禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    マニアック >  性感マッサージされた上に突きまくられて、もうどうにも止まらない人妻(1)

性感マッサージされた上に突きまくられて、もうどうにも止まらない人妻(1)

ある日、いつものようにフィットネスクラブでのトレーニングを終えてシャワールームへ向かおうとしていた亜紀は、ふと背中から滝沢の声に呼び止められた。
「ええ。今お試しキャンペーンをやっておりまして、女性会員の皆様にお勧めしているんですよ。それで、よかったら篠原さんもどうかなと」
滝沢は、女性のガードを緩める好青年の笑みを顔いっぱいに浮かべながらそう言ってくる。

動画紹介☆体験談に近い動画もきっとあるはず!


夫に心底惚れている亜紀は笑顔一つでときめいたりなどはしないが、やはり警戒や嫌悪感などは抱かずに滝沢と向き合った。
「うーん、でもお代金が……ただでさえ主人に無理を言ってここへ通わせてもらってるのに、この上また余計な出費をしちゃうのはちょっと……」

「いえいえ、ご心配なく。キャンペーン中ということで、初回の料金はサービスとさせて頂きます」
「あら」サービスという単語に、主婦としての本能が思わず反応してしまう。
 
「オイルを使ってマッサージすることで全身の血行をよくして、新陳代謝を活発にしたりホルモンバランスを正常にする効果があります。ご存知でしょうが、それらは美容を保つ上でとても重要な要素ですね」

どうしようか、と迷っていた亜紀に、次の滝沢の言葉が止めを刺した。
「綺麗になってお宅に戻れば、きっとご主人も喜ばれますよ」数十分後。

フィットネスクラブのとある一室に、白いビキニに身を包んだ亜紀の姿があった。
シャワーと着替えを済ませた後、ここで待っておくようにと言われたのだ。
4畳半ほどの部屋にナイロン生地のマットが敷かれただけの簡素な部屋で一人、亜紀はほんのりと顔を赤らめる。

(マッサージのためなんでしょうけど、ずいぶんと生地の少ない水着……)
これに着替えておくように、と手渡されたのは、決して自分では選ぶことのないような露出度の高いビキニだった。
胸の部分は下着のようにすっぽりとバストを覆うものではなく、三角の布地が先端部分とその周囲をわずかに隠すだけのものだ。

下もヒップの両脇で紐がくくってある、いわゆる「紐パン」と呼ばれるデザインのもので、何かの拍子で少し引っ張られただけではらりと落ちてしまいそうで何とも頼りない。
(まあ……マッサージの先生に見られるだけなんだし、いいんだけど)
きっとこれからやってくるのは、よくテレビに出ているような、亜紀よりは少し年上の、美容のことに詳しい女性のマッサージ師なのだろう。
そんなふうに思っていた亜紀の予想を裏切って――

「篠原さん、よろしいですか?失礼しますよ」
「えっ?」そんな声とともにドアを開けて中に入ってきたのは、亜紀をマッサージに誘った滝沢本人だった。
黒いブーメランパンツの上にパーカーを羽織っただけの姿で室内に入ってきた滝沢に、どうしていいのか分からず亜紀はおろおろとしてしまう。

「あ、あの……マッサージって、滝沢さんがさせるんですか?」
「え?そうですけど、どうかなさいましたか?」
滝沢は、何故そんなことを問われるのか分からないといったふうに首をかしげた。
その反応で、亜紀は自分がひどく失礼なことを言ってしまったのだと思ってあわあわと手をふってごまかす。

「い、いえいえ、なんでもないんです。すみません、それじゃあよろしくお願いします」
夫以外の男性の目にこんな姿を見られて、さらには今から全身をマッサージしてもらおうというのだから抵抗がないわけはないが、亜紀は心の中でそんな気持ちを押しとどめる。

(そうだわ。滝沢さんは善意で勧めて下さってるのに……そんなことを思っちゃ失礼よ)
滝沢はまだ怪訝そうな顔をしていたが、やがて気を取り直したようにいつもの笑みを浮かべて亜紀に近付いてくる。

