禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    マニアック >  残業後に空きフロアで女子社員と生ハメSEX

残業後に空きフロアで女子社員と生ハメSEX

後輩の陽子とセフレになった。
姉御な外見からは予想外のプチマゾっぷりに、いつかは社内プレイをと熱望していた。
だけど土日も誰かがかならず出てる我が社、なかなかそんなチャンスもなく悶々としてた。
ある日、まだ社内に4割は人が残ってる中、珍しく俺と陽子両方残業してました。
10時半を過ぎ、陽子から「今日行ってもいいですか」と携帯にメールが。
あと少しで俺も上がれたので、空きフロアの当ビル最上階で待っててと返事。
「10分だけ待ちます」との返事にwktkしながらエレベーターを降りると真っ暗。
陽子は柱の陰からこそ~っと出て来た。
どうやらこのフロアは後輩達がだべるのに使ってるらしいがそんな事は興奮材料。

残念ながら陽子はパンツスーツだったが、夜景の見える窓辺に誘い、むっちりした腰に手を回した。
陽子もエロい期待にwktkしながら、腰に触れる俺の手の温もりを楽しんでたらしい。
で、いきなり陽子の豊満な尻を右手で鷲掴んだ。

「やっ。ちょっ!」陽子は、後輩が来るかもしれないのに、いきなりそれはないとビックリしたらしい。
構わず俺の右手は巨尻をなで回し、鷲掴んでこね回す。
最初は知らん振りして夜景をみていた陽子だったが、尻の割れ目を俺の指がつうっとアナルまで滑った瞬間、「あっ…」と小さく啼いて背筋を反らした。

俺の指はそのままアナルを優しくくすぐりつつ、たまにちょっと押込んだりした。
陽子が背筋を反らしたまま俯いてるので、ちょうど尻を突き出した状態。
だんだんと息があらくなってくる陽子。
左耳を甘噛みしたら、潤んだ目で俺を見上げるのでガッとキスして舌を入れた。

陽子は我慢できない様子で俺の息子をさすりつつ熱烈にキスに応じて来る。
左手で胸を荒く揉み、性感帯の乳首を軽く指で挟む。
キスで塞いだ口からくぐもった喘ぎ声があがる。

きりのいいとこで耳に俺の唇を移し、耳の中をゆっくり舐め回しながら陽子の後ろにまわる。
左手はカットソーの首もとから突っ込んで乳首を弄りつつ右手でパンツのファスナーを下ろす。
ボタンに指が掛かった時はさすがに抵抗した陽子だが、乳首を摘みあげておとなしくさせ、飾り気のないショーツに右手を突っ込んだ。

ヘアをサワサワしてると陽子の腰がモジモジしだした。
俺は意地悪して臍や腰、足の付け根に右手を派遣。
左右の首筋を交互に舌で押すように舐めつつ左手は乳首を弄っていた。
「誰かっ・・・来たらどうっ・・・するん・・・ですかぁっ」我慢しながら囁く陽子の声に俺の息子もギンギン。

「参加してもらう?秘密を共有してもらえばいいやん」と努めて普通に応える俺に必死な目をして陽子は首をブンブン振った。
「あっ、そう」至極残念そうに言う俺に、「ヒロシさんだから・・・っ、いいんですぅ・・・っ」なんてかわいい事を言ったので、ご褒美に栗を突然摘んでやった。

「ひゃっ!」いきなりの栗攻撃に、陽子の膝がガクッと落ちる。
スーツを濡さないようにパンツを半ケツまで下ろし、今度は後ろから栗を攻撃。
窓枠に両手を付いて体を支え、陽子は声が出るのを必死で堪えてる。

尻も太腿もピクピク震え、だいぶ感じてるのがよく判る。
陽子を振り向かせ、窓辺に軽く腰掛けさせ、俺は更にパンツを下ろした。
夜景の灯で、陽子の白いむっちりした下半身が真っ暗な廊下に浮かび上がる。
眼鏡をかけた気の強い女が、ジャケットを着たまま豊満な下半身だけを俺の前にさらけ出している。

しかもいくつか下のフロアじゃ、まだ同僚、上司、後輩がパソコンに向かっている。
少し繁ったヘアの下は、暗い中でもぐちょぐちょに濡れているのが判る。
アナルまでしっかり垂れて、5分は弄っていたクリは充血してるようだはっきりいってありえないくらい興奮した。

