禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    妻・恋人・彼女 >  主人との子作りSEXは、まず私のオナニーから始まります

主人との子作りSEXは、まず私のオナニーから始まります

由紀子です。只今、子作りに主人と二人で励んでいます。
最近は主人よりも私のほうが積極的になってるような、、、、。
主人が元気のないときは、主人の横でオナニーして見せるように言われたんです。
最初は嫌だったけど、、、ブラとパンティだけは付けさせてもらって、、、。
そうしたら「由紀ぃーっ!」って言いながら、私に飛びついてくれるんです。
で、主人もする気になって、、、、合体っ!

あっ!浜ちゃんみたいにおデブさんじゃないですよ。
んーー、でも最近ちょっとお腹は出て来たみたいだけど。

昨夜、私がベッドに仰向けになってオナニーしてたんです。
勿論、下着はつけたままで、、、。
主人はソファに座って、私を見ながあそこに手をやってました。
“あいーんさん“の言われるとおり、オナニーしている姿って男の人は興奮するみたい、、、、笑。

しばらくして主人は自分で下着を脱いで「由紀、舐めて。」って、、、、。
私は起き上がって、手だけで前後してあげたんです。
主人は、「口も使って、、」って言ったんですが、私は意地悪して手だけでしてあげました。

私は主人のお腹や胸を舐めてあげたり、自分であそこや胸、クリトリスを触っていました。
それだけで、すごくエッチな気分になって何度かイきそうになりました。
そうするうちに主人が「由紀ぃーっ!」って言いながら、私を押し倒してパンティだけ脱がせて入れてくれたんです。

主人は最初から凄い勢い?で動いたので、私は直ぐにイッちゃいました。
私がイクと主人はゆっくり出し入れして、気がつくとまた早く動いてくれるんです。
そんな感じで2度3度イかせてくれました。

その後は四つん這いにされて、後ろから、、、。
いつもお尻を動けないように両手で持って、主人が強く動いたりゆっくり動いたりしてくれるんです。

でも私がちょっと意地悪したと日は、腕を後ろ手にされて強く出し入れされるんです。
「由紀はこの格好が好きみたいだから、こうやって、、、」とか言いながら、、、。
何度かイッてしまって自分で体に力が入らなくなって、、、手を離して後ろから胸をギュッと抱きしめるようにしてくれたんです。

私は足を少し開き気味にしてお尻を後ろに突き出すような格好、、、膝をついて立ったまま後ろから入れてもらってる感じかな。
胸を腕で押し潰されるようにされて、私は体の自由を奪われて凄く感じてしまったんです。

主人は何度も強くしたりゆっくりしたりしてくれて、
「AV女優としてるみたい、、、。」
「はぁはぁはぁ、、、、気持ち良いよぉ。」
「、、、すごい体位っ!」
「はぁはぁはぁ、、、、。」

「、、、由紀、痛くないか?」
「はぁはぁはぁ、痛くない、、、気持ち良い、、、。」
「じゃあ、もっと頑張ろう!」
「だめ、、、もっとゆっくり、、、強くしないで、、、。」
「こんな体位でやって感じない男は男じゃない!」って、、、、それからは、主人に胸を後ろから抱きかかえられるような格好のまま、強く後ろというか下?から出し入れされたんです。

「あぁーー、だめ、そんなに動いちゃ、、、、。」
「!!!、、、イきそう、、、」
「だめ、イク、、、あぁー、だめ、イッちゃいそう、、、、。」
「恥ずかしいよぉー、、、恥ずかしいけどまたイクよ、、、イク、、、あぁーっ!」私はもう本当にイきそうだったのに、主人が急にクリトリスを触ってしまったんです、、、たぶん、、、。

その途端に目の前が真っ白になって気絶してしまったんです。
、、、本当に死ぬかとおもった、、、、汗汗。
気がついた時はまだ体が痺れるていましたが、主人に仰向けにされて体の汗を拭いてくれてました。

「凄いイき方したな!ビックリした!」
「はぁはぁはぁ、、、、まだドキドキしてる、、、はぁはぁはぁ、、、、。」
「由紀のクリちゃん触ろうとしてたら、急に“ひぃーっ!“って言って、ぐったりしてたぞ、、、、。」
「はぁはぁはぁ、、、、触ったもん、、、、。」
「あぁーって思って見てたら、由紀が痙攣してて、動かなくなった!」
「はぁはぁはぁ、、、、。」

「ビックリした、、、、ほんと死んだのかと思った。」
「、、、ごめん、、、。」
「女って、あんなイき方するんだ、、、どんな気分??」
「わからない、、、、覚えてない、、、。」
「失神してた?」
「、、、うん、たぶん、、、。」
「、、、滅茶苦茶感じるようになったな、、、。」
「、、、うん。」
赤面「でも年齢差感じるなぁー。」
(主人39歳、10歳差☆!、、頑張れぇ、お父さん!笑!)
「、、、。」赤面
「それと、、、シーツもビチャビチャになった、、、」
「、、、。」赤面

「初めて見た、、、っていうか、、、あんなになるとは思わなかった、、、。」
「、、、、気持ち悪い?」
「いや、感動、、、由紀があんなになってイクとは、、、笑。」
「、、、。」赤面

そんな話をしばらくしてて、
「、、、あなたイってないの?」
「うん、、、ビックリして興ざめ、、、もう萎えたから、いいよ、、、。」
「、、、萎えた?」
「うん、ちっちゃくなった。」
「、、、、じゃぁ、次は私がイかせてあげる、、、。」
そういって、主人を仰向けにして口と手でしてあげました。

私はまだ体中が熱くて、、、、“ふらふら?“になりながら一生懸命しました。
主人は私の腰とかお尻、太もものを撫でたりしながら、「あぁー気持ち良い!」とか言って感じてくれたました。

固くなったときに私が上になって、主人の指とかを舐めながら前後したり上下してあげたんです。
私がイきそうになったときに、主人が「出る!」って言いながら下から動いてくれました。
私も「いっぱい出して」って、ちょっと強めに上下してあげたんです。

「あぁー」って言って、主人が出しているのはわかりました。
射精しているときにも私はそのままゆっくり動き続けたんです。
射精してるときに動かしてあげると、あそこの先の丸い所が刺激されて気持ち良いらしいです、、、。

それに奥のほうに出してもらったら、なんだか妊娠しやすいように思って、、、微笑。
主人の前であんなふうになったのは恥ずかしかったし、主人もビックリしてたけど、、、。
でも今までで一番良かった

こんなにがんばってるんだから、そのうち授かるわよね・・・


関連記事


↓他サイトの告白を読む



PR DMM動画で必ず抜けます



  
[ 2017/06/21 ]   妻・恋人・彼女 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
携帯で見る
QR
熟女倶楽部
熟女といえばここ
カリビアンコム
Aランク以上の豪華な女優陣
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
ランキング
RSSリンクの表示
PR
熟女倶楽部 無修正動画 杉本美加子 野宮凛子 笹木杏子 高瀬まりこ