僕を看病してくれる母に欲情して中出ししてしまった

0 Comments
takesi
正5くらいの時だったと思います。僕は、高熱を出して寝込んだことがありました。その時、お母さんはとても優しく看病してくれました。
すごく寒気がして、お腹も痛くてとてもつらかったのを今でも覚えています。寒がる僕のために、夜は僕の布団に一緒に入って、温めたりお腹をさすったりもしてくれました。
その頃のお母さんは、いつもピンク色のパジャマを着ていました…。

動画紹介☆体験談に近い動画もきっとあるはず!

パジャマは少し小さめで、ピチピチでした。そのせいで、おっぱいやお尻など肉体のラインが、パジャマの上からもはっきりとわかります。

キツく締め付けられたおっぱいが、開いた胸元から今にもこぼれそうで、胸の谷間は、より強調されていました。

お母さんは腕枕をして、脚で僕の脚を挟むようにして温めてくれました。
僕の目の前に、たわわなお母さんの胸の谷間が広がっていました。汗ばんだおっぱいの膨らみ…。

僕の目は、そこに釘付けになりました。思わず下半身が熱くなって、チンチンが痛くなりました。勃起したのです。

お母さんの様子をうかがうと、 すやすやと寝息をたてていました。

僕は手を伸ばして、恐る恐るお母さんのおっぱいに触れてみました。心臓がドキドキして、今にも口から飛び出しそうでした。

柔らくて温かくて、むにゅむにゅと弾力のあるおっぱい。そろそろと手を動かして、吸い付くようなお母さんのおっぱいを弄りました。

次に僕は、お母さんの太ももに挟まれた僕の脚を、ゆっくりと動かしていきました。

お母さんの太ももを脚で割るようにして、膝をお母さんのあそこに押し当てました。ゆっくりと動かして、お母さんのあそこを触りました。

くにゅくにゅとしたあそこの感触。
僕はもう何度も射精していて、パンツの中はドロドロでした。

僕はわざとパジャマのズボンを少し降ろして、パンツもずらし、勃起したチンチンを露出しました。

僕がまた、お腹が痛いというと、お母さんの手がお腹のあたりをさすってくれました。もう少しでお母さんの手がチンチンにあたりそうでした。

もっと下が痛いと言うとお母さんの手はちょうどチンチンのあたりをさすってくれました。

ビンビンに反り返った僕のチンチンの下にお母さんの手が入りました。お母さんの手の甲の上で、チンチンはピクピク痙攣しました。
お母さんの手がピタリと止まってしまいました。

慌てて、痛い痛いと言うと、またお母さんの手が動き出しました。
お母さんの手が、僕のチンチンに触っている…。

ぬるぬるのチンチン…激しく勃起してピクピク痙攣するチンチンに、お母さんの手の甲がこすれて…頭の奥が痺れるような快感が…。

そこから先は記憶にありませんでした。寝てしまったのかどうか…。

元々高熱があった上に、異常な興奮をしてしまいましたから…。けれどその夜以来、僕はお母さんに対する性欲に取り憑かれてしまいました。

お母さんはその頃30代後半でした。
それまではあまり気付いていませんでしたが、友達のお母さん達と比べても若く見えました。

小柄だけど、痩せても太ってもいない、肉感的な体つきをしていました。
顔は演歌歌手の五代夏子をキツくしたような感じ。いつも眼鏡をかけていました。長い髪は普段は後ろで丸くまとめていて、よくよく見れば綺麗でした。

僕は、お母さんの胸の膨らみや張りのあるお尻のラインが気になって仕方ありませんでした。

シャツの襟元からのぞく胸の谷間や、スカートから時折みえる太もも。シャツから透けるブラジャーのライン。スカートやズボンに包まれた丸いお尻に浮かび上がるパンティライン。僕はお母さんを見つめて、四六時中勃起していました。

