禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    母・義母 >  母が好きだと告白したら、一滴残らず吸い取ってくれた

母が好きだと告白したら、一滴残らず吸い取ってくれた

俺は21才、母は44才の母子家庭です。
母と関係が出来て、二年ちょっとになります。
母が父と離婚したのは俺が小三のときでした。母と俺、普通に二人で生活してました。
やがて精通、オナニーを覚えました。けど母を性的には全然見ていませんでした。
そのうち母の帰宅が時々遅くなったり、休みにも出かけるようになり、付き合ってる男性がいるような雰囲気を見せるようになりました。


母に聞くと、母は素直に交際中の男性がいることを認めました。

それを聞いたとき、俺は母を女として初めて見るようになりました。

母の大きなオッパイが、誰かに揉まれ吸われてセックスしてるんだ、そう考えるようになりました。

普通なら妄想や想像を膨らませるだけで終わるんでしょうが、俺にも変化がありました。

やがて俺は小遣い稼ぎにバイトを始めました。
休みの日、出来るときだけ、友人の家の青果店でのバイトです。

そこによく来る奥様に誘惑されて、俺はセックスを知りました。その奥様とセックスを重ねていくにつれ、母としたい願望が強くなっていきました。

母の方は逆に、付き合っていた男性と別れたようでした。
俺は奥様とセックスしながら、母を抱いていることを次第に想像するようになっていました。

その奥様はいわゆる痴女で、ウブな俺を散々いじくりまわしながらセックスするのが好みだったみたいでした。

そのため、キャリアを積んでセックス慣れしてきた俺をそのうちに遠ざけるようになり、卒業する少し前に、奥様との関係は終わってしまいました。

俺は母に対する気持ちを溜めに溜め続けていました。
卒業し社会人になった俺は、その溜め続けた気持ちを爆発させました。

母に付き合ってる人がいることを知ったときの気持ちから、奥様との関係の気持ちなど、とにかく母に対する気持ちを喋りまくりました。

最初母は、馬鹿にしたようななのか、なにをふざけたことを思ったのか、薄ら笑いを浮かべて聞いていました。

でもだんだん呆れたとか、驚いたような様子になり、最後は実に真剣な眼差しで俺の話しを聞いてました。

最後の方は何を語ったか覚えてなく、ただ熱くなっていました。
黙して語らなかった母が、俺の話しを「もうわかったから」と遮りました。

「いけないことなのは、わかってるんだよね」
と母の言葉でした。もちろんそんなことわかってました。

母は考え込むような様子でした。
少し考え込んだ母は言いました。
「二人暮らしになって、わがままや不平不満を言わずに私を助けてくれたお前のその気持ちに応えたい」
そう言われました。
でも踏ん切りがつかないとも言いました。そしてまた考え込みました。

最後に母が下した決断は、「一度だけ、お前の気持ちに応えてあげる」でした。
母の決断に、気持ちが高ぶるのではなく、なぜかほっとした気持ちでした。

母と俺は別々に入浴や身支度を整え、始めました。

母のオッパイは手のひらに全く納まらず、柔らかくて温かくて、茶色い小指の先くらいの固くなった乳首を含むと、懐かしいような気持ちになり、興奮の中にも落ち着いた気分でした。

母が両手で両乳房を持ち上げるようにして、俺にオッパイを与えるようにすると、俺は両乳首を交互に舐めました。母は小さく声を出してました。

母は俺を寝かすと、ペニスを軽くさすってから、口に入れてくれました。
ガツガツと貪るようなフェラだった奥様に比べると、優しくて味わうようなフェラに完全勃起しました。

