禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    母・義母 >  寝ている44才の母に生挿入したら・・・

寝ている44才の母に生挿入したら・・・

今年44才の母を抱いている。
俺は関西の大学に通いながら授業とサークルとバイトでバタバタしてる。
一人暮らしだけど実家が近いから週に2日か3日は晩飯食べに帰宅する。
親父は火曜日と金曜日は仕事で不在。
親父とは相性悪いんで、いない時を狙って昨日帰ることにした。昨日は7時くらいに帰って晩飯食べて風呂に入ってテレビ見てるといつのまにか12時くらい。
実家に帰る最大の理由はもちろん母を抱くことだから先に寝ていた母の寝室に向かう。
母はまだ俺とのセックスを受け入れることに抵抗がある感じ。
セックスしてる最中はほとんど喋らないし声を出すのもガマンしてる。

体を弄ってる途中に目を覚ましても寝たフリしてる時もある。
母は細いけど胸はそれなりにあるんで抱いてて気持ちいい。
一応、彼女いるけど母の方が抱き心地いいくらい。

俺は母のベットに入る時はいつも全裸になって母の横にもぐり込む。
母の首の下に手を通し腕枕した手をパジャマの胸元から中へ、反対の手をお腹の方から入れ胸に触れる。

抱き締めて体を擦りつけ、胸を揉んだり徐々に固くなる乳首をつまんでその感触を楽しんだ。

しばらく胸を弄ったり下半身をパジャマの上からゆっくりなぞってると
「ハァ…ハァ…」
と母の呼吸は明らかに早く、荒くなっていった。
母はもう目は覚めてるけど素直に感じてる顔を見せたくないらしく目を瞑ったまま。

あまり反応はしてくれないけど、それでも母の手に俺のモノを握らせて擦らせたり、
無理やり舌をからめてキスをしたりしてると俺のガマンにも限界が…。

パジャマのズボンを膝までずらして母のマンコを直接指でなぞったり差し込んだりしてたらお尻の方までヌルヌルになってた。
ギンギンになったモノで母のマンコをなぞってると
「んぅっ…!!」
と感じてる声を出したので位置を調整して一気にモノを押し込んだ。

母の中はそれほどキツイわけじゃないけどヌルヌルと、キューっと締め付けられる感じが堪らなく気持ちいい。

俺は元々早漏気味なんだけど、彼女とする時はそれなりにガマンできる。
でも母とのセックスは無理。
入れた瞬間から2・3回腰を動かしただけで限界が近くなってくる。

ガマン出来ないことは分かってるんで奥までガンガン突いた。
「あぅぅ…! あぁ…あぁ!!」
母もこの時だけは大きな声を聞かせてくれる。
すぐに来る絶頂感。

「中はだめ…中はだめ…」
出してしまいそうな俺の様子を見ていつも母はそう言う。
一度、ガマンできなくて母の中の一番奥で出した時は少し泣いて風呂場で洗ってた。

昨日は出す直前に母をうつ伏せにして後ろから胸を揉みながらガンガン突いた。
「うぅ! あぅ!」
と、枕に顔を埋める母は明らかにすごく感じてた。
出す瞬間に引き抜いてお尻に押し付けて背中に出した。

昨日は、ティッシュで俺に背中を拭かれている時の母の激しい呼吸に興奮してもう一度母を抱いた。

母との関係の始まりが少し強引だったので、俺を怖がっている部分もあると思う。
怖がらせたくはないけど俺は母を抱くことをガマンできそうにない。

アパートに呼んで抱いたこともあるし、親父がいるときにいたずらしたこともある。
嫌がられてるかもしれないけど、しばらくはこの関係のままでいきたい。



  
[ 2018/04/11 ]   母・義母
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
携帯で見る
QR
RSSリンクの表示
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
アクセスランキング
人気記事ランキング 一週間
ブログパーツ