「では、お時間もあまりないでしょうし早速始めましょう。篠原さん、そのマットに俯せになってもらえますか」
出来るだけ何も考えないようにしながら、亜紀は言われた通りに俯せになる。
剥きだしになった鎖骨から下腹までがひんやりとしたマットの感触とくっついて、なんだか落ち着かない。

「っと。すみません篠原さん、言い忘れていました。首筋のマッサージも致しますので、髪をまとめて頂かないと……なんでしたら私のほうでさせて頂きますが、よろしいですか?」
「あ……そ、そうですよね。ごめんなさい、あたしも気がつかなくて……お願いします」

答えてから、男の人に髪を触られることになる、と気がついたが、時既に遅し。
滝沢は慣れた手つきでてきぱきと髪をまとめて白い亜紀のうなじを露出させると、あらかじめ用意していたらしい髪留めをぱちんと留めた。
不思議と、抵抗はなかった。

「では篠原さん、始めさせて頂きますね」
「少しひんやりするかもしれませんが、最初だけですのでご辛抱くださいね」決まり文句なのか、慣れた口調で滝沢は言う。
何かを手に取ったような気配がしたが、俯せになった姿勢からでは何をしているのかを窺い知ることはできない。

そして――「ひゃっ?!」思わず背中をぴくんと跳ねさせてしまう。
あらかじめ言われていても、ひんやりとした液体が首筋から背中にかけて落ちてくる感触に、人一倍敏感な亜紀が耐えられるはずもない。
「すみません。驚かせてしまいました?」
「い、いえ……あたしこそすみません……」
笑いの混じった声で滝沢に言われて、別の意味の羞恥で顔が熱くなる。

この時点でもう、ほとんど裸に近いような姿を滝沢の前で晒すことに対する抵抗はどこかへ消え去ってしまっていたのだが――亜紀自身、そのことには気付かない。

「では、失礼しますよ」その声と同時に、滝沢の手がそっと首筋に触れてくる。
さすがにその瞬間には亜紀も身を固くしたが、滝沢の手つきには一切いやらしいものなんてなく、まさに手慣れたマッサージ師そのものといった手つきだったので、すぐに亜紀は脱力してそれを受け入れてしまった。

「痛かったりくすぐったかったりしたら遠慮せずに言って下さいね」
ゆっくりと、滝沢の手が亜紀の首筋から方に滑っていく。
そうして腕の付け根から二の腕までを手のひらで包むように撫でたあと、また同じように首筋まで戻っていく。
その動きが何度か繰り返されるうちに、日頃の家事で凝り固まった肩の筋肉がほぐれていくようで、思わず「はあっ」と吐息がもれた。

男に触れられているのだということも忘れ、亜紀はその感触に身を任せる。
ただ、一つだけ気になったのは――「あの……滝沢さん。このオイル、なんていうか……ずいぶんとぬるぬるしているんですね?あたし、マッサージ用のオイルって言うと、もっと水みたいにさらさらしてるのかと思ってました」
そう。
今マッサージに使われているのは随分と粘度の高い液体だった。
オイルというよりもむしろローションと言ったほうがしっくりくるかもしれない。

実を言えば、先ほどから亜紀は以前に夫と試したローションプレイを思い出しそうになるのを必死に留めていたのだ。
「ああ、ええ。そういったもののほうが一般的ですね。うちのはちょっと特別製なんです。すみません、事前に言っておけばよかったですね」
申し訳なさそうに言われて、思わず慌ててしまう。

「いえいえ、別に嫌とかじゃありませんから。ちょっと疑問に思っただけですから……」
「よかった。なら続けさせて頂きますね」
ひとしきり肩のラインを撫でたあと、滝沢は次に肩胛骨から背筋にかけてのマッサージにかかる。
この頃には最初ひんやりしていたオイルも亜紀の体温ですっかり温められて、なんだかぬるま湯に浸かっているような心地だった。