母はフェラを止めると、両乳房でペニスを挟みました。
温かく柔らかい乳房に包まれ、さほど大きくなかった奥様では味わえなかったパイズリに感動してました。

母が「気持ちいい?」と聞いたので「最高だよ」と答えました。
母はニコッと笑い、今度は顔を俺に近づけてきて、俺の顔の至る所にキスしてくれました。

つぎは俺が母を仰向けにしてキスしました。
母の足を開き、産まれてきた部分を拝みました。

男性と別れてからしていないのか、ぼうぼうになってた毛をかきわけると出てきました。
すでにそこは艶々と濡れていました。

俺は産まれてきた部分に舌を伸ばしました。
表現のしようがない味と香り、奥様のそれとは別ものなのじゃないかと思いました。
やはり懐かしいような感じでした。

母の太ももがピクピクしてるのがわかると、母は俺の後頭部を手で押さえて声を強く上げました。あっと言う間に、俺の鼻や頬、顎までヌルヌルになりました。

母は俺の顔に、その部分を押し付けてきて、母のお尻がぐいっと浮きました。(逝ったんだ)、そう思いました。

すると母が、さあもうきなさいと俺を促しました。
俺はつけなくていいのか聞きました。母はそのままでいいと言い、俺は母のそこにあてがいました。

いくよと言うと、母は早くと言いました。
グチュ~っという音と共に、ペニスを進めました。
あぁ~と声を出した母の手が、俺の背中に回り、身体を密着させてきました。
大きな胸がクッションのように挟まり、入ってすぐ俺は少し動かないでいました。

母のそこは、奥様の中とは明らかに違う感触でした。
奥様の方が母より四つも若かったんですが、気持ちいいより心地いいというような感じでした。

「動いて・・・」と母が小声でいいました。
俺は動きを開始しました。

「はぁ!」
母の甲高い声が部屋に響き、母の手が背中に食い込みました。
ぎゅうっと母の中が詰まったようになり、ペニスの先に何かコリコリしたような物が当たりました。

すると母は、そこに当ててと言い、腰を押し付けるようにしてきました。
甲高い声が連続して響き渡り、母の手はより強く背中に回り、動けない上半身、腰だけ俺はヘコヘコ動かしました。

中の当たる物は上に押し付けられたり、左右にズレたり、ペニスの先で転がされるみたいになると母はより強く乱れました。

とにかく母はハアハアと声を上げ続け、やがて身体を弓なりにしていきました。

「くううっ」と母が声をもらしました。
「いったの?」聞くと、小さく頷きました。

今度はバックからしました。
中の当たる物は、今度はペニスの下や尿道を刺激しました。
それが凄くよくて、俺もいきそうになってました。

でも母の一度だけの言葉があり、長く中にとどまりたくて、必死の我慢をしました。

母はバックでもいきました。
いつたあと、母は俺の上に乗ってきました。これが騎乗位というやつかと思いました。

母のオッパイは激しく揺れ、髪の毛も振り乱していました。
そんな母の姿に興奮はますまい高まります。

俺が出そうだと言うと、母はゆっくり俺から降りて、ペニスを口に入れました。
俺は母の口の中で果てました。

母は俺が出した精液を一滴残らず飲み込みました。
でも、ペニスはまだ勃起したままです。母は再びまたがってきました。

一度だけだったはずですが、母は何も言わずに二回目を始めました。

再び髪の毛を振り乱している母にまた興奮しました。
奥様に教えられた横からの体位もしました。母は何回もいってました。

二回目のラストは、母の乳房に挟んでもらいながら出しました。

俺は母が何も言わないことをいいことに、三回目もしました。
三回目は母のお尻に出しました。

さすがの俺も、三連発するときつくて、母もぐったりした状態だったので、休みました。
一度だけが三回もしてくれたんだね、と母に言いました。
すると母も言いました。「一度だけが、今日だけって気持ちになったの」と。

「今日だけがこれからもになった?」と聞きましたが、母は何も言いませんでした。

でも母の態度でわかりました。母は少し休んだあと、四回目を要求してきました。そしてそのまま現在まで続いています。

あの痴女奥様との出会いがなかったら、母を最初からあれだけ喜ばすことが出来なかっただろうし、ほんとに一度だけで終わっていたのではないか、そう思います。

母の方も、俺が中学のとき付き合ってた男性と別れてから、していなかったみたいで、欲求不満だったのが幸運でした。

親子のような、夫婦のような、そんな生活をしています。

関連記事



  
[ 2018/06/11 ]   母・義母
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する