禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    妻・恋人・彼女 >  マッサージのうまい彼女は、当然手コキもフェラもうまかった

マッサージのうまい彼女は、当然手コキもフェラもうまかった

秀子は大学で同じクラスだった。
色白で美人なんだけど、うるさいくらいよくしゃべることが彼女の色気を失わせていた。
いつも地味な服装なので、よけい色気を感じさせなかった。でも僕は秀子が結構おっぱいがでかいことと、ぽっちゃりした肌の感じがすごくいろっぽいことに気付いていた。
僕は秀子と何かと交流が多かった。
飲み会とか、海とか山にグループでよく遊びに行っていた。
だからわりと気軽に馬鹿な話でもできる間柄だった。
僕は当時彼女がいなかったので、チャンスがあれば秀子とエッチなことしたいなあと思っていたが秀子には残念ながら彼氏がいた。
秀子は馬鹿話やしもねたでも平気で話すくせに、ガードは固かった。

彼氏絶対だった。
僕は秀子の彼氏と面識はなかったが、社会人で同い年くらいだった。
秀子は彼氏に絶対服従している感じだった。
呼び出されたらすぐ駆けつけていたし、少々無理な命令にも従っていようだ。

そんな秀子と僕がああなったことは何年か経ったいまになっても興奮するできごとだ。
僕はその日運動系の大会に出ていてくたくただった。
まあマラソンみたいなものだ。
もう歩くのも面倒くさい、そんな感じだった。
帰宅した僕は(安アパートの一人暮らし)食べ物はいらないからシャワーをあびてビールを飲んで軽く酔っ払ったらすぐ寝るつもりだった。
が、冷蔵庫を見るとビールが無い。

「あっ」僕は数日前にここで秀子を含めた何人かで飲み会をしたことを思い出した。
その時に僕のキープしていたビールを飲まれたんだ。
僕はすぐさま秀子に電話した。
秀子は「そんなの知らないよ」と言った。
でもくたくたな僕はビールをコンビに買いに行く体力が残っていないので頼むからビールを買ってきてくれと頼んだ。
本当にこのときは体力が残っていなかったのだ(笑)。

秀子は少し渋りながらも、買ってきてくれることを承知してくれた。
僕が運動系の大会に出ていて疲れていることも秀子は知っていたし。
なにせもうくたくただった。
布団をひいて横になり、疲れすぎて寝れない体を伸ばしていると、ビールを持った秀子が現われた。

お金を払ってそのまま帰すのも申し訳ないので、「まあ一本よかったら飲む?」と声をかけたら秀子は「うん」といって飲み始めた。
僕は相当疲れていて精を失っていた。
それが彼女に安心感を与えたのかもしれない。
話題は自然とその運動系の大会の話になった。
それはほんとに過酷な競技だったのでほんとに今にも眠りそうになっていた。

だんだんと秀子のほうがしゃべって僕は聞き役のようになっていた。
そして、疲れている僕を見かねて秀子が足をマッサージをしてくれることになった。
すごくありがたかった。
僕はもうこのまま確実に寝てしまうなあとうつらうつらしながら考えていた。

足の裏からマッサージしてもらって、段々とふくらはぎ、太ももへと上がっていった。
筋肉痛で少し痛いときがあったので眠ることはなかった。
そしてマッサージが足の付け根の辺りにきた時に、僕の股間は疲れているにも関わらず硬くなっていた。

疲れすぎていて変に体が興奮しているのかそれは収まらなかった。
恥ずかしかったけど、疲れている僕はどうでもいいやと思って目を閉じて寝ているふりをした。
秀子はそれが大きくなっていることに気づいていた。
でも気づいていないフリをして太ももをマッサージしていた。

しかし、しばらくしてついに「伊藤くんの大きくなってる」と指摘された。
僕は「そこも、こってるんだよ」と冗談できり返した。
すると秀子は笑いながらあれに“さわっ“と触れた。
ほんの一瞬だった。
僕はすごく興奮した。
そしてすごく変な雰囲気で時が流れた。

秀子は笑いながらあそこの周辺をマッサージしてくる。
僕の心臓はバクバクしている。
目が充血してるんじゃないかと思うほど興奮していた。
僕は我慢できなくなってお願いした。
心の中ではそれまで何度もお願いしていたんだが。
「あそこももんで」
秀子は笑いながら2,3回あそこをズボンの上からこすってくれた。
「あっ」僕は思わず声が出た。
・・・そしてまた、触ってもらえない時間が過ぎた。

