禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >  学生時代 >  元甲子園球児の中年男性にうまいこと処女を奪われました

元甲子園球児の中年男性にうまいこと処女を奪われました

私は、久美。27歳、結婚して4年になります。
子供はいません。主人は、とても優しいのですが、仕事熱心な人で、私のことをかまってくれないんです。だからでしょうか、結婚後、いろいろな男性と関係をもってしまいました。そんな私の初体験のことを皆様にお話して、これからはよき妻として主人一筋に尽くそうかな?と思っています。

DMM動画紹介☆体験談に近い動画もきっとあるはず!

私の初体験は高三のとき、35歳の男性とでした。
私はバレーボール部のセッターで副キャプテンをしていたんです。

肩と腰が痛くて、部活を休んで病院に行こうと、6月の雨の中、校門を出ようとしていると、車が止まり
「どうしたの?乗っていかない?」
と元甲子園球児のスポーツ用品店の店長さんなんです。
ここのスポーツ用品店から部活のユニホームやスポーツ用品を格安で販売してもらったり、店長さんの鈴木さんにいろいろな悩みなんかを聞いてもらったりしてるんです。

肩と腰が痛くて病院に行くところと話すと、
「じゃ僕が診てあげようか?」
店長の鈴木さんはスポーツトレーナーの資格を持っているらしく、
「じゃお願いします。」
と答えてしまったんです。

そして車は、鈴木さんの自宅兼スポーツ用品店に着きました。
奥さんはパートに行ってるらしく、誰もいないみたいでした。
ちょっとやばいかなと思ったんですけど、鈴木さんのペースにのせられて、鈴木さんの家の中で診てもらいました。

最初は右腕をゆっくり回しながら、痛みの原因を探していたみたいなんです。
「う~ん、ちょっと上脱いでくれる」
「えっ?」
「これから、肩から背中のあたりをマッサージするんで、ブラウス脱いで、ここに横になって」
と、マットレスを引いてくれたんです。

どうしよう…これで痛みが取れて、明日からみんなと一緒に練習ができるんならと、ブラウスを脱いで、うつ伏せになりました。

鈴木さんは、ゆっくりと肩から腕に向け摩りながら、マッサージしたり、背骨に沿って摩っていき
「ちょっと、ブラが邪魔なんで」
とブラを外されました。

ゆっくりと脇の下からおっぱいのふくらみに触れながら、腰の付近を摩っていきます。
「スカートも脱ごうか!」
といって、フックを外し、ファスナーを緩め、スカートを脱がされました。

抵抗するのではなく、自分から腰を浮かしたりして脱がされるのを助けていました。
かわいいイチゴの柄のパンティに包まれたお尻のふくらみを揉みほぐし、大事な部分に鈴木さんの指がツッンと当たりました。

思わず「あっ」と声が出てしまい、その後は、ゆっくりと人差し指と中指を使ってパンティの二重になった部分を割れ目に沿って、敏感なところに迫ってきます。

我慢できなくて…
「だめ!」
彼の指から逃れようとしたんですが、上から押さえられ、耳元で
「初めてなの?」
「うん」
「男性経験は?」
首を振りました。
「男の人と経験したら、女性らしくなって綺麗になるよ」
そう言って、首筋にキスをされ、左胸を彼の手で包み込まれ…もうされるがままに…。

いつの間にかパンティを脱がされ、仰向けにされ、彼の体が覆い被さってきました。
「行くよ」
ゆっくりと彼の体が沈んできます。
「うーん、あっ」
何か熱いものが、私の中に進入し、体全身の力が入りました。

彼が私の体をぎゅっとしばらく抱きしめ、
「大丈夫?」
と言ってくれたので、
「うん、大丈夫」
その後、ゆっくりと彼の腰の動きに、今まで経験したことのない感覚が全身にめぐっていきます。

初めてなのに感じていき、そのうち彼の動きが早くなり、彼の体にしがみつきました。
そして急に彼の体が飛び起き、私のお腹上に熱いものが飛び散りました。

彼は、ティッシュでお腹の白い液体を拭きながら、
「どうだった?」
…涙が出てきて、答えられず…
「また会ってくれる?」
…思わず、うなずいてしまいました。

彼に優しく制服を着せてもらい、家の近くまで車で送ってくれました。
どういう訳か、肩と腰の痛みがなくなっていました。


関連記事

DMM・FANZA 電子書籍・月額読み放題。月額1480円! ただいま4週間無料キャンペーン実施中。

単品の電子書籍も充実しています!
[ 2017/05/22] 学生時代
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する