禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    人妻・浮気・不倫 >  お尻のでかい高齢熟女とカーSEXして中出し

お尻のでかい高齢熟女とカーSEXして中出し

介護施設で働いています。仕事場は、中年のおばさんヘルパーとお年寄りばかり。
その中で五十路の高齢ヘルパーの順子さんは身長も150ちょっと位で肥り気味。
日本人特有のお尻が大きなアンバランスな体格で決して美人の部類ではなく、大人しいおばさんです。
俺は45歳の妻帯者です。
仕事柄話はよくしています。


そんな時、仕事が夜9時頃までかかり、終わる頃は2人だけになった。
「今日は本当に疲れたね。すぐ帰らないといけないの?」と聞くと順子さんは「夫が帰るのはいつも12時頃だから帰ってもしばらくはテレビを見ているだけです」
と言うので、途中でコンビニで2人分のサンドイッチとジュースを買って、夜の河川敷きの公園までそれぞれの車に乗って行きました。

順子さんは軽四輪、俺は8人乗りにワンボックスカーです。
公園の駐車場について、順子さんは俺のワンボックスに来て、後ろの座席に2人並んでサンドを食べました。

食べ終わって横を向いて順子さんの胸を見ると、着ているセーターの両方の胸の乳首がぽつんと盛り上がっているのを見て、触ってみたい衝動にかられてしまった。
ちなみに、妻はスレンダーな女で裸にしてもほとんど胸のふくらみはない女です。

順子さんを抱きしめて片方の胸を鷲掴みにすると、彼女はびっくりした様子で「えっ?どうしたんですか?だめですよ。奥さんに叱られますよ。」と。

俺は「もうそんなやきもちを焼く様な妻ではないし、順子さんのやわらかそうな胸は最高だよ」というやキスをしました。

最初は顔を横に向けて拒否しているようでしたが、かまわず、舌を入れたりしていると全く抵抗することなくされるがままのようでした。
俺の下半身が勃起していつのを感じ、順子さんのスカートの中に手を入れました。

少し腰を動かせて拒否しているようでしたが、かまわす奥に手を入れパンティーの感触を味わうと、俺は急いでズボンとトランクスを脱ぎ、順子さんに蔽いかぶさるように上に乗りました。

シートを倒し、ベットのようにして、順子さんのパンティーを脱がせました。
両脚の間に俺の身体を入れ、勃起したペニスをあてがうと、運よく彼女の秘部にあたり一気に腰を沈めると、なんの抵抗もなくすんなりと奥まで挿入出来ました。

順子さんの顔を見ると目を閉じて少し口を開いていました。
もう抵抗されることはないと確信した俺は「どう?このまま腰を動かしてもいい?」と聞くと彼女は黙ってうなずきました。

妻とセックスしたのはもう半月前位だったので、俺のペニスはいつになく元気でした。
彼女の中もかなり濡れているのがよくわかり、腰を動かしているとぴちゃぴちゃと音が聞こえるくらいでした。

射精感を感じ「気持ちいいよ。もう我慢できない。中に出してもいい?」と聞くと黙ってうなずきました。
俺は何度もなんども射精しました。

終わった時は彼女はすっかり両脚を開きぐったりとしていました。
彼女が「もう帰らなくては?」と言うので、改めてキスをすると今度は彼女も舌をからめて来ました。

別れ際に「順子さんとのセックスは最高だったよ。また・・・したいな?」
というと「・・・でもみつからないかしら?お互い家庭があるから・・・」と。

俺は一度セックスした優越感から「もう、こんなことしたくないの?」
と言うと「いじわるね。そんなこと聞いて・・・。すごくよかった」と言って自分の車に乗り込み帰って行きました。

翌日、職場で顔を合わすと、いつになく親しみのある顔で「おはようございます」とだけ言った。

その日廊下ですれ違う時、片手を広げお尻を撫でると「ダメですよ。人に見られると・・・」と小さな声で彼女が言った。
俺は「今夜も会える?」
と聞くと「6時半ごろにあそこで待っています」と。

その晩は俺の方から下半身裸になって、彼女の顔の前にすでに勃起したペニスを突き出すと、彼女は眼を閉じてぱくりと咥えてくれた。
しばらく咥えてもらった後69姿勢になって彼女の両脚を開き、秘部に口を持って行き、舐めたり吸ったりしているともう思いきり両脚を高く上げ、
「ああ・・・いい・・もっと吸って・・・」と、とうとう喘ぎ声まで出して来た。

普段からは想像もできない順子さんの卑猥な表情に、その晩も昨日射精したばかりなのにたくさんの精液を彼女の中に出しました。

関連記事



  
70才の義母
隣県にいる70才の義母が我が家に遊びに来て数日泊まって帰ることになった。
僕が車で送っていった。途中県境の峠道にラブホテルが林立していた。
その看板を見て義母が言った。「今の若い人達はいいわねえ。私なんかこんな所1回も入ったことないわ」
僕がふっと言った。「どうですか、1回見て見ますか」
義母は「そうねえ、冥土の土産に見てもいいわねえ」と言った。
1軒のラブホテルに入った。義母は目を見開いて興奮していた。
僕は冷蔵庫からビールを出して義母に勧めた。僕は運転するからとジュースを飲んだ。




ビデをつけてアダルトビデオを見た。運良く義母と娘婿の絡みのものだった。
義母は声も出ずに凝視してビールをがぶがぶと飲んだ。
「お義母さん、どうですか、僕らもこのビデオのようにしてみませんか」
「バカ、何を言うの、冗談は止めて」
「いえ、本気ですよ。お義母さん、まだ若いですよ。僕、抱きたい」
抱き締めて口を吸った。あらがった義母の口に舌をこじ入れて絡ませた。
胸をまさぐって揉んだ。ややしなびかけた乳房が膨らんできて義母の抵抗が弱くなった。
片手を股間に伸ばしてあそこをまさぐった。義母の両足がだんだん開いてきて、あそこに指を入れた。
動かしているうちに中が濡れて来た。
義母の手を僕の勃起したもののところに持って来てそれを握らせた。
一瞬、躊躇していた義母は、それをつかんでしごいた。
もう大丈夫と義母を裸にして僕も裸になった。
義母の両足を押し広げてクリトリスを舐めた。義母は悲鳴を上げた。のけぞった。
挿入して動いていると義母はあんあんと声を上げて遂に逝ってしまった。











[ 2018/06/06 21:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する