禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >  マニアック >  露天風呂で、女子社員達によってたかってイかされました

露天風呂で、女子社員達によってたかってイかされました

私は32歳の会社員、一応役職は部長で私の職場には男性10人女性50人と結構おいしい環境です。仕事が終わればしょっゆう飲みにも連れて行き、エロ話し有りで結構仲良くやっていました。
先月1泊でテニスに行く事になり、私と女性社員3人の計4人で温泉のある旅館を取って行ってきました。昼はテニスで盛り上がり、夜はおいしい料理とお酒で結構イイ感じに盛り上がってきました。



女の子の3人のうち1人はお酒が飲めない為、1人シラフでこう言いました。
「ここの旅館はこの時間から露天風呂は混浴になるらしいからみんなで入りませんか?」
私「じゃあみんなで行っておいでよ俺はあとで入るから」
と言うと「せっかくだから4人で入りましょうよ」
と言われ「メチャおいしいじゃねぇか」と心の中でつぶやきました。
 
ちなみに今回連れて来た3人は歳は24・24・27歳で、顔も社内では中の上クラス、心も下半身もワクワクしながら露天風呂に行く事にしました。
脱衣所は男女は別でした。
私は一応ハンドタオルは腰に巻き先に風呂に入りました。

その露天風呂は海が一望でき素晴らしい風呂でした。
その旅館もあまり大きくないせいか、その風呂には私以外誰も入っていませんでした。
すると女性脱衣所の方から3人のきゃっきゃと盛り上がりながら、タオルも持たずどこも隠す事なく堂々と入って来ました。
目のやり場に困るとはまさにこの事です。

すると浩美は「部長なんで部長だけタオル巻いてるの?お風呂にタオルつけちゃいけないんですよ」と酔っぱらってるくせにもっともらしい事を言いながら、私の腰に巻いてあるタオルをはずしに来ました。

「勃つな!勃つな!」と心でつぶやきながら腰を浮かせて、浩美にタオルをとってもらいました。
酔いもあり緊張も少しありかろうじて半勃ちくらいでした。

その露天風呂は明かりはやや暗いですが、お湯は無色透明でしかも狭く4~5人入ればいやでも体がくついてしまい、見てはいけないと思いつつもあそこのヘアまではっきり良く見えます。

加世子とシラフの美智子も私の隣へ来て4人体を寄せ合いながら海の方を見ていました。
すると私のあそこはイヤでもどんどん大きくなり「なるな!なるな!」と思えば思うほどビンビンになってきました。

するとタオルを取った浩美が「部長、勃起しちゃうでしょ?」と冗談ぽく言い放ちました。
隣の加世子は「どれ?」と言いながら酔っぱらった勢いも手伝って、私のアソコをニギってきました。
「あれ本当に勃ってる!しかも大きい!!」と言われました。
「それりゃ勃つよ勃つなっ言う方が無理だよ」と言うのが精一杯でした。

シラフの美智子は「ヤダ~」と言いながらしっかりと見てました。
加世子は「痛いんでしょ?抜いてあげようか?」と言い、
浩美も「私が抜いてあげるよ、手でシゴけばいいんでしょ?」と言われ、私の精一杯の返事は「出来るの?」でした。

私は腰を風呂に浮かせそそり勃ついちもつを湯面上に出し、浩美が両手でしっかりニギリ上下運動を開始しました。
美智子はシラフだったせいか、海の方を見るフリをしながらできるだけ見ないようにしていましたが、気になる様で時々チラチラ見てました。

浩美の手コキは不慣れであまり上手とは言えずイクには至りません。
加世子「こんな大きいの初めて見た」と言いながら今度は加世子にバトンタッチです。

加世子は浩美より慣れているせいかカリまで指でさわりイクそうになりましたが、ガマンし「手じゃイかないな、ここまでやったら必ずイかせてね。じゃないとツライ!口でしてくれな?」と言いました。

加世子はとまどう事なく「いいですよ」と笑顔で答えおもむろに口に含み、玉まで舐めて浩美と美智子に「こうゆう風にするのよ」とまるで教えてるかのように堂々とまた、いやらしく音を立てながらフェラ開始です。

とてもウマくいつもならイクところですが、お酒のせいかなかなかイきません。
長く風呂に浸かってたせいか少しのぼせそうになったので「風呂出ていい?そこの石の上でやって」と調子に乗った私は風呂の横の平らな石の上で仰向けで横になりました。
すっ裸の私とすっ裸の加世子の様子はまるで、エロビデオかソープランドの絵のようだったでしょう。

しばらく加世子は口で激しく上下運動をし「イクっ」と思った瞬間、加世子は口は離し「イカないね~」と言いながら「美智子替わって」と言うと美智子は恥ずかしいそうに「いいよ」と言いながら風呂から上がって来ました。

美智子は何を考えたかそのまま私の上に重なりながら「素股ってゆうのしてあげる」と言ってくれました。
美智子は素股をしてくれるとゆう事で、私の上の乗るような感じで浩美と加世子に背を向けて体を横に付けてきました。
私のアソコはすでに爆発寸前のビンビンでした。

ところが美智子は素股と言っておきながら右足のひざで私のアソコをはさみ上下し始めました。
「ヤバイ・・イク」と思い私は美智子に「それは素股じゃないじゃん」と言うと美智子は「えっ?違うんですか?」素で驚いていたようで素股は簡単に教えてあげました。

すると美智子は完全にひいてしまい「それは無理ですよ」と浩美と加世子に言うと加世子が「じゃあ私がやってあげる入ってもしらないよ」とうれしくなるような訳のわからない事を言いながら、加世子が風呂から上がってきました。

加世子は、さすがに良くわかるってるようで私のアソコははさみながら上下運動です。
唯一の気がかりは他のお客さんがこのお風呂に入って来ないかどうかです。
加世子のアソコもお風呂のせいか感じているのかわかりませんが、熱くなってまた濡れていました。

「出そうだ」と言と加世子は「もう出しちゃっていいですか?」と言うので「うん」と言うと、さらに激しく上下しわずか1分くらいでイってしまいました。

精子は私の腹と加世子のアソコにたくさん付き、加世子は「気持ち良かったですか?」とニコニコしながらタオルで私の体を拭いてくれました。
わずか30分くらいの出来事でしたが夢のような時間でした。

その3人はまだ私と同じ職場ですが、飲み会とかに行くと冗談っぽく、その時の話しが出るたびに半勃ちするのは言うまでのありません。

[ 2017/07/02] マニアック
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する