禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    寝取・寝取られ >  好きだった女の子が、友人にハメられてヨガッてた・・・

好きだった女の子が、友人にハメられてヨガッてた・・・

大学生の時、好きな娘がいたんだけど、その娘は美奈と言って、小柄で明るく、もしも、付き合えたら、毎日が楽しいだろうなと思ってました。
事件が起きたのは、私と友達の淳、美奈ちゃんと彩ちゃんで、美奈ちゃんの家で、泊まりの飲みをした時でした。
まだ、合うのは二回目という事もあり、緊張して話をしながら、楽しんでました。

淳には、すごい好きな娘が出来たので、人数合わせついでに、サポートしてほしいと、頼んでました。

いい感じで、夜中になり、私は、眠気がピークになり、知らず知らず寝てしまいました。何時かわかりませんが、ふと目が覚めた時、電気は消してあり、真っ暗でした。
横を見ると、彩ちゃんが寝てました。

淳達は?と思った時、何か話声が聞こえ、「まだ起きてたんだ」と思い、話に耳を傾けると
「いい人だとは思うけど、まだ二回しかあってないし」
「〇〇好きになったらしいよ」
私は、ドキドキしながら聞いてました。
「...・」
「タイプ?」
「タイプだな!やさしそうだし」
そして、少し沈黙があき
「駄目だって」
「...」
「いや・・だっ・」

私は突然のことに、何が起きたのかわからなかった。
「美奈ちゃんのやわらかいね」
「んっ・や・・やめよう?」
「あんまり声だしたらみんな起きるよ」
ザザッと音がして
「んーんっ・・んはっ・・」
そして、何かで口を塞がれているような声が聞こえてきた。

私は、寝返りをうった。
そして、ゆっくりと薄目を開けると、淳は私を気にする様に見ていて、美奈ちゃんは、唇に手をやり、下を向いてました。
少しすると
「ほら、静かにしないとみんな起きるよ」
淳はそう言って、美奈ちゃんの肩に手をやると、そのまま倒した。

私は泣きそうになり、今にでも、この場から逃げたかったが、体が動かなかった。
淳は、トレーナーの下から胸を揉んだ。
「あっ・・んっ・・」「美奈ちゃんの乳首たってるよ!感じやすいね」
そしてトレーナーを捲りあげて、顔を埋めた。

「んっ・あっ...あん・・」
チュ!チュと、時折聞こえる乳首を吸う音。「気持ちいい?」
「そ・そんなことない・・」
淳は、単パンの隙間から手を入れた。

「そっちはダメ」
淳は、無言のまま単パンを脱がし、美奈ちゃんのアソコに指を入れ、ゆっくりと動かした。
「いや・・あっ・」
美奈ちゃんは、必死に声を出すまいと堪えている様だった。
「こんなに濡らして、ホントは美奈ちゃんエッチ好きなんだね」
「や・やだ・・」
静かな部屋に、グチュ!グチュとイヤラシイ音が鳴り響く。

「んっ・あっ・あっ・あん...」
「美奈ちゃん、気持ちいい?」
「あっ・・い・いい」
淳は動きをとめた
「逝かせてほしい?」
「...・うん」
淳は、美奈ちゃんを起こすと、静かに部屋から出て、トイレへ入って行った。

そして、ガサガサと音がしてあと、パン!パンと音がしてきた。
私は、涙を拭き帰る途中、トイレの前まで来た時
「あっ・あん・・あん」
「美奈ちゃん!スケベな女だな」
「ち・・ちがう」
「こんないい体してるなんて、アイツにはもったいない」
「あん・あっ・あん」「俺のセフレにしてやるからな」
私は、静かに玄関から出た。

もしも、あの時淳が手を出さなかったら...!私は、美奈ちゃんと付き合ってただろうか?
未だに、心に引っ掛かったままです。

関連記事


  
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する