禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    マニアック >  新入女子社員を教育中に本気のSEXしてしまった

新入女子社員を教育中に本気のSEXしてしまった

私は36歳になるサラリーマンです。
現在不動産の営業をやっておりますが、このアメリカ発の金融不況で、不動産があまり動かなくなり、だいぶ苦戦しておりますが、その前に会社がつぶれないように、毎日祈っています。今回、以前の勤めていた不動産賃貸の会社での出来事を話します。
当時私は不動産業界で5年くらい勤めており、成績もトップクラスで役職にもついていました。当然部下も何人かいたのですが、新卒の新人教育の係りもしていました。
そんな中で営業所にも2人の女子社員が入ってきました。
やはり机上だけではわからないので、実際に現場に同行させながら、教育を行っていたわけです。

ところで不動産の仕事をしていると、友人や身内にいい物件を紹介してくれと言われることも多いです。
すでに友人だけで10人くらいに紹介しており、だいぶ稼がせてもらいました。

中には部屋にこだわることなく、家賃が安ければなんでもいい、なんて友人もいて、その中で昔からの友人の「かすみ」から「東京に出るから、都内の安いアパートを紹介してほしい」と言われました。

ほんとに神田川の世界、みたいな古いアパートを紹介し彼女は住み始めたのですが、新人教育の時にちょうど通りかかったので、近くの大家の家で鍵を借り、そこで物件の見方や案内の仕方などを教えることにしました。

そのアパートは、家賃並みの部屋で、とにかく汚くて女性が住むにはどうかと思っていたのですが、かすみは昔からの友人で、男っぽかった女性なんですんなり決まりました。
私は、新人の女の子とその隣の部屋に入ったわけです。

部屋の中はそれなりに汚くはないのですが、とにかく壁が薄い。
かの有名なレオパレスなんかも薄いのですが、私の感覚では、もっと薄いと思います。
「まあ、この部屋は壁が薄いけど、家賃安いから、強調するところは、駅から近いことと家賃が安いことだね」
素人でもわかるような説明をしながら、でも新人女性社員は必死にメモを取ったり、部屋中を見たり、熱心でありました。

その時です。
新入社員が押入れを空けたとき、静まりかえった部屋の中で、かすかに隣の部屋から喘ぎ声が聞こえるのです。
まさか、あいつ昼間からやってんのか、と思いながら、私もよく聞いてみると、
「あ、あ~ん、そ、そこ、そこ弱いの~」
たしかに隣の部屋の私が紹介した友人のかすみの声です。
あのバカが……。

でも私は少し興味があった。
昔から知っていて、男まさりで男の子をよく泣かせていたかすみだが、何年か見ないうちに女の子らしくなっていて、少し惹かれるところもありました。
そんなかすみが、よりによって私が新人教育をしている時にエッチしてるなんて想像すらしなかったが、現実である。

ただ私もほんとにこのアパートは壁が薄いんだなって思ったが、さらに、
「も、もう入れて~、お願い~……」
などと声がして新入社員を見ると顔を赤くしています。
まったく、かすみのやつめ……
「やっぱり薄いんですね……・」
「・・うん、まあね……」
私はこれ以上答えることができなかった。
東京に出てきて、まじめに働いてると思っていたら、昼間から男連れ込んで……。

「あの~、これってやっぱり、アレしてるんですよね」
新人が聞いてきたので、
「うん、まあ、この業界いろいろなことあるから」
その時新人がニヤっとしたのを見逃さなかった。
「あ~ん、いい、いい、達也の、大きいの~」
一段と声が大きくなり、正直私は少し勃起してきた。

久しぶりに少し前に会った時のかすみは、けっこうおっぱいが大きく見えて、足がきれいだったことを思い出した。
さらに勃起してきた。
新人も恥ずかしそうな顔をしている。
そして隣で友人のかすみが実際にやってる。
少しムラムラしてきて、今にも新人の女の子を押し倒そうかと思ったくらいだった。