上気した顔で、マゾらしく懇願するように俺を見る陽子。
この場でぶち込もうかと思ったが、残念ながらゴムがない。
陽子は生ダメなので、ディープキスと同時にぬらぬらのマソコに指2本を突っ込んだ。
「んうっ!!」陽子は俺がGスポとポルチオの快感を教えこんでる。
いきなりGスポに中指が当たり、一気に逝ったらしい。
ギュウッと膝が締まってくるが、身体を割り込ませて手マンを始める。

中指でGから入口までを擦り上げるようにビストン。
奥まで入れても中程の段差の一番落ち込んだ所は中指でグリグリしつつ、腟奥を人差し指でくすぐる。
いつもならこの繰り返しににクリ舐めが加わるけど、陽子の視界を塞がないと嫌がるのでこの時は無し。
蒸れた陽子のマン臭は好きなので残念だったが。
一度逝ってるので、陽子の身体はビクビク痙攣している。

「んうっ!んふっ!はっ!んん~っ!」キスで塞いだ口からはくぐもった喘ぎが絶え間なく漏れ、どんどん大きくなって来る。
ピストンをゆっくりから徐々にスピードアップさせ栗を親指で刺激する。

止どめに、左手で胸を鷲掴んで荒々しく揉み、カットソーの下から差し込み直して乳首を強く摘み上げた途端、「んぐぅ~~っ!!」弾かれたように両足を突っ張り、陽子は絶頂を迎えた。
ちょっとだけ潮も噴いた。

薄く白目になって力の抜けた陽子をヒンヤリした床に下ろす。
少し身動ぎした時、くちゅ・・・とやらしい音がマソコからした。
俺は仁王立ちし、息子を陽子に突き出した。
虚ろな表情でゆっくり息子を握ると、陽子は犬のように舌を出してカリの裏から舐め始めた。

そのままカリを口に含み、スロートを始める。
少しずれた眼鏡が卑猥さを更に増す。
我慢汁でカリはもうベトベトだった。
「すっごいお汁出てるぅ・・・しょっぱいぃ(笑)」上目遣いにいやらしく微笑みながら、鈴口を舌先でチロチロしてくる陽子。
おっしゃる通り、俺の息子は爆発寸前。
カリもありえない程パンパン。

「すっごい先がおっきくなってるよぉ・・・」
手コキしながら喘ぐように言う陽子の眼鏡に二日分のザー汁をブチまけようかと思ったが、より気持ちいい口内に出す事にして陽子の頭を両手で固定する。
まだディープスロートは出来ないので、上口蓋のヒダにカリを擦り付けるようイラマチオを始めた。

陽子は犬のお座り状態で必死に俺の息子を吸っている。
半分方ずり落ちた眼鏡を直す余裕も無い様子に俺も限界を迎えた。
「いっくっ!全部飲めよ!」もう陽子に気を配る余裕などない。
中腰でHGはきつかったが、ガスガス腰を振って陽子の喉奥にザー汁をブチまけた。

「んーっ!んっんっ!」
最後の一滴が出尽すまで息子を奥に突っ込んだまま、腰から這い上がる快感に俺は酔い痴れていた。
中腰で。
陽子は必死に嚥下して、ザー汁を吸い取っている。

息子を口から抜こうとすると、俺の尻に抱き付いてスロートを始めた。
改めてゾクゾクした快感が腰から這い上がって、思わず腰が砕けそうになる。
「は・・・ぁん・・・すっごいいっぱい・・・」
口角からちょっと垂れた汁を指ですくってベロリと舐めるその表情は、下手なAVなぞ足許にも及ばないエロさだった。

口から溢れた唾液を拭い、マソコを拭いて身支度をした陽子に、俺はちょっと意地悪に、「明日掃除のおばさん、この陽子の汁見てなんておもうかな~」といって見た。
「え?・・・あーっ!やぁ~ん」しゃぶってる間も興奮してたのだろう。

マソコがあった辺りに手の平大の水溜まりができていた。
拭こうとする陽子を制し、「俺のズボンに潮噴いた罰~」といって上がってきたエレベーターに陽子を押込んだ。

その後は我が家に陽子を連れ込み、遅い夕飯の後1時半までセクロスしました。
社内プレイはシチュエーションに超興奮するので、次こそは、支店長席でやるぞ~!とチャンスを伺っている。


  
[ 2017/08/09 ]   マニアック | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
携帯で見る
QR
RSSリンクの表示
にゅーえろ・新着記事
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
アクセスランキング
人気記事ランキング 一週間
ブログパーツ