禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    学生時代 >  女友達の家に内緒で泊めてもらったんだが・・・

女友達の家に内緒で泊めてもらったんだが・・・

これは俺が高2だった時の話です。
俺は由紀と一緒に花火を見に行きました。由紀は彼女というわけではなく女友達です。
由紀はすっごい美人で、菊川怜によく似ています。
で、花火を見終わったその帰り、田舎ですが、最近は変な人が多いので、「家まで送って行くよ」と言い、由紀の家まで送って行く事になりました。
由紀の家の前に着くとすでに時刻は23時をまわっていました。
俺の家は由紀の家と同じ市内ですが、距離はだいぶあるし、電車も1時間に1本くらいしかありません。
なので帰りはどうしようか悩んでいました。
 
由紀を家の前まで届けて、さてどうやって帰ろうかと思ったその時。
由紀が「どうやって帰る気?」と聞いてきました。
俺は「歩いて帰るよ」といいました。

歩けばゆうに2時間はかかります。
すると由紀は「ねぇ、よかったら泊まって行く?」っと言ってきたのです。
俺はビックリしてむせ返りそうでした。
俺が「マジ!?」と言うと由紀は、「マジだよ!1晩くらいいいじゃん!」と言ってきいました。

俺は「こんなの親に見つかったらヤバイじゃん!」と言うと、「内緒で泊まっちゃえばいいじゃん」と言ってきました。
恐るべし、由紀…と思い、ヤバイとは思ったのですが、昔から好きだった由紀の家に泊まれると思うと好奇心が上を行って、「じゃあ泊まって行こうかな~」と言ってしまいました。

その言葉に由紀は「じゃあ決まりね」っと。
家に入る時が第一の関門です。
親に見つからないように部屋まで行かなければなりません。
ここは由紀がうまく親が玄関まで来ないように誘導してくれたので、由紀の部屋には無事たどり着けました。

しばらく待っていると、由紀がこっそりお菓子など持ってきてくれました。
30分くらいだっただろうか…2人でテレビを見ながらくつろいでいると、突然由紀がテレビを消して、「ミキオ(俺の名前)は彼女とかいるの?」とマジ質問。
「いたら由紀の家になんか来ないよ」っと俺。

そしたら先ほどの様に突然「じゃあ付き合おっか?私たち」と言った。
またもやお菓子を噴出しそうになる俺。
でも俺も前から由紀の事が好きだったので「じゃあ付き合っちゃうか!」と俺。

「ふふ…カップル成立だね!」と言い、由紀はまた突然「じゃあカップルなんだから一緒にお風呂は入ろう!」と言ってきました。
由紀の積極性には感心し、また、「なんで夫婦でもないのに一緒にお風呂なんだろう?」とも思いしましたが、高2の男子が好きなこと風呂に入れるチャンスを蹴る訳がありません。

もちろん「いいよ!」と俺。
この時間は、もう両親も2階で寝静まっているので安心して風呂に入れると思いました。
案の定、楽に風呂場まで到着。
でももうその頃には由紀の裸が生で見れるのに興奮して、俺のアソコはもうビンビンです。

風呂場で服を脱ごうとしているとき、俺は立っているのが恥ずかしくて、隠しながらおさまるのを待っていたのですが、やはり由紀にはバレていたらしく、「元気だねぇ~」と言い、服を脱ぎ始めました。
さすがの由紀もやはり恥ずかしかったらしく、ためらいながら脱いでいました。

風呂は意外と広くて、2人でも楽に入れます。
風呂に入り、交代で頭を洗います。
由紀が洗っている姿はとても女性らしく、魅了されてしまいました。

2人とも頭を洗い終わり、体洗いっこしようという事になりました。
まずは俺が由紀の身体を洗います。
もうここまでくると完全エロモードです。
服を着ている時はあんまり胸は無いと思っていたんですけど、生で見ると結構大きかったです。

俺は由紀の裸体を前にし、胸に手をやろうとすると、「ダ~メ!部屋に戻ってからね!」と由紀。
まぁこうなるとは薄々感づいていました。
俺は先に風呂からあがり、着替えて由紀の部屋で待っていました。
10分くらい待っていると、由紀が部屋に入ってきました。
それからまた15分くらいでしょうか。
無言で変な空気のまま過ごしました。
俺はその時間が30分にも1時間にも感じました。

すると突然由紀がTシャツとブラを脱ぎ、「やろっか?」っと言い、俺にキスしてきました。
もちろん俺は無抵抗で受け入れます。
その後2人で服を脱がせ合い、全裸になりました。
まず俺が由紀の胸を触りながら乳首を舐めていると、気持ちよかったのか「あっ…あ~ん」と反応してきました。

もちろん家族にバレないように小さな声ですが…そして次は由紀のアソコです。
俺はクリトリスを刺激しながら由紀のアソコを手で刺激していると、もう濡れてきました。
俺はスピードアップすると、由紀が「あ~ダメーいく~」と言い、逝ってしまいました。

