禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    人妻・浮気・不倫 >  45才の女性上司と海外出張に行って、中出ししまくりました

45才の女性上司と海外出張に行って、中出ししまくりました

私は28歳になる独身サラリーマンです。2年前に付き合っていた彼女と別れてからステディな関係の女性はいませんでした。
 そんな私が今年、別の部署に移動しました。その部署の部長はなんと女性なのです。
その女性部長は相当仕事ができるらしく、私の会社では女性は課長でもなかなかなれず、まずは異色と言っていい存在ですので、私も彼女の存在だけは知っていました。


見た目は…というより、雰囲気もですが櫻井よし子のような感じで、落ち着いた感じの美人女性です。もっとも、45歳なので櫻井よし子よりも若くて綺麗です。
 彼女は20代の時に社内結婚をしたらしいのですが、30代になると離婚してしまい、彼女が会社に残って、ご主人の方が退社したようです。

 そんな訳で意味もなく冷たい女のようなイメージができてしまっており、しかも、できすぎる女性というのはなんとなく近寄り難い感じがするのか、決して感じの悪い人ではないのに、やや敬遠されているような感じのところがあり、私も皆と同じように初めの頃はなんか近寄り難いように感じていました。

 しかし流石に女性で部長に抜擢されただけあって、こちらの仕事の内容もきちんと把握してくれており、仕事の指示も的確なので次第に好感を持ってきました。
 勿論、それは女性に対する好感ではなく、上司に対する好感でした。その女性部長=寛美さんは、以前の部署の上司だった部長とは雲泥の差でした。

 以前の部署の部長は、課長や係長クラスは勿論、我々のような平社員の間でも寄ると触ると悪口を言われていましたが、寛美さんは女性だからという理由で特別な目で見られてはいましたが、そういった悪口を言う人はなく、特別な目で見ていること自体が性差別だと思うほどでした。

数ヶ月後、私と寛美さんが東南アジアに1週間程度の出張をすることになりました。
 普段は部長クラスと一緒に出張することなどないのですが、少し特殊な事情があったのです(詳しくは書けませんが)。

 最初の2−3日はお客さんも交えての夕食ばかりだったこともあり、少し緊張気味だったのですが、それでもその間に寛美さんの意外に気さくで社交上手な面を知ったため、次第に親しみが湧いてきました。

 4日目の夜は接待等も無かったため、寛美さんと二人で食事をしました。二人とも、軽くアルコールが入っていたせいか、いつもより饒舌になっていました。

 「ここだけの話だけど」寛美さんが教えてくれたのは、以前の部署に居た時に提出した企画案を見たのと、以前の部長が人を使う面でやや難があるという会社側の評価(当然の評価ですが)があり、私を自分の部署にと引っ張ってくれたとのことでした。
「だから頑張って」と言う寛美さんに私は少し感動すらしていました。

酔いも手伝って、二人とも普段は話さないような本音も話し合いました。
 寛美さんも自身の会社による評価が以前の夫よりも高かったことなどから夫婦に溝ができたことなど、プライベートな話もしてくれました。

 「もう男はこりごり」などと言うので、「寛美さん程の美人が勿体ないですね」と言うと、「仕事は評価するけど、お世辞は評価しないわよ」と笑って言うので、私は「全然、お世辞じゃないですよ」と半分真顔になって言いました。

 ホテルに戻ってからもお互いになんとなく名残惜しいような飲み足りないような気分で、寛美さんの部屋でルームサービスを取り、一緒に飲むことにしました。
 「でも、女性の部屋に…」と私が言うと、「何が「女性の部屋」よ。健太君はまだ20代でしょ?45歳のオバサンにそんな遠慮する必要なんてあるの?」と笑って言いました。

 折角の機会なので一緒に飲みたい気もあったので、それ以上は何も言いませんでしたが、実際は妙なドキドキ感があり、寛美さんを上司ではなく、女性として意識しないわけにはいきませんでした。

