禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    妻・恋人・彼女 >  息子の担任の保母さんが、凄テクで昇天させてくれた

息子の担任の保母さんが、凄テクで昇天させてくれた

私は36歳になるサラリーマンです。妻と保育園に通う子供が1人います。
私と妻は共働きで仕事も忙しく、私の両親に子供の面倒を見てもらうことも
多かったのですが、ようやく子供も2歳になりました。
保育園に通うようになり、両親も楽になったと思うのですが、私は仕事のス
トレスと妻が仕事に復帰してから忙しさが増し、妻との夜の営みも月に1回
くらいになりました。そして……

どうしてもセックスがしたくて、保育園の先生と不倫関係になってしまいました。

私は仕事は忙しいのですが、極力両親に迷惑をかけないように、
朝早く出勤し、なるべく5時以降の残業はしないようにしています。

子供を迎えに行ったりしていたのですが、子供のクラスの担当の保母さんと
よく話をするようになりました。

地元の中学の後輩ということもあり、今度飲みに行こうという話になりました。
冗談のつもりが、ある日の休日に某ショッピングセンターで偶然会い、昼食
を一緒にし、ついでに飲みに行く約束までしてしまいました。

保母さんは中学の後輩とはいえ、話をしたこともありませんでした。
私はその存在すら知らず、でも保母さんの方は私のことを覚えていました。

さて約束の日、飲みに行くことになりました。
この保母さん、保育園では薄化粧で普通の女性という感じですが、休日に会ってみると
服装から化粧までしっかりとできていました。

ちょうど夏場でしたが、日頃はエプロンしてて、あまり体型のことは気にならなか
ったのですが、白のポロシャツでブラは透けていて、キャミを下に着てはいましたが、
胸のふくらみは見た目で確認できました。
かなりの巨乳です。

妻とは月に1回くらいお義理のようなセックスでかなりストレスを
溜めていた私にとって、保母さんの巨乳は見てるだけで十分に興奮させて
くれるものでした。
私の目線はどうしてもそこにいってしまうのです。

ちなみに保母さんは藤川秀子さんといって独身ですが33歳になり、
彼氏もいません。

その日は話だけで携帯番号とアドレスを交換し別れたのですが、
翌週の金曜に子供を迎えに行って、両親に預け、私は繁華街で
秀子さんと待ち合わせし、とりあえず近くの居酒屋へ行きました。

だいぶ酒もすすみ、お互いが下ネタも言えるようになったので、
「先生、このあとどうする?」
「え、でも、奥さんはだいじょうぶですか?」
「今日は取引先の人と飲みに行くと言ってあるからだいじょうぶ」
何か妖しい雰囲気が二人の間に生まれていました。

とりあえず店を出て、近くの公園を散歩していると、自然と秀子さんが
私の腕に手をまわしてきました。
「今日、甘えてもいいですか?」
「う、うん、いいよ」

腕に手をまわされるのはいいけれど、秀子さんの巨乳が肘にあたっていて、
押し付けているようにも感じます。
私はムラムラとした気分になり、池のほとりで秀子さんと抱き、気がつくとキ
スをしていました。

秀子さんもだいぶエッチはしてないと居酒屋にいるときに聞きました。
(お酒を飲んで、そんな話しができるほど親密になっていたんですね)
秀子さんは何か堰をきったかのような感じで舌をからめてきます。
私も負けじと舌をからめました。

お互いの舌がねっとりと絡みあっています。私は先生を抱きしめ、久しぶりに
ドラマのようなキスでした。

「場所変えようか?」
「それだったら私のマンションに来ませんか?」
「うん、わかった、ホテルよりもゆっくりできるしね」
私と秀子さんはタクシーに乗り、彼女のマンションへ。

保育園の保母さんなので、基本的に公務員だから、マンションくらいは
買えるのでしょう、中古マンションを900万くらいで買ったそうで、
もし将来結婚する人がでてきたら、このマンションに住みたいそうです。

