禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    人妻・浮気・不倫 >  家庭教師先のお母さんが欲求不満だったので、美味しい思いをしています

家庭教師先のお母さんが欲求不満だったので、美味しい思いをしています

僕は大学3年です。家庭教師のバイトをしているのですが、現実にこんなことがあるのか、と思いながら、エッチな出来事を書いています。
僕の教えている智ちゃんはあややに似てて、とてもかわいい子なのですが、成績も良くさほど手の掛かる教え子ではありません。そしてまた智ちゃんのお母さんの美子さんがこれまたきれいで元宝塚の涼風さんに似ていて、きれいで上品で、38歳には全く見えません。
さらに御主人もIT関連企業の役員をされていて、ほんとに理想的な家族です。
智ちゃんは来年は受験ですので、まだ中2ですが、週に3日は勉強をみています。
変な下心はありませんが、やはりお母さんが美人だと家庭教師も楽しい仕事です。
 また智ちゃんも僕をお兄ちゃんのようにしたってくれていて、ほんとにかわいく素直な女の子です。

そしてちょうど冬休みに入ったある日、親子3人で映画に行く予定だったのですが、御主人が年末で仕事が忙しく、行けないとのことなので、急きょピンチヒッターで僕が行くようになりました。
僕も家庭教師以外にバイトはしていなかったので時間があり、また彼女も実家に帰省していたので、ウキウキして、ついて行きました。

日曜日に近くの駅で待ち合わせをして、新宿まで出たのですが、クリスマスが近いこともあって電車は混雑しました。
新宿まで40分くらいかかるのですが、途中からさらに混雑がひどくなり僕たち3人は反対側のドア付近まで押しやられた状態になっていました。

僕は2人をかばうような形で立っていたのですが、他の乗客の乗り降りで後ろから押されてしまい、ちょうどお母さんの後ろになりました。
ちょうど僕の股間がお母さんのお尻の割れ目にはまってしまう位置になり、腰を引こうにも混雑してて身動きが取れません。

まずい、と思ったのですが、混雑と電車の揺れで、美子さんのお尻に僕の股間が当たっています。
さらに美子さんの何とも言えない香水というか女性の匂いというか、とにかく男が嗅ぐと興奮するような大人の女性の匂いがして、どう我慢しても下半身が熱くなりアソコのコントロールが難しくなってきました。

教え子の母親、電車の中・・・、こういう状況になると男が考えることはだいたいみんな同じで、触ってみたい考えるのですが、当然僕も考えていました。
というか、今はそれしか考えることができません。

それでも理性が働いて必死に我慢しようとしましたが、僕のペニスはもう完全に勃起した状態になり、なんとか誤魔化し話をそらそうと、「今日は特に混んでますね」と言うと、美子さんは、「え、えぇ・・」とうなずくだけで、何かを意識しているのか恥ずかしそうな顔をしています。

新宿まであと20分たらずですが、人は減りません。
美子さんの匂いが・・・・・。
僕はすでに人に押されるのをいいことに、下半身をぴったり美子さんの柔らかいお尻に密着させています。
ジーンズの上からとはいえ、美子さんも大きくなっているのもが当たっているのは気付いているはずです。

僕はお尻の柔らかさと感触を確かめながら、すでに罪悪感より快楽が気持ちの大半をしめていました。
あと2駅となった頃でしょうか、勘違いかもしれませんが、美子さんが体ごと僕に寄りかかってきて、美子さんの背中が僕の胸に完全に当たっています。
そしてあろうことか、美子さんのお尻の割れ目に僕のペニスがはまっています。

僕も少し膝を曲げて、完全に割れ目にはまるように、少しかがみました。
ちょっと確認してみようと、ペニスをヒクンヒクンさせてみると、美子さんのお尻も何か締めつけているような感じです。

ペニスを擦りつけていると、新宿に到着してしまいました。
もっと電車に乗っていたかったと思いながら、駅に降りると寒いせいもあったのか、ペニスはすぐに元の大きさに戻ってしまいました。
そして、映画を見て、食事をしましたが、美子さんはその時は、電車の中の大人の女性から母親の顔に戻っていて、その後しばらくは色っぽい顔を見ることはありませんでした。

そして年が明け、正月もマンションで1人で過ごしたのですが、毎日のように美子さんのことが頭を離れず、美子さんが裸になって僕を誘ってくる夢をみたほどです。
そして世の中では仕事が始まった頃、僕は美子さんから食事の誘いを受けました。