 部屋で飲んでいる時に、「実は俺、転部が決まった時、女性の上司かぁ…って、正直思ったんですけど、寛美さんは特別ですね」と言うと、「どう特別なの?」と訊かれたので、「男女平等と言いながら、実際は男性社員は女性社員をあまりあてにしていないし、実際女性社員は無責任なところが多いと思いますから。寛美さんは、男の上司より余程仕事もできるし、働きやすいです」と答えると、寛美さんは何も言いませんでした。多分、他の女性社員に対しては、同じような感想を持っていたんだと思います。

 「でも、私みたいに離婚して旧姓に戻ってもそのまま同じ会社に居座っている方が変わった女だと思われるしね」と言うので、「でも、会社の方が必死で引き止めたとか聞いていますけど…」と言うとそれにも答えませんでしたが、少し寂しげな表情を浮かべました。
寛美さんのような美人なら仕事なんかできない方がいいのかなとさえ思いました。

 「ま、仕事の話は止めて、他の話をしましょう」と言うことになり、「健太君は結婚の予定はまだないの?」と訊かれたので、「結婚どころか彼女も居ませんよ」と答えると、「健太君なら女子社員の評判もいいし、彼女ぐらい簡単に見つかるでしょうに」と言うので、「寛美さんみたいなタイプの人が居れば」と、これは茶化すつもりで言うと、「そうね、私も20歳若かったら、健太君にアタックするかも」と笑って言われたので、「今アタックしてくださいよ〜」と言いました。

 「健太君位の年代だと私位の年齢のオバサンは女として意識できないでしょ」と言うので、「こんな美人を?」と寛美さんを見つめました。尤も寛美さんから見たら、見つめたと言うより酔いが回って目が据わっていたように見えたかもしれませんが…。
私が見つめると、寛美さんは少し怯んだように見えました。

 その〝怯み〟が何故か私の情欲に火を着けました。それまで押さえていた欲望にアルコールが火をつけたのかもしれません。
 私は吸い寄せられるように寛美さんの傍らに行き、「俺を男として意識できないんですか?」と言いながら、迫っていました。

 「だって、健太君は部下の若手社員だから…」と少し怯えたように言う寛美さんに「俺も男です」と言って、強引に唇を重ねました。
 寛美さんは、私を突き放すようにしようとしますが、火が着いてしまった私は、強引に寛美さんの唇をこじあけて舌を差し込みました。

 ふと、「こんなことして」と思いましたが、もう「ままよ」という気持ちなのと、寛美さんなら会社にこのようなことをされたと言わないような気がしていたのです。彼女も私を自分の部屋に招き入れたのだから、自身が会社に管理不行き届きと言われるようなことはすまいという我ながら狡い考えも頭の中を掠めました。

 舌で寛美さんの口の中をまさぐっているうちに、だんだん彼女の抵抗する力が弱まってきました。

 私は寛美さんのシャツの上からブラジャーのホックを外すと、手を差し入れてその乳房を揉みしだきました。40代の女性の乳房に触れたのは初めてでしたが、思いの外、弾力も張りもあり、20代の女性となんら変わらない感触でした。

 口を離すと「健太君、ダメよ、ダメ…」と言いましたが、私は「したい…寛美さんとしたい」と言って、とうとう寛美さんの上半身を裸にしてしまいました。

 寛美さんは、両手で胸を隠しながら、「こんなオバサンなのに…我慢できなくなっちゃった?」と訊くので、「我慢できません」と答えると、「ここにいる間だけよ。それと絶対誰にも秘密」と言うと、「シャワー浴びさせて」と言って、バスルームに消えて行きました。

 私は寛美さんの部屋のベッドで彼女が出てくるのを待ち、交代でシャワーを浴びに行きました。
シャワー浴びて出てくると、寛美さんはシーツをかけてベッドに横になっていました。

私はその横に体をすべり込ませるとすぐに唇を重ねました。
今度は寛美さんも抵抗なく私の舌を受け入れ、私にされるままになっていました。

 私は彼女が巻いていたバスローブをほどくと、意外に豊満な胸を揉みながら首筋から肩にかけてキスの雨を降らせました。寛美さんは喘ぎ声はあげませんでしたが、苦しげに眉をしかめながら吐息を荒くしていました。

