禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    マニアック >  ママさんバレーの人妻と濃厚すぎる3Pしました

ママさんバレーの人妻と濃厚すぎる3Pしました

知人の誘いがあり、ミニバレーチームの練習に行くようになりました。
と言っても、男性は5人に女性15名。ほとんどママさんバレーチームです。
男性の中で一番最年少、俺でさえ37才です
ママさんたちも、30代が二人、残りは40代から50代です。みんな、人妻です。
先月、みんなでビアガーデンがありました。
二次会、三次会とあり、おじさん男性はかなり酔ってました。

チチ触りはしょっちゅうしてました。
ママさんたちの中に、美佐子さんと恵里さんという二人の40代人妻が、抜けて飲み直さない?とひそひそと耳元で言われました。

先に二人が帰ると出て行く。俺はタクシーまで送ってきますから、とその場を出ました。

そして連れて行かれた先は、美佐子さん行き付けの会員制のバーで個室でした。かなり高級感がありました。

「上原くん、お金の事は気にしなくていいわよ」と、挟まれる形で座らされました。

まず、美佐子さん。43才で旦那さんは会社を経営してます。元ミスだった美佐子さんは今でも、いいスタイルしてて、いい具合の肉付きした普通体型で、推定D乳くらいで、身長は165。

恵里さんは41才。年齢よりかなり若くて可愛く、30前半くらいに見えて、やはり普通体型ですが、胸が大きい、多分Fくらいかと思います。

二人ともこの日スカートにストッキング履いてました。

ここでの二人は凄かった。グィグィくるんです。

ボディータッチしながら、「最近、奥さんとは、やってるの~」

「いやぁ~、あんまりしないですよ」

「あら、どうして、若いのに~」

「俺のが、つらいらしいっすよ」

「つらい?、エッチきらいなの?」

「いや~そうじゃなく、大きいからみたいです」

「まああ~、そうなの?」「どのくらいなの?」

手でこのくらいですかね?とジェスチャーしたら、「まあっ、そんなに?、うそ~あり得ないわ」

ふたりで言われました。

それからチンポトークが続き、恵里さんがじゃあ、確かめたいわ、と、服の上から触りだした。

「やめてくださいよ、ここで立ったら、収まるのに大変ですから~」

美佐子さんから、場所変えましょうと言い出しました。

美佐子さんと恵里さんに連れられた先は普通のホテルでした。

聞くと、飲み会の時は必ずホテルに泊まるみたいでした。

さすがは社長夫人でした。

でも、なぜシングルでなくツイン?と思いました。「ちょっと待ってて、綺麗にしてくるわ~」と二人で入って行きました。

一人で待つこと15分くらいして、パスローブ姿の二人が。。

そして、俺が入りました。

俺はタオルを巻いて上がると、二人は下着姿で、俺を待ってました。

とても人妻に見えない肉付きに俺は高ぶりました、美佐子さんは、かなりゴージャスな下着、シルクみたいな生地に、シルバーでTバックでした。

恵里さんは、薄い紫色したやはりゴージャス感がある下着で、やはりTバック、俺は二人に近寄らず、椅子に座りました。

「どうしたの~?怖じ気づいたの?」

「そういうわけじゃないけどね~」

「じゃあ~な~に?」

「お二人、できてるんでしょ?」

「どうして、~?」

「わかるよ、なんとなく~、さっきもお風呂場で、キスしてたんやろ?」

「……聞いてたのね~……悪いひと……」

「、二人でレズってよ、先にイカされた方はお預け~」

「そっ、そんなぁ~」

そしてしばらくして、二人はレズるようになりました。

またそれを眺めながらのビールが格別でした。

しかも、二人はパイパンだったんです。

二人でのシックスナインは最高でしたね。

そして、お互いに指を挿入しての、手マンでクチュクチュと動かすと、恵里さんは潮を吹きました。

しかし、イッてはなく、しばらくして、美佐子さんも吹く始末でした。

それからすぐに、身体をビクビクとさせ、「あぁ~あぁ~。だめっ、イッ、イッちゃうかもぉ~だめっ、あぁ~、」

「イッちゃって~、かなさん~イッてぇ~」

美佐子さんは、恵里さんにイカされました。

かなりビクビクとし、目はうつろになり、口はガクガクと半開きしてました。

息つくもなく俺は「とりあえずイッた罰で縛って置こう」といい、バスローブの紐を、手と足をそれぞれ縛りました、しかも体育座りで脚を開かせた感じにし、タオルで目を隠すべく、目隠ししました。

