禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    人妻・浮気・不倫 >  隣のダンナの浮気SEXの声を聞きながら、俺はこっちの部屋で奥さんに生挿入

隣のダンナの浮気SEXの声を聞きながら、俺はこっちの部屋で奥さんに生挿入

大学2年の時、隣に若い夫婦が引っ越してきまた。
築20年以上のオンボロアパートで、洗濯機が玄関の外にあるようなとこ。
俺の部屋は以前、内装業をやってる友達が住んでました。
だから壁も床も素晴らしいほど綺麗になってた。
1度隣が空いた時に中見たけど、それはもう雲泥の差でした。
ボロアパートだから隣の声なんて丸聞こえなんです。
挨拶にきた奥さんは昔ヤンキーだった?っていう感じ。
それでもかなり美形だった。
そんな奥さんが毎晩「あん、あん」喘いでるんだから困ったもんです。
若いから毎晩のようにセックスしてたみたい。
俺は毎晩その声を楽しみにしていました。

引っ越してきてから半年ぐらい経ったある晩、隣で凄い怒鳴り声が聞こえてきた。
ヤンキーが喧嘩する時みたいな口調。
途中からドスンドスンとした音とか、ガラスが割れる音まで聞こえていました。
これは通報した方がイイのかな・・って思いながらも、壁に耳をつけて聞いてました。

何やら奥さんが浮気してるとか、旦那も浮気してるとか、そんな喧嘩のよう。
壁にも何かを投げ付けてて、かなりの騒音でした。
んでしばらくして誰かが激しく玄関のドアを閉める音が聞こえてきた。
多分足音から旦那の方だろうって思っていました。

そんな喧嘩が週に何回かあって、さすがに勘弁してくれよって思ってたんです。
酷い時は深夜0時過ぎに始まっちゃったりするんですから。
だけど喧嘩のない日は「あん、あん」喘いでるんです。
それだけ仲が良いのかなって思ってました。

ある日曜日、俺は洗濯しようと廊下にいました。
そしたら偶然となりの奥さんが洗濯しようと出てきたんです。
「ども・・こんちは」
「こんにちわぁ~、いつもうるさくてゴメンナサイねぇ・・」
「いやぁ~まぁ・・・それにしても喧嘩凄いっすね」
「やっぱり聞こえてます?ゴメンねぇ」
「イイ~んすけど、壁薄いから何か投げたら穴開いちゃいますよ」
「そうよねぇ~うちの旦那に言っておくわぁ~」

初めて会話らしい会話をしたんですが、結構イイ感じのお姉さんでした。
スエットにTシャツ姿でしたが、妙にそそる雰囲気で。
こんな可愛い顔して、あんなエロく喘いでるんだもんなぁ~って思いながら会話してました。

笑顔で気さくに喋ってた奥さんでしたが、やっぱりその日の夜も大喧嘩。
もう1日おきに喧嘩してる感じ。
土曜日の夕方、俺は借りてきてたエロDVD見てました。
隣では喋り声が聞こえてて、今晩は仲良くエッチか?って思ってたんです。

しばらくして玄関の扉をコンコンと叩く音が聞こえました。
まさかうちじゃないよなってシカトしてました。
だけどまた鳴って、どうやらうちのようです。
インターフォンじゃなくて扉を叩く人なんていないから、誰なんだろうって思いました。
ドアスコープを覗くと、なんと隣の奥さんがキョロキョロして立っていたんです。

「どうかしました?」扉を開けて聞くと「ちょっとゴメン!中イイ?」と、強引に玄関に入ってきました。
「あ・・どうしたんですか?」ビックリして何かあったのかと思いました。
「うちに誰か来てる?」
「あぁ~喋り声は聞こえますけど、誰とかは知らないっす」
「ちょっと上がってもイイ?」
「イイっすよ、っていうかどうかしたんですか?」奥さんはなぜか小声で、なんか焦ってる感じだったんです。
だから部屋にあげました。