「はあっ……」無意識に吐息がもれる。
夫以外の男には決して見せないような無防備な姿。
それをすっかり滝沢にも見せてしまっていることに、亜紀はやはり気付かない。

やがて、マッサージの心地よさ以外の感触が亜紀の中で芽生え始めたのは、滝沢の指にほっそりとした脇腹から背筋を何度も撫で上げられた時だった。
「あ……ん……」ローションのようなオイルがたっぷりとまぶされた敏感な肌の上を、ぬるぬると男の指が滑っていく。
徐々に性感が高まって言ってしまうのは無理もないことだった。

(あ、あ……だめよ、亜紀……感じたりなんかしたら、滝沢さんにも失礼だわ)
不思議と、夫のことは頭に浮かんでこなかった。
滝沢の手つきはあくまでもマッサージ師としてのそれで、だからこそそんなものでマッサージで感じてしまう自分がひどくいやらしい女に思えてくる。
このまま続けられたら、もっと恥ずかしい姿を見せてしまうかも知れない。
そんな不安が脳裏をよぎった。

(一旦止めてもらった方がいいのかしら……でも、なんて言ったら……あたし、別に痛いわけでもくすぐったいわけでもなくて……)
滝沢は最初に「痛かったりくすぐったかったりしたら言って下さい」と言った。
でも今亜紀が感じているものはそのいずれとも違う。
そう、さすがに認めてしまうのは抵抗があるが、はっきりと言ってしまえば「気持ちいい」のだ。
だから何と言って止めたらいいのかが分からない。

「気持ちいいからやめてください」なんて言ったら、変に思われるに決まっている。
「はい、ではお足のほうにかからせてもらいますね。またオイルを足しますので、ちょっとひんやりしますよ」
敏感な脇腹への愛撫(実際はマッサージなのだが、亜紀はもはや愛撫としか感じられなかった)から解放されたと思ったのもつかの間、今度は足の裏にオイルが垂れてくる感触にびくりと体を震わされる。

たっぷりと亜紀の足にオイルをまぶしたあと、それを塗りたくるように滝沢の指が亜紀の足を這い回る。
足の裏から甲、つま先、そして指の股までねっとりと触れられて、血行がよくなるのを感じるのと同時に、再び亜紀の中でいけない感触がぞわぞわとせり上がってくる。
「あぁん……」マッサージの心地よさと同時に与えられるその感触に、どうしても抗うことが出来ない。

滝沢の指が足首をたどり、ふくらはぎを何度もさすっている間も、その感触は引くどころかどんどんせり上がってくるばかりだ。
そしてゆっくりと這い上がってきた男のざらついた指が太ももの裏側をなでて、ヒップの際にまで触れてきたとき、亜紀は思わずぴくんと体を跳ねさせてしまった。

「……?どうされました、篠原さん」
訝しげな滝沢の声が聞こえて、かあっと顔が熱くなる。
(あたしったら、マッサージでこんな……)
やっぱり、自分はひどくいやらしい女なのだろうか。
軽い自己嫌悪に陥りそうな気分だ。

「続けて大丈夫ですか?」気遣わしげな滝沢の声。
少し迷ってから、亜紀は「はい」と答えた。
やはり何と言って止めたらいいのか分からないのと――何より、本音ではもっと続けてほしかったのだ。
マッサージの「心地よさ」
と性感の「快楽」の入り交じったこの感触に、亜紀はもうすっかり虜になっていた。

亜紀の返事をうけて、滝沢は手の動きを再開させる。
太ももからビキニラインの際までを無遠慮になぞり上げられても亜紀の中にもう抵抗感は生まれなかった。
(あぁん……気持ちいい……)夢見心地で、亜紀は滝沢に与えられる感触にどっぷりとはまり込む。

