禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >  マニアック >  羞恥プレーで夫婦円満、SEXも充実してます

羞恥プレーで夫婦円満、SEXも充実してます

夜子供を寝かしつけたあと、妻とはわりと普通に始まります。
おれ「ねえねえ、今日どう?」妻「えぇ…眠いんだけどなぁ…」
おれ「まあまあ、いいじゃん明日休みだし」妻(仕方ないといった表情でベッドへ移動)
キスから始まるいたってノーマルなSEXですが、妻はクリトリスがかなり感じるらしく、ゆっくりパンツを横へずらし、優しく擦ってやると、すぐにビクビクと体を痙攣させます。



妻「ぁ…ぁ…うっ…あぁっ…あっ…」
だんだんとおまんこがしっとりして、クリトリスを剥いてクンニへ移行。
妻「(体をビクビクよじらせながら)あっ! あんっ! きっもちイイっ…アンっアンっ」こうなってくるともうびちょびちょですが、ここからいつも素股へ移行。
妻はチンコを生であてがうと、中からトロトロと液を垂らしはじめます。
 
妻「ダメだよ…入れたら…今日危ない…からねっ…」といい、入れさせません。
おれはチンコを自分で握り、上に乗っている妻に
俺「クリトリス好きでしょ? こうされると気持ちいい?」
とチンコでクリトリスを擦ります。
妻「うんっあんっあんっきもちいい…あっダメ! ダメ!」
と亀頭が入ってしまったあたりですぐに拒否します。

おれ「入ってるの分かるの?」
妻「えぇ…? ちょっとだけいれたでしょ…」
おれ「ふーん…じゃこれは?」と少しだけ先端があたるようにすると
妻「えー…ちょっとだけあたってる…」
おれ「じゃあこれは?」といい少しだけ入れると
妻「やだ…入ってる…抜い…てっよぉ…」

おれ「わかったよ…じゃあゴムつけてもすぐ入れれるようにお前の汁でよく濡らしとくね」
おれはチンコを握り、妻のおまんこから液を掻き出しおまんこに塗りたくり
妻「あんっもうっダメ、入れたかったらゴムつけてっ…お願い…」

ここで用意してたコンドームを装着するのですが、前もってちょっとした仕掛けしといたやつです。
袋を破って、液だまりをハサミでカットしてます。
試された方いますかね? これをつけると亀頭部分が露出して完全に生挿入になるのですが、暗がりだしゴムをつける仕草も音も完璧で、絶対にばれません。

おれ「はい、つけたよ。足開いておまんこ広げて」
妻「恥ずかしいよ…」
おれ「何言ってるの。恥ずかしいこと大好きじゃん。なんなら顔隠してあげるよ、はい」
そういって毛布で顔だけを覆い、おっぱいから下だけを完全露出。

おれ「ほら、足広げろよ」妻はしぶしぶ広げると
妻「恥ずかしいから早く入れて」とおねだり。
生チンコともしらずに(笑)もうこのとき既にかなりぐじゅぐじゅになってすんなり挿入。
妻「あぁぁ…はぁっん…」
と甘ったるい吐息を漏らしながら奥へ受け止めてくれる。

妻は産後体に変化が見られ、俗にいうボルチオが少し開発されています。
挿入して最初はおまんこがねっとりまとわりつくような感触です。

ピストン運動に合わせて妻が喘ぎます。
妻「あんっあんっあんっきっもっちっいいっっ!」
妻は最初こそ気だるそうですが、興奮してくるとどんどん大胆になってきます。
自らおれの腰に手を回し、奥へ奥へ入れようとしてきます。
それがおねだりのサインなので、ピストンをやめてチンコを奥にぐりぐりと押し付けます。

妻「あぁぁぁぁ…奥きもちいいぃぃぃ…もっとぉもっとしてぇ…」
おれは腰を押し付けたままぐりぐりぐりぐりと妻の奥を責めます。
だんだんと妻の声色も変わっていき、
妻「あっあぁぁぁダメっダメっダメっあっあっ!」
おれ「もしかしてでちゃうの? こうやってぐりぐりされるとどうなっちゃう?」
妻「ダメっやめてっあっあっあぁぁっうんっああああっ!」

おまんこからぐちょぐちょという音ではなくぶじゅぶじゅと水気まじりの音が響き、この人妻はいつもハメ潮をふいてしまいます。
おれ「うわぁすごいよ、めちゃくちゃでてる(笑)まだでるの? もっとするよ!」
妻「やめてっあっでちゃう! またっあんっあんっあぁ出るっやめてっ…あぁぁぁ!」
まるでAVのように喘ぎながら2度目のハメ潮。