「なにここ~!すっごい綺麗じゃん!うちと全然違うし。なんで?」
「友達の内装やってるヤツがやったみたいなんすよ」
「すごぉ~い!うちとは大違いじゃん」まさか誰かが中に入ってくるとは思っていなかったので、エロDVDは一時停止のままです。
慌てて電源を切りましたが、完全にバレバレでした。

部屋までキョロキョロされてかなり恥ずかしいし気まずい雰囲気です。
内装に興味を示してたと思ったら、今度は隣の音に耳を澄ませ始めました。
しまいには壁に耳を付け始めて、隣の音を聞いてるんです。
「なんかあるんすか?」
「やっぱり・・・・」
「えっ?何が?」
「ちょっと待ってて・・・」

俺が喋ろうとするのを遮り、隣の音を熱心に聴いてました。
奥さんにお茶を用意して、俺はタバコを吸って奥さんを見てました。
前に会ったときとは違って、今日はキャミソール姿でした。
薄い生地越しに丸みを帯びたケツがあって、ちょっとセクシーな光景。

かれこれ10分ぐらい隣の音を聞いてたと思います。
いきなり俺を振り返り「ちょっと喋っちゃダメだからね!」と言って携帯をかけ始めました。
「もしもし~アタシ、うん、そう・・・今まだ友達んち・・うん・・・」少し小声で喋り出し、時々壁にも耳をつけて聞いてました。

「多分20時までには帰れると思うから・・・うんうん、夕飯食べてて・・・はぁ~い・・・」
俺には何が何だかサッパリ分かりません。
奥さんは携帯を切ってからも、壁に耳を当ててました。
「ねぇ・・ここってお風呂入ったら音聞こえる?」
「お風呂は逆ですよね?だったら聞こえないと思うけど、水の音は聞こえるかも」
「あ・・・この音?」
ちょっと聞いて?ってニュアンスだったので、隣に行って耳を付けてみました。

「多分そうじゃないっすかね、上の音かもしれないけど」
「多分うちよね、さっきお風呂がどうとか言ってたから」
「っていうか、何してんすか?」
「旦那がうちに女連れ込んでるのよ、アタシが遊びに行ってると思って」
「マジっすか?じゃ今から行った方がイイ~んじゃないっすか?」
「ダメよ!言い訳すると思うから、ヤってる最中じゃないと」
「ヤっちゃっててもイイ~んすか?」
「だってその瞬間じゃないと言い訳するに決まってるもん」

奥さんは真顔のまま壁に耳を当てながら小声で言いました。
それはそうなんだけど、イイ~のかな~って思ってました。
奥さんは壁にベッタリだし、変なことに巻き込まれないかヒヤヒヤしてました。

「あっ!」奥さんが小声で言いました。
「始まったかも・・・」二人して固唾をのんで、隣の音に集中しました。
それからしばらくすると、完全に喘ぎ声が聞こえ始めたんです。
でも奥さんよりは小さな声だったので、静かにしてないと聞こえない程度。
「もしかしてうちの音もこんなに聞こえてた?」
「まぁ~聞こえてましたよ」
「やだぁ・・・恥ずかしいなぁ・・」

気まずい顔をしながらも壁に耳を付けて聞いてます。
「やっぱりこれってうちからの音だよね?」俺はまた隣に行って、壁に耳をつけました。
完全に隣です。
「多分そうだと思いますよ。上かも知れないけど、このタイミングだと隣かと」隣の奥さんと一緒に、隣の部屋の喘ぎ声を聞いてるこの状況。
妙に興奮しました。

隣では奥さんとは違って、「んっ!あっ!んやっ!あっあっ!」ともっと若い感じ。
「なんか・・・・凄いっすね」
「えっ?」
「いやぁ~・・・・なんかドキドキしますねぇ・・・」
「ちょっとね・・・・」
ちょっととか言いながらも、奥さんの顔は少し赤くなっていました。

