禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    マニアック >  みんなで海水浴に行ったとき、なんと4人の男の子とSEXしちゃいました

みんなで海水浴に行ったとき、なんと4人の男の子とSEXしちゃいました

こんにちは。OLのリナ。23才です。
これは、大学時代の仲間と、夏に海水浴に行きました。
メンバーは仲の良かった8人です。
私のように就職した人、院へ進学した人、バイト生活の人など様々です。
男女は半々。私には「アツシ」という彼氏がいて、大学時代から付き合っています。
今も付き合っていて、アツシも今回の8人のメンバーの1人です。
アツシと私が付合っているのを知っているのは、一緒に行ったもう一組のカップルだけでした。
そしてそのもう一組のカップルの男の子の方に、私はずっと告白されていました!その男の子は「ユウジ」って言います。
でも、彼氏のアツシの方が好きだし、ユウジは遊び人だから、全然乗り換える事も考えていませんでした。

だから本当はちゃんと断れば良かったんだけど、ユウジに好きって言われるのもなんか愉快だし、何よりユミ(ユウジの彼女)対しての優越感が気持ち良かったんだと思います。
『あんたの彼氏はホントはあたしの方が好きなんだよ!』なんて考えてしまっていて、かなり性格悪いですよね?(笑)
私はユウジに少し期待を持たせようと、「あんたが女遊びしなくなったら、アツシから乗り換えることを考えてもいいかな?」みたいな断り方をしていました。

当日は2台の車に別れて出掛けました。
海に着いたらすぐに水着に着替えて浜辺に行きました。
最初は彼氏と一緒にいました。
でも彼氏は2時間位すると「運転したから疲れた!」って言って、日焼けしながら寝ちゃいました。

つまらなくなったので、浮き輪を持って海に入りました。
そしたらユウジ君がすぐ近寄ってきたんです。
「一人でさみしーじゃん、俺も一緒にいていーい?」その声がとても優しくて、嬉しくなって一緒に遊んでいました。
私達が泳いでいたすぐ近くに、大きな岩が海面から出ていて小島みたいになっている所がいっぱい有りました。

「あそこの岩まで行ってみよう!」と、ユウジ君。
彼氏が気になった私が浜辺を見ると、さっきまで寝ていたくせに、私がいなくなったと思ったら両脇に一緒に来てた女の子を並べて楽しそうに会話してたんです!
さっきは私が話し掛けても「ねみー」しか言わなかったのに!私も「ユウジ君とイチャついてやる!」って思っちゃいました。

一緒に遠くの岩まで行きました。
浮き輪は一つだけだったから、私が中に入ってユウジ君が後ろから押して進む感じでした。
私の水着はビキニタイプで、肩ヒモが無くて、後ろで縛ってあるだけでした。
そしたら、私が一生懸命泳いでいるのをいいことに、ユウジ君が後ろのヒモを解いちゃったんです!

ヒモが解けた事には気が付かなくて、全部取られた瞬間に「きゃああ」って感じで気が付きました!
「ちょっと、ユウジ!変態!返せ!(笑)」
でも、ユウジ君は水着に頬擦りしながら、「うわー最高!コレ頂戴!家宝にするから!」と喜んでいました。

ユウジ君のセクハラはいつものことです。
彼氏に見えない様にお尻を触ったり、「昨日お前でオナニーしちゃった」とか平気で言ってくるんです!
私は彼氏にもそうなんですけど、私のエッチな姿を想像されたり、私の下着で興奮されたりすると、すごく嬉しいし、ついつい興奮しちゃうんです。濡れてくるんです。

エッチの時も、長い間されるより、すぐにイッてもらった方が嬉しいです!
何故かと言うと「あたしの体が気持ちイイからイッてくれたんだ!」って思えるからです。
だからユウジ君が興奮してる姿を見てたら凄く嬉しくなりました!

最近は彼氏も馴れてきてリアクションが薄いからちょっと不満だったしね!
ところで、ユウジ君は水着を返してくれません!
「いいからいいから、こっちから見えないし誰もいねーじゃん!」
私も渋々納得して、浮き輪に水着を巻き付けていました。

そしたらしばらくして、腰に感じていた水着の感触が無くなったんです!
またユウジ君が腰ヒモを両方解いちゃって、私の股に挟んである状態になってたんです!
私はすぐに掴もうとしたんですけど、「サッ」とユウジ君が後ろから抜き取っちゃって、私全裸にされちゃったんです!

