カミナリに驚き、しがみついた義父とハメちゃいました

0 Comments
takesi
私はエリといいます。淫乱な人妻です。
実は私は同居している夫の父、私にとっては義父と、肉体関係を持ちました。
夫は長男の為、両親と同居しています。
義父はすでに60歳を過ぎて定年退職、後妻の義母は50代後半なので会社で働いています。その為に結婚して専業主婦をしている私は必然的に、夫よりも義父と過ごす時間が多くなり、ましてや、義父は夫に似て私の好みのタイプでありました。

動画紹介☆体験談に近い動画もきっとあるはず!

義父は笑顔が素敵で性格も穏やかな人でした。
夫は女の子のように可愛い顔で義父同様に穏やかな性格でしたが、いつも寂しそうな感じが義父と違います。
その笑顔に私は惹かれました。

私は絶世の美人とはいいませんがバストはFカップ、タレントにスカウトされた事や、兄の友人達から交際を何度も申し込まれたので容姿はそれなりにいいです。
そんな若い女性と昼間の間だけとはいえ、ずっと一緒にいて、好意を持って接しているのです。
義父も気にはしているはずです。

それに義父と私は家事は協力し合っていますし、買い物も一緒に行っています。
仲のいい親子というより、時折、歳の離れた夫婦と見られることもあります。
「やあ、ずいぶん若い奥さんをお持ちですね。うらやましいですよ」
「いえ、違いますよ。息子の嫁です」
「はい、義父です」
遠くに買い物などに出かけたときなどこんな会話をお店の人とすることもあります。

冗談めかしていますが、私も義父もまんざらではありません。
私はそんな義父の腕を取り、胸を押し付け、義父も肩に手を回して優しく抱きしめてくれたりします。

そんな私と義父が一線を越えたのは、車で出かけて、豪雨に見舞われ時でした。
車の中なので濡れる心配はありませんでしたが、視界が確保できないので、小さな公園の駐車場に車を止めていました。

「すごい雨ですね。お義父さん」
「まったくだ、雷も凄いし、近くに落ちなければいいか」
そんな会話をしていた時です。
急に空に稲光が走り、すぐさま、轟音が響きました。
私はびっくりして義父に抱きつき、義父も私を抱きしめました。

しばらく私と義父は抱き合い、互いの心音が判るほどでした。
それが雷に驚いた心音から別の心音に変わるを自覚するのに、さほど時間は掛かりませんでした。
私は顔を上げ、義父の顔を見ました。
義父も私を見てくれています。
私が眼を瞑り、唇を差し出すと義父はその唇を奪ってくれました。

最初は唇を交わすだけでしたは、すぐに義父の舌が私の口の中に入り込み、私もすぐに舌を絡めました。
雨音にかき消されしまいますが、私の耳には震動と感触でびちゃびちゃという舌が絡み合うディープキスの音が響きました。

口付けを交わしながら義父の右手はFカップの胸を揉み、左手はスカートをまくり上げ、パンティの中に入れてきました。
さすが年の功というべきか、パンティの中に入れた手は親指でクリトリスをこねくり回しながら、人差し指と中指で私のおまんこをかき回します。

それが強弱を持ってやられるものだから、私はあまりの気持ちよさに義父との口付けを止めて、空気を求めて喘ぎました。
「あ、ああ」
「気持ちいいかい、もっと気持ちよくして挙げるから脱いでくれないか」
義父の言葉に私は頷きました。

私は上の服を脱ぎ、ブラジャーを外し、バストがぶるんと露わになり、スカートはそのままでパンティも脱ぎました。
義父も急いで、自分の着ている服を全部脱いで全裸になります。
60歳とは思えない体、いきり立つオチンチン。
私の股間は興奮でさらにビショビショになりました。

義父のオチンチンは夫や弟や甥の様におへそまで反り返り、ぶるぶると震えるような若さあふるれる感じではありませんが、長年使い込んできた色と艶、修練を経た木刀の様な年季の入った逸品を思わせてくれるような代物です。