「次はミキオに!」っと由紀。
由紀は俺のアソコを触るなり、「すご~い!意外とおっきいねぇ~」と嬉しそうに言う。
そして「あまりフェラうまくないけどしてあげるネ」と言い俺のアソコをくわえました。
俺のアソコは由紀の口の中の柔らかさと温かさに、どんどん気持ちよくなっていきました。

逝きそうになったとき俺が「このまま出してもいい?」と聞くと、OKの代わりのウインク。
その時の由紀の顔がまた可愛くて今も覚えています。
OKのようなので俺はそのまま由紀の口の中で出しました。
由紀は俺のすべてを吸い終わると、アソコから離れ、笑いながら「いっぱい出たね」と言い口を開く。
そして飲み込んで、「おいし~」と笑顔で言う。

すると由紀が「そろそろ入れて!」と笑顔で言う。
由紀の笑顔はとても可愛くてたまりません。
「でも俺今日ゴム持ってないよ」
というと「生でいいよ」と恥ずかしそうに言う。
俺はお言葉に甘えて、生チンを由紀のアソコにあてて、ゆっくり入れました。
すると由紀が「あ~~んおっきい~気持ちいい~」と言いながら喘いでいました。

俺は激しく突きまくり、「痛くない?」
と言うと「大丈夫!すっごい気持ちいい」と由紀。
そして絶頂が近づいてくると、「どこに出そう」と考えていると、由紀が「中、中に出して…私の中に出していいよ」と。
俺は「中はまずいだろう」と思ったのですが、由紀の締りの良さと快感に負けて由紀の中で逝ってしまいました。
もちろん由紀も一緒に。

俺の精子が由紀の子宮の中へ「ドクドク」と流れていくのがわかりました。
俺は由紀のおまんこから抜き、精子を出そうと由紀のおまんこに指を入れると、ものすごい量の精子が由紀の膣から流れ出てきました。
俺は由紀に「どうだった?」
と聞くと「最高のセックスだったよ」とまた笑顔で言ってくれました。

エッチが終わった時はもう朝の4時をまわっていたと思います。
2人共とにかく眠くて、由紀はエッチが終わるとトイレに行ってから2人で全裸のままベッドで寝ました。
朝になり、なんと由紀の父親の声で目が覚めました。
俺は目が覚めてビックリしました。
エッチしている時はもちろん鍵をかけてしていたのですが、終わって由紀がトイレに行ったときに、いつもの癖でかけずに寝てしまった様です。
なのでいつまでも起きてこない由紀を父親が起こしに来た時に見つかったのです。

俺は由紀の父親の「何やってんだお前ら~!!」の声で目が覚めました。
その時は2人とも全裸ですし、服も乱雑に脱ぎ捨ててあるし…とにかく目が覚めて状況を把握した時は全身から血の気が引きました。
由紀もほぼ同時に起き、同時に状況を把握したらしく、二人で顔を見合わせ、布団をさらに深くかぶり、ベッドの角で2人で丸くなって座っていました。

そのうち、由紀の兄や妹は母親も駆けつけて来ました。
俺は「やっべ~」と思いました。
すると父親が「とにかく服着て下におりて来い!!」と怒った感じで言いました。
とりあえず2人で服を着ながら「やっば~見つかっちゃったね~」と話しながら下へ降りました。

1階の部屋に行くと、由紀の父親と母親が座っていて、その部屋のドアの向こうに兄妹達がいるのはバレバレ。
俺は父親に「君は誰だね?」
と聞かれ「僕は○○に住むミキオです」とまじめに答える。
「何で家に居るんだ?」と聞かれ、俺は昨日あった事をすべて話しました。
さすがに「一緒に風呂に入った後エッチしました。」と恐る恐る言ったときはマジでキレられました。

その後2時間くらい説教くらった後、俺の両親を呼ばれました。
俺の両親が由紀の両親に謝り、何とか事は収まりました。
その後俺の両親が俺と由紀を誰も居ない部屋に呼びつけました。

俺の親は、自分で言うのもなんですが、すごく話のわかる人達で俺達の気持ちをよく理解してくれる人達です。
呼ばれた部屋に二人で行くと、俺の親が「どうだ?昨夜は楽しかったか?」
「いいな~若いって」
と言って「そういう年頃だものな」と言ってくれました。

俺はこの2人の子供でよかったなと、つくづく思いました。
俺が父親に「(俺の)妹がこんな事にあったらどうする?」と冗談で聞くと、「男のモノを切り落として二度と使えないようにしてやる!」と笑いながら言ったのがちょっと怖かったですけど…。
この2人の理解もあって、俺と由紀の関係は今も続いています。


  
[ 2017/07/21 ]   学生時代 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
携帯で見る
QR
RSSリンクの表示
にゅーえろ・新着記事
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
アクセスランキング
人気記事ランキング 一週間
ブログパーツ