しかし、さすがにクチュクチュという音までは聞こえなかった。
ただ、ベットと床がギシギシと音をたてていた。
普通エロビデオだったら、新人と見つめあい、エッチが始まるのだろうが、これは現実である。

新人の制服姿を見るとよけいに興奮してきた。
「あああ~っ、いい、イキそう、あっ、だめっ、いくっ、いく~っ」
かすみは絶頂に達したようだ。
すると新人が、「なんか、終わっちゃったみたいですね」
「そうだね、まあ、こんなこともあるから……」
しだいに私達2人の間に怪しい雰囲気が漂い始め、
「もしかして興奮してきた?」
「そ、そんなこと……」
新人ははっきりと答えなかったので、少しは興奮してるなと思い、私は賭けに出た。

そうなんです。
後ろから抱きついてみたんです。
「きゃっ、いきなりどうしたんですか?」
意外に新人は怒らない。
「ごめん、少しムラムラきてしまって……」
「……・」
新人をこっちに向かせると、いきなりキスをしてみた。
でも新人の抵抗は少しはあったが、キスをしたら、力を抜いたみたいで、私たちは強く抱き合い、ディープキスを繰り返した。

「少し強引ですね、でもそのほうが感じます」新人の言葉に驚いた。
でももう私はストップすることができず、
「いますぐ、君がほしいんだ」
「それは、ほしいじゃなくて、したいの間違いなんじゃ・・」
「あ、そうとも言うね」

私たちはお互い見つめあい少し笑ったが、すぐにまたキスをした。
それにしても最近の若い人は非常にさばけている。
私も少しは気に入られたのだろうが、あっさりとキスをし、そのまま制服を脱がしても大丈夫な感じである。

そして私は制服の上からおっぱいをわしづかみにすると、
「あ~ん、力が抜ける~」
「大きいな、どうしてほしい?」
「あ~ん、そんなこと~、わかってますよ~」
私はおっぱいを下からまわすように揉むと、
「感じるんです、そこ、あ~ん、いや~ん」
「感じやすいんだね」
「あ~ん、言わないでください」
「何度でも言ってあげるよ」

私は調子に乗った。
今、妻以外で若い新入社員とエッチをしようとしている。
それも最高にいい女です。
この中肉中背というのが、体も弾力があり、適度に肉もついていていやらしい体をしてる女性が多いからだ。

スレンダーな女性もきれいだが、痩せているので、ごつごつした感じがあるから、私はあまり好きではない。
そして、制服のジャケットを脱がし、ブラウスのボタンを楽しみながら、1つ1つ外していくと、柔らかそうな胸が見え、ブラもいやらしく見え、もう私の股間は最高潮の状態になっていた。

隣の部屋からは、一度は終わったのであろうと思ったが、またかすみの喘ぎ声が聞こえてきた。
「あ~ん、う~ん、またするの~、また感じてきちゃった~」
声だけ聞いていると、ほんとスケベな女に思う。
今度飲みに行った時はずばり聞いてやろうと思った。

私は新人のブラウスのボタンを外し、少し寒いと言ったので暖房のスイッチを入れた。
古いアパートなのに冷暖房だけは新品がついている。
そしてスカートのチャックを下げると、スカートがバサっと下に落ち、ストッキングにパンティだけの姿になった。
しかし考えてみると、久しぶりの若い女である。
だいぶ妻とのセックスも飽きてきていたので、いい刺激になる。

そしてこのいやらしい体である。
白の下着がものすごく輝いて見える。
たぶん私だけでしょうが……。
「きれいでいやらしい体だね」
「……そうですか……」
「さあ、今日は何をしようかな~」
「もう、ここまで脱がせておいて、あんまり見ないでください」
「いいや、じっくり見させてもらうよ、これは業務命令だよ」

