禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    人妻・浮気・不倫 >  飲み会のあと、同僚の人妻女教師にラブホに連れ込まれたので・・・

飲み会のあと、同僚の人妻女教師にラブホに連れ込まれたので・・・

同僚の英語教員・和江との話を書きたいと思います。
和江は私より年上の38才で生徒は勿論のこと教師にもファンの多い人妻女教師です。彼女は初対面から私を気に入ったらしく、私が赴任した頃から何かと話掛けてきていました。
ある飲み会でたまたま席が隣になると、相当酔っぱらっているのが一目でわかり、少し心配でしたので「そろそろ止めた方がいいのでは」と忠告しました。

動画紹介☆体験談に近い動画もきっとあるはず!

そんな時、彼女が意表をついた行動をしたため私はハッとしました。
私の太股を擦りながら「大丈夫よ!ダメになったホテルまで送っていって」と言い出しました。

彼女は家が遠いらしく今日は駅前のシティーホテルに予約を入れてあった。
案の定酔いつぶれたので、ホテルのフロントに行くと、
「吉川様ですね、ダブル2名。こちらは朝食券になっております」
とカードキーと朝食券を差し出された。

「エッ?」
と言おうとすると彼女は
「ハイ」
と言って受け取った。
まさか・・・・と思い部屋に入るなり彼女は急に抱きついてきた。

「もう!鈍感なんだから!」
と少し怒った口調である。
結婚が早く38才で既に子供は高校生、嫁いだ先が半端じゃなく田舎で旦那の両親と同居。
「ストレスが溜まって死にそう!!」とこぼしていた。

旦那は心臓が悪く最近はセックスレスとのことで、私に白羽の矢を立てたらしい。
服も脱がず抱き合い濃厚なディープキッス。
胸を揉むとあれだけ酔っていたのに
「シャワーだけ浴びさせて・・・」
と言うので
「気を付けてネ」
と優しい言葉を掛けると
「ウン」
と言って浴室へ行った。

ここで悪い虫が騒ぎ、飲み会のビデオを撮っていた私はそのままビデオをベッドの脇の荷物の間に置きスイッチをオンにしました。
そして彼女のいる浴室へ入り、彼女の身体をまさぐるようにシャワーを浴びました。

シャワーを浴びながら彼女に息子をくわえさせ、あそこを触るともうグショグショでした。
勢いがついていることもあって、明るいベッドの上で激しく求め合いました。
彼女が息子をくわえる様子やバックから串刺しにされる様子も全て録画されています。

子供を産んだのが15年以上前ということもありキツキツで、また熟女独特の包み込む感じもあり20分位でイキそうになりました。
彼女も子宮口に息子をぶつけるように突いてやると
「もっと!もっと!あ~あイク!!」
と言って膣を締め上げました。

だめもとで
「このままイクよ!和江」
「いいわイッて!ちょうだい!」と大絶叫でした。

この日が安全日だということが確認され、その後朝まで5発は中出しを決め、彼女のおまんこをカメラの正面に向けて流れ出るところも撮影できました。
翌日は休みだったのでチェックアウトまでゆっくりしてホテルを出ました。

当然、彼女は一夜のアバンチュールのつもりだったようですけどこんなカモを逃がすわけにいきません。
暫くして(逆算して危険日付近と思われる時期)、視聴覚教室に呼び出してDVDに焼いた例のビデオを見せると、真っ青な顔をして
「許して、どうしたらいいの」
と泣きながら懇願してきたので、その夜ラブホでしっかり調教してやった。

おまんこが痺れる媚薬をたっぷり塗ってバイブで2時間近くゆっくりゆっくりイジメてあげると
「お願いもうダメ欲しいの!頂戴!!」
と泣き出した。

私は
「何を?何処に欲しいの?生徒にはV・S・O・Pはハッキリって教えてるでしょ。ちゃんと言わなきゃダメだよ」
と言うと屈辱からか
「ウンッー」
と唸りとうとう耐えきれず
「私のおまんこに町田先生のオチンポを入れてください」
とねだった。

あまりにも濡れすぎていたのでとりあえずバイブで奥をゴリゴリと擦り軽くイカせてやった。
そして大きく息をしている和江に
「何休んでんだよ!」
と言って一気に息子を突っ込んだ。
「ヒイっ~!」
と悲鳴にも似た声で叫ぶと後は快感で唸っているだけだった。

おまんこが敏感になりすぎたいたのか何度もイッたらしく恍惚とした表情をしていた。
危険日だからか、この前とは違いコリコリとした子宮口の感じがハッキリと確認できる。
子宮が降りてきているって奴かと思い、私はイキそうになるとバックに体位を変えて
「もうイキそう!今日もイイネ!」
と確認した。

返事なんてどっちでも良かったので彼女の
「ダメ!」の声と一緒に子宮に亀頭をねじ込み、彼女の
「アウッ!」の声で射精した。
この日のために溜めておいた精子は彼女の子宮・膣にたっぷりと注がれた。

「イヤ!ダメ!妊娠しちゃうよ!何考えてんのよ」
と怖い顔をしたが
「和江!前から好きだった。愛してるよ!」
と抱きしめると
「ホント?私でイイの?」
と真顔で答えた。

笑いそうになったけど「もう少し遊べるな」って思ったので
「勿論さ!」
ともう一度抱きしめた。

動画紹介★体験談に近い動画もきっとあるはず!



  
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する