「もうこれ入れちゃってるんじゃないっすか?」
「まだだと思う、あの人、指とか・・・あれだから・・・・」
「前儀が長いって事っすか?」
「うん・・・・まぁ・・・・そう・・・・」
「確かに心なしかグチョグチョ鳴ってるような・・・・」
「ホントに?あ・・・・ホントだ・・・・・やだぁ・・・・」
「うわぁ…スッゴイ聞こえますね・・・・・うわっ・・・すげぇ・・・・」
「やだぁ・・・ホント凄い聞こえる・・・最悪・・・・」

そんな状況ですから、エロDVD観賞してた俺の息子は勝手に反応してました。
それを隠すように隣に座って、奥さんの方を見ながら音を聞いてました。

「いつも・・・・こんな音も聞こえてるの?」
「いやいや、壁に耳なんてつけないから・・・・声は聞こえますけど」
「えぇ~っ・・・・・」
「変な事聞いてイイ~っすか?」
「なに?」
「旦那さんのエッチを盗み聴きするのって、どんな気分ですか?」
「そりゃ~最悪!ムカつくし殴ってやりたい」
「顔赤いっすよ」
「えっ?そう?ムカついてるからかな・・・・」
この奥さん絶対興奮してる!そう確信しました。
エロ顔一歩手前みたいな表情だし、首筋まで少し赤らんできてたし。

「でも奥さんの方が凄い声だしなぁ~」
「ヤメてよ・・・」
「AV以外で、あんなにはっきりイクっ!って聞いた事ないし」
「ちょっと・・・何言ってんのよ・・・・」
「あれ?なんかジュポジュポ聞こえません?」
「あ・・・・聞こえる!何してんのよ・・・最悪・・・・」
「これってフェラしてんでしょうね・・・なんか喘ぎ声も交じってるし・・・シックスナインかな・・」
「えぇ~・・・・もうやだぁ・・・」
「咥えたまま喘いでる感じしません?」
「する・・・・かも・・・」

奥さんは興奮してるっぽいけど、どうしたら良いのか分かりませんでした。
勇気が無かったんです。
喉だけカラカラになるんで、お茶ばかり飲んでました。

「ちょっとトイレ・・・」
奥さんが一人になったら、もしかしたら何かするかもって思ってトイレにいきました。
トイレに入ったフリをして、コッソリ戻りました。
ちょうどテレビ画面に奥さんが反射して映っています。

ハッキリは見えませんが、それでも結構よく見える。
しばらく隠れて見ていると、奥さんはトイレを気にしてるみたいで、キョロキョロしてました。
そしたらスグにスカートの中に手を入れ始めたんです。
女の子座りしてた片方のヒザを立てて、そこに手を突っ込んでいます。
初めて見ました。
しかもテレビ越しに映っているのが凄い卑猥。

奥さんは俺を気にして、何度も振り向きながら、壁に耳を付けてオナってるようでした。
俺もその姿をみてチンコを出し、シコシコさせてもらいました。
長過ぎるのは変なので、後ろ髪を引かれつつトイレの水を流しに戻りました。
部屋に戻ってみると、奥さんはヒザを戻して女の子座りしています。
ここで行かないのは男じゃない!勇気を振り絞りました。

「さっき触ってたでしょ?」
「えっ?なにが?」かなり動揺しているのが分かりました。
「ほら・・・あのテレビ・・・反射して映ってましたよ・・・」
「何言ってんの?そんな事する訳ないじゃん・・・何言ってんのよ・・・」
「いやいや、ハッキリ見えちゃって。イイ~っすよ?聴きながら触ってても」
「・・・・・・・」
「こんな音聞いてたらヤバの普通でしょ、俺もしますから」

勇気を出して俺はスエットの上からチンコを握りました。
ニギニギしながら壁に耳を付けて目を閉じました。
しばらく隣の喘ぎ声に集中して薄眼を開けてみると、奥さんは俺の股間をジッと見てました。

