禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    母・義母 >  手コキでは我慢できなくなって、とうとうお母さんに生挿入しました

手コキでは我慢できなくなって、とうとうお母さんに生挿入しました

僕とお母さんは、東京の武蔵野市にある18階建てのマンションに住んでいます。
 井の頭通りが近くを通っていますが、ちょっと中へ入っているので、周りはと
ても静かでいいところです。窓からは新宿のビル街がはるかに見渡せます。
下は駐車場と公園になっていて、子供を連れた母親たちがよくおしゃべりをしている。
 ここへは、去年お母さんとお父さんがが離婚をしたので、移ってきました。
学校も変わって近くにあるS高校に通っています。
 父と母が離婚した理由は、たぶん僕のことだと思います。

 僕とお母さんは、じつは僕が中3のときからセックスをしていました。
 僕が隠していたエロ本が見つかって、お母さんが手でしてくれたのが最初です。
それから1ヶ月くらい、いつもお母さんがしてくれました。お母さんの手は、
あったかくてすごく気持ちがよかったです。

 1ヶ月くらいたった金曜日、また手でしてもらっていました。僕がいい気持ち
になっていると、お母さんが自分の手を股にやって、すごく色っぽい顔でああ…
と声を出しました。僕はたまらなくなって、
「お母さんも気持ちよくなってよ」
といってお母さんの股間に手を伸ばしました。

お母さんは、
「だめっ、直ちゃん。お母さんには駄目なのよ」
といいましたが、僕はかまわずお母さんのパンティーの中に指を入れて、あそ
こを触りました。そこは、もう、ぐっしょりと濡れてべとべとでした。

「お母さん、すごいよ」というと、
「ああ…直ちゃん、そんなにさわったら、お母さん…」といいます。
そのとき、僕の指が、お母さんの中にするっと入りました。とたんに、お母さ
んの体がびくっとはねて、ああっと声を出しました。

 僕はもう限界でした。お母さんがすごく早くこすったので、あっというまに
いってしまい、じゅうたんの上に僕の精子が飛び散りました。

 お母さんは、そのまま僕のちんこを口にくわえて、きれいにしてくれました。
 お母さんになめられていると、すごく気持ちがよくって、僕のがまた大きく
なってきました。「直ちゃんは、いけない子…」といいながら、僕の目をあやし
くみつめます。

それから、
「お母さんは直ちゃんのことが大好きよ。だから、直ちゃんをもっと気持ちよく
してあげる。そのかわり、お勉強もちゃんとするのよ。いい?」
といいました。僕は、「うん」とうなづきました。
「じゃあ、直ちゃんのオチンチンを…」
といいながらお母さんは脚を大きく開きます。

「お母さんのここに入れてごらんなさい。ほら、ここよ……」
 お母さんのそこは、花びらのように赤く口を開けて、中から蜜があふれて出し
ていました。まるで僕のおちんちんを待ちわびているようでした。

 僕はもう夢中で、勃起したチンコをお母さんの花に入れようとしました。でも
なかなか入りません。そのときお母さんがちょっと僕のチンコを触りました。

そうすると、チンコは何の抵抗もなく、にゅるっという感じでお母さんの中に入
りました。僕は、すぐ本能的にすごいスピードで腰を前後に動かしていました。

「あ、ああ、あ…あ…」
と、お母さんの声が聞えます。もうすごく興奮しました。オチンチンの先から
腰のあたりまで、お母さんの中に入ってしまったような感じがしました。
 ぼくはあまりの気持ちよさに、われを忘れてしまいました。

「お母さんっ、ぼく、ぼく、でる…」
「あっ、ダメよ。中に出しちゃだめっ」
と、お母さんがいいましたが、僕は動きを止めることができず、すぐにすごい
射精感が襲ってきて、そのままお母さんの中に全部出しました。

「あ、直ちゃんっ…」
とお母さんは叫んで、びくびくと痙攣したように体が動いてから、ぐったりと
なりました。

 その日以来、毎日ぐらいお母さんとセックスをしています。
 その頃からお父さんとお母さんの仲が悪くなって、とうとう離婚しました。

お母さんは、
「お母さんには直ちゃんがいれば、ほかに何もいらないの」
といってくれます。ぼくは、うれしくて、すぐにお母さんにチンコを突き刺し
ます。お母さんのあそこは、本当にすごい気持ちいいです。



  
[ 2018/04/09 ]   母・義母
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
携帯で見る
QR
RSSリンクの表示
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
アクセスランキング
人気記事ランキング 一週間
ブログパーツ