禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    母・義母 >  きつくて具合のいい母とハメまくり

きつくて具合のいい母とハメまくり

3年前から、母と暮らしています。
母は38になりますが、可愛くて、30そこそこにしか見えません。
親父と結婚したのが、17の時で、その前に俺を15の時に産んで、俺が高校卒業の年に離婚しました。
離婚の原因は、親父が俺と同い年くらいの女とできて、子供を作ったからです。半年ほどごたごたしましたが、俺の就職も決まっていたし、結局離婚しました。

母の実家の方では、帰ってくるように言っていたらしいですが、母はそのまま川崎にアパートを借りて働いていました。

俺は、会社の寮に入れたので、しばらくは別々に暮らしました。
時々は会っていたのですが、会社で専門学校に通わせてもらっていたし、仕事もおもしろくて、月に1回ぐらいしか会わなくなっていました。

20歳になって、資格が取れた事もあって、府中から川崎の部署に移りました。
母と一緒に住む事は考えていませんでした。
切っ掛けは、女の子に振られた事です。

総務の女の子だったのですが、俺より1こ上で、2回セックスした事もあったのですが、先輩と付き合うようになって、俺が振られました。

友達と酒を飲んで、かなり酔っ払って、夜中に母のアパートに行きました。
夢を見ていたようで、気がつくと、母を抱いていました。
気がつくと同時に、母の中に思いきり射精していました。

俺は裸でしたが、母はパジャマの上だけの姿で、母の両足を抱えて押し広げるようにして俺が犯していました。
母は泣いていたような気がします。
すごい気持ち良くて、俺はもう狂ったみたいにそのまま2回目に突入しました。

母の裸は綺麗で、母のあそこはきつめで、すげえ良かったんです。
2回目の射精をしてしまって、うとうとしかけて、母が蒲団から出て行こうとしたのに気付いて、押さえつけて、キスして、裸にして、オッパイも吸って、あそこまで舐めて、3回目のセックスをしてしまいました。

明け方近くて、明るくなりかけてて、俺が3回目の射精をする頃には、母も喘ぎ声を出していたと思います。

次の日が土曜日だったので、俺は母を蒲団の中から出させないで、その日の夕方まで、母の体を味わいました。
口もきかないで、セックスしました。

母も押し殺したように低い喘ぎ声を出して、俺にしがみ付いていました。
土曜の4時頃に、2人で風呂に入りました。

2人とも焦ったみたいに、キスしながら、触り合いながら、風呂に入りました。
風呂から出て、裸のまま、冷蔵庫のハムとかパンとかを牛乳で流し込むようにして食って、またセックスをしました。

金曜の夜から数えたら、日曜の朝方まで、俺は9回か10回ぐらい母の中に射精したと思います。

次の土曜日から、母と暮らすようになって、3年になります。
母は可愛いし、今が一番だと思います。

関連記事


  
[ 2018/04/09 ]   母・義母
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する