 もうこうなると、上司と部下だろうが何だろうが、単なる男と女でしかありません。私はたわわな乳房の先端にある小さめの乳首を口に含みました。
「アッ…」という小さな声をあげて彼女は私の頭に腕を巻き付けてきました。

 乳首が感じるみたいだなと思った私が念入りに乳首を舌と唇で愛撫すると、彼女は少し背を仰け反らせるようにして、「アッ……アッ…」と小さな喘ぎ声をあげました。

 下腹部に手をやると濡れたような柔らかさの濃い目のヘアーがあり、さらに下へ手を進めると中指が熱く潤った部分を捉えました。その潤いを指ですくうようにしてクリトリスをなでつけると、「アッ!ダメ…」と言いながら弓なりになって腰を突き出しました。

 私はそのまま下腹部に舌を這わせていくと、やや抵抗して閉じようとする彼女の足を広げ、すでに熱く潤っていた泉を舌ですくいあげました。

 「ダメっ!ダメっ…」彼女は私の頭を押さえ付けて逃れようとしますが、私は彼女のヒップを両手で抱くようにしながら構わずクリニングスを続けました。寛美さんのそこは若い娘とは異なる熟れた女性の匂いがしました。

 興奮した私はAV男優の真似をして、「ズズズーッ」という音を立てるようにしながらクリニングスを続けると、「アァーッ!ダメっ!ダメっ!ダメぇ〜!」と言いながら激しく腰をくねらせるので、クリニングスを続けられなくなり、上にあがって行って、「感じますか?」と訊くと、寛美さんが上気した顔で「凄く…こんなの初めて…」と言いました。

 キスをしながら中指を膣に挿入すると「あぁ〜ん」という声をあげながらさっきより大きく背中を反らせました。
 もう入れたくて仕方なくなった私は、彼女の足を広げて体を割り込ませると、入り口にペニスをあてがいました。

 「コンドーム持ってないけど、ちゃんと外で出しますから」と言うと、寛美さんは「大丈夫。私もう妊娠しないから」と言いました。後で聞いた話では、妊娠できない体になったというのも離婚の理由の一つだったそうです。
 「中で出してもいいんですか?」と訊くと頷くので、私は一気に彼女の中に入って行きました。

 「アッ…」と言ったきり顎を突き出すようにして苦しげな彼女の感触を私は驚きを持って楽しんでいました。寛美さんの膣内の感触は思わず「キツイ!」と言いたくなる感触だったのです。

 ゆっくりと腰を動かすと粘膜が自分のペニスを押し包んだり引っ張ったりするような感触でした。溜まっていたのでアルコールが入っていなければあっという間にイッてしまいそうな感触でした。

 腰の動きを速めると、「あぁ…凄い、こんなの初めて…」なんて言ってくれるので、ますます張り切って腰を動かすと、もう寛美さんも上司ではなく、一人の女性として官能の渦を楽しむかのように悶え声をあげていました。

 「アァーッ、凄い、こんなの…こんなの初めて…」普段の寛美さんからは想像もできない乱れように興奮した私は、いっきに射精寸前まで昇り詰め、「出そうだけど、本当に中でいいんですよね?」と再確認し、彼女が頷くのを見た途端に、溜まっていた精液を彼女の中に思い切り吐き出しました。

 「セックスって、こんななんだ…」つぶやく寛美さんに「良かったですか?俺?」と訊くと、「セックスがこんなにイイと思わなかった」と言ってくれました。

 その後の寛美さんとのベッドトークによると、寛美さんはこれまで以前のご主人以外との性交渉をしたことが無かったこと、そのご主人とのセックスも数えるほどしかなく、クリニングスをされたのも今回が初めてだったことなどがわかりました。

 「健太君も気持ち良かった?」と訊かれたので、「気持ち良かったどころじゃないですよ。今までで一番かも?」と言うと、「嘘。健太君はお世辞ばっかりね」と言うので、「本当にお世辞じゃないです、寛美さんみたいなのを〝名器〟っていうのかも」と答えましたが、うまく説明できたかどうかわからないのでお世辞と思ったかもしれません。

