禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    マニアック >  ひょんなことで性欲強すぎる女と知り合い、夜の公園でエッチした

ひょんなことで性欲強すぎる女と知り合い、夜の公園でエッチした

就職して上京してきたんだけど、正直、会社とアパートの往復しかしない毎日。
昼は従食。夜はラーメンとか、テキトーな定食屋とか。
そんでその後、近くのコンビニで次の日の朝飯にパンとかおにぎり買って帰るのが日常なんだけど、その日はちょっと早く仕事が終わったものだから気分がよかった。
で、たまにはこじゃれたカフェでも行ってみようかと、通勤途中にいつも見かけるけど入ったことはなかったカフェに行ってみたんだ。

好きなときに好きな動画が見られるDMM月額動画 毎月3百本更新。全5万本が見放題

慣れてないから、どもりながらもなんとか注文すませて席に座ってみたら、机の上には手帳型のカバーがついたスマホが置いてある。

あー……誰か席とってたのかな?って思って、見渡してみるけど、そもそも平日の夜で店内はすいているから、わざわざ席をとってから注文する人もいないだろう。

しばらく待ってみたけど、誰もこないし、悪いと思ったけどスマホの中を見てみることにしたわけ。
本人情報っていうのかな?電話番号とか、名前とか、そういう情報のところを見ようと思ったんだよ。
そしたら、自宅の電話番号とかにかけて、忘れ物って知らせてあげられるかな、って。

だけど、スマホをつけてしばらくして、間が悪く、ラインがきたんだ。
しかもメッセージがポップアップされて、丸見え。

「この間はありがとう。今度は5000円でどうかな。いつもの時間に、○○公園のトイレで」
って、どう見てもやばいだろ、これは。

好奇心でライン画面を開いたら、何人とやってるんだってくらい、男、男、男。
売春してるとか、どんな女だろう。ってちょっとスマホの持ち主に興味がわいてきて、そのままスマホをテーブルに置いたまま夕食を食べていたら、公衆電話からの着信。

「もしもし、私、そのスマホの持ち主なんですけど」
「あぁ、カフェに置いてありましたよ。まだ閉店まで時間ありますし、よかったらここで待ってましょうか?」
いい人ぶって、精一杯優しそうな声で提案してみたら、
「ほんとうですか?ありがとうございます、すぐに向かいます」
って。

もう楽しみすぎて、ズボンはいてるのが苦しいくらいにパンパンになってきた。
しばらくして、ビシッとスーツを着こなした長身の真面目層な女の人が店内に入ってきたけど、まさかあの人じゃないだろう…って思ってたら、まっすぐこっちに向かってくる。

「ありがとうございます、何かお礼を」
って譲らないもんだから、店を出たすぐ近くの公園の自販機で、コーヒーをおごってもらった。
すぐそばにあったベンチに腰かけて、話しかけてみる。

「すみません、電話番号とか手掛かりになるものないかなってスマホを見たときに、ラインを見ちゃったんだけど」
瞬間、公園の街頭の薄暗い明かりでもわかるくらいに顔真っ赤にしてるの。

スーツとかもそうだけど、見た感じがすごい真面目だから、ギャップがやばいくらいそそる。
「お金困ってるの?」
「違うんです、あれはただ、副業っていうか…好きでやってるっていうか……。あの、もしお望みなら、お礼ってことで……しましょうか?口で、ですけど……」

ちらちら目をそらしながらそんなこと提案されて、勃起しないわけない。
人に見られたら困るからってトイレに誘われたけど、正直、公園のトイレとかニオイが気になって集中できないわけで。
ドーム状の中に隠れられる遊具に入って、ぬいてもらうことになったんだけど。

これがもう、興奮しすぎてやばいんだ。
長い髪を耳にかけながら、よだれをまんべんなく塗り付けて、スムーズにピストン。
さすが、慣れてるだけあって、めっちゃ気持ちがいい。

裏筋を舌でなぞりながら、頬の内側をぴったりペニスに張り付けるくらいの強さで吸って、そのままの状態でピストンされて、童貞かってくらいの早さであっけなく射精。

忙しくて、彼女がいなくて溜まってたってのもあるけど、相当な量が出たみたいで、彼女の口から零れた精子が、ブラウスの襟元を汚してしまってた。

「ごめん、クリーニング代出すよ」
財布を出そうと慌ててカバンを手繰り寄せようとしたら、
「これくらいいいです。悪いと思ったのなら、お詫びに最後までしてくれません?」
嘘だろ?って思って彼女を見ると、にこっと笑ってポケットからゴム取り出すとか、準備よすぎて。

なんかわけがわからないまま、そのままそこで、パンツを横にずらして挿入。
久しぶりのセックスだったこともあるけど、初対面で、しかも割と美人で、野外でってことに興奮しすぎて、すごくよかった。

セックスが終わって、お互い無言でごそごそ服装直して。
もうすっかり冷めてる缶コーヒーを開けて、そこで一服。

「私、彼氏とかはめんどくさいから嫌なんですけど。人一倍性欲が強いみたいで。普段はフェラしたこと思い出して自分で夜ひとりでするんですけど、やっぱりセックスって気持ちいいですね」

「それに、ここ、この遊具。日中はたくさんの子供たちが遊んでるんですよね。そんなところで、こんなこと……興奮して、なんか今までで一番気持ちよかったです」

って照れくさそうに笑うもんだから、今までに何人のペニス咥えてきたんだよってのも忘れて、ときめいてしまった。

その後付き合ったとか、そんなことはないけど。
今も週1くらいのペースで、いろんなところでぬいてもらってます。

5万本のAVが毎日見放題 プレイガールチャンネル・月額2800円


  
[ 2017/11/10 ]   マニアック | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
携帯で見る
QR
RSSリンクの表示
にゅーえろ・新着記事
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
アクセスランキング
人気記事ランキング 一週間
ブログパーツ