禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    学生時代 >  子供の頃、近所の行かず後家のおねえさんに手コキしてもらった

子供の頃、近所の行かず後家のおねえさんに手コキしてもらった

おれは小6の時に自慰の手ほどきをされた経験ありです。
残念ながら友達のお母さんではなく、近所の行かず後家さんが相手でしたが。
SEXまではともかく、大人の女性が少年に悪戯するシチュって結構ありそうな気がするんだけどね、でもリアルでは聞いたことないな。
かなりレアな経験だったのかなぁ?その女性はご近所さんでね、なぜか6年くらいになってから、けっこうよく話すような関係になってたんだね。
ちょいポチャでね、子供心にもけっこう可愛い人だなぁとは思ってたけど、なにせ当時30歳ぐらいだったし恋愛の対象とかじゃ全然なかったですよ。

あ、でも当時おれの母親から、その人は中学くらいまで夜尿症が治らなくて親が随分悩んでた、とかいう話を聞いて、何か知らないけど変に興奮した記憶がありますね。

だからやっぱり、おれも少しは意識してたのかも知れないね。
あ、それで肝心な話ね。ある日、その女性から家に誘われたんだよね、おいしいお菓子があるとかそんな理由だったと思うけど。

で、お菓子食べながら雑談してるうちに、なんか話題がエッチ系になってね、もう自分でしてるの?とか聞かれて、してないって言ったら教えてあげようか?とか何とか、そんなような会話だったかな。

まあ後は想像通りってことで。とにかく自分で自分にビックリした、っていうのが正直な感想だったね。

そのお姉さん(でいいよね?。オバさんじゃ興ざめでしょ。)は、丸顔で髪型はショートだったですね。
たしか白系の薄地のワンピースを着てましたよ。
洋服越しに、胸の膨らみとか腰の肉付きとか、結構わかるんですよね。
女性らしい身体つき、って言うんですかね。

同級生の女子や母親なんかとは、柔らかさが違うって、そんな感じに見えたのを覚えています。
そうそう、話題がエロ話になった時にね、時々お姉さんが照れたような表情を見せるんですよ。
それが嬉しくてねぇ、もう自分の知ってる限りのエロトークを仕掛けましたね。

もっとも六年だから、たいした知識も無くて、やれ公園でカップル見て勃起したとか、男は立つけど女は濡れるんだよね、とか、せいぜいその程度の会話ね、よく覚えてないけど。
ただね、「お姉さんはセックスしたことあるんでしょ?」って聞いたのは鮮明に覚えてる。

「どんな感じだった?」
とか「気持ち良いんでしょ?」とか、色々と聞き出そうとしたけどはっきりとは教えてくれなかったよね、まあ当たり前だけどさ。

しかし子供ってのは大胆だね。
大人じゃ絶対に聞けないような事でも、平気な顔して聞くんだからさ。そんな感じで結構おれの方が精神的に優位な雰囲気っぽかったんだけどさ、話題がオナニーの話になったあたりから、何となく立場が逆転してきたんだよ。
おれは知識は多少あったけど精通はまだだったしね。

もう自分でしてるの?って聞かれたあたりからしどろもどろでさ、やり方は知ってるの?って聞かれて言葉につまってたら、教えて欲しいのかな?なんて言われてね。
もう完全にお姉さんのペースなんですよ。

それで、スボン脱いでここで仰向けに寝て、なんて言われたけど抵抗があってねぇ。
当時おれは、ちょうどオヒゲが生えはじめの頃でね、ホントに人に見られたくない時期だったんですよ。

でも結局、好奇心が恥ずかしさに勝ちまして。、素直にズボン脱いで仰向けに寝たわけです。
これから触ってくるのかな、って思ってたら、パンツも脱いで、なんて言われちゃってさ、もうどうにでもなれ、みたいな感じで脱ぎましたよ。

そしたら自分で触ってみて、って言われたんだよね。
てっきり触ってもらえると思ってたのに、自分でやれって事なんだよね。
まあでも、お姉さんの言うとおりに手を動かしてたら、すぐに勃起したんだけどね、でも、そこから先がうまく出来ないんですよ。

言われたとおりに手を動かしてるんだけど、なにせコツがわかってないもんで。、なかなか射精まで到達しないんですよ。

まあそういうわけで、おれは二つ折にした座布団を枕にして、畳の上に仰向けに寝転んで、ズボンとパンツを足首まで下ろして、勃起したペニスを握ってたんだ。
お姉さんはすぐそばで、両膝を揃えて座っていたんだ。
両手を膝の上に置いて、背筋を伸ばして、おれの股間を凝視してたわけだな。

「まだ無理なのかな」なんて呟いた気もするけど、実はよく覚えてない。
悪戦苦闘するおれの姿を見て、お姉さんは何を思ったのか、すっと立ち上がるとおれの真横まで来て添い寝をしてくれたんだ。
座布団を外して、お姉さんの右手が、おれの頭の後ろに来たんだ。
腕枕状態だな。

ちなみに当時は、おれよりお姉さんのほうが10cm以上大きかったと思う。
お姉さんは、おれを抱きしめてくれた。
つつまれる感じがした。
おれの顔が、お姉さんのオッパイに埋まるような状態。

ワンピース越しの膨らみは、柔らかかった。
スッとお姉さんの手が、おれの股間に伸びきた。
おれの勃起したペニスを優しく握ってくれた。
自分で触るのとは全然違う感じがした。

お姉さんは握った手を動かすのではなく、ただ握る力を強めたり弱めたりするだけだった。
それが気持ちよくて、おれのペニスはピンピンに固くなってきて、何となくお尻の穴の筋肉がムズムズしてきて、ペニスがピクピク動くような感覚がした。
こんなの初めての感触だった。

おれのピクピクした感じが、お姉さんの手に伝わったんだと思う。
お姉さんは手の動きを変えた。
今度は握ったまま、ゆっくり上下に動かしてくれた。
何だか知らないけど、おれの両足がピンと伸びた。
足の指先までピンと伸びた。
ふくらはぎと太股の筋肉に力が入った。

何かタマ袋の後ろの方がビビっと動いて、そこからペニスの中のほうに何かを送り込んだ感じがした。
それがペニスの中を通って先端に駆け上る感じがした。
おれのペニスが大きくピクっと動いて、中から熱いモノが飛び出したんだ。
ピクッピクッ、と同じ動きを4回ぐらい繰り返して、体の力が急に抜けた。
ああ、射精したんだな、って思った。

お姉さんは何も言わなかったけど、ただ息遣いは荒くなっていた。
呼吸をするとオッパイの膨らみが揺れた。

おれは意識的にお姉さんのオッパイに顔を埋めた。
お姉さんの汗の匂いがした。
女の匂いがした。


  
[ 2017/08/17 ]   学生時代 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
携帯で見る
QR
RSSリンクの表示
カリビアンコム
Aランク以上の豪華な女優陣
ぶろにゅー・新着記事
にゅーえろ・新着記事
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
アクセスランキング
人気記事ランキング 一週間
ブログパーツ