「さあ、恵里さん、お相手しますよ~」とデカイ乳を握りしめました。

「あぁ~ん、ら、乱暴にしないでぇ~、あぁ~」

「若い娘じゃあ、あるまいし……こうされたいんだろ~?」

「あぁ~、はああぁ~、あなたって…、エッチになると、変わるのね……」

「、さあ~、俺によく見えるように、股開きなよ、ビラビラを拡げて、どうされたいか、言いな」

「あはああぁ~、わたしのアソコ、舐めてください……」

俺はむしゃぶりつきました。

「あぁ~あぁ~はああぁ~はああぁ~あぁ~いぃ~いぃ~あぁ~」

そして、指も入れました。

「あぁ~すごく太い指ぃ~あぁ~すごいぃ~あぁ~いぃ~いぃ~出ちゃう、また出ちゃうう~あぁ~」

ピュッピュッピュッピュッピュッピュッと噴射する始末でした。

「さあ~今度はお待ちかねのチンポを気持ち良くしてくれ~」

タオルを外したら、「すっ、すごぃぃ…こんなにぃ…」

目隠ししてる美佐子さんが興奮して、みたいわ、みたいわと言うが、無視した。

恵里さんは、くわえだして、フェラが始まった。

「大きくて、顎外れそうう~カチカチだし……、すごぃ……」

フェラされてる間、美佐子さんのマンを指で触ってあげました。

美佐子さんは、かなりあえぎ、潮吹きする始末でした。

「恵里さん、入れたいか?」

「うん……入れたいわ」

「俺は、生主義だか、いいか?」

「今日は安全日だから……、」

「よし、さっきみたいに股開きなよ」

そして入り口に入れだすと、「あはあああはああぁ~す、すぅごぃぃ~大きいいぃ~避けちゃうう」

そして、しばらくして、マンコに欲しいかと問いかけたら、狂ったようにおねだりする美佐子さんのオマンコにぶち込んだ。

「あああ、ああっ、ああっ、すぅごいぃ……」

縛られたまま、乱暴に突いて、突きまくりました。

恵里さんは横でセックスみながら、オナニーしてました。

そしてバックからまたかなり乱暴に突いて突いて突き動かし、美佐子さんの顔は、社長夫人の顔ではなくなってました。

そして、中に出していいかと聞くと、「出して、出してぇ~たくさん、中にちょうだい~」と言うので、最後の激しい突き動かしに、やはり失神した。

美佐子さんに大量に精子を出しました。

抜くとすぐに、恵里さんのフェラで掃除してもらいました。

美佐子さんと恵里さんとの行為は、週に一度、するようになりました。

内緒で美佐子さんとは二人で会ったりもしてます。

この美佐子さんはとんでもないスケベな人妻でした。。

あるセックスの後、俺に口説いて欲しい、女がいるんだけど……と相談がありました。。

それは、美佐子さんの旦那の姉だと言うんです。。

年齢は46歳、写真も見せてもらいましたが、メチャクチャきれいなんです、美佐子さんと恵里さんと比べても、きれい。

たまたま、写真が、何かのパーティーみたいで、ドレス姿でした。

群を抜くのが、やはり胸元で、相当あります。。

でも、どうやって?

と思うと、「あなた、整体師でしょ?、個人でやってるということで、家に訪問させるから……」

普通にでは、落とせないだろうから、私が、薬を使うわ、といい、その日を待ちました。

そしてその日がやってきました。

美佐子さんの家に出向き、上がりましたが、まだ、義姉は来てませんでした。

しばらくして、チャイムがなりました。。

「はじめまして…美佐子、しのぶと言います」と挨拶された。

生で見る、と、メチャクチャきれいで若い。

しかも服からでもわかるくらい、大きい胸。

恵里さんよりも膨らみがありました。

「とりあえず、お茶でも出すわね、あっ、しのぶお姉さん、整体しやすい、服、持ってきました?」というが、持ってきてないと言います。

それもそのはず、美佐子さんは一切伝えてないからです。

じゃあ、私のを貸すわね、といい、二人で消えていきました。

そして、多分薬が入ってるハーブティーを出してきました。

すぐに、「、やっぱり、恥ずかしいわ、この服?、持ってくれば良かったわ」といい、ハーブティーを飲み干した。

すぐに、エアーマットレスを用意した洋間に案内されて、しのぶさんは、巻いてた、タオルを外しました。

「あんまり見ないでね」というが、タンクトップにショートパンツでした。

胸はすごいし、生足はムチムチしてました。

そして、整体を始めました、初めは普通でしたが、触ってるうちに、変わっていくのがわかりました。

次第に声を出すのがわかりました。

関連記事


  
[ 2018/03/12 ]   マニアック
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する