「私の上に乗ってください」
義父は頷くと、助手席の私の方へと移動し、その上に乗ると椅子を倒しました。
先程と違い体が密着し、互いの体温をはっきり感じ取れます。
私は足を大きく開くと義父はその中に下半身を落とします。
私は義父の首に腕を巻きつけて、唇を重ねてむさぼる様に吸い上げていると、義父はいきり立つオチンチンを私のおまんこにあてがい、少し上下に動かします。

「お義父さん、遊びは無しです。雨がカーテンになってくれる時間はあまり長くないと思うから、そのまま入れてください」
「分かったよ、エリちゃん」
私は義父のテクニックに感じ、そのまま、前戯を続けてもらいたかったですが、外の状況は気になりましたし、何よりもオチンチンが早く欲しくたまらなかったから口を離し、そういうと義父のオチンチンが私のおまんこに侵入してきました。

「ああ、あ~」
義父のオチンチンの感触と快感で私はのけぞり、声を上げてしまいました。
義父は私のおまんこの感触を確かめるように入れたオチンチンを中でぐりぐりかき回しています。

「いいよ、エリちゃんの中は最高だ」
「お義父さん、もう我慢ができません。お願いです。動いてください、私のおまんこを貫いてください」
「ああ、いくよ」
そういって義父は腰を振り始めました。

義父はリズミカルに腰を振り、オチンチンが私のおまんこの蹂躙をします。
私は義父の首に腕を回し、足を腰に巻きつけ、体を密着させ、快感を貪ろうと必死でした。
そんな私とは対照的に義父は慌てる様子も無く、腰を動かします。

おそらく経験と歳の差で無理な体制をしなくともオチンチンから私のおまんこを感じる事がきるのでしょう。
あっ、あっ、と私は声を漏らすだけです。

「どうだいエリ、私の物は」
「い、いいです。お義父さん」
「そうだろう、そうだろう。今まで経験した中で何番目だい。一番いいだろう」
義父はいつの間にか私を呼び捨てにして、ストロークを変えながら、私のおまんこを貫きます。

「お義父さん。もっと私を激しく愛してください。最高にたくましいところを見せて下さい」
「おう、見せてやる。私が最高の男という事を」
そういうとお義父さんは打って変わって、オチンチンをずんずんと突いて来ます。
「どうだ、淫乱嫁め。ほらほら」
激しく腰を振る義父に私は激しく抱きつき、義父と唇を重ね、舌を差し入れました。
義父もそれに激しく舌を絡め、上の口と下の口で激しいセックスをしているような快感に襲われました。

「あ、あー」私は義父から口を離し、思わず声を上げてしまいました。
そして、ぎゅっと膣内が絞り上げられると同時にイッてしまい、義父もわずかに声を漏らし、私を腰を抱き上げると同時に膣内にドクドクと射精をしました。
その間私の意識は吹き飛び、子宮と膣がオチンチンから精液を搾り取るためにカクンカクン動いていました。

意識が戻ると義父も私の上でぐったりしており、義父の顔に自分の顔を近づけて軽いキスを交わしました。
「お義父さん、最高です」
「そうだろう」お義父さんは満足そうに笑っていました。

雨もいつの間にかやんでおり、私達は急いで後始末と身繕いをすませると変える準備に入りました。
「エリちゃん。君は息子の嫁だ。ただ、たまには私の相手もしてくれないかな」
お義父さんがそう聞いてきました。
「喜んで、私はお義父さんも大好きですから」
私はそう答え、お義父さんと軽くキスを交わしました。

関連記事
2800円でエロ動画が見ほうだい。熟女、人妻、近***、なんでもあり!

40000冊のアダルトコミックも月1480円で読みほうだい!
takesi
Posted bytakesi

Comments 0

There are no comments yet.