ご主人は正月明けそうそうに、全国の支店に出張にでかけたとのことでした。
僕は勉強もなく、ただ春休みを待つだけの身で、いつものラフなかっこうで、気分上々ででかけていきました。
家に着いてチャイムを押すと美子さんが出てきて、なにかいつもよりラフなかっこうで、ブラウスとストレッチ素材のパンツ姿で、下着のラインがはっきりわかります。

台所で食事の用意をしている後ろ姿を見ていると、今にも後ろから抱きつきたい、と思っていて、すこしかがむと、お尻の形とレースのふちまでくっきり見え、何か僕を挑発しているようで、それが僕の気持ちとペニスを持ち上げる原因になっています。

とにかく食事をしていても全くのうわの空で、話の内容も覚えてないくらいに、気持ちが高揚していて、下半身も勃起していて、とにかく落ち着けと心の中で叫んでおりました。

その後、智ちゃんはお風呂に入り、美子さんは1人で台所であと片付けをしています。
そんな美子さんの後ろ姿を見ていると、この前の電車内での出来事も頭をよぎり、ペニスは勃起力をさらに増しているような、全身の血がペニスに集中しているようです。

少しワインも飲んでいたせいか、いい酔いかたで非常に気持ちがよく、ご主人も帰ってこないし、事を実行するには、今日が最適だと判断し、台所へ手伝いにいきました。
「手伝いますよ」と言って食器をふいたり、時には美子さんの手に間違ってあたったような感じで触れていきました。

そしてかたづけまで終わり、いよいよと思い、美子さんの後ろから抱きつき、勃起したペニスを電車内での時のようにお尻にくっつけてみました。
何か言われても、ワインで少しよったかな、といいわけすればいいか、と思っていたので、とりあえず実行してみました。

「あっ、びっくりした」と美子さん。
「美子さんって上品できれいで文句のつけようがないですね」と僕。
「あんまり大人をからかうのはだめよ」と美子さん。
しかし、さほど抵抗することもなく最後の荒いものをしていました。
調子に乗って美子さんの胸を鷲づかみしてみました。

「うっ、ダメよ、・・・」これもあまり抵抗しません。
「12月の電車でのこと覚えてます?」
美子さんは「・・・・」何も言わずにいます。
「あの日以来、お母さんのことばかり考えているんです」
そういいながら、胸をもみ上げ、足は美子さんの太ももの内側にからませ、ひざですりすりと撫で、ペニスをお尻の割れ目にはさみ擦りつけてみました。

「あっ、ダメよ、こんなところじゃ・・」
続けて僕は、「電車の中では感じてたんでしょう?」
「そ、そんなことないわよ」
「嘘をついても体は嘘をつけないんですよ」
僕はさらに調子に乗って、髪を1つに結んでいるのをいいことに、後ろから首筋にキスしながら、舌をはわせていきました。

「あっ、あ~ん」美子さんは少し喘ぎ声が出始め、
「あの時お母さんも腰を動かしてましたよね」
なんて言ったりして、なんかもうAVの男優みたいに、
「僕の勃起したコレ、ほしくないんですか」と。

ゆっくりとお尻に密着した下半身をグラインドさせると、美子さんのお尻はこの前の電車の中での出来事のようにお、尻をキュッキュッと締め付けています。
僕はさらにわき腹から脇まで触り、もう一度首筋にキスをしました。
「あ、あ、ダメよ、ダメだって、あっ、あっ・・」
「智ちゃんはまだ風呂からあがりませんよ」
「ううん~、あっ、そう、そうじゃなくて・・・」
「他に何か理由があるんでですか?」
「え、、智ちゃんが寝てからじゃないと・・・」
「智ちゃんが寝たら、いいんですね?」
「・・いいよ、玄関開けとくから、12時過ぎに来て・・」
「うん、わかりました」

僕はゆっくり体を離すと、美子さんは力が抜けたのか、床にしゃがみこんでしまい、僕の膨らんでいる下半身を見て、下を向いてしまいました。
僕はそんな美子さんの手を取り立たせてやると、その手を僕のアソコに持っていきました。
「これどうですか?」
「えっ、あー主人のより、す、すごーい・・・」
とあらためてびっくりしていました。