私は手を後ろにまわし、ブラのホックを外すと、ピンク色した乳首のかわいいおっぱいが、ポロンと登場した。
「う、うわ、きれい、……・」とっさに出た正直な言葉である。
私はもう一度キスをして、首筋に舌をはわせ、そのままおっぱいにかぶりつき、乳首を思いっきり吸うと、
「あ~ん、あっ、あっ、あっ、いや~ん」
「感じやすいね」
「う、うん、そ、そうなんです、あ~ん、うう、ううう」
「素敵だよ、もっと声を聞かせてくれる?」
「い、いや~ん、き、きこえますよ~」
「聞こえてもいいじゃないか、隣もやってるんだから」
「いや~ん、恥ずかしいです」
「これからもっと恥ずかしいことするんだけど……」

私はもっと勢いよく乳首を吸い、ストッキングを破き、パンティの上からおまんこ辺りを触ってみると、もうパンティはグチョグチョで、クリトリスが大きくなっており、クリトリスの形がはっきりとわかった。
「やっぱり体は正直だね、すごくほしがってるみたいだよ」
「う、う~ん、・・あっ、あっ、そ、そこは……」

新人の足は少し振るえ始め、立っているのがやっとの状態で私はさらにクリトリスへの振動を早めました。
「あああああああああ~、も、もう、だめ、あ~っ」
「どうしたの、気持ちいいのか」
「そ、……そうです」
「どこがいいんだ、言ってごらん」
「あ、あそこ・・」
「どこだって聞いてるんだけど」
「ク、クリ、……クリト・・リス・・」
新人は答えるのがやっとだった。
しかし新人と同じように私の股間も勢いを増していた。

そして新人の手をつかみズボンの上から股間を触らせると、
「お、おおきい、・・く、ください~」
「ほしいのか、わかった、でもまだだめだ」
「どう、して~、は、はやく~」
「だめだ、下着を全部脱いでからだ」

新人はすぐにパンティをおろすと、私が見やすいように、大きく股を開き、おしりを私のほうに向けた。
お尻の穴とアソコが丸見えになった。

「すごい、まだピンク色してるよ」
「いや~ん、恥ずかしいんです」
「でも自分から見せたんだろ」
「こうしないと、してもらいないんから・・」
「だいぶ会社のことがわかってきたな」
「違います、は、はやく~、入れて~」

新人はだいぶ自分を見失っているらしく、目はとろ~んとしている。
「まだだ、俺のをきれいにしてくれないと」
「わかりました」
新人は私の前にしゃがみこみ、ズボンをおろすと、硬直したカチカチのペニスを口に含みました。
少しぎこちないが、顔を前後に振り、ペニスの根元まで、入れては出し、入れては出し、そして亀頭も舌をくるくるさせながら、丁寧にフェラチオをしていました。
 
ぎこちないので、歯が亀頭にたまに当たるのですが、それがすごく気持ちよくて、私は我慢できなくなってきました。
「う、ううう、出そう、うう、ああ~」
「まだよ、まだよ・・」
新人は私に指示をしながら、いじわるそうな顔をしてさらにフェラチオを続けます。
私はもう我慢できなくなり、新人の頭を掴み、
「ああ~、だめだ、いく、いくっ、あああ~」
私は新人の口の中に大量の精子をぶちまけました。
 
新人は口を外すと、よだれのように口から精子をたらしながら、一気に飲み込んだ。
「いっぱいでましたね、ごちそうさまです」新人は飲み込むとニコっとした。
その顔がかわいくて、また股間が大きくなりだした。

「わあ~、すごいですね、もう回復してきてますよ」
「当たり前だ、今度はお返しをしないとな」
壁に手をつかせ、四つん這いの立ったままの状態で、まずは私はお尻とおまんこに顔を埋めた。
「そ、それ~、待ってたんです~」
「濡れ方がすごいぞ、まずここからだ」
私は人差し指を新人のおまんこで十分に濡らし、お尻の穴にゆっくりと指を入れてみた。