 「じゃぁ、フェラチオもしたこと無いんですか」と訊くと、言うまでも無く「したこと無い」でした。

 尊敬の念すら持っている上司の寛美さんに自分のペニスをしゃぶらせる−そんな征服感にも似たことをしてみたいという気持ちがムラムラと湧き起こってきた私は、寛美さんにフェラチオをして欲しいと要望すると、予想外にあっさりOKしてくれました。

 「どこをどんな風にしたらいいか教えて」と言うので、兎に角、亀頭周辺を重点的にと伝えて口に含んでもらいました。

 「あの寛美さんに自分のペニスをしゃぶらせている」という興奮で私のペニスはグングンと膨張して行きましたが、流石にツボを心得たフェラチオとは言えず、しばらく精神的な満足感と興奮を味わった後、攻守交代してもらいました。

 寛美さんをうつぶせにした私は背筋からヒップにかけて、そっとタッチするかのように舌を這わせました。

 彼女は背中が結構感じるらしく、時折、「アッ!そこ、ダメ…」と言いながら体をピクンピクンさせていました。
 私は彼女のヒップを心持ち持ち上げるようにすると既に熱く潤っている部分に沿って舐めあげました。

 「あぁ…そんな…ダメ…」と言いながらも腰をくねらせているので、私はヒップをつかんで左右に押し広げると、秘肉の部分に舌を這わせながら中に押し入れるようにしました。
 寛美さんは相当感じているらしく、腰をくねらせながら時折「ヒッ…ヒッ…」と声をあげ、その度毎に愛液が溢れ出ました。

私はその様子を見て興奮し、後背位で挿入しました。
 「あぁ…こんな格好でスルなんて…」と言いながらも、私が腰を動かす度に愛液が溢れて来て、そのうち肉襞がめくれる度に白く濁った本気汁が私のペニスにまとわりついてきました。

 「入っているところがよく見えますよ」と言うと、「嫌、恥ずかしい…」と言うので私はよりサディスティックな気分になり、ヒップを鷲掴みにすると激しく腰を打ちつけました。

 ペッタン、ペッタンとお餅をつくような音を立てながらも激しく腰を動かしているうちに射精感がこみあげてきたので、「出していいですか?」と訊くと、彼女は喘ぎながらウンウンという風にうなづきました。

 わざと下品な言い方で、「寛美さんのおまんこの中に出しますよ」と言うと、彼女は「あぁ〜ん、出していっぱい…」などと言うので、彼女らしくないその言葉に興奮した私は再び彼女の中に精液を思い切り吐き出しました。

 中出しというのは本当に気持ちが良いものだなとしみじみ思いながら、ペニスを引き抜くと、彼女の膣口からは私が発射したばかりの精液がドロッと流れ出るのが見えました。

こんな感じでその晩は明け方近くまで5回もセックスしてしまいました。
 10代の頃ならいざしらず、20代後半になって1日に5回も射精したので流石に心地良い疲労感を感じました。

 寛美さんの前夫は新婚の時でも、せいぜい週に1〜2回程度しか体を求めてこず、しかもセックスする時もおざなりの愛撫で彼女が濡れたか濡れないかのうちに挿入してきて、1〜2分腰を振ったかと思うとすぐに射精してしまうのが常だったそうです。

 だからクリニングスなんかもされたことがなく、(SEXというのは)ちょっとは感じるけれど、どちらかと言うと男性を満足させるためのもの−といったようなイメージを持っていたそうです。

 「こんなに気持ちが良いものなのね」少し照れくさそうに言う寛美さんは、自分よりも17歳も年上の女性、しかも上司でありながら可愛らしく見えるほどでした。

 結局、インドネシア滞在中は毎晩やってやってやりまくるという感じでセックスしました。

 寛美さんは「日本に帰ったら今までのことは忘れてね」と言われていましたが、本当に日本に帰ったらインドネシアの出来事が夢だったかのように何事も無い顔をしている上司になっていました。




  
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
携帯で見る
QR
RSSリンクの表示
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
アクセスランキング
人気記事ランキング 一週間
ブログパーツ