禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    学生時代 >  寝起きドッキリで見てしまった後輩女子の超興奮の姿とは・・・

寝起きドッキリで見てしまった後輩女子の超興奮の姿とは・・・

大学のさーくるの夏合宿で民宿に泊まったときの話。
早朝に男3人で女性3人部屋に寝起きドッキリしに行こうという話しになった。
そして、早朝、俺たちは作戦を決行した。
女子の部屋に行くと案の定1回生の女の子たち3人が寝ていた。
狙いはサークル1綺麗で可愛い子。
その子は身長150後半で細く色白で子顔。男からもめちゃくちゃ人気があった。
部屋に息を殺しながら入ると、女の子3人が寝ていた。
前日は遅くまで呑みをしてたので、電気もつけっぱなしで寝ていて、荷物も散乱。
ひどい有様だった。

ターゲットの子は、布団に抱きつくように横になって寝ていた。
衝撃を受けたのはその子はキャミソールにパンツの姿で寝ていたこと。エロ過ぎて振る勃起で心臓バクバク。

生パンツはピンクがかった色でサイズは小さめ、ちょっとうつぶせ気味になっていた。
もっと衝撃的だったのは、パンツが小さすぎるのか、派手にずれて色々はみだしていたこと。

俺らは息をのみながらその姿を見た。
3人とも振る勃起していたのは言うまでもない。

じっくり顔を近づけてみたら、パンツが異常に食い込み、ちょっと茶色がかったピンク色っぽい感じのアナルが半分ちょっとはみだしていたのが目についた。

アナルの周りには一つほくろがあったのと、穴まで鮮明に見えたのが印象的だった。
俺ら3人は綺麗なアナルに魅入ってしまった。こ
の時点で心臓バクバク。

それと、マンコもはみ出していた。
ビラビラが少しはみだし、あと少しで割れ目も見えそうな状態だった。

ビラビラはちょっと茶色がかったピンクで非常に綺麗だった。
本当に小さく、上品でとても綺麗だった。

もうこの時点で俺らは我慢汁垂れ流し状態。
サークルの綺麗な後輩のマンコと、普段絶対に見れないアナルが目の前にある。
もう死んでもいいと思った。

ちょっとずらしてマンコ全開にしてみたかったが、起きたらまずいのとチキンなためにできなかった。

とにかく無防備な姿で寝る彼女はとても綺麗で可愛かった。

ついに彼女を起こすことにした。
彼女の肩を叩いて起こした。
すると、彼女は眠そうにこちらを見た。

状況がつかめてないのか、布団を首まで被って仰向けになって目をこすりながらこちらをみている。
とても可愛い。そして次の瞬間、状況が飲み込めたのか、彼女はガバっと起きた。

起きたと同時に俺たちの目の前には凄い光景が目に入った。
彼女は目をこすりながら
「なんですかーどうしたんですかー」
とか細い声でこちらに話しかける。

彼女の服は乱れ、Cカップの左右のおっぱいが完全に露出していた。
彼女が寝ぼけて状況を理解できていないのと、夏の強い朝日のおかげでおっぱいの様子を鮮明に確認できた。

まず、真っ白なおっぱい全体は非常に形がいい。
ツンとした感じで乳首も見えていたし、産毛も白っぽく光って綺麗だった。

乳輪は500円玉より少し小さいぐらいで、ちょっとぷつぷつがあった。
色は茶色がかったピンクで非常に綺麗。
乳首のサイズもバランスが取れている感じだった。

乳首の先端の穴というか割れ目も鮮明に見えてエロかった。
何故か左の乳首は若干陥没気味だった。

彼女は目をしきりにこすっていたので、おっぱい全体がプルプル震えていた。
かなり至近距離からおっぱいを観察して、10秒ぐらいだったかな?
それぐらいして男の一人が指摘した。

男は彼女の右乳首の先端を至近距離で指を刺して指摘したので彼女が少し動いたときに指が乳首に触れておっぱいがムニっとなっていた。うらやましい。

指摘された彼女はすぐに布団を被り、ちょっと暴れて、何故か小さい声で「見えました?」って行った。
この顔が非常に恥じらいがあって可愛く、萌えまくった。

俺が「うん、綺麗だった」って言うと彼女は
「恥ずかしい・・・・死にたい」
といって布団で顔を隠した。

汚い部屋で近くにブラが落ちてたので持ってこれどうするの?と聞いてみた。
すると彼女は飛び起きてささっと何故かおしりの下に敷いて隠した。

そのとき、彼女はM字開脚のようになった。
さっき暴れたせいか、下半身が凄いことになっていた。

パンツが食い込み、ずれて、毛が半分ぐらい露出していた。
毛は薄め?なのだろうかマンコの上部に少しあるだけに見えた。
使い古したパンツなのだろうか。ゆるくなっているみたいだった。

マンコもきわどいが、割れ目ぐらいまで露出し、茶色っぽいビラビラは完全に露出。
クリトリスを覆う皮も若干見えていた気がする。
小さいマンコだった。
両端を持ってくぱぁと開きたかった。

結局パンツを露出していることに気づき声にならない声を出して布団を被った。
他の女も俺らがごたごたしているのでおきてしまって、部屋から退散。

それ以来そのこはサークルを辞めてしまったが、非常にいい体験だった。
今でもずりねたである。



  
[ 2017/10/30 ]   学生時代
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
携帯で見る
QR
RSSリンクの表示
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
アクセスランキング
人気記事ランキング 一週間
ブログパーツ