禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    妻・恋人・彼女 >  年上の女子社員のグチを聞いてるうちにエッチに発展した

年上の女子社員のグチを聞いてるうちにエッチに発展した

この前の年末、数年来から職場の仕事上いろいろ付き合いのある佳織との話です。
佳織は、30ウン歳の、年も社歴も私より上の先輩社員です。
部署は違いますが、業務上何かとやり取りが多いの社内でメールでやり取りが多いのです。
きっかけは、いつも通りメールのやり取りをしてるなかで、コメントアウトして「もう、むかつくー(▽メ)」という一文があった。
それに微妙に反応して「何があったんですか?」とコメントアウト返しをした。
メールじゃ書ききれないとのこと、、じゃぁ、ってことで、「軽く呑みながら鬱憤晴らしでもしよう。」とさそってみるとすんなりOK。

しかし、都合があわず、結局仕事納めの日に呑むこととなった。
通常だと、仕事納めの日は、会社の人間大勢で社内で騒いだ後、外に二次会のような形でながれるのだが、今年は、それもあってさり気なくかわしつつ、夕方納会間近にメールで、「今日どうしましょうか?」とメールする。

まさか1対1じゃないよな。
と思いつつ、「誰か誘いましょうか?」という一文もつけて送った。
すると「誰でも良いよ」とのこと。
「だよなぁ。」と思いつつ、社内のめぼしい人間にメールして都合を聞いてみるとすべて玉砕。

忙しいこともあり、あまり広範囲に連絡が取れず「なんかみんな都合悪いみたいです。どうしましょうか?」とメールすると、「うーん、まぁまだ時間あるから考えよう。」と返信が来たので、「二人になるかもしれないですねー(笑)」とメールすると、「?それでも良いよー」と返信がある。

ちょっと期待しつつ、二人なんで、会社の近所を避けて池袋を選択した。
池袋は長らく住んでいたので、店事情等はわかるので特に予約すること無くちょっと遅めの20時に各々で向かう約束をした。

私は20時5分頃到着するとまだ到着していない模様。
20時15分頃になり、私は電話た。
佳織「池フクロウの所についたぁー。どこ?」
私「あ、西武のところです。じゃぁ、緑の窓口のところいきますね。」と答えた。
すると間もなく、佳織が小走りにやってきた。

普段会社の近所では、普通に呑む時は、恥ずかしいとかは無かったが、改めて外で会うとちょっと恥ずかしい。
佳織は身長が高く、決してスタイルは良いとは言えないが、顔は可愛らしいと私は昔から思ってた。

佳織「ごめんねー、どこ行こっか?」
私「どうもぉーお疲れ様ですー。えとこっちです。」と誘導した。
巷は冬休みや、仕事納めとあって、会社員やら学生やらで賑わっていた。
池袋東口を明治通り沿いに二人で、歩いていった。

佳織「佐藤君仕事大丈夫だったの?忙しいんでしょ?」
私「そりゃぁもう佳織さんと呑めるんですから、がんばって終わらせて来ましたよ。でも、やすみなさそうです。」
佳織「大変だねー。今日って誰か来れそう?」
私「ダメでした。二人でしっぽりとやりましょうか?良いっすか?」
佳織「いいよー。二人で飲むのって初めてだね。」
私「そうですねー。佳織さんもてるから、私と呑んでるなんて知れたら殺されそうですね。」

佳織「佐藤君だって、佳織ちゃんがいるじゃない。」そう、私も佳織も既婚者で、私は社内恋愛で結婚したのでした。
佳織もうちの奥さんのことは良く知ってる。
だから、こんな状況が会社の人間に知れると、それはそれでまた大変なことになる。
それもあって池袋にしたのであった。

程なく明治通り沿いをあるいて、無印の前の信号を渡り、一本裏の焼き鳥屋に入った。
小奇麗で、味もまぁまぁの焼き鳥屋です。
予約をしてなかったので、店に入り、「二人」と告げると、数分で用意するとのことでした。

結構街が賑わっていたので運が良かったです。
席を用意してもらうと、二人がけの小暗い、テーブルカウンターでしたので、密着するほどではないが、隣で距離が近い。
ちょっとラッキーな気分がした。
ビールで乾杯をしつつ、他愛の無い社内の話で盛り上がった。