「コラッ、ユウジ!いい加減にしろ!(笑)」
もちろん、返してなんかくれません。
私が真剣に怒っていないのもバレバレだし、こうやってエロいちょっかいを出されるのが、本当に私は好きなんだなあ~って、あらためて実感しちゃいました。
「いんだよ!夏の想い出になるんだから!開放的にいっちゃおう!」
なんて盛り上げて、また浮き輪に巻き付けていました。

幸い周りに人がいなかったのと、海の中は濁っていて見えなかった「まぁいっか!」っと思っちゃいました。
すると今度は、ユウジ君が「これなーんだ!?」って私の目の前に布をぶら下げました。
「何これ?」それは、ユウジ君が履いていた水着でした!ユウジ君は自分の水着も脱いで、浮き輪に縛っていました。
「これでおあいこだな!」って笑っていました。

そしたら、急にユウジ君が潜った音がすると、浮き輪の中に無理矢理入って来て、私の後ろにぴったりくっ付きました。
もうビックリして「ユウジ!変態!出ろ!きついよ!(笑)」と言ったんですけど聞いてません。
それどころか若干ハァハァ言ってました!

私はちょっとヤバい状況に気が付きました。
私は両腕を浮き輪にのせていたので、両腕は海面から出ています。
でも、ユウジ君は顔と肩を浮き輪の中に入れただけで、両手は私の腰に抱きついていました。

しかも、ふたりとも全裸なんですよ。
私はユウジ君から逃げようにも、浮き輪がきつくて動けませんし、ユウジ君の手を振り解こうとしても、浮き輪が邪魔で手が届きません!
つまり、ユウジ君が何をしても、私は何も抵抗出来なくなっちゃったんです!

ユウジ君は超頭イイと思いました!そしたらユウジ君がエッチな声で「なあ、この状況ヤバくない?俺ら二人とも真っ裸だぜ!」と言いながら、耳を舐めてきました!
私は耳弱いから、ゾクゾク震えちゃいました!
ユウジ君は私が感じてるのに気づくと、さらに、浮き輪の下に飛び出してる私の乳首を摘みました。

私、おっぱいは大きく無いから、乳首が感じやすいみたいで、すぐに固く立っちゃって、それをユウジ君が優しく「チョンチョン」って感じで触られて、もう身体中が鳥肌でした。
その後耳舐めされながら乳首攻撃で、もうダメです!
「あっ、ユウジ、ハァハァ、ダメ、ダメ、あっ、はぁあ」って甘い声が出ちゃってました!

あんな広い海の真ん中で、二人とも真っ裸で抱き合って、しかもお互いの彼氏彼女が一緒に来てるのにって思うと、すっごい興奮しちゃいました!
ユウジ君もカッチカチになっていて、お尻の割れ目に当たっていました。
ユウジ君はその先端が微妙に動かして、私の大切な部分に近づいてきます。

「ああ、もう挿れて」って感じで、腰がむずむずしてくるんだけれど、そんなこと、口に出して言えません。
するとユウジ君は「挿れて欲しいんだろ」と、耳に息を吹きかけながら、囁いてきます。
私、思わず、頷いちゃいました。

既にヌルヌルになっているアソコ。
ぐいぐいと押し付けてくるユウジ君。
挿れやすいようにちょっと腰を動かすと、あっという間に入ってきました。
「ああ!」あまりもの快感に、私は声をあげずにはいられません。
「あはは!とうとう人のオンナとやっちゃったよ」
と、ユウジ君は愉快そうに言います。

私も……。
「ちゃっちゃったね……。こんな節操がなくて、セクハラな男と」と呟きました。
冗談めかして言ったつもりだったのに、ユウジ君はいつになく真剣な感じで、
「いつか、こうなると思っていたよ。俺たちがこうなるのは、時間の問題だったんだよ」
って言いました。
「そうだね」って、私も実感して、返事しました。

こんな体勢でもちゃんと挿入してくるなんて、ユウジ君は凄いなって思いました。
きっと、初めてじゃないんでしょう。
この慣れた感じにオンナって翻弄されちゃうんですね。
でも、やっぱり、こんな体勢なんです。
お互い、イクところまでは到達しません。
だから、長い間、刺さったままなんです。
男の子が早くイクことに悦びを感じていた私でしたが、ずっと繋がっているのもいいなあって、勉強(?)になりました。

目的地の大きな岩まで、繋がったままで辿りつきました。
ゴツゴツした岩に手をつくと、ちょっと痛かったけれど、それで身体の位置が固定できたので、自由に腰をふることができました。
どんどん昇りつめていく私。
そして、ユウジ君も、私の中で、イキました。

それから、海岸が見えない側に移って、岩場に上がりました。
ユウジ君が浮き輪の上に座り、その上に私が座って、また挿入。
無理やり振り向かされ、中途半端に身体をひねった状態で、激しいキス。
オッパイも揉まれています。
もうたまりません。
一度イクと、何度でも連続しちゃう私は、ユウジ君の好きなように弄ばれ、何度も何度もイカされてしまいました。

ユウジ君もまた私の中でイキました。
彼氏にさえ、生では滅多にさせないし、中出しなんて一度もさせたことないのに……。
旅先での一度きりの遊びの恋……では、終わらなさそうな予感に、「ヤバイナア」と危機感を感じつつも、心の底では、こういう関係が続くかもしれないことにトキメキを憶えてしまいます。