部屋に忍びこんで、お母さんのタンスの下着の引き出しを漁りました。入浴中には脱ぎたての下着にも手を出しました。
オナニーをする時、僕は必ずお母さんの事を考えるようになりました。

はじめの頃、お母さんの下着は木綿の大きめで質素なものばかりでしたが、だんだんベージュや黄色といったカラフルなものが増えてきました。

素材も絹製の小さなものに変わり、フリルや飾り、刺繍などが付いた色っぽいものになっていきました。いつしかボディスーツやスリップなども加わり、多彩な下着は僕を楽しませてくれました。

中*生になりたての頃、お母さんに遠くの塾に連れて行かれました。帰りは夕方で、電車は満員でした。自然、僕の体はギュウギュウに押されて、お母さんの体に密着します。

お母さんのおっぱいが、変形するほど僕に押し付けられてきて、僕は激しく興奮しました。

満員電車の中で、お母さんはくるりと後ろを向きました。
今度はお母さんのお尻に僕の勃起したチンチンがあたりました。

お母さんはその日、ベージュのスーツ姿にズボンをはいていました。その日も僕は、暇さえあればお母さんの肉感的なお尻を包むズボンを眺めていました。

そのお尻の谷間の真ん中に僕の勃起が押し付けられました。僕はわざともっと、チンチンをお母さんのお尻にこすりつけました。

お尻の谷間に挟まれてシゴかれているみたいで、僕は立て続けに射精しました。パンツの中はドロドロです。

身動きするのも大変でしたが僕は少し体をずらして、お母さんの両脚に片足をめりこませました。

太ももの上のほうが、お母さんのお尻にあたります。電車の振動に合わせて、小刻みに太ももを動かして、お母さんのお尻を触りました。

それからの僕は、ますますエスカレートしていきました。

僕は思いっきて、お母さんたちの部屋に盗聴器を仕掛けました。
特にお父さんが出張でいない夜などは、寝ずに聞き入っていましたが、なかなか思うような音は聞けませんでした。

しばらくして、僕はまた風邪を引いて学校を休みました。朝、まだお父さんが出勤前の時間。

「おいおい、正幸が寝てるんだろ?聞こえちまうぞ」
「大丈夫よ。正幸、正幸っ…ほら、聞こえたりしないわ」
僕は慌ててヘッドホンをつけ直しました。

「はーっ、はぁ、はぁっ、はーっ」
「今日はいつになくイヤらしいなぁ、どうしただ?んっ…」
「あ、はぁぁっ…あんっ…も、もっと、もっとぉ…あんっ、あ゛あっ」

「そんなに声を出したら、本当に聞かれちまう…ぞ」
「あんっ、だっ大丈…夫、正幸っ…ま、正幸、きっ聞こえたり…しないわよねっ…あふっ、ああ゛っ」

「ど、どうしたんだ急に?こ、こんなに乱れてっ…す、凄いじゃないか?」
「あ゛、あ゛い、いいっ…あんんっ」
「ほ、本当に聞かれち…まうぞっ…」

「あ゛ーっ、だ、だめっ…い、いいっ…すっ…スゴいいっ…はんっ、あんんっ」
僕の名前を呼びながら、乱れまくる卑猥なお母さんの痴態…僕は無我夢中でオナニーに耽りました。

それからまたしばらくして、お父さんが出張でいない日が3日ほどありました。
もちろん僕は、寝ずに盗聴器に聞き入っていました。その初日の夜。

「はぁっ…はっ…は…あぁっ…」

とうとう、待ちに待って瞬間がやってきました。間違いありません。お母さんのオナニーです。今夜、お母さんは一人で寝ているのですから。

カサカサという衣擦れの音の合間に、確かにお母さんのあえぎ声が聞こえました。
「ぁっ…ぁ…ぁぁっ…ぁふっ…んんっ」
静かな闇の中に、クチュクチュという卑猥な音まで、はっきりと聞こえました。

僕は、とめどなく溢れる精液にまみれて、狂ったようにチンポをシゴき続けました。

「はっ…うぅ…き、来てっ…め、めちゃめちゃに…してぇっ…」
「ま、正幸っ、来て!」

?キ・テ…?   
ボ・ク・ノ・ナ・マ・エ?