まるでそれを象徴するように、亜紀の背中も足もローションのようなオイルにどっぷりとまみれていた。
「では、お腹のほうのマッサージに移らせて頂きます。仰向けになって頂けますか?」そう言われて、大人しく従う以外の選択肢は亜紀の中にはなかった。
マットの上でくるりと体を回転させて仰向けになる。
そうするといきなり目の前に滝沢の顔が現れて、思わずどきりとしてしまった。

(やだ……あたし……)顔が赤らんでいたりはしていないだろうか。
息が乱れたりはしていないだろうか。
マッサージで感じてしまういやらしい女なんだと思われたら、もうこのフィットネスクラブにはこられなくなる。

そして何より、このマッサージをもう続けてもらえなくなる――そう思って、亜紀は必死に平静を装った。
それを悟ったわけではないだろうが、滝沢は美容師が髪を洗うときにするようにそっとタオルを亜紀の顔にかぶせた。

ほっと息をつきながら、亜紀は首から鎖骨にかけて触れてくる滝沢の手を受け入れる。
再びオイルを垂らせて亜紀のバストから腹部までをもぬるぬるでいっぱいにしてから、滝沢の指はゆっくりと下りてくる。

その指が形をなぞるようにバストの周囲をつうっと辿ったとき、一瞬だけ脳裏に夫の顔がよぎったが――(これはマッサージ。そう、単なるマッサージなの)そう思って、すぐにそれを打ち消した。

「バストの形を整える効果のあるマッサージです。しばらくご辛抱ください」
言って、滝沢の指はバストの谷間から周囲を縁取るように何度もなぞってくる。
亜紀の中を、むずかゆいような、もどかしいような、形容のし難い感覚がぞわぞわと駆け上がってくる。

(ああ、もういっそのこと触れてくれたらいいのに……)
ほとんど無意識のうちにそんなことを思いつつも、別のところでは「乳首がたってしまっていないか」と心配になる。
タオルを顔にかけられているおかげで表情を見られることはないが、その代わりに自分の体が今どうなっているのか見て確かめることが出来ない。

至上に甘美のようでいて、これ以上ないほどの拷問のようなその時間がすぎて、今度はバストの下から脇腹にかけてねっとりと触れられる。
すうっと這い上がってきた両手が同時に亜紀の腋をくすぐるように撫でたとき、思わず「ひゃあっ」と声を上げながらびくんと体を跳ねさせてしまった。

その拍子に、顔を覆っていたタオルがはらりと地面に落ちた。
「あ……」一瞬、滝沢と目が合う。
間違いなく頬が赤らんで、目がとろんとなっているその表情を、まともに見られてしまった。

「すみません、くすぐったかったですね」亜紀が何かを言う前に、滝沢は表情一つ変えずにそう言って再びタオルで亜紀の視界をふさいだ。
あまりにもその口調が平坦だったから、亜紀はもう何も言えなくなってしまう。
そして今の一瞬、ほとんど無意識に亜紀は滝沢の黒いブーメランパンツに覆われた股間部分を見てしまった。

そこはまったく隆起したりする様子もなく、滝沢の声と同じく平静を保っていた。
自分だけが昂ぶっているのだと思うと、ますます頬が火照ってくる。
それでも、もうやめてくれとは言えなかった。

滝沢の手はみぞおちからお腹のマッサージへと取りかかる。
下腹まで下りてきた指は、ビキニラインに触れるぎりぎりまで止まらない。
恥毛の生えているところのすぐ上までをもなぞられて、いよいよ亜紀の中を駆け巡る感触は激しさを増す。
体の奥が熱くなって、触れられた下腹がじゅんと疼いた。

(あ、だめ……)ほんのりとだが、亜紀の女性がオイルとは別の液で濡れてきているのが分かる。
下腹をなぞられてるたびに、それは量を増していく。
(だめ、だめよ……)今はビキニでわずかに恥部が隠れているだけの格好だ。
愛液を流したりしたら、すぐに気付かれてしまう。
そう思って留めようとしても、自分の意志で止められるものではない。