「う、ううう、少し痛いです」
「すぐに慣れるよ」
私はおかまいなく、何回も指を出し入れしながら、おまんこで指を濡らしながら、アヌスをヌルヌルにしていった。
新人は指が入っていくたびに、お尻に力が入り、若くて引き締まったお尻の肉が何回も動き、そのたびに喘ぎ声を出し、まるで運動しているような動きだった。

「まだ痛いのか?」
「あっ、あっ、あっ、も、もう、痛く・・ない……です・・」
「そうか、もっといじめてやるぞ」
私はだんだんと楽しくなり、新人が感じるたびに股間がピクンと勃起し、もう我慢できなくなった。
新人をいじめている間も隣の部屋からは、かすみの喘ぎ声が止むことなく聞こえてきています。

新人もいやらしいが、隣の部屋のかすみもなかなかのスケベで終わったかと思うとまたやられているらしく、私は2人の女性の喘ぎ声を聞きながら、興奮しまくっている状態である。
私も私の股間もだいぶ我慢にも限界がきていた。
早くギンギンに勃起したペニスを新人に舐めてもらわないと、これ以上の快感は味わうことができない。

「今度は俺の番だよ」
私は新人を股間の前に座らせズボンをおろすと、新人はペニスにかぶりつき、
「あ~、かた~い、課長すごい~」
新人のフェラチオは、ぎこちないが、たらこ唇のせいか、温かくて、ネチっとしたフェラチオである。

ペニスがネチネチと音をたてている感じで、たらこ唇のわりに口が小さいので、おまんこに突っ込んでいるようで、締りもいい。
お尻の穴も締りがよかったので、もしかするとアソコも名器かも、と変な期待をしながら、快感を感じていた。

隣の部屋では、もう何回絶頂を迎えているかわからないくらいに、いくっ、いくっ、いっちゃう~、という喘ぎ声か悲鳴に近い声が聞こえてくる。
かすみはあんなにエッチだったのか、人は見かけで判断したらいけないと、つくづく考えさせられた。

そして私もいきそうになるのを我慢しながら、新人をもう一回四つん這いのかっこで壁に手をつかせ、バックからの挿入を試みた。
「あ~、入ってくる~、あ~、かた~い、いい、いい~」
「気持ちいいのか、もっと奥まで入れるぞ」
「あ~、だめ~、あっ、あっ、あっ、いや~ん、あ、あたる~」
「すごくいいぞ、締りもばつぐんだぞ」
「そ、そんなこと~、あっ、あっ、言わないで~」
「さあ、もっと声を聞かせろ」
「あっ、ああああっ、いや~、ああっ、で、でも、ああ~っ」

新人は言葉になっていなかった。
それにしても最近の若い子はだいぶ男とセックスしてるのか、慣れているように思える。
フェラチオはぎこちなかったが、おまんこの締りはいいし、これはセックスをいっぱいしたか、オナニーでだいぶ慣れているかのどちらかである。
どちらにしてもうれしいが……・。

「すごく濡れてるぞ、毎日オナニーしてるのか」
「い、いや、そ、そんなに……・・」
「毎日してるのか」
「は、はい、我慢できなくて~、ま、まいにち……・」
「彼氏はいるのか」
「い、いません……・あ~、だめ~、も、もう~……」
「もうなんだ」
「だめです~、イキそう、あ~っ、いくっ、いくっ、いく~っ」

新人は壁に手をついたまま、上を向いて、絶頂を迎えてしまった。
新人の表情は最高のいき顔だった。
ときおり見せる大人びた表情を普段から見ているのですが、セックスになると女は変わりますね。

いったんペニスをおまんこから抜くと、新人は座り込んでしまった。
しかし隣の部屋からは、また絶頂を迎えているかすみの喘ぎ声が聞こえてきている。
「気持ちよかった?」
「は、はい、……・でも……」
「でもなんだ」
「私、騎乗位が好きなんです」
「そうか、俺はまだまだいけるぞ」