いろいろな噂話をしつつ、酒が進んだ。
愚痴が言いたそうだったので、それとなく振ってみた。
私「そういえば、この前何あったんですか??」
佳織「うーん、なんか部内がギクシャクしていろいろやりにくいんだよねー」
私「えーじゃぁ、異動希望出して、うちの部署に来てくださいよー」
佳織「えーいくいくー。佐藤君調整してよー(笑)」そんな事言われて私も、呑んだ席とは言え、結構気分が良かった。

すると店員が今日は混雑してるから2時間制限ということで店を追い出された。
私「うーんまだ10時半ですねー。もう一件行きますか?」
佳織「そうだねー。どこ行こうか?」ということで、探すのがめんどくさかったのですぐ近くの店を選ぶと佳織が先に入って行った。
そこは、こじゃれたバーでやっぱりそこも人が多かったが、幸い2席カウンターが空いていた。

そこでは他愛の無い会話をしつつ、2,3杯スピリッツを呷った。
時計を見ると12時間近になっていた。
店を出ると、むちゃくちゃ寒かった。

とりあえず電車で帰るのがだるかったのでタクシー乗り場へ向かいつつ
私「さむいっすねー。もう手がすごい冷たいですよー」
佳織「んー。どれどれ?」と言いつつ、私の手を触った。
佳織「男の子なのにすごい冷たいねー。冷え性?」
私「ちがいますよー。でも佳織さんすごい暖かいですねー」

佳織「えーそうかなー。じゃぁこのまま握ってるね。」と言いつつ手をつないで、タクシー乗り場まで向かう所で、私「なんかちょっと恥ずかしいですね。
手つないでると。」
佳織「・・・そう?」と言いつつ。
ちょっと伏し目がちでした。
しばらく歩くと人気が少ない路地についた。

私「もう少し一緒にいていいですか?」と言いつつキスをした。
すると佳織は、私の舌を誘導するように、舌を滑り込ませてきて、私の舌に絡めてきた。
両腕を首に回しつつ私を抱き寄せた。
しばらくディープキスを路上でしていた。
人気はほとんど無い。
佳織のキスはすごく激しく、しきりに舌を絡め、歯と唇の間に舌を押し付けたり、耳に噛み付いたりしてきた。

しばらくキスを続け、落ち着くと、抱きついてきた。
佳織「寒いねー。佐藤君手は冷たいけど、コートの中はあったかいねー」
私「そうですか?じゃぁ。もっと暖かくなりませんか?」
佳織「どうするの?ウフフ」
私「えー佳織さん連れて行ってくださいよー。おねーさんなんだから。」
佳織「だめ。そういうのは男の子がするものよ。」

私「どうしようかなー。もう一件行きますか?(笑)」
佳織「佐藤君がそうしたいなら、それでも良いよ?フフッ」
私「じゃぁ、行きましょう。」と佳織が腕を絡めてきたので、歩き始めた。
池袋のZENMALLの方に向かい、そのまま脇の道を入っていった。

私「じゃぁここに入りましょうか?」
佳織「飲み屋さんじゃないよ?ここは。フフ」
私「え?違います?ここはダメですか?」
佳織「しらないー。(笑)」私はそのままLHに入っていった。

私「じゃぁ、店は私が選んだので佳織さんが席を選んでくださいよー。ボタン押すんですよ?ここって」
佳織「佐藤君が選んでよ。恥ずかしいじゃない。」
私「えー、じゃぁここにしますね。」1Fの部屋を選んだ。
すぐにでも抱きつきたかったからだ。
フロントと精算をして、鍵を貰うとすぐ部屋に向かった。

向かうとすぐに服を着たまま、キスをした。
佳織もさっきより激しく舌を絡めてくる。
そのままベッドに倒れこみ、しばらく舌を絡めていた。
その時すでに深夜1時を回っていた。
佳織「電気落とそうか。」と言いつつコートを脱いだ。

私もコートを椅子に脱いでそのまま佳織を抱き寄せた。
すると佳織は私のズボンに手をかけて、ベルトとはずし、チャックを下ろし下着に手を滑り込ませてきた。

佳織「こんなになってどうしたのかなぁ?ウフフ」と言いつつ、上下にしごいている。
私も負けじと、佳織のズボンのベルトをはずし、一気に下着ごと下ろそうとすると。
佳織は起き上がり、自分で脱いで、私のズボンも脱がし始めた。

佳織「んもう。引っかかって脱げないよ?どうして?ウフフ」と言いながら私のアレを起用にずらして、ズボンを脱がすと、一気に咥えてきた。
上手に手を上下させつつ、舌で私のアレを転がしてくれる。
私「すごい気持ち良いです。佳織さんのアソコも舐めていいですか?」
佳織「だめー」と言いつつ。
私のアレにむしゃぶりついてる。