ユウジ君のリクエストに応じてフェラチオしたり、「舐めてやるから、顔のところにもってこいよ」と言われ、自分のアソコをユウジ君の目の前に突き出したりもしました。
ユウジ君は指でアソコを開いて、入念に舐めてくれました。
私は舐められながら、彼のものを右手でしごいていました。

最後は、「出そう!」の彼の声で、私は思わずユウジ君のモノを咥えました。
一瞬、間に合わなさそうに先端からお汁が飛び出してきたので、慌てて口でそれをキャッチし、そのままユウジ君のモノを口の中に入れました。
3度目の射精なのに、ユウジ君はタップリ飲ませてくれました。

そして、夜。
宿に戻った私たちは、テラスバーベキューの夕食を終えて、部屋に戻りました。
私と彼の間に変な空気が流れていました。
実は、岩場から戻ってみんなと合流したときから、なんとなくその空気はあったんですが、仲良しグループ8人でワイワイやっていたので、あまり気にはならなかったんです。

でも、2人きりになると、やっぱり意識してしまいます。
私は私で、彼氏じゃない男性に中出しまでされて、ちょっと罪の意識があったし、2人きりじゃないとはいえ、彼氏と一緒に旅行に来ているのに、その彼と一緒にすごす時間が少なかったのが、どうも心苦しかったんです。

おまけに彼氏は彼氏で、「ゴメンな。せっかくの旅行なのに、寝込んでしまって」とバツが悪そうでした。
「いいの……。抱いて」と私はお願いし、2人でベッドインしました。
昼間、火をつけられている私は、すぐに火がついて、彼の愛撫のひとつひとつで、悶えまくってしまいました。

「今日は、すごいね」と、アツシが言うので、「うん。だから、アツシも凄いの頂戴」と言いました。
アツシが鞄からゴムを取り出そうとしているようなので、「いいよ。そのままで」と言いました。

「やった!……よし!」流れかけていた変な空気はどこかへ飛んで行き、アツシは私の中にグイグイ入ってきました。
たまに生でやらせてあげるときは、「出すのは外」ということになっているので、今日も何も言わなければ、アツシは外出しをすると思います。

でも、今日は中出しさせてあげるつもりです。
別の男に中出しさせて、彼氏にさせてあげないってのは酷いよなってのもありますが、それよりも今日は、中出しされたい気分なんです。

ところで、部屋割りは、私とアツシ、ユミとユウジ君が同じ部屋で、残りの4人はカップルじゃないので男同士、女同士です。
特に男子の部屋は「みんなで集まるので」と、あらかじめ大きめのお部屋をお願いしていました。

で、いよいよフィニッシュになりそうな瞬間(これは、彼の動きでわかります)、私は両足を彼氏に絡ませて「抜いちゃイヤ。中で出して!」と叫びました。
「え?いいの」
「いいっていうか、そうして欲しいの!」アツシのアレが、私の中でビクンビクン跳ねました。

ビクってなるごとに、ビュって射精していることを、私は知っています。
昼間、3回もしたのに、まだこんなに……、そう思っている私。
ユウジ君とのエッチが頭の中でごっちゃになっています。
そういうことがキチンと判断できないほどに、身体中が、脳みそも含めて、イキまくっていました。

ちょっと意識が薄くなっていたようです。
気がつくと、彼が電話に出ています。
「マージャンするから、来いって。リナはどうする?」
私はぼんやりした頭で、首を横に振り、そのまま寝てしまいました。

そして翌日、とんでもないことが起こったんです。
なんと、男連中は徹マンしてしまったらしく、朝食後は部屋でへたれてしまったんですよ。
仕方ないので、女子だけで海に行くことになりました。
23~4のビキニの女の子が4人、浜辺でうろついてるんです。
当然、ナンパされますよ、ね。

ユミが「男子には内緒よ」と言い、女子4人は頷きました。
「よし、決定」と、私たちはナンパに乗ることにしました。
さらにユミは私に、「リナって、浮気とか、OKな人?」と、訊いてきました。

今まで浮気なんてしたことなかったけど、昨日、初体験したから、自信をもって、「わりと、平気なほうかな?」な~んて、すっとぼけて答えました。
もちろん、ユミの彼とシタ、なんてことは言ってませんけどね。

声をかけてきた男の子たちは6人もいて、私たち4人とあわせて合計10人。
人数が人数なので、なんとなくふたつのグループに分かれました。
なぜか、私とユミと、男の子が2人。
なんと、2対2で、やっちゃいましたよ。

遊び人とわかっててユウジ君と付き合うユミだけあって、彼女も相当……のようです。
だったら、たま~にユウジ君と遊ぶのも、アリかな?
それはともかく、2泊3日の海水浴で、彼氏を含めてなんと4人とセックスしちゃったなんて、自分でもビックリです。


  
[ 2017/07/17 ]   マニアック | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する