禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    マニアック >  美容院のイスの上で彼女と生ハメした

美容院のイスの上で彼女と生ハメした

横浜で美容室を経営していて一人で店をやってるんですけど、メル友の子に「美容室の中でHなことしてみたいな~」と言われたので「いいよ じゃ~今度店においで」と約束をしました。
そして店に遊びに来た子はごく普通の感じの学生の子でした。店のシャッターとブラインドを下げ、外からは見えないようにして店の中は僕と二人きりに・・・
「せっかく来たからお客さんのようにカットしてあげるね」と言って(もちろん無料でね。)セット椅子に座らせてクロスをしてカットしました。

始めは普通の会話をしていたのですが だんだんHな話をすると彼女も意識し始めた様子です。
鏡に写る女の子を見ながら耳たぶを触ると、少しはずかしそうにする姿がまたかわいくてたまりませ~ん。

 そしてクロスの中に手をいれシャツのボタンをひとつ二つとはずし、ブラの中に手をいれおっぱいを触ると、もう乳首は硬くなっていて少し息が荒くなってきて、今度はクロスの中に顔をうずめてペロペロ舐めると、小さな声で「あっ」と感じていました。

少し愛撫をした後にまだ途中のカットをしながら、今度は僕が鏡の前に立ち「チャック下ろして俺のしゃぶってくれる~?」と言うとジーっとチャックを下げ、パンツの中からおちんちんを取り出し恥かしそうにフェラをしはじめました。

 鏡に写る彼女の姿を見て「ほら自分がくわえてるのが写ってるよ」「いや はずかし~」と言いながらもチュプチュプ音をたてていっぱい舐めてくれました。

時間がかかりながらもカットが終わり、「じゃ~シャンプーするからこっちに来て」とシャンプー台に彼女を通しシャンプーしながらも、スイッチON状態の彼女は身体をくねくねさせています。

 わざと耳や首筋をソフトにタッチしたりすると「あぁ~ん 気持ちいいよ~」と言う彼女。
シャンプーも終わりタオルで髪を拭き 顔にガーゼを乗せたままにしてここからが本番。 右のおっぱいを舐めながら右手で首筋をスリスリしながら左手をゆっくりアソコの部分を・・

 スカートの中に手を入れパンツの横から手を入れると、おまんこはもうグッちょリでした。
「あれ?もうこんなに濡れてるよ?」
「あぁ~ん だってすごい刺激的なんだもん あ~ん」
「じゃ~今度はここを舐めてあげるね」
と言ってパンツを下ろし、溢れそうになってるラブジュースを下から舐めあげるようにしたりクリトリスをチロチロ チュパチュパ舐めたり強く吸ったりソフトにクリの周りを舐めまわしました。

「もうガマンできないよ~」
「じゃ~ 入れてあげるね」
シャンプー台で寝てる彼女のクリにおちんちんをクリにあてながらちょっとジラしてると「早くちょうだい」と言うので奥までゆっくりジュブリと音をたてながら入れます。

「あー すごいこんなことしたの初めて~」
といっぱい感じてくれました。ギシギシと椅子の音がまたとても刺激的で僕もすごく感じてしまいました。

 ここでフィニッシュするのも嫌だったので 今度はセット台の方に戻りセット椅子に手をつかせて後ろから鏡に姿を写しながらバックで挿入すると、
「あ~ん すごいすごい いっぱい感じちゃう~」
「気持ちいいでしょ~ 俺ももうイキそう」
「あっ わたしも~ イク~」
パンパンと音をたて激しく腰を振りフィニッシュしました。

 たまにはこんなこともいいな~って思っちゃいました。。 
職権乱用かもしれませんね!!
またこんな経験ができるといいな~と思う今日この頃です。



  
[ 2018/04/16 ]   マニアック
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
携帯で見る
QR
RSSリンクの表示
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
アクセスランキング
人気記事ランキング 一週間
ブログパーツ