「もう一回お願いします」
僕はどす黒く疲れた血がすべてあそこに集中して行くような気がした。
またさわさわっと触ってくれた。
秀子は笑っている。
ぼくはもう理性を失った。
あの時僕は秀子にキスをしただろうか。
それとも秀子の彼氏に悪いと思ってキスはしなかっただろうか。
それさえも思い出せない位興奮していた。

僕はズボンをずらした。
あそこはパンツ一枚で覆われているのみ。
秀子は触ってくれるだろうか。
まな板の鯉のようにして待った息の荒さから秀子も興奮してきているのがわかる。
ぼくのあそこを見て興奮してきたのだろう。
さっきまでの笑いもなくなった。
そしてついにパンツ一枚越しで触ってくれた。

今度はなんどもこすってくれた。
きっと先走り汁がパンツにしみているに違いない。
しかしそんなことはもう関係ない。
僕は秀子のほうに手を伸ばした。
最初は頭とか顔とか触っていたけど、ぼくはおっぱいに触りたかった。

疲れている腹筋を必死で使って体を起こすと秀子のおっぱいを服の上から触った。
今までの経験からして拒否されるかと思ったがそのまま触らせてくれた。
秀子はしっとりしてきている。
女の子が同意してくれた時になる柔らかくなるようなそんな感じだ。

おっぱいは想像したとうり大きめだった。
DかEくらいのやわらかめのおっぱい。
服の中にも手をいれて乳首を触る。
二人ともはあはあしていた。
汗でしっとりしている。

僕はついにパンツを脱いだ。
今度はすぐに触ってくれた。
直にだ。
やっぱり先走り汁がたっぷりとでていた。
ぬるぬるしている。
すごくはやく動かしてくれるので僕はこのままいきそうだった。
もうこのままいって寝よう。
そう思っておっぱいを触るのをやめてもう一度あお向けに寝転んだ。
その時、にゅるっ!とした感じが亀頭の辺りにあった。

「えっっ」て僕は思った。
まさかなめてくれてる?「えっ、もしかしてなめてくれてるの?」秀子に聞いてみたら「うん」て。すごく感動&興奮した。
それからはぺろぺろと丁寧になめてくれて。
一生懸命こすってくれた。
僕は「今度はいつか秀子の事気持ちよくしてあげるからね」といいながらいきそうになっていた。
秀子は硬いのであそこを触らせてくれたりしないだろうと考えながら。

「秀子のを今度いっぱいなめてあげるからね」
そういいながら僕は秀子にあそこをべろべろになめられていってしまった。
すごく気持ちよかった。
疲れていた割には大量に出た。
ちょっと顔にかかったかもしれない。

ティッシュで後始末をしたあと、僕は秀子がいとおしくなって少しの間抱きしめていた。
しばらくすると秀子が恥ずかしそうに「気持ちよくして」といってきた。
秀子は裸を見られるのを極端に嫌がるので、僕は電気を消してあそこを触った。
すごくぬれていた。
暖かいヨーグルトが500g分あそこにかかっているような。
白いにゅるにゅるの感じ。

ぼくは女の子をいかすのは得意なのでめちゃめちゃ気持ちよくしてあげた。
最初はパンティーの横から指をいれて栗ちゃんを触って。
でもすごくぬれていたのでいつもと勝手が違った。
秀子はすごく乱れた。
がっくんがっくん体を動かす。
僕は約束どうりあそこをなめてあげた。

秀子は最初ためらったが、少し力をいれると股を開いた。
いっぱいくりちゃん重視でなめてあげるといったようだった。
僕たちはそのまま抱き合って寝たが朝起きると秀子はいなくなっていた。
秀子とはそれいらいそういうことはしていない。

次の日学校で友達に指摘されて気づいたのだが、首の辺りに何箇所もキスマークができていた。
たぶんなめてあげている時につけられたんだと思うんだけど女の人ってわけわからなくなって夢中でキスまーくをつけてしまう人がいるんだなあ、と思った。

おしましです。
その後は大学卒業して秀子はその彼氏と結婚。
落ち着いた生活をしていると思います。


  
[ 2017/07/30 ]   妻・恋人・彼女 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
携帯で見る
QR
RSSリンクの表示
にゅーえろ・新着記事
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
アクセスランキング
人気記事ランキング 一週間
ブログパーツ