ちょうど智ちゃんが風呂からあがったので、僕はいったん帰ることにしました。
美子さんと目で合図をして、いいお兄ちゃんぶって玄関を出ていきました。
いったんマンションに戻ると、シャワーをあびて一服したのですが、どうも高揚した気持ちと勃起したペニスがおさまりません。
 
早く12時にならないかな、と思いながら、いてもたってもいられなく、でも仕方がないので、とにかく時間が来るのを待ちました。

着ていく服は何を着ていこうか(どうせ裸になりますが)考えていると決まらないので、スウェットをきていくことにしました。
驚かそうとパンツははいていきませんでした。
そしてはやる気持ちを抑えながら、部屋を後にしました。

12時過ぎに美子さんの家に着き、ドアが開いているかドキドキしながらドアノブを握ると、ドアは開いていました。
そーっとドアを開け、小さな声で、こんばんは、と言うとリビングから美子さんが出てきました。白のバスローブと後ろにアップした髪は、さらに大人の女性を思わせる色気があり、まさにドラマのようです。

僕はスリッパもはかずに、美子さんに抱きつこうとすると、「だめ、ここじゃ、音がしちゃうから」と僕の手を取り、奥の寝室へ案内してくれました。
寝室は薄暗い明かりで、いやらしい雰囲気を出していて、それだけでまた勃起しています。
美子さんはドアの鍵を閉めたのですが、そのままそこから動きません。
さすがに浮気とか御主人のことを考えていたのでしょう。

僕のほうから近づき、後ろから抱きしめ、少し汗ばんだ首筋にキスをし、そのまま美子さんの唇にキスをし、舌をからめていきました。
しかしまだ嫌がっている感じです。
「やっぱり・・・」かまわずバスローブから乳房に手を入れると、「あっ、、いや~・・」でも体はピクンと反応しています。

そしてそのままベットへ倒れ込みました。
ここまでくると美子さんも覚悟を決めたのか、今度は美子さんから唇を合わせてきて、舌を絡めてきます。
そして、僕の上半身の服を脱がし、スウェットの中に手を入れてきます。

(意外に大胆だな)と思うと、僕は大の字に寝て、美子さんにすべてを預けてみました。
スウェットを脱がすと、パンツを履いていないことに気付き、僕を見て、にこっとして、手で勃起したペニスを握り、うれしそうに亀頭部分からゆっくり口に含んでいきました。

「主人のより大きくて硬いのね、すごいわ」
「お母さんのこと考えると、どうしても大きくなるんです」
「あん、、お母さんはや・め・て、、美子って呼んで」
と言うと美子のバキュームフェラが始まりました。
唾液をいっぱい出し、思いっきり吸われたかと思うと、亀頭部分だけを縦に横にしごいています。

「あっ、美子、あっ、もういきそう~」
「だめよ、まだ楽しんでないでしょ・・」
「いや、もう我慢できないよ」
「あ~っ、もうだめ、いくっいくっ~」
あまりの気持ちよさに始まって5分もたたないうちに美子の口の中でいってしまいました。

美子は精液をティッシュに出し、リビングから持ってきていた、ワインをうがい程度に飲みました。
「美子ってけっこうエッチだよね」
「ふ、ふ、ば・か・・」
そういいながら、またワインを口に含み、唇を重ねるとワインが口の中に入ってきて、まだ美子が吸う。
美子の吸い方は非常に色気があり、いやらしい。

その間、少ししぼんだペニスを触り、キスをしているとまた元気になり、「やっぱり若いのね・・」というともう一度口にペニスを含み、ジュルジュルと唾液を出しては吸い、出しては吸いの繰り返しで、手と口でしごいています。
こんな気持ちいいフェラチオは初めての経験です。

「あ、あ、、、ほんと、、すごい、、」と僕。
「硬くて太いわ、主人と比べ物にならないよ」と言いながら、さらに高速フェラ。
そして玉も皮を伸ばすようにベロベロに舐めています。
彼女とは比べ物にならないくらいのテクニックです。

「またいきそうだよ・・」
「え~また?それじゃ私の中に出して」
と美子はバスロープを脱ぎ、僕の上にのりゆっくりと腰を下げ、僕のペニスを握り、自分のヴャギナへ導いていきます。

美子のあそこもかなり濡れていて、ほんとは僕は美子のあそこをじっくりみながら、舐めたかったのですが、思わぬ展開にただ美子の言うままになっていきました。
美子のヴャギナにゆっくり入っていきます。
熱い感触がペニスに伝わると同時に、美子も熱い感触を感じて、亀頭部分だけを入れただけで「大きい、どうにかなりそう~」と喘ぎながら、奥へと挿入していきます。

