禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    妻・恋人・彼女 >  酔うと裸になる癖のある彼女

酔うと裸になる癖のある彼女

俺(タツオ)が25歳になった年、勤めている会社にマキちゃんっていう少しぽっちゃりして可愛い女の子が新入社員で入社した。
そして7月の半ば、会社のイベントに新入社員のマキちゃんも参加。
マキちゃんの胸は結構大きく、会社の男達も見とれていた。
そしてイベントの打ち上げの際、俺はマキちゃんにビールをお酌してもらったが、そのマキちゃんの可愛らしさに恋した。

その頃俺は、彼女だったサヤカと別れてフリーになっていたが、マキちゃんは彼氏居るんだろうな~と思ってた。
パーティーも終わり、俺は思い切ってマキちゃんをカラオケに誘ってみたら、マキちゃんは「うんいいよ。行こう」とすんなりOKしてくれたので、マキちゃんもいれて五人ほどでカラオケに行った。
 
そして夜21時近くまでカラオケを楽しんで解散。
他の3人はすぐに帰ってしまったので俺はマキちゃんと2人きりになった。
俺「家に送るよ」
マキ「タツオさんの部屋に行ってみたいな…」
俺「俺の部屋に?部屋散らかってるよ」
マキ「構わないよ。私の部屋も散らかってるし」
俺「マキちゃん1人暮らしなの!?」
マキ「うん、タツオさんの部屋で飲みたいな」

そして途中、自販機で缶ビールを数本買い、スナック菓子などのツマミを買って俺の部屋へ。
ちなみに俺の部屋は昔さやかとセックスした部屋。
マキが部屋に上がるなり、
マキ「本当に散らかってるね」
俺「片付けるから待ってて」
俺は簡単に片付けてエロ本などを隠し、マキを部屋に招き入れた。
マキ「タツオさん早速飲もうよ」

マキちゃんは結構お酒が強い。
打ち上げパーティーでも飲んでて、カラオケでも飲んでいた。
そして俺とマキはまずは缶ビール1本飲んで
俺「ねぇマキちゃん。何で俺なんかと親しくするの?」
マキ「タツオさん大学の時、好きだった人に似てるんだ。それにタツオさん私のお兄ちゃんに似てる」
俺「そっか、なら俺の事お兄ちゃんって呼んでいいよ。マキちゃんなんか妹みたいだし」
マキ「会社じゃお兄ちゃんなんて言えないよ~会社じゃタツオさんでいい?」
俺「うん」

そしてマキちゃんがある程度酔ってきて
マキ「この部屋暑いわね~」マキちゃんは服を脱ぎだしたのだ。
俺「ちょ…ちょっとマキちゃん…」
マキちゃんは服や下着を脱ぎ捨て、あっという間に全裸になった。
俺はマキちゃんの裸をまともに見てしまい
マキ「タツオさんのスケベ~(笑)」

マキちゃんの胸は案の定巨乳で、DからEはあるだろう。
オマンコは毛は濃くなくどちらか言えば薄い。
そして、マキちゃんは全裸のまま俺のベッドで眠ってしまった。
俺「マキちゃん寝ちゃダメだよ~」
俺が起こすもマキちゃんは起きず、そして俺の手がマキちゃんの巨乳に触れ、そのまま俺はマキちゃんのおっぱいを揉んでみた。

起きそうになかったので、俺はマキちゃんの乳首を、昔さやかの乳首を舐めまわしたように舐めた。
マキ「う~ん」マキが起きそうだったので舐めるのを止めた。
マキちゃんは起きずに眠ったまま。
俺はマキちゃんのマンコを撫でた。
もう既にチンコは勃起し、俺はシャツと短パンを脱ぎ捨てて全裸になり、マキちゃんの横に横になった。

そしてマキちゃんのマンコを撫でながらチンコをしごいて射精しそうになり、マキちゃんのお腹の上に精子をかけた。
そして俺も全裸のままマキちゃんの横に寝て、マキちゃんの手をチンコに乗せ握らせ眠った。

翌朝、目が覚めるとまだ全裸のマキちゃんが寝息を立ててた。
俺がマキちゃんのおっぱいを舐めようとしたら…マキちゃんが目を覚ました。
マキ「私…何で…!?そっか夕べタツオさんの部屋で飲んで…何で私裸なの!?」
俺「マキちゃん暑い暑いって言って脱ぐんだもん」
マキ「また私やらかしたんだ…私ね、酔うと脱ぐ癖があって…ごめんなさいタツオさん」
俺「いいよ。でも、マキちゃんおっぱい大きいね」
マキ「タツオさん私に何かした?」
俺「し…してないよ…」

マキ「本当に?この事会社に言っちゃおうかな…」
俺「お願い言わないで。本当に何もしてないよ」
マキ「言わないで欲しい?ならタツオさんのおちんちんじっくり見せてよ」
俺は朝立ちしたチンコをマキちゃんに見せた。