思わず耳を疑いました。僕は今、本当にその言葉を聞いたのだろうか?
それとも気のせいだったのだろうか?

頭のなかは、ぐるぐるぐるぐる自問自答を繰り返しました。張り裂けそうな胸の鼓動もあいまって、僕はどうしたらいいかわからなくなってしまいました。

けれど僕はいつの間にかふらふらと部屋からさまよい出て、お母さんの部屋に近づいていました。扉の前で、中の様子をうかがいました。

なぜか物音まとつ聞こえません。おそるおそるドアノブに手をかけました。
けれど、どうしても開けることはできませんでした。

僕は慌てて部屋に戻って、またオナニーに耽りました。
僕はお母さんのこれまでの行動から、既にある考えに取り憑かれていました。

でも万が一、万が一僕の考えが間違っていたら…それは取り返しのつかないことになります。恐ろしくて、僕には、一歩を踏み出しす勇気がありませんでした。

朝になり台所に行くと、お母さんは料理をしていました。

いつもより短めの黒いタイトスカート。動きまわると、今にもお尻が見えそうです。

眩しいほど白い薄手のワイシャツ。第3ボタンくらいまで開けた胸元からは、胸の膨らみがチラチラ覗きます。薄手だから、スリップの模様まで透け透けです。

いつも舐めるように見つめる僕も、その日ばかりは目の遣り場に困りました。

僕はそそくさと朝食を済ませ、家を出掛けました。学校にいても、昨夜と今朝のお母さんの姿で、頭のなかは一杯でした。

僕は今日、出かける前に部屋中にエロ本やAVを散らかしてきました。
全部、今まで集めた母子*姦や熟女モノです。精液で汚したお母さんのパンティも、わざと見つかり易いところに置きました。内緒で写したお母さんの写真も。

僕は帰ってきてすぐ部屋の扉を調べました。貼り付けてあった髪の毛が外れていました。お母さんのパンティやエロ本も、微妙に位置が変わっていました。
お母さんは今日、確かに僕の部屋に入って、これらを見つけいます。

その日僕は、夕食を済ますとすぐに部屋に戻りました。
ズボンもパンツも脱いで、部屋の扉を少し開けておきました。わざと扉の隙間から見える位置に座って、待ちました。またすらに待ちました。

汚したお母さんのパンティ。母子*姦モノのエロ本、お母さんの盗撮写真。
あの夜や電車での痴*まがいの僕の行動。そしていま見せつけた僕のオナニー。
僕の気持ちは、もう十分過ぎるほどにお母さんに伝わった筈です。

夕食の支度や片付けの間中、僕はお母さんの体中を食い入るように眺めてしまいました。

襟元の大きく開いたピチピチのシャツと揺れるおっぱい。時々まくれるミニスカートの裾からは、お母さんのパンティがチラチラと見えました。

まるで僕を挑発するような、露出度の高さ。
妖しく光る真っ赤な口紅。

お母さんは、片付けが終わるとすぐにお風呂に行きました。
しばらくするとお風呂場から僕を呼ぶお母さんの声が聞こえました。

「ご、ごめんなさい。お母さん、バスタオル忘れちゃって…持ってきてくれない?」

浴室の曇りガラス越しに、お母さんの影が見えました。全裸のお母さんのボディラインです。

部屋からバスタオルを持って、僕は浴室の扉を開きました。
バスタオルを渡すふりをして、お母さんの裸を見ることができました。
濡れそぼった大きなおっぱい、雫のしたたるモジャモジャの陰毛。初めて見るお母さんの裸。