ましてや与えられるのは性感だけではなく、亜紀を脱力させるマッサージの心地よさも含まれているのだ。
抵抗しようにも、どうにも体に力が入らない。
そっちばかりを気にしていたら、ふいに滝沢の指が亜紀のへそに入り込んで来た。

「あっ……」ぞわり、と先ほどまでとは違った感触が体を駆け巡る。
「おへそのマッサージはホルモンバランスを取る上で効果があると言われています。くすぐったいかもしれませんが、ちょっと我慢してくださいね」亜紀のヘソの中で、ゆっくりと滝沢の指が動き始める。
窄まりにたまったオイルが、くちゃくちゃと粘着質な音を立てる。

(やだ……これって……)その音、そして滝沢の指使い。
まるきり、秘所を責められているような感触だった。
「ん、ん、ん……」我慢しようとしても、どうしたって声がもれてしまう。
秘所から溢れ出る愛液は、もうどうしようもなくなっている。
滝沢は何も言わない。
ただ淡々とへそを刺激し続ける。

彼はどんな表情をしているのだろう。
タオルに塞がれた視界の向こう側を亜紀は想像してみる。
ただ、仕事として表情ひとつ変えずにマッサージに専念しているのだろうか。
あるいは亜紀が感じてしまっていることに気付いていて、呆れているのだろうか。
それとも――

「では、足の方に移らせてもらいますね」
へそへの責めは唐突に終わり、今度は足への責めが開始させる。
裏のときと同じようにまずは足先から。
そこからすねを辿って膝小僧を撫でて、滝沢の手はつうっと内股に入り込んでくる。
「あ、だめっ」思わず声に出して、滝沢の手を制してしまう。

直接に性感を刺激させるところに触れられるということよりも、今そこを見られたら――「大丈夫ですよ」落ち着き払った声と共に、滝沢の指は亜紀の内股を伝ってビキニラインの際どいところにまで触れてくる。

そんなところに触れられている羞恥、そしてそれ以上に――
「大丈夫です。女性がこうなってしまうのは当然のことなんですから」
(ああ……)
決定的な一言を聞かされて、それでも自分が軽蔑されなかったことで、激しい羞恥と安堵が入り交じった複雑な気持ちが亜紀を支配する。
そんな亜紀の内股を、滝沢の指は何度も何度もなぞってきた。

「あっ、ん、んぅ……」滝沢の動きは、ビキニラインの際、亜紀の女性に触れるか触れないかの瀬戸際のところに集中しはじめた。
それを不審にも思わず、亜紀はただ与えられる感触に体を震わせる。
その口からはもうはっきりとした喘ぎがもれていたが、滝沢は何も言わない。
亜紀のそこは、直接触られてもいないのに愛液とオイルでもうぐしょぐしょだった。

どれくらいそれが続いただろうか。
亜紀の息がすっかり荒くなって、体が完全に火照ってしまった頃、それを見計らったかのようなタイミングでふいに視界を覆っていたタオルが取り除かれた。
「あ……」蕩けきった表情を見られる……と心配する前に、思わず絶句してしまう。
いつの間にか滝沢は羽織っていたパーカーを脱ぎ捨てて水着だけの姿になっている。

そしてその水着に覆われた股間は、先ほどとは打って変わって隆々と隆起していた。
そのサイズたるや――(な、なんて大きいの……)思わず、そこから目が離せなくなる。
誇張ではなく、亜紀の知る夫のものと比べると太さも長さも二倍はあるのではないかと思った。

表面積の少ない水着は限界まで引き延ばされて、今にもはち切れそうだ。
(あ、あんなの……)身の危険をおぼえてしかるべき状況なのに、亜紀はマットから身を起こすことすらせずにその威容に釘付けになってしまっていた。
「篠原さん」だから、滝沢がぬうっとのしかかってきた時も、逃げることなんてもう出来なかった。

動画紹介★体験談に近い動画もきっとあるはず!


[ 2017/08/08 ]   マニアック
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
携帯で見る
QR
RSSリンクの表示
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
アクセスランキング