すると新人は少ししぼみかけたペニスを見て、あ~、とか言いながら、フェラチオを始めた。
何回してもらっても最高の口のサイズである。
またたくまに回復し、今度は私が寝て、新人が上の乗ってきた。

「あ~、あ~、これ、これが……したかったの~・・」
「気持ちいいか」
「さ、さいこう、・・さい・・こう・・いいっ、いいっ」
「俺も気持ちいいぞ、もっと深く腰を振って」
「あ~っ、いや~、こ、こう、こうですか~・・」
「そうだ、そうだ、きれいだぞ」
「わ、わたし、……いや、いや、・・だめ~・・」
「何がだめなんだ」
「また、また~、また、・・いくっ、いくっ、いく~っ、あああ~っ」

新人はすぐに2回目の絶頂を迎えた。
あまりにもあっけなかった。
そして新人は私の上で力つきた。
この静まりかえった部屋の中で、新人の、はあ~、はあ~、という呼吸だけが聞こえる。
このまま少しの間、新人は私に覆いかぶさったまま、動かなかった。

私のペニスは新人のアソコに入ったままである。
だいぶ勢いがなくなってきたので、そのまま抜いた。
でも私はまだイっていない。
変なフラストレーションを感じた。

「今度はいかせてもらうぞ」
そういいながら、新人を仰向けに寝かせ、両足を掴んで、まだ濡れ濡れのおまんこに、しぼみかけたペニスを突っ込むと、
「あ~、また入ってくる~」
少しづつ入れていくと、ヌルヌル感でペニスが回復し始め、奥まで突っ込んだ頃には、最高の勃起をしていた。

「あ~、たまらんな、この締り」
「あ~ん、いや~ん、ああああああ~」
「おまえすごいよ、名器だよ」
「いや~ん、そんなこと、言わないで~」
「あ~、すごい、もういきそう~」
すると新人は私の腰に両手をまわし、
「あっ、あっ、あっ、いい、わ、わたしも~・・いくっ」
「俺もいきそう、いきそう」
「あ~っ、な、なかで、・・なかで、お願い~」
「いくぞ、いくぞ、いくっ、あああ~」
私は新人の言うとおりに、思いっきり中出しをした。
大量の精子だった。

私も新人もまだ体がピクンピクンしています。
少し体を動かすだけで、まだペニスは抜いていないので、お互いがピクンとなっている。
「すごかったよ」
「課長、すごすぎます、大人のテクってかんじです」
「そうか、そんなこと言われると、これからも教育が続くぞ」
「はい、続けてください、でも、今度はベットの上でお願いします」

新人はセックスを気に入ってくれたのか、私を気に入ってくれたのかわからなかったが、これからも関係は続いていくこと確かだった。
翌週さっそく隣の部屋でエッチしていたかすみと会った。
あいかわらずの女であるが、酒も入っていたせいか、先週エッチしていたことを聞くと、急に真っ赤な顔になった。

私には何でも話してくれるんで、聞いてみたが、現在エッチフレンドが3人いるらしく、東京での生活を楽しんでいるそうである。
しかしその時、かすみから、隣の部屋は誰も入居していないのに、この前エッチしてたら、喘ぎ声みたいなものが聞こえたと言っていた。

もちろん私と新人がエッチしていたのだが、古いアパートだから大家さんの友達か誰かが忍び込んでやってたんじゃないか、と言った。
それにしてもほんとに壁が薄いアパートである。
また今度、違う女性にこの物件をすすめてみようと思う。

その後も新人とは週に1回くらいエッチしてますが、最近、妻を相手してないので、少し怪しまれています。


  
[ 2017/07/25 ]   マニアック | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
携帯で見る
QR
RSSリンクの表示
にゅーえろ・新着記事
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
アクセスランキング
人気記事ランキング 一週間
ブログパーツ