「あっ、すごい、すご~い、奥まで入ってる~」
「は、あん、奥に当たってる~っ、もっと、もっとよ」
美子の体は下から見上げると、そうとうナイスな形で、見てるだけで、気持ちのいいもので、乳房もまだまだくずれてなく、だんなさんはいいなって本気で思いました。

そして美子は腰を前後に動かし始め、ときに回転したりしながら、喘ぎ声が外まで聞こえるような大きな声を出し、クチュクチュと粘膜がこすれる音がまたいやらしく人妻は若い子と違い、僕が動かなくても動いてくれます。
色気がある分、男をその気にさせてくれます。

美子の動きはさらに加速していき、
「うっ、もういくよ」
「中で出してもいいの?」
「いいよ、今日は大丈夫だから、全部だして~」
「あー、いいよっ、いくっいくっ、あ~」
「私もいきそう、あーっ、あーっ、いくっ、いくーっ」

美子の体が向こう側に反っています。
僕も腰を突き上げ、一気に美子の中でいってしまいました。
ちょっとの間、お互い結合したまま、抱き合い、はーはー言いながら、エッチの余韻を感じていました。

お互いいってしまった後、少し呼吸を整え、横になり、いろいろと話をしていましたが、人妻というものは美子に限らず、みんないやらしいのかどうか、わかりませんが、若い子と比べてやはり経験豊富でテクニックもあります。
しかし美子は、御主人とはかっこよかったし、収入がよかったので結婚したそうで、エッチのほうはだんなのペニスが小さく(13センチのない)、ルックスのわりに、エッチがたんぱくでかなり不満が溜まっていたのだそうです。

そこへ僕が登場し、夫に悪いと思いながら、気持ちに勝てなかったというところでしょう。
男性経験は意外に少なく、4人とのことでしたが、セックスは執着するほどではないそうです。

でも実際に関係を持った男としては、執着がないと言うわりにはすごいものを感じました。
ただ御主人が正上位ばかりで、先にいってしまうため、どうしても自分でオナニーをしてしまうのだそうですが、非常にもったいない女性です。
この前電車の中での出来事を聞くと、久しぶりに若く、硬くて大きなペニスを感じたので、ついお尻をこすりつけたみたいで、やっぱり欲求不満気味だったようです。

あの晩は、僕のペニスを想像して、思いっきりオナニーをした・・・と恥ずかしそうに話してくれました。
そんな身の上話みたいな話をしているうちに、僕のペニスは元気を回復してきました。
再び美子を抱き寄せキス。
そして今度は僕がいじめる番です。
美子の乳房を揉み、そして吸い付くと
「あ、あ、そうよ、もっと吸って~」
僕は一生懸命にチュウチュウしながら、もう片方の乳房を強く揉み、舌を胸、お腹、そして美子のあそこへはわせていきます。

美子のおっぱいの形は子供がいるわりに垂れてなかったのですが、これまたあそこは意外に毛深く、毛をかきわけながらようやくクリトリスに到達しました。
クリトリスをまず指でつつき、舌でベロンっていう感じでしょうか。

舐めていくと、もう美子の体は右へ左へ反応しています。
ペロペロとなめると体も同じように小刻みに反応し、ベロンと舐めると、ゆっくりしかし大きくピクンと舐める速さにあわせて反応しています。

「いいっ、そこよ、そうよ、」
「あ~きもちいい~っ、あ~っ」またすごい喘ぎ声です。
「もっと吸って、そうよ、吸って、吸って~」
「あーーーっ、いくーーーっ」美子はいってしまいました。
「すごいわ、自分でするよりいいわ」
「美子ってやっぱりスケベなんだ」
「あなたのアレがすごいからよ」
大人の女性は男を喜ばせてくれますね。
ほんと美子はいい女です。
僕が結婚したいくらいです。

そして、今度は美子の背中を抱き寄せ、お尻に僕の大きくなったペニスを割れ目にはさみ、クイクイッと腰を動かし腰を動かし、
「この前みたいでどう?」
「いやらしい~、でも好きよ」
美子も腰の動きに合わせて動いています。
美子の愛液と僕の精液が股間でまじわって、こするとヌルヌルとして、ペニスを素股状態で美子の股とあそこにはさみ動くと、ヌチャヌチャと音がして、いやらしい音がしています。