気が付かないフリして、今度はパンツの中に手を入れて、シコシコとシゴき始めました。
この状態でも逃げないってことは、手を出してもOKってことでしょ?そう思って目を開けると、奥さんは股間をガン見してました。

「遠慮しないで奥さんも自分の触って下さいよ」
奥さんの左手を取って、アソコを触るよう促しました。
「・・・・・・・」
何も言わないので、アソコを触らせるようスカートの中に手を突っ込ませました。
「これ・・・ヤバいっすね・・・すげぇ~興奮するかも・・・」
奥さんは下を向いたまま、壁に耳を当てて無言です。

思い切ってスエットをずり下げ、勃起したチンコを露出しました。
奥さんは下を向いたままだったけど、完全に見てたと思います。
何も言わずただただ下を向いていました。
俺は露出したチンコをわざとゆっくりシゴきました。
想像以上に興奮する状況だった。

奥さんも俺も忘れていたが、隣では既に挿入も完了してるっぽかった。
パンパンパンッ!と肌と肌の張り合う音が聞こえてたし、喘ぎ声も増してたし。
それでも奥さんは壁に耳をつけながら、下を向いて固まってた。
ジリジリと奥さんに近づいて、左足にチンコが乗るぐらいまで接近してシゴき続けた。

逃げないので「もういっちゃえ!」と思い、シゴくのを中断して奥さんの足に触れてみた。
ビクッと体がなったけど、やっぱり下を向いたまま動かない。
足を軽く撫でてから、股の間に入ったまま動かない左腕を触ってみた。
奥さんの顔がゆっくり上がってきて、見つめ合って自然な流れでキス。
フレンチとかそんなんじゃなくて、初めから全開バリバリのベロチュー。
キスをしながら手を突っ込み、奥さんの手をアソコに触るよう動かした。

諦めたのか我慢できなくなったのか、奥さんは促されるままアソコを触り始めた。
俺は手を抜いて自分のチンコをゆっくりシゴき始めた。
舌をしゃぶるように舐め、「んふっ・・・んっんっ・・・」と言いながらオナってる。

我慢できなくなった俺は、手を突っ込んで奥さんの手をどけてアソコを触ってみた。
パンツの横から指を滑り込ませると、アソコはグチョグチョ状態。
クリトリスを濡れた液体で滑るように触ると、奥さんはチンコを握ってきた。
その間もずっと奥さんは、俺の舌をしゃぶったり口の中を舐めてた。

隣の音なんてもう忘れて、その場で押し倒して指を入れた。
指を入れて中をグイグイ動かしながら、服の上から胸を揉んだ。
CかDぐらいある胸を揉みながら、指を2本に増やし小刻みに動かしてみた。
奥さんは声を出さないよう、口に手を当ててた。

人妻に教えられたポイントを中心に、小刻みに指先で刺激してやった。
想像以上に感じるらしく、腰を上げたり下げたりしながら必死に手で口を押さえてた。
「んんっ!んぅっ・・・・・んぅんっっ!」
「聞こえちゃうから声出しちゃダメだよ・・この音は聞こえてるかも・・・」わざと激しく指を動かして、グチョグチョした音を出してみた。
奥さんは俺を見つめ、頭を左右に振りながら感じまくってるようだった。

アソコに指を入れたまま、口元にチンコを持っていった。
奥さんはもう遠慮もなく、ただの淫乱って感じでチンコをしゃぶりまくってた。
頭を突っ込んで玉袋までベロンベロン舐めるんだから、相当だと思う。
玉袋を舐めながら、チンコをシコシコして。
横にある戸棚からコンドームをとり、開けて奥さんに渡した。
奥さんはコンドームを慣れない手つきでチンコに被せてくれた。

パンツを脱がし、そのままチンコをあてがうと、ゴムのローションと愛液で簡単に入った。
「はっんっ!」思わず声が出たらしく、慌てて口を押さえてた。
ゆっくり出し入れをしてみたが、奥さんのアソコは奥の方まで締め付けが激しい。
よく入口だけ締まる子はいるけど、この人は中まで締まるみたい。