「あ、ありがとう」
お母さんはくるっと背中を向けてしまいましたが、後ろ姿やお尻も堪能して、僕は扉を閉めました。

僕はもう射精していました。
僕は、今夜こそお母さんの部屋に行くことにしました。
そして、お母さんと…。

僕はお母さんがまだお風呂から上がらないうちに、急いでお母さんの部屋に忍び込み、押し入れに隠れました。

息を殺して待ちました。
ドアが開く音がして、床がなりました。僕は唾を飲んで、ほんの少し開いた隙間から覗き込みました。

お母さんは裸をバスタオルにくるんで鏡台の前に立っていました。はらりとバスタオルを外すと、鏡にはお母さんの全裸が移し出されていました。

大きくてツンと先がとがったおっぱい。黒ずんだ乳首。くびれた腰つき。アソコにはモジャモジャの陰毛。

お母さんは自分の手で、おっぱいをもみはじめました。眉をしかめ、唇を歪めたお母さんのその姿は、たまらなく淫らでした。

乳首を指先でつまみながら、もう片方の手でアソコの茂みをかきわけるお母さん。
「は、あ…ああっ、くぅっ…んんっ、あんん…」
ゆっくりと腰をクネクネと動かしながら、茂みの奥の指先は蠢いていました。

クチュ、クチュッ、クチュクチュ…

「あ、あの子ったら…あっ、あんなイヤらしい目つきで…あたしをっ…んふっ、あっ、はぁぁ…」
「ぁぁ…か、体中に…まとわりつく…あの視線…、い、イヤらしいっ…ね、粘りつくような…あの目つき…ま、まるでっ…さ、触られ…てるみたいっ…」

僕はたまらずに押し入れから飛び出しました。
驚いたお母さんの表情。一瞬凍りついて、慌てて両手で体を隠そうとモジモジするお母さん。

それはまたたまらない眺めでした。

僕は、チンポを丸出しにして、シゴきながらお母さんに近づいていきました。
お母さんは手でアソコやおっぱいを隠しながら、部屋の隅に後ずさりました。

「正幸っ、な、何してるのッ!なっ何してたのッ!ちょ、そんなもの…し、しまいなさいッ!は、早くッ」

全裸のお母さんを目の前にして、異常なまでに怒脹した僕のチンポは、ビクビクと痙攣して、我慢汁でヌラヌラと光っていました。

お母さんの目が、ここに釘付けになっているのがわかりました。

「お母さんがいけないんだ。そんなイヤらしい肉体して。僕 をわざと挑発して。こうして欲しかったんだろ?お母さん。いまだってオナニーしてたじゃないかっスケベな顔をして」

「なっ、…ち、違うわッ、正幸、これは…ち、違うの…ね、や、やめなさいっ…いい子だから…お、お願い」

ここまで来たらもう僕は後にはまけません。僕は構わずお母さんに、にじりよりました。するとお母さんは床に正座して僕の手を掴みました。

「ね、ほ…ほら、昔みたく、膝まくらをしてあげる…わ」
お母さんは僕の頭を抱え込んで膝に抑え付けました。

お母さんの乳房や乳首が、じかに顔に当たります。頭を捻ると、秘密の茂みが目の前にありました。

「ね、ちゃんと…言うこと聞いて…ちょうだい。ほら、大人しくして…」
僕はお母さんの手を掴んで、勃起したチンポを握らせました。最初は抵抗していましたが、やがておずおずとですが、強く握り締めてきました。