さり気なく体位を変えつつ、佳織のアソコに到達。
私も佳織のアソコを舐め始めると。
佳織「ウ。ウーン。気持ち良いよ。舌が入ってきてる。そこが良いのよぉ」シックスナインで私が上になり、お互いのアソコを舐めあっていたが、すぐにキスを始めて、佳織さんが上に乗ってきた。

佳織「行くよぉ。もう」と言いつつ、私のアレを自分のアソコに誘導して入れようとするが、まだお互いに濡れていないので、なかなか入らない。
佳織「痛くない?大丈夫?」と言いつつ、私のアレを自分のアソコに擦りつけて、自分の液で私のアレを濡らし始めた。

佳織「もう、入りそうだよ。いれちゃうよ?」
私「良いですよ。早く入れてください。じゃないと私が上になりますよ?」
佳織「だめー。最初は私が上で入れるのーウフフ」そう言うと、ゆっくりと腰を落として私のアレを深くまで、入れて行った。

佳織「ううーん。気持ち良いね。このおちんちんはいっぱいこんなことしてるのね。だめよぉ。あまり遊んでばかりいちゃぁ。(笑)」
私「佳織さんとなら良いんですか?(笑)」
佳織「知らないー。でも今日は私だけね。」そういうと、激しく腰を振ってきた。

前後上下に動かし起上位のまましばらく佳織は入れたままキスしたりと、長い間私のアレを入れたままにしてる。
抜こうとすると、なかなか抜かせてくれない。
入れたまま上からキスしてきて
佳織「あー佐藤君とこうなるなんて、思ってなかったけど、してみたかったの」
私「えーそうだったんですか?光栄ですねー。じゃぁ、会社でももう少しやさしくしてくださいね。(笑)」

佳織「どんな風に?」
私「廊下で人がいなかったら無言でキスするとか、会議室で二人きりならキスするとか、エレベータで人がいなかったらキスするとか」
佳織「だってキスしたらしたくなっちゃうじゃない?だめだよ。ウフフ」
私「じゃぁ、そのまましちゃいましょう?(笑)」

佳織「やらしいのね。でも、状況次第だね。そのとき考えようか。(笑)」そうしながら私は佳織のアソコに指を入れながら、Gスポットをついた。
すると佳織「ねぇ。挿れて?はやくぅ。」
私「え?指なら入ってますよ?何を?」
佳織「だめ、言えない」
私「じゃぁ、わからないですよー(笑)」
佳織「タカシのオチンチンを」
私「それをどうするんですか?」
佳織「挿れるのぉ。はやく」

私「え?どこに挿れるんですか?誰の?」
佳織「もう。恥ずかしいから言えないよ。はやくぅ。」
私「でも、言ってくれないと分からないじゃないですか?ちゃんと」
佳織「佳織のおまんこに、タカシのオチンコを挿れてください。おねがい。」
それを聞くと私は、上になって一気に佳織の中に挿れた。

酔っ払ってるせいかなかなか行けなかったが、そろそろ逝けそうになってきた。
私「どこにだす?」
佳織「外に。外に出して?」
私「口に出していい?」
佳織「佐藤君の好きな所に出して良いよ。中が良い」
私「逝きますよ?」と言うと一気に腰を動かし、佳織の口の中に出した。

佳織は最後の一滴まで絞り取るように、口の中で私の液を受け入れてくれ、そのまま飲んだようだ。
佳織「飲んじゃった。」
私「まじっすか?なんか複雑ですね。佳織さんとこんなになってるって。」
佳織「あたしもー、、、」
私「あー、もうそろそろでないとまずいっすね。明日あるし。」
佳織「そうだね。じゃぁ。でようかぁー。でも気持ちよかったよ(笑)」
そういうと、佳織はまた、濃厚なキスをしてきた。

そうして、LHを二人ででて、早朝家に帰りました。
タクシーの降り際またキスをして、私も家に帰りました。
P.佳織.それからまだ佳織とは連絡取れてません。
年明けどんな顔して会えばいいのか悩ましいです。



  
[ 2017/06/22 ]   妻・恋人・彼女 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
携帯で見る
QR
RSSリンクの表示
にゅーえろ・新着記事
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
アクセスランキング
人気記事ランキング 一週間
ブログパーツ