このままじゃ早めにイっちゃいそうだったので、奥まで突き刺し奥をグリグリした。
これがたまらないらしく、両手で口を押さえながら凄い顔をしてた。
コリコリと子宮に亀頭があたり、それだけでも相当気持ちがいい。
服の上からオッパイを掴んでたけど、やっぱり全裸が見たくなった。
ベッドへ移動しようと一度チンコを抜いたら、「なんでっ?」という顔の奥さん。

「こっち行こうよ」奥さんを立たせてベッドへ連れて行きました。
というか歩いて数歩だけど。
立たせまま奥さんの服を脱がせました。
全裸にしてビックリ。
体にはどう見ても縛り跡みたいな赤いラインが・・・胸に四角というか菱形みたいな跡もあるし、脇腹にも数本のライン。

「もしかして縛ってんの?」
「うん・・・・」こりゃ~たまらん!と押し倒し即入れ。
正上位の次は騎乗位に移り、これがまたすごい騎乗位で。
俺の胸に手を置き腰を動かしてたんだけど、これがホントに半端じゃない動きでした。
思わず左右のケツを、パンッ!と引っ叩いちゃって、でもそれがまた興奮するって言うし。
情けない話、その騎乗位でイっちゃいました。

これじゃカッコ悪いと思い、イってチンコを抜いてから指を入れて、刺激してやりました。
もう恥ずかしさもぶっ飛んでるみたいで、指で刺激していると勝手にクリトリスを触る奥さん。
腕がツルほど頑張ったおかげで、体をガクガクッと痙攣させて果ててました。
汗だくになった俺に抱きついてきて「浮気しちゃったね・・・おかえしだ!」って言ってました。隣の部屋では旦那が浮気してましたから。

奥さんが凄い可愛く思えて、終わった後もかなりしばらくキスしたりイチャついてました。
そしたら隣の玄関の扉が開き、足音が聞こえ出しました。
キッチンの上の窓を見てみると、2人が歩いていました。

「2人で出かけたのかな」
「送りに行ったのかもね・・・」
「どうする?今帰ってみる?」
「う~ん・・・・まだ帰りたくない・・・」
また激しくキスしちゃってそのまま第二ラウンド。
旦那が帰ってきたときは、ちょうど奥さんが俺のチンコを舐めてる時でした。

今度はゆっくり楽しみ、結局奥さんは21時過ぎに帰りました。
俺がまずゆっくり扉を開けて、誰もいないのを確認して奥さんが素早く出るみたいな感じで。

その日の夜は喧嘩も喘ぎ声もなく、静かな夜でした。
次の日の夜は、激しい喘ぎ声が聞こえましたけどね。
奥さんとはその後も何度かエッチしました。
金曜日か土曜日の夜に、旦那さんが飲みに行くらしいんです。
帰ってくるのはだいたい2時ごろで、出かけると分かるとメールが入ってくるんです。
それで「大丈夫だよ」とメールして鍵を開けておくと、出掛けてからしばらくしてうちに来る。

1年以上そんな事が続いて、ちょっと前に奥さんたちは引っ越していきました。
旦那さんが無職になって、旦那さんの実家に引っ越すんだって言ってました。
引っ越してからもメールはしてて、それは今でも続いてます。

引っ越す前に、こんなことを言われました。
「洗濯してて会った日あったじゃん?」
「挨拶以外で初めて喋った日ね」
「そうそう、あの時、あっ!この人アタシの好みだ!って思ったんだよぉ~」
「マジで?そう見えなかったけど」
「あはは。だからあの日思い切ってここに来たんだもん」
「ヤラれてもイイと思って?」
「うん・・・」
いやいや、そんな事は全く分からなかったので、女って怖いなって思いました。



  
[ 2017/05/29 ]   人妻・浮気・不倫 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する