マキ「好きだった人のより大きい」
なんとマキちゃんは俺のチンコをしゃぶり始めた。
俺「マキちゃんダメだよ。昨日お風呂入ってないから臭いよ」
マキ「なら私のアソコ舐めてよ。私もお風呂入ってないし」
そして俺はマキのマンコを舐めマキはチンコをしゃぶり69を始めた。

マキのフェラテクは上手く、時折チンコを吸ったり玉袋を舐めたりしたので流石に射精しそうになり、
俺「マキちゃん出ちゃうよ」
するとマキちゃんはチンコを吸うのを止め、
マキ「まだだしちゃダメね~私とエッチしてしてくれないなら会社の人に言いつけるから」
そしてマキは仰向けになり、
マキ「タツオさん早く来て」

俺「マキちゃんいいの?マキちゃん彼氏居るんでしょ?」
マキ「今はいないから早く来てよ~来ないなら私が襲うよ」
マキはチンコを握った。
俺「分かった、じゃゴムつけないと…ゴムは?」
マキ「生でいいよ。今日安全日だし」
言われるまま俺はマキのマンコにチンコを生で挿入した。

マキは処女ではなかったが、結構締め付けるので挿入してまもなく射精してしまった。
マキ「タツオさん早~い」
俺「マキちゃんが出そうな時しゃぶるの止めたからだよ」
マキ「なら次は私がリードするね~」
マキは俺を仰向けにし、騎乗位で挿入してきた。
そしてマキちゃんは俺の上で腰を振り始めた。

マキ「気持ちいい~タツオさーん奥まで当たってる」
マキちゃんが腰を振る度巨乳が揺れ。
俺「マキちゃんのおっぱい触っていい?」
マキ「うん触って~乳首もね」
俺はマキちゃんの乳首を摘んだり乳房揉んだりし、そして俺は起き上がってマキちゃんの乳首を愛撫した。

マキ「乳首吸われるの気持ちいい~感じる~」
しばらく座位で乳首を愛撫してたらマキちゃんは俺を押し出し、更に腰を振った。
そして射精しそうになって、
俺「マキちゃん、出る…」
マキ「私もイク~」
そして俺はマキの膣内に大量の精子を出しマキはイった。

しばらくマキが上になったまま抱き合って余韻を味わった。
俺「マキちゃんごめん」
マキ「何で謝るの?私嬉しかった、好きなタツオさんとセックス出来て」

俺は勢いでマキに告白した。
俺「マキちゃん俺と付き合ってくれる?」
マキ「もちろん恋人としてだよね?」
俺「うん。マキちゃん好きだよ」
マキ「私も好き。今から私をマキって呼んでね。私はタツオって呼ぶから」
俺「マキ、もう1回しよう。次は俺がリードするから」
マキ「タツオ大好きだよ」

そして晴れて恋人になった俺とマキは3回戦を正常位でディープキスしながら挿入してまた中出しした。
汗だくになった俺とマキは狭いお風呂場でキスしながら抱き合ってシャワーを浴び、そして昼過ぎマキを部屋まで車で送った。

この日の夜はマキの部屋で一緒にお風呂入って洗いっこして、お風呂の中でセックスしこの日は中出しセックスを一晩中楽しんだ。
マキ「流石に一晩中のセックスは疲れるね~私のアソコヒリヒリする」
俺「俺もだよ」
流石にチンコもヒリヒリした。

俺「ところでマキ初体験はいつ?」
マキ「18の時かな。大学の先輩に。タツオは?」
俺「俺は17。今の会社の年上の女の子に犯され気味な初体験だったよ。でもその人は結婚退職していないから」
マキ「そっか、ちなみおちんちんの毛生えたの何歳?私は中2、おっぱいは4年生の終わりに」
俺「中1だよ」
マキ「でも今は2人ともツルツルだね」
俺「3回戦で毛を剃ったからね~」

そして俺とマキは順調に交際するが…途中俺が他の女に騙されて浮気した。
しかしマキは俺とは別れず、
マキ「タツオは私のもの。絶対逃がさないから」
俺はそんなマキをますます好きになり、浮気相手と縁を切りマキを愛した。

そして現在、俺が30歳、マキが27歳の時にできちゃった結婚して2人の可愛い娘と暮らしている。

関連記事


PR DMM動画で必ず抜けます



  
[ 2017/07/29 ]   妻・恋人・彼女 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
携帯で見る
QR
熟女倶楽部
熟女といえばここ
カリビアンコム
Aランク以上の豪華な女優陣
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
ランキング
RSSリンクの表示
PR
熟女倶楽部 無修正動画 杉本美加子 野宮凛子 笹木杏子 高瀬まりこ