禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    姉・妹 >  姉ですが、酔った威勢で弟とお風呂に入ったら7連発しちゃった

姉ですが、酔った威勢で弟とお風呂に入ったら7連発しちゃった

私は、一月前から実の弟と肉体関係を持っています。
きっかけは、両親が海外旅行で家を明け、弟と二人きりの留守番生活の中で起きました。
私は今年OL二年生で、弟はまだ大学生です。
母は父が経営している会社の役員なので、普段から家にいることはなく、幼い頃から私達姉弟は鍵っ子として育ちました。

私が小3のときには、3歳だった弟の母親代わりとして、食事やお風呂の面倒まで一応見れるようになっていました。
なので今回も両親の旅行中に弟の面倒を見ることは、ごく当たりまえのことでした。

両親が出発した日、夕食の用意をしていると、弟が
「せっかく親が居ないんだから今夜はワインで乾杯と洒落ようよ」
とおどけた様子で、父のワインを一本勝手に抜いて持ってきました。

私達は二人で乾杯したあと、幼い頃の思い出話しに大いに盛り上がりながら、何度かグラスを傾けているうちに、二人とも真っ赤な顔になって、いい気分に酔いがまわってきました。

「俺って小さいとき、ほんとにお姉ちゃんがお母さんだと思っていたときがあったよ」
「だってこぼしたご飯は拾ってくれるし、毎日お風呂に入れてくれて体や髪をごしごし洗ってくれたり、泣いて帰ってきたときなんか、まるで親みたいに抱っこしてくれたよね」

「いつかお姉ちゃんが、もう一人で洗えるでしょ、と言って、一緒にお風呂に入ってくれなくなって、もうどれくらいになるかな…。また、ごしごしと髪なんか洗ってもらいたいなア」
「なーんちゃって」というような会話をしているうちに、私は酔ったはずみで、
「よーし、ケン君が恥ずかしくないんだったら、いっちょう、ごしごし、やってやるか」
と言ってしまいました。

「ホント!お姉ちゃんこそ恥ずかしくないの?」
私は「何言ってんのよ、親代わりだよ!恥ずかしいわけないじゃない」とこたえて、私はバスルームの支度をしました。

私が先に湯船に浸かっているとすぐ後から弟が入ってきました。
久しぶりに見る弟の体は以前とは違って、すっかり大人の男の体になっていました。

私は、それを見て自分が動揺していることを弟に気づかれないように必死でした。
そして、平気な顔をして昔のように、弟の体をごしごし洗っていると、弟のちんこが段々大きくなってきました。
それは昔の弟からは想像できないほど立派で逞しい大きさと硬さで、上に反り返っていました。

私は思わず生唾を飲み込んでいました。
私は恥ずかしくて弟の顔を見ないようにして「ここもちゃーんときれいにしとかなきゃ」といいながら泡立てた両手で優しく包み込むようにして洗い始めました。

そして、ますます硬さを増していくちんこを見ながら、こんなに大きいのが入るのかしら、こんなのを入れられたらどうなってしまうのかしらと思っていました。

気が付くと、私は、弟のちんこをしごいていました。
「あ、気持ちいい」と弟は体をビクンとさせました。
私は手のひらから伝わってくる熱さに全身を包まれるような錯覚を感じました。

私は、一旦、シャワーで泡を落とし、照れくさそうにしている弟の前に膝まづき、そのまま弟の股間に顔をうずめて、フェラをしました。
舌でゆっくり嘗め回して袋や玉も丁寧に舐めてあげました。

私は喉の奥に届くまでゆっくりと深く含みました。
弟は「気持ちいい、お姉ちゃん気持ちいいよぉ」と呻いていましたが、私の喉の奥の肉襞に突き当たった瞬間
「出ちゃう、出るっ」といって放出しました。

勢い良く噴出してくるものを、しっかり受け止め、飲みこんでしまいました。
驚くほどに大量の放出でした。

一度出して落ち着いたのか「こんどは俺がお姉ちゃんの体を洗ってあげるよ」と言って、弟は私の背中を石鹸で洗い始めました。

そのうちに、いたずらっぽい手が、首筋から、胸の頂にかけて、まさぐるように、まわってきて、だんだんと、下のほうへ下りてきました。

弟は濡れた石鹸で私の一番敏感部分を洗いはじめました。
あやうく、石鹸が中に入りそうになり、二人の息づかいも荒くなってきました。

弟に「お姉ちゃん、濡れてきてるね」と言われ、その恥ずかしさに、私は、何も返事ができませんでした。
弟は、石鹸で私のあそこを丹念に愛撫しながら、片方の手でおっぱいをもみ、乳首を吸ってきました。

それだけで私がもういきそうになってきたとき、弟は「お姉ちゃん、いきそう?いくとこ見せて」と、初めてあそこに指を2本入れて来ました。

弟の指が激しく動き始めた時私は大きな高まりに達し、思わず弟にしがみついていました。
「ね、もうだめっ、だめっ、いっちゃいそうっ」と口走ると弟の指はさらに激しさをを増して動きました。

私は「だめっ、いっちゃうっ、いくっ」と弟にしがみついて体を痙攣させてしまいました。
とうとう、私は弟の指でいかされてしまいました。

弟は、まだモウロウとしている私に深いキスをしてきました。
そして、次の瞬間私の腰を引き、太くて熱い肉棒を私の体の中に入れてきました。

血のつながった実の弟と体の奥深く結合したその瞬間、言葉では言い表せないほどの、快感と同時に恐ろしい罪悪感が入り混り、不思議な感覚に襲われました。

その夜、私たちは、何度も激しく燃え上がり、弟は7回も放出してしまいました。

その日から、両親が帰国するまでの間は、毎日一緒にお風呂に入って体を洗いっこして、そのままお風呂でエッチしたり、リビングやキッチンでもエッチしていました。

両親が帰国した今でも弟とは毎日エッチしています。
でも、こんな関係をいつまでも続けるわけにはいかないと頭では分かっています…。
いつか、自分の生き方を見つけたいと思っています。
ここで告白できて、少し楽になりました。

関連記事


  
[ 2017/12/01 ]   姉・妹
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する