禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    母・義母 >  清楚な母のオナニーを目撃してしまい、理性が吹っ飛んだ僕は・・・

清楚な母のオナニーを目撃してしまい、理性が吹っ飛んだ僕は・・・

母と関係を持っています。
ははの名前は明子、48才です。顔は清楚なのにカラダは妙にエッチなんです。
働き始めて、東京でアパートを借りた2年前の盆休みに遊びに来た時が最初です。
2週間ほどいたのですが、4日目に最後までしてしまいました。
きっかけは、母がオナニーをしてるのを見てしまったからです。


僕のAVのDVDを見つけて、一人、指でしてるのを、仕事から
帰ってきた僕が発見したのがきっかけです。

僕が帰ってきたのにも気がつかないくらい、夢中で、オナニーしてた母。
下半身丸出しで、ソファの上で、自分のあそこを弄っていた母。
あまりにもエロくて、しかも部屋に立ち込める酸っぱいようなエッチな匂いに
われを忘れて、僕のペニスは速攻で硬くなってしまいました。

そして、そのまま母のおまんこにシャブリついてしまったのです。

「え、佳ちゃん、」
母は身体を硬くしましたが、そのまま濡れまくった肉厚のプッシーを
舐め、吸い、シャブリました。

母のおまんこは酸っぱくチーズ臭くて、めっちゃ濡れてました。
「あ、いいっ・・・」
母が小さい声で喘ぎ始めました。

離婚してから、この1年以上毎晩、オナニーをしてたらしいです。
ベッドで裸にし、僕も裸になりました。

母のぶるんと大きい、汗ばんだ乳房に吸いつき、指で濡れマンを愛撫し続けました。

濃厚な汗のニオイとカラダから発散される酸っぱい淫臭にコーフンして
僕はペニスをますます硬くしながら、夢中で豊満な乳房を愛撫し続けました。

母の呼吸が荒くなって、体中が上気してピンク色に染まりました。

僕のほうもガマン汁を垂らして切ないくらいに勃起してます。
ヌルヌルビラビラの濡れまくった母のおまんこにペニスを押し当て、挿入開始。
「佳ちゃん!」
母は小さい叫び声を上げて、俺のペニスを根元まで受け入れてくれました。

「ああ、いいっ、こんなに、こんなにぃっ・・・!」
「欲しい・・欲しいのよぅっ・・・ねっ・・・もっと頂戴!」
汗でいやらしく光るムチムチしたカラダをくねらせ動きに合わせて、悩ましくあえぎ、乱れます。

「駄目なのに、あんたのお母さんなのにい」
自分でそう叫ぶことに快感が増してるようで、何度も叫び、俺のペニスを
肉厚の濡れおまんこがギューと締め付けて来ました。

「あん、あん、あああっ・・・」
母は僕を強く抱きしめ、熱く甘酸っぱい濃厚な吐息であえぎながらキスを求めてきました。
僕の舌と、唾液をタップリ乗せた母の舌が絡まりまくります。

僕は母の肉厚の濡れたくちびるをモーレツにむさぼり、酸っぱいツバの匂いに
酔いしれます。
ブチュッチュ~ゥヌチャっとエッチなキス音が部屋に響きます。

「佳ちゃん、好きよ・・・ね、佳ちゃんの女にしてぇっ・・・愛してっ」
母が僕を熱く潤んだ瞳で見つめながら激しいキスの合間に囁きます。
ベッドが軋む音と求め合う激しい息づかいが部屋に響きます。

「ホントにいいの?僕の女になってくれるの?僕だけのモノなの?」
「そうよっ・・もう・・佳ちゃんの女よっ・・あなただけのモノよっ・・・」
「う、うれしいよっ・・・明子っ・・・」
「明子のエッチなカラダで思いきりキモチ良くなって・・いっぱい出してっ!」

ユサユサ揺れまくる汗ばんだ胸の谷間に顔を埋め甘酸っぱい匂いを嗅ぎながら射精を
耐えます。

濡れマンのチーズのような酸っぱいニオイと汗の濃厚なニオイがプンプン匂って凄く
エッチです。

「あっ・・やっ・・いいっ!・・いいわぁ・・」
母は目を眉間にしわをよせてさかんに長い舌で肉厚のクチビルを舐めまわしています。
たまらず僕もおかしくなってしまうほど母の濡れて匂うクチビルを貪りまくります。

「ああンっ・・イキそう・・・いくぅっ・・ア、ア、ア、ア、もうダメっ・・・あ あっ・・・いくいくいくいく~っ!いっちゃう~っ!!」

母は顔を激しく左右に振りながら絶叫して、達しました。

母の締め付けに僕もほとんど同時に達して、
狂ったように唇を吸いながら、母の身体の奥に何回も射精しました。
東京にいる間中、汗まみれになってセックスし続けました。




  
[ 2018/05/21 ]   母・義母
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
携帯で見る
QR
RSSリンクの表示
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
アクセスランキング
人気記事ランキング 一週間
ブログパーツ