとしていました。
私はもはや二人の性欲を満たすためだけのセックスマシーンと化していました。

結局、私は母親と娘さんと朝まで計7回イカされました。
言うまでもなく、すべて中出しで私の体液はすべて吸い取られました。

そして私は体力の消耗がすごく、軽い眩暈のため仕事を休むはめになってしまいました。
私がようやく開放されたのは朝の10時前でした。

なかなかプライベートの話は一切してくれませんでしたが、母と娘は年に1回この温泉に来るとのことでしたので、連絡先を交換して母と娘と別れました。

嘘のような本当の出来事です。




[ 2017/05/22] 人妻・浮気・不倫
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する