ここまでくると、すっかり快楽を求めるようになりなんでも言うことを聞くように。
おまんこを突きながらいろいろと指示をだせるので
おれ「ねぇ、お前ってさ、×××願望あるよね」
妻「…知らないっ…あんっ…ないっ」
おれ「お前さ、×××されてもこんなに喘ぐわけ?」
妻「知らないよっならないっあっあっ…」
おれ「じゃあさ、×××されるとしたらどこでされたいの?」
妻「え? …いやだよ…うぅんっ…あっ」

おれ「たとえばさ、車の中でとか?」
妻「どんなっふうにっされあんっされるの…?」
おれ「そうだなぁ、夜仕事帰りにぃ」
妻「あっあっんっ…」
おれ「いつも通るトンネルあるでしょ? そこで声かけられる」
妻「んっんっなんってっ?」

このあたりからますます濡れてきます。
言葉責めがないといまいちですが(笑)
おれ「ねえねえ、こんな時間になにしてんの? 仕事帰り?」
妻「はいっんっそうでっすっんっ」
おれ「そんな素直に答えてさ、ついてく気まんまんじゃん」(笑)
「ねぇねぇちょっとだけ遊ばない?」
妻「おう…ちかえるっんでっ…あっあっダメですあっあっあっ」
おれ「いいから乗れよって車に引きづりこまれて…」
妻「やだっいやっなんでっあっ…やられちゃうの? んっんっ」
おれ「うん。やられちゃう。そっからはさ、こうやって口塞がれて」
妻「んーっんっんっんっんーーっ」

おれ「でも×××されてみたいんでしょ? ぐしょぐしょだよ?」
妻「んんーーっんーーっうぅー」
全力で首を横に振りますが、とんでもなく濡れてきます。
手をどけてやりいっそう激しく突くと
妻「ぷはっはっはっんんっ…あんっあんッやだっあっ」
おれ「さっき×××されるのやだって言ったよね、なんでこんなに濡らしてるの? 想像しちゃった?」
妻「あんっ、やなのにっ…やばいっもっとっしてっ…」
おれ「もしかして知らない人のチンコでまた潮ふいちゃう?」
妻「あっでないっっ…あんっあんっやばいっあっ」
おれ「誰でもいいんでしょチンコ入れてくれたら」
妻「もうっだれでもいいからっあんっあんっ」
おれ「相手一人じゃないかもよ、こうやってお口も塞がれるかも」
そういって指を二本差し出すと、まるでフェラをするように丁寧に舐めまわしていきます。

妻「いやら…あふっひらあいっひほのっ…ひんひん…いややよ…」
おれ「一生懸命舐めてるけど、厭らしいねー。下はガンガン奥突かれて、上はきたねーチンコ突っ込まれて」
妻「や…らって…なえないほ…ない…されるか…わかん…あい…」
おれ「もうされてんじゃん(笑)こんなにやらしいことされて喜んでんじゃん(笑)」
妻「ひがっやらっ…もおゆる…ひへ…」

おれ「このまま中だしされちゃうんじゃない?」
妻「コンロームっあふっついへる…あっ…から…」
指を抜きはぁはぁと息つく妻に聞いてみます。
おれ「ところでさ、今2人に犯されてるわけだけど、コンドームちゃんと着いてる? こっそり外されてない?」

妻「着いてるっだからっだいっじょうぶっあんっあんっ」
おれ「×××されるときに着けてもらえるわけないでしょ悪いけどさ、ゴム破ってるんだよね。だから今生だよ」
妻「うそっやだっ生なっのっ…いやっあんっあんっ」
おれ「そうだよ。ごめんねー。でも気持ちいいでしょ」
妻「きもちいっあんっあんっ」

おれ「このまま中に出される前にしっかり想像してね、ほらっ、中に出されちゃうよ?」
妻「やっだっやめてっ外にしてっやだっ」
おれ「だめーだしちゃうよ!」
妻「いやーーやだーーっ外っそとぉっ!」

ぶじゅぶじゅと潮をまき散らす妻に最後の命令を。
おれ「中に下さいは!?」
妻は猛烈に首を横にふりますが
おれ「中に下さいは?」
さらに激しく突き立てると
妻「やだっやだっ中にっあんっくだっさいっあんっ」

おれ「あぁぁいくよ! あぁぁ」
妻「あああだめぇー! やああああああああっ…ああっ」
たっぷり中にだしてやると、妻はぐったりしてときどき体をびくっとさせながら、余韻に浸っています。

読んでくれた人ありがとうございました。
これを今夜にでも妻に見せて羞恥心を煽ってやろうと思います(笑)

[ 2017/07/04] マニアック
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する