「あぁ…あぁ、だ、だめょ…お母さんにこんなもの…さ、触らせて…は…早く手を…離しな…さい」
「痛いッ!お母さんッ!チンポがぁッ…痛いよっ!」

僕はチンポを握らせたお母さんの手で、チンポをシゴかせました。
「えッ!あ、ああ?だ、大丈夫?」
お母さんは慌てて自分からチンポをシゴいてくれました。

「ああ、そっ、そうしてくれるとっ…痛くなくなるよっ…あッ!ああッ!お母さんッ!!」

お母さんの手でシゴかれているうちに、僕は射精してしまいました。
お母さんの手も、精液でヌルヌルです。射精しても、僕のチンポはまたたく間にまた勃起しました。

頭を上に上げて、お母さんの乳首に吸い付きました。

「あッ!!ちょ、や、やめなさいっ…やめてぇぇ…っ」

チューチューと強く吸って、時々コリコリする乳首を噛んだりしました。

「はっ…ぁぁ…くっ、や、やめなさいいっ、ああああっ…」
「お、お母さんッ!が、我慢できないよ!チンポ、チンポなめてッ!お願い…ちゃんと言うこと聞くから!」

「き、今日だけ…今日だけ…よ…。一度だけ…。んんっ…」
お母さんの前に立ち上がって、勃起チンポを顔に押し付けました。お母さんは髪の毛をかきあげてから、僕のチンポを舐めてくれました。

唇から舌がチロチロと出て、丁寧に舐めたあと、パクリと僕のチンポをくわえました。

眉をしかめ唇いっぱいにチンポを頬張るお母さんの顔。
「お父さんのチンポも、そうやってしゃぶるの?」
いっそう眉をまそめて、僕の顔を見上げて、チンポをくわえたまま左右に顔を振りました。

僕たちまちのぼりつめて、また射精しました。
お母さんが咳き込んでチンポを離した隙に、のしかかって押し倒しました。

「だめッ!だめ!や、約束…でしょ!や、やめてぇぇ…!」
「ち、違うよ、お母さん、何もしないから…抱きしめて…お願い」

ふっとお母さんの力が抜け、優しく抱きしめてくれました。僕はすかさず膝をお母さんの両脚に割り込ませ、胸に顔をうずめました。

優しく頭を撫でてくれるお母さん。

「お母さん…おっぱい…吸ってもいい?」

「…い、いい…わ。や、優しく…ね」
一瞬考えてから、お母さんは許してくれました。

僕は舌を伸ばして、乳首をチロチロと舐めました。唇に挟んで、乳首を引っ張ったりしました。

「…っ。…、っ…」僕は膝をゆっくりと動かして、お母さんのアソコをこすりあげました。ジャリジャリとした卑猥な茂みは、次第にじっとり濡れてきました。

お母さんの腰が、膝にあわせて動きはじめました。
僕は乳房をねぶりながら、激しく膝を動かしました。

お母さんの手が、今度は自分から、僕のチンポを握りました。強く握って、激しくシゴきました。

僕はお母さんのアソコに手を伸ばしました。ヌルヌルの茂みの奥に、生温かい唇がまクまク蠢いていて、僕は指を突っ込んでかき回しました。

「あ゛ぁッ…まっ…ん、い、いやぁぁ…んっ」
お母さんはだらしなく両脚を広げ、僕の手の動きにあわせ腰をクネらせました。

「あ…は…そっ、そんなっ…ら、らめぇ…っ、んんっ…」
僕はもっと激しくお母さんのおまんこをかき回しました。

お母さんは、ビクンビクン痙攣して、足を広げたまま、ぐったりしていました。激しい息づかいに上下する胸に、汗が妖しい光を放っていました。

お母さんのおまんこは、パックリと唇を開き、ピクピク痙攣していました。
夢にまで見たお母さんのおまんこ。今、僕の目の前に無防備に開かれた、お母さんのおまんこ。

僕は、そそり立つチンポを握り締めて、お母さんのおまんこに押し付けました。
ヌルッと、導かれるようにおまんこに飲み込まれた僕のチンポ。

異変に気がついて暴れるお母さんを抑え付けて、僕は射精をしました。

何度も何度も、お母さんの膣の奥に、精液を流し込みました。

関連記事
takesi
Posted bytakesi

Comments 0

There are no comments yet.