部屋に入ると女性の部屋特有のにおいがして、早くもまたムラムラしてきました。
先にシャワーを浴び、そして彼女が続いて浴びました。
バスタオルを巻いて出てきた秀子さん、濡れ髪にバスタオルは男を狼に変えてしまいます。

私はバスタオルのまま台所でビールの準備をしている彼女に、後ろから抱きつきました。
「先生、きれいだよ、それに体がいやらしいね」
「もう、まだですよ」
秀子さんは私の股間を触り、子供あやすように、
「お・ち・つ・き・な・さ・い」
秀子さんは微笑み、その後ビールで乾杯した。

ビールを飲み終えたころでしょうか、秀子さんが突然立ち上がり、
電気を消すと、
「見てください」
秀子さんはバスタオルを取ると、全裸になりました。
その全裸を見て、私はかなりの勢いで勃起しました。
30歳をすぎているから、少しぜい肉もついていますが、
それが太っているわけでなく、お腹が出ているわけでもなく、
肉感的なナイスバディなんです。

「私、まだいけますか?」
「全然いいよ、それにスケベな体だよ」
私も立ち上がり、秀子さんを抱きしてキスをしました。
舌をからめ、おっぱいを揉むと、秀子さんも私の勃起したペニスを
触り、玉袋を揉み揉みとしてくれます。

そのままベットに倒れこみました。
「先生きれいだよ、今日はこの体を俺のものするよ」
「あ~、あ~、ぜ、ぜんぶ、・・あ~、あなたのものにして~」

私は久しぶりのセックスに我を忘れ、おっぱいに吸い付きました。
秀子さんは背中に手をまわしています。私が乳首を愛撫するたびに、体を反らせます。
「あ~、もっと、もっと~、あ~、いい、感じる~」

そしておまんこを触ってみると、すでにグチョグチョでした。
指を入れたわけではないのですが、ヌルッと、自然に膣の中に指が入ってしまいました。

「ああ~っ、ああ~っ、そ、そこっ、ああ~っ」
秀子さんが声を上げます。
妻の何倍もグチョグチョになったおまんこは……これまでいろいろな
女性とセックスしてきたが、ここまで濡れているのは見たことがありません。

すでにシーツも薄っすらと濡れてきており、大量の愛液が出ており、
お尻の穴までグッショリと流れていました。

「先生すごいよ、スケベな体にあそこはグチョグチョで・・・・」
「いや~、言わないで~、で、でちゃうんです~」

保母さんってストレスが溜まる職業と思いますが。それに性的解消を
していないと、乱れた時がすごいんですね。

以前に妻もストレスが溜まっていた時期があって、おまんこに指をグリグリ
してやったら潮を噴いたことがありました。
今、その状況になっていて、指を2本にしておまんこをグリグリすると噴き
出すかもしれません。
私はそれが見たくて、AV男優みたいに必死で指をグリグリしました。

「ああああ~、もう、もうだめ~、もれちゃう~っ、ああ~っ」
秀子さんはとうとう我慢できずに、指だけで絶頂を迎えたみたいです。
ピュピュと潮が吹き出たんです。

「先生すごいね、顔にかかっちゃったよ」
「いや~ん、はあ~、はあ~、恥ずかしい」
「だいぶエッチしてなかった?」
「いえ、はあ、・・・・はい・・・」
先生は久しぶりのセックスだったらしくて、私はバスタオルを持ってきて
愛液でびっしょりになったシーツを濡れた部分にひきました。
「あ~あ、濡れっちゃった」
「もう、恥ずかしいです」
「先生、もっとスケベなことがあるよ」

私は保母さんの手を勃起したペニスにあてがい、
「先生、ほしい?」
「わあ、かた~い、ほしい、入れて~」
「その前にちゃんときれいにしてくれる」

勃起したペニスを見ると、先生はフェラチオを始めています。
唾液をいっぱい出して、クチュクチュとくわえたり舐めたりする音が
部屋中に響いています。

さらに私は両足を開かされて、玉袋やお尻の穴まで舐めまわされ、妻にも
してもらったことのないようなことまでしてもらい、絶頂の極みを感じていました。

「先生~、出そうだよ、あっ、がまん・・あっ、無理っ、あああ~っ」
とうとう秀子さんの口の中に射精してしまいました。
秀子さんは私を見てニコッと微笑み、ゴクリと喉を鳴らして精子を飲み込んでしまい
ました。

「ずいぶんエッチしてないんでしょ、人のこと言えませんね」
その時の先生の笑顔は最高でした。このまま妻と別れて先生と結婚しようかと思った
くらいです。

少し休憩したのち、先生は急に立ち上がり、タンスから妙なものを
出してきました。
「これためしてもいい?」
よく見ると、男性のマスターベーション用のオナホールでした。
「は!? え、なんで? 今から挿入なんだけど」
「これってほんとに気持ちいいのかな、と思って」
私はオナホールは使ったことがなく、エロ本やエロDVDで
見たことがあるソフトオンディマンドのテンガでした。

「テレビでテンガ芸人っているでしょ、ケンドウ小林って、
 これのことなんでしょ?」
「うん、たぶん、というか、それだよ」
「男ってこんなもの使って抜きたいんでしょ?」
「いや、本物の穴で抜きたいけど・・・」

するとまた私の股間に顔を近づけペニスを握ると、またフェラチオをされ、
またたく間にいきり立ったペニスを今度はしっかりと握り、
テンガを押し付けてきました。

「あ、少し痛いよ」
「我慢して、すぐにローションがなじんでくるから」
最初少し痛かったが、ペニスがテンガにどんどん吸い込まれていきます。
「だいぶヌルヌルしてきたね」
「ああ、思ったより気持ちいいかも・・・・」
「私とどっちが気持ちいいのかな~」
「もちろん、これだよ」
私は先生のおまんこを触り、指を突っ込んでみると、
「あっ、もうだめ~、感じるでしょ」
先生は奥までいっぱいに入ったテンガを勢いよく上下運動を始めました。

「あっ、せ、せんせい、あっ、ちょ、ちょっと、ストップ・・・」
「気持ちいいんだ、このままもう一回射精して」
「バカ言うなよ、もったいない」
「射精するまで止めないから」
先生はおっぱいを私の顔の前に持ってきて、
「舐めてもいいよ」
私は先生のおっぱいに吸い付くと、テンガの上下運動で、
また絶頂の極みを感じ始めました。

「いや、だめだ、また・・・あっ、出るっ、出るっ、ああああ~っ」
私は不覚にもオナホールのテンガの中に2回目の射精をしてしまいました。
「すごい~、ほんとに気持ちいいんだ」
「ごめん、これはもう勘弁して~」
先生は荒々しくテンガを引き抜き、中を見たり、振ったりして、
じっくりと観察していました。

でも不思議とペニスはギンギンのままでした。
私は先生に飛びつき、四つん這いにさせてバックから強引におまんこに挿入しました。

一生懸命に腰を振ると、
「あああ~、もう、やさしくして、やさしく」
「だめだ、お仕置きだ」
すると先生は、
「ああっ、いくっ、気持ちいい、だめ、いく~っ」
先生は歌舞伎のように髪を振り乱し、最後は上を向いて、
絶頂を迎えました。

その後、先生とは週に1~2回くらい会ってエッチするようになりました。
まだ何ヶ月も経っているわけではないのですが親子ともどもお世話に
なっているようで気の毒な気がしました。

なんとなく妻は私の帰りが遅いのに疑いを持っているみたいですが、
ばれないように言い訳をいつも考えています。

妻には申し訳ないけど、妻とのセックスより保母さんのセックスの
ほうが、気持ちが盛り上がります。
やっぱり女性もマグロ状態だと、いまいち面白みにかけるので、保母
さんが結婚するまでは、浮気をしていこうと思っています。

それにしても保母さんのイキ顔は保育園で見る顔と全然違います。
でも保育園で園児が帰った後に2人きりになって、セックスをするのも、また興奮す
るんだろうな~、と思います。

関連記事


  
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する