禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    人妻・浮気・不倫 >  妊娠中の人妻のアナルに中出し!

妊娠中の人妻のアナルに中出し!

突然連休が取れしまった。
暇なので出会い系サイトで物色、メール人目の人妻に決め、話を進める。
声が可愛く、年を聞くと24歳でたまにサイトを利用するが、会った事がないらしい。
普段は専業主婦で、旦那とたまに出かける程度で、ほとんど家にいるので退屈らしい。
「合うのが無理なら他当たる」と言い出すと「怖い人ですか?」と話しかけてきた。


どうせ無理と思い、
「なんなら場所と時間を決めて、会って無理なら帰っていい」
と誘い出した。

「電話番号も教えるし」と言ってみると
「じゃ~」との返事。
早速、場所と時間を言って待ち合わせすることにした。

12時、コンビニの駐車場で、車から降りて立って待っていると、突然非通知で電話が掛かってきた。

「美由紀と申します、今、拝見しました。(ダメと思っていた)今から、遊びにつれてって下さい」
と話し出した。

よく回りを見るとコンビ脇に女の子が電話しているので、
「いまコンビにの脇で電話してる方」
と言うと
「ハイ、そです」
と答えてきた。

近くに行くと小柄でぽっちゃりの人がいた。
顔は可愛い系で胸が大きい。そのまま車で遊びに行くことにした。

まず、お昼の食事と思いレストランへ行くことにした。
聞くと、今まで、2.3度待ち合わせをしたが、怖そうな人だったので、帰ったそうでした。
見て、服装とやさし感じなので勇気を持って電話したそうです。

外食もほとんどないので、レストランに来て嬉しそうでした。
24歳であるが、全体可愛らしく、レストランを出たら、すぐにラブホテルに直行と決めていましたが、いざホテル街に入っても、何にも言わないので、ラッキーと思い車を入れました。

1階のパネルを見て美由紀さんが、
「ココがいい」
と、なんか嬉しそうに話し出した。

部屋に入って、ソファーに座り美由紀の肩をよせ、キスし、そのまま、上着を脱がし、乳を揉むと大きいく声を出しだした。
美由紀も俺ものをまさぐりだした。

が、左手でスカートの中に手を入れていくと、そこで払われてしまった。

「先にシャワー」
と言い出したので、ブラウス、ブラジャー、スカート、とパンティと脱がす。
ほんとに、ぽっちゃりで腰のくびれがないのがこれまたいい。

お風呂に入り、体を洗ってくれて、俺のびんびんの息子を洗い出しながら美由紀が質問してきた。
「変な病気ないですよね、浮気とかしてるの?」
「ないよ、浮気も5年以上ない」
と答えると、
「信じます」
と返答し丁寧に俺の息子を洗ってくれた。

お風呂を上がり、体を拭いて、いざ、ベットでと思い美由紀に乗ろうとすると、美由紀からフェラを仕掛けてきた。
さすがに人妻、フェラが上手くてなかなか離そうとはしない。

じゃ~そろそろ入れようかと思い、ゴムを出して
「美由紀、着けて」
と言うと
「病気の心配ないから生で入れていい」
そういうと美由紀は騎乗位になり、俺のちんこを手で掴み、自分の穴に導いた。

ずっぽりハマつたので下からズンズン突き上げると、美由紀はそうとう溜まっていたのか、
「ちんこ、ちんこ~」
など叫びだし、イクイク、イクイクの連発。

20分ほどで行ったみたいで、そのまましがみついて来た。
俺も行きそうになったが、美由紀のおまんこは愛液で溢れ、ヌルヌル状態。シーツにシミ落ちるほど。

体位を変えようとし体を起こすと、美由紀がまたちんこを舐め始め。そしてまた騎乗位で・・・。
「今度は、一緒に行こう~~~」
と言い出した。

俺は、正常位で行きたかったが、まぁ~あとでと思い、下から突き上げると、今度は
「動かないで」
と言い出し、
「美由紀が動かすから」
と言い出した。

美由紀が腰を振りながら15分後行きそうになり、
「そろそろ行くから」
と言うと、
「一緒に行こう」
と言い出した。

俺は内心出してもいいのかなと思い、そのまま美由紀に
「出すぞー」
と言うと
「美由紀のおまんこにぶちまけて~」
と言い出した。
「出すぞ~出すぞ~」
そして、美由紀のおまんこにどくどく、精射してしまった。

ここ、1ヶ月ぶりであったので、どくどく、流し込んでいく感覚が良かった。
美由紀も横に倒れながら、抱きついて、気持ちがよさそうだった。

美由紀のおまんこからちんこを抜くと、濃いいカルピスが出てきた。
テッシューで美由紀のおまんこを拭き、今度は俺が美由紀のおまんこを舐めようとすると、少し嫌がりながら拒んできた。

それでも、美由紀のおまんこを舐め舐めすると、すぐ終わらせようとする。
さては生理前かと思い聞いてみると、実は妊娠4ヶ月と言い出した。

話を聞いて少し引いたが、もう安定しているし、エッチがしたくてしたくてと言い出した。
旦那は妊娠したと聞いて全くその気なし、大事な体やからといい、全くそれらしき事もないとの事で、週の半分は午前様で、酔って帰って来るし、だからいい人だったらと思って、と言い出した。

ふくらしているから判らなかったが、そう見ればそうかと思う。
じゃ~楽しもうと、今度はおなかに乗らないように、足だけ上げて美由紀のおまんこに差し込む。

正常位で感じたが、美由紀のおまんこはもう一つ締りがない。
旦那とのことを聞くと、旦那と付き合い始めは毎日のようにしていたし、結婚して週3回はエッチしていたみたいだ。

入れてる感じは在るが、締め付けが悪いので立ちバックでと入れたが、やはりもう一つ。
仕方がないので、美由紀のアナルにびんびんのちんこ入れてみた。

なかなか入らないし美由紀もビックリしていたので、また、美由紀のおまんこにバックから入れ、美由紀が感じている時、ローションを取ってきて、再度美由紀のアナルへ入れてみた。

ローション効果で、するっと入った。
美由紀も初めは嫌がっていたが、声が激しくなり、俺もすぐ精射感が来て初めて出してしまった。
美由紀も慣れたのか、火がついたのか、またフェラをする始末。
結局、アナルは一回だったが、おまんこに三回中出ししてしまった。
(もちろんアナルに入れたあとはよく洗いましたよ)

これからも美由紀が合ってほしいと言い出したので、その時メールでもと会う約束をした。




  
妊婦はスキンが要らないから、毎回生出しだ。
『黒ずんだデカ乳首、これからこの女、先輩の子を産むんだ。』
そう思いながら、胎児を想いバックで大量精液発射!
[ 2018/05/11 23:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
携帯で見る
QR
RSSリンクの表示
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
アクセスランキング
人気記事ランキング 一週間
ブログパーツ