「これもいやらしくていいよ」
「でも、ちゃんと入れて」って言ってきましたが、「まだだよ、そう簡単に入れてあげないよ」とそのままの状態で擦っていました。
もう美子は我慢できないみたいで、ペニスを握り、「またこんなになってるけど、入れなくていいの?」と誘ってきます。

正直たぶん僕の方が入れたくてしかたなかったと思いますが、もうちょっと我慢して、この感触も楽しみたかったので、
「そんなこと言うと入れてあげないよ」
「素股は嫌い?」
「気持ちいいけど、またほしいの」
と美子が言うから、仕方ないな、みたいな顔して、今度は四つん這いにしてバックから……。

「こんな感じ?」
「そうよ、そうよ、もっと奥まで突いて。あーっ、そうよ、もっともっと、あ~ん」
「美子っていやらしいね、動物みたいだよ」
「そうよ、だからもっともっと、あ~っ、だめ~」
「そうだ、もっと声を出して、そう、そうだ、もっと」
「あ~ん、そんなにいじめないで~」
「気持ちいいんだろう」
「いいの、すごくいいの、もっと突いて」
「私をぼろぼろにしてーっ」
「あっ、またよ、いきそう~、あっあっ、いい~」
「いく、いく、いく、いくーっ」

そのまま美子は倒れこみました。
もう動けません、といった感じです。
 いったんペニスを抜き、美子におおいかぶさり、
「愛してる美子」
「私もよ」
彼女にも言わないような言葉です。
でも心のそこからそう思ったのも事実です。

少しの間、そういう話をしながら、横になっていたのですが、僕はまだいってません。
そろそろ3ラウンドを開始しないといけません。
美子のあそこが今どうなっているのか、もう一度確認すると、濡れているのも落ち着いているようです。
またキスをして戦闘開始です。

キスをしながら、まだ濡れているあそこを指でこすります。
また濡れてきました。
「美子、すごいよ、ヌルヌルして光ってるよ」
「あんまり見ないで」
「でも感じるんだろ、それとも感じないの」
「あ、あ、はずかしいよ」

あそこを開くと、大きくなったクリトリスが顔を出しています。
軽く指で触ると、
「あん、いや、そ、そんなこと」
「いやなの?」
「だめ、やめないで」ちょっといじめてみようと、ペニスを入れず、クリトリスにこすりつけるようにして、
「どうしてほしいのかな?」
「わかってるでしょ」
「口があるんだから、ちゃんと言わなきゃ」
「あそこよ、もう」

アナルにペニスを当て、
「ここでいいのかな?」
「あっ、だめ、そこだけは・・・」
「じゃ、どこに入れてほしいの」
「あぁ~、もうそんなにじらさないで」
「それじゃ、はっきり言ってごらん」
「も~、いや~ん、わかってるでしょ」
「お・ま・ん・こ・よ」

待ってましたこの言葉。
上品な美子の口からこの言葉が聞きたくて・・・。
僕は瞬時にスイッチが入り、
「ここなんだろう」
「あーっ、そこよ~」
美子は反り返り、顔を枕につけ、こもったような喘ぎ声を出しています。

僕は腰をグラインドさせ、さらに美子を突いていきます。
そしてまた絶頂を迎えようとしています。
美子も同じ状況で、お互いいってしまいました。

・・・・・・・

あれからご主人が出張でいないときや、智ちゃんがまだ学校から帰ってない時間を狙ってSEXしています。
つくづく思うのですが、女性は1度関係を持つと、すごく大胆になるんですね。
セックスもそうですが、智ちゃんの勉強を見に行く日は、スリットのタイトスカートだったり、胸が大きく開いたシャツを着ていたりと、以前おじゃましていた時より、女っぽい色気を感じます。

また智ちゃんの見えないところで、僕のあそこを触ったり、胸を押し当ててきたりして、エッチしたくなったんじゃないのって耳元で言ってきます。
これからどんどんエスカレートしてくるのかな、と思うと嬉しくてゾクゾクしてしまいます。


  
[ 2017/07/12 ]   人妻・浮気・不倫 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
携帯で見る
QR
RSSリンクの表示
にゅーえろ・新着記事
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
アクセスランキング
人気記